プレッシャー キス。 彼を夢中にするキスの方法! キスの種類からぷるぷる唇の作り方まで

恋愛プレッシャーを感じる理由と対処法とは?

プレッシャー キス

【男女別】好きなキスの種類トップ5 男性が好きなキス 5位:スライドキス キスの種類では軽い方です。 男性は濃厚なキスを好みそうなイメージながら、意外にもスライドキスを好む人は少なくないようです。 顔を傾けるから、次のステップに自然に持っていけるメリットがあります。 付き合ってから日が浅いカップルは、キスから次のステップに進むタイミングがつかみにくく、ぎこちなくなってしまいます。 せっかくのムードを壊したくないという理由から、シンプルで気軽にできるスライドキスが5位にランクインしています。 4位:ブラインドキス ブラインドとは目隠しという意味があります。 もうお分かりですね! 目隠しした状態でする、ちょっとエロティックな種類のキスです。 ややマニアックな印象があるから、万人受けはしません。 マンネリ気味で新鮮味がかけてしまっているカップルにおすすめです。 男性が好むキスランキングでは4位という結果を見ると、スリルを求める男性が多いことがわかります。 見えない状態でキスすると、唇に意識が集中するからいつもより燃えるというのが好まれる理由となっています。 3位:カクテルキス カクテルを味わうように、キスを堪能するのがカクテルキス! キスの種類ではディープで、何でもアリのキスです。 基本は舌を絡め合うインサートキスで、そのときの気分次第で、軽く舌や唇を噛むこともあります。 唇や舌を強めに吸うなど、アレンジできるから興奮する男性も少なくないようです。 カクテルキスをすると気分も高揚してきますから、キスだけで終わりにするのは難しいかも? 男性には人気となっているものの、次に進む覚悟がないときはおすすめできません。 2位:ディープキス Deepは深いという意味の他にも、濃いという意味があります。 キスの仕方も深く濃厚、種類の中でもかなりハードルは高めです。 男性がディープキスを好むのは、好きな人と思う存分キスをしたいからです。 舌を絡め合うため、お口のエチケットの確認は必須です。 歯を磨くのはもちろんですが、舌が汚れていると口臭の原因に! 口が臭いとせっかくの気分も台無し、言いたくても言いにくいからパートナーを困らせてしまいます。 1位:ピクニックキス お互いに舌を出して、舌先を合わせます。 唇は合わせないで、舌でキスを繰り返すのがピクニックキス。 舌を固くして伸ばしすぎると変顔になってしまうので、きれいな顔を保てるようあらかじめ鏡で確認しておきましょう。 唇を合わせずに舌だけ重ねるやり方は、想像以上にエッチな気持ちいいキスです。 舌先の感覚は鋭く敏感な場所。 セックスをする前にピクニックキスをすると、精神的にも肉体的にも感度が上がるかもしれません。 女性が好きなキスの種類トップ5 5位:バードキス 女性はいきなりディープなキスをするよりも、最初は軽めのキスから入るのを好みます。 鳥がくちばしを合わせるような仕草に似ていることから、こう呼ばれるようになった軽めのキス。 種類の中でも キスに慣れていない人におすすめです。 男性はその気でも、女性がまだその気になっていない場合、1度のキスが長いと恥ずかしさの方が勝ってしまいます。 バードキスなら1回のキスが短く何度もできるから、スキンシップにもピッタリ! 挨拶やありがとうの気持ちを伝えたいときにも気軽にできます。 4位:プレッシャーキス 男性が好きなキスランキングにも入っていましたね。 女性もライトなキスを好む傾向があるから、4位のランクインも納得です。 バードキスは唇を尖らせますから、ちょっと見た目的に抵抗を持ってしまう人もいます。 プレッシャーキスなら、唇を尖らせず気軽にチュっとできるから、 女性からのキスにも抵抗なくできます。 まだキスをするのが恥ずかしい、付き合いてたのカップルにもプレッシャーキスならしやすいのではないでしょうか。 1回ずつのキスが短いから、目があってもあまり恥ずかしくありません。 3位:ストローキス ストローで飲み物を飲むような感覚で、 相手の舌を吸うのがストローキスです。 種類ではディープだから気軽にはできないものの、気分を盛り上げたいときにスロートキスをする女性も多いようです。 言葉でなかなか言いにくいことも、キスの仕方で相手に気持ちを伝えられます。 その気になっているけど、言い出せないときはスロートキスでアピールしてみるのもいいかもしれませんね。 彼女がそんなアピールをしたら…彼氏もきっと喜んでくれるでしょう。 スロートキスをするシーンは限られるものの、キスを使い分けたいときには便利です。 2位:サプライズキス キスするときのシチュエーションや種類は、実にさまざま! 向かい合ってお互いにキスしたいという気持ちになったときのキスも素敵だけど、 突然のサプライズキスにキュンとなる女性は少なくないでしょう。 例えばエレベーターで2人きりになったとき、不意に彼がキスしてきたら…ドキドキするけど嬉しいですよね。 ドライブデートで別れ際のサプライズキス、遠距離カップルが帰りの新幹線に乗るとき扉が閉まる前のサプライズキスなどなど、一瞬のキスでもロマンティックです。 サプライズキスは女性からしてもOK! ただし外出先では、口紅がついてしまうのでそれだけ注意してくださいね。 1位:プレッシャーキス 唇を重ねるだけの「プレッシャーキス」が堂々の一位。 日常の何気ない瞬間にもでき、愛を確認できるのが人気の理由のようです。 不意打ちで彼にくちづけしてみてはいかがでしょうか? きっと男性もグッとくること間違いなしです。 なんだかんだで、唇だけでする「プレッシャーキス」が一番燃えます。 舌を激しく絡めあうディープキスこそ!と思われるかもしれませんが、個人的には「プレッシャーキス」が一番気持ちよく、雰囲気としても盛り上がるキスだと思っています。 実際、過去に散々遊びまわった私も、激しく舌を絡めたディープキスよりデート中にした何気ないキスの方が記憶に残っていたりします。 隣に座って、見つめ合ってからする唇だけのキス…一番ドキドキしますね(笑) まだキスの経験が少なく、ついつい緊張してしまい、力が入り過ぎて意図せずプレッシャーキスになってしまうこともあります。 キスをするのにこうしなければいけないというルールはありません。 最初は誰だって緊張しますし、ぎこちなくなるものです。 下手でも焦らず何度もキスをして、 2人で練習するくらいの気持ちでいると案外上手くいきますよ。 定番のキス10選とその心理 ここからは、定番のキスを10種類ご紹介し、さらにそのキスから読み取れる心理をご紹介します。 ライトキス• プレッシャーキス• スライドキス• バードキス• キャンディキス• ピクニックキス• ニプルキス• サーチングキス• バインドキス• インサートキス 続いて、それぞれの種類・心理について詳しくみていきます。 さみしがり屋の人は、ライトキスのように軽めのキスを好む傾向があります。 キスをして愛情を確認できると安心します。 でも大丈夫!この種類のキスは全然重くありません。 唇と唇を軽く触れさせる程度の優しいキスのことです。 ほんの一瞬チュっとするだけのプレッシャーキスは、ファーストキスにおすすめ! 一瞬で終わってしまいますが、ファーストキスならドキドキはかなりのものでしょう。 キスしたことがなくても、プレッシャーキスなら抵抗なくできるはず。 プレッシャーキスを好む人は、優しい人が多いです。 優しい性格だから、キスも優しくソフトな種類を好む傾向があります。 キスの種類の中では比較的軽めだから、2回目のキスにいいかもしれません。 お互いが顔を傾けでするキスです。 顔をスライドさせることから、この名前が付きました。 ファーストで失敗しても落ち込むことはありません!2回目はスライドキスを試してみましょう。 スライドキスは、可愛いという心理があるから、可愛い系の人や可愛い物が好きな人に向いています。 鳥がくちばしを合わせるように、 少し唇を突き出してするキスのことです。 バードキスは1度だけでなく何度もするから、いちゃつきたいときにおすすめのキスの種類では軽い方に入ります。 唇を突き出すから、バードキスをカッコ悪いと嫌う人もいます。 確かに正面から見るとかっこいいとは言えないものの、キスしたいと言えないときに唇を突き出すポーズで伝わるから、使い方次第では便利な種類のキスと言っていいかもしれません。 バードキスには喜びという心理があると言われていますから、パートナーと喜びを分かち合いたいときにおすすめです。 「バードキス」とは? バードキスとは、その名の通り鳥のようなキスのことです。 これだけだと、... キャンディキスには、パートナーと一緒に楽しくすごしたいという心理が隠されています。 どちらか片方がキャンディを口に入れておき、キスをしながら相手にキャンディを口移しします。 そのままキスをしながら、キャンディをお互いに移動させるのを繰り返すからちょっと長めにキスすることになります。 種類としてはちょっと重めになるから、付き合いが長いカップルにおすすめです。 キャンディキスはムードたっぷりですが、キャンディを誤飲しないよう注意が必要です。 息が荒くなると間違えて飲み込みやすいから、あまり口の奥に入れすぎないようにします。 唇ではなく 先に互の舌を先に触れさせてから唇を重ねます。 舌の先だけを絡ませたり、舐めあうようにする種類としては少しディープなキスです。 付き合い始めのカップルには少しハードルが高すぎます。 人によってはあまりピクニックキスを好まないことも…。 こればかりは好みですから、パートナーが嫌がるときは無理強いしてはいけません。 スタートは上唇でも下唇からでもOK、優しく舌先で触れるように何周かします。 種類としてはこれもかなりディープですね。 二プルキスには、期待するという心理があると言われています。 付き合い始めのカップルには恥ずかしくてなかなかできないかもしれませんが、付き合いが長いカップルなら気分を盛り上げたいときにおすすめですよ。 注意点としては、キスをする前に女性は口紅を落としておくといいでしょう。 唇を合わせながら舌先で、パートナーの歯ぐきを調べるようにゆっくりと探ります。 サーチングキスは、食べカスが付いているとそれが引っかかることがあります。 せっかくのいいムードもぶち壊しになってしまいますから、サーチングキスの前は歯磨きをしておくことをおすすめします。 サーチングキスの仕方からもわかるように、探究心という心理が隠されています。 マンネリ気味のカップルが、新しい分野を開拓するのにいいかもしれませんね。 海外ドラマや映画では、バインドキスをするシーンがよく出てきます。 咥えるといっても噛み付くわけではありません。 歯は立てず、唇だけで優しく包み込むようにするのがポイント! ただし口が小さい人にやる場合は、咥えすぎると苦しいので注意してください。 お互いが相手の唇を咥えるよう、交互にします。 バインドキスには、ワクワクするような期待感という心理があります。 そろそろ次のステップに進みたいというときにおすすめです。 唇を合わせたら舌を入れ、 お互いが舌を絡める濃厚なキスは、愛情なしではできませんからね。 キスの種類の中では、一番気持ちが盛り上がると言っていいでしょう。 大抵は男性が女性の口に舌を入れますが、お互いに同時にしようとすると舌同士がぶつかります。 雰囲気によっても変わりますが、どちらが先に舌を入れるかはそのうち決まってくるから流れに任せるといいでしょう。

次の

【動画インタビュー】堀田茜、自分から迫るキスシーンにプレッシャー‼ 「キスの受け身って楽だったんだと思わされました」/映画『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』が4/3公開‼(マガジンサミット)

プレッシャー キス

いきなりエッチな話かと思いきや、そうではございません。 笑 男女にとって最も大切なことはコミュニケーションですよね。 相手を知るために、話をしたり、趣味を共有したり、スキンシップをとったり。 男女には様々なコミュニケーションの方法がありますが、その中でも"キス"は男女の関係性を見極めるのに最も需要なコミュニケーションです。 『体は許せてもキスはできない』という女性がいるほど、女性にはとても大切なもの。 確かに、キス1つで「あ、この人好きかも」と思うことって結構あるかもしれません。 ここでは、キスをした後の一言がポイント。 "彼女が可愛くて思わずしちゃった"アピールを嫌がる女性はあまりいません。 あくまでもライトなキスをすることで、カジュアルな雰囲気でさりげなくスキンシップがとれますよね! 更に、可愛いという褒め言葉もさらっと言えるのであなたの株はグッとあがるでしょう! ノーズキス ノーズキスとは、鼻と鼻を軽くチョンと触れ合わせてするキスのことです。 付き合いが長くなってくると、どうしてもスキンシップが減り、相手へのドキドキがなくなったり性欲も・・ということになりがちです。 良きパートナーとして過ごしていきたいと思う人にこそ、常にキスやハグなどのコミュニケーションを恥ずかしがらないことがマンネリ回避にもなりますので、ぜひ積極的にしていきましょう! バードキス 唇を突き出して鳥のようにチュッとする事から名前がついたこのキスです。 ノーズキスの状態で、鼻と鼻をくっつけたら、そのまま少し唇をつきだしてみてください。 このキスは、デートの前に今日は「10回キスをしよう」など決めておくキスのことです。 ちょっとゲームみたいで楽しいですよね。 「10回し終わった時にはエッチしよう」と決めておくのもドキドキが高まるかも。 「じゃあ今日は1222回ね!」とめちゃめちゃな数字を決めてカウントするのも忘れてしまう、みたいなデートも楽しい時間になると思います。 ちょっとマンネリしてきたカップルももちろんですが、キスってタイミング難しい・・・なんてカップルにも良いかもしれませんよ。 スライドキス 口をちょっと開いて、唇を上下にスライドさせるキスです。 キスをするとやっぱり安心感をもつことが出来ますが、このキスもその効果が絶大ですよ。 ニプルキス 唇を舌先で舐めるキスをニプルキスといいます。 ケーキのクリームだったり何かを食べている時に、口周りに何かついてしまっている時にそれを舐めとってあげてからニプルキスをすることが出来ますよ。 もちろん手で取ってあげることも出来ますが、あえて舌先でとってあげることで、2人のエッチな気持ちもぐんと高まりそうなキスでもあります。 すでに付き合っている男女なら、スキンシップとして日常的にしますよね。 では、付き合う前はどうでしょうか? 手をつなぐことにもドキドキするこの時期に、気になる彼にキスをされたら女性は恋愛モード全開になります。 笑 ただし、ある程度女性があなたとのデートに積極的な場合に実行しないと、事態は急変しますのでご注意を。 気になる彼とのデート帰り。 そんな時は、人がいない帰りのエレベーターや、お店を出る階段で彼女を抱き寄せてキスもいいですね。 まつげのさわさわっとしたくすぐったいような感覚と、あなたの大人な色気に女性もドキドキすること間違いなしです。 お家デート中、ふとしたときに「飴あげる~」と彼女の口の中へ飴を…。 男性に「舌出して」って言われると恥ずかしいのですが、出して2人でツンツンしあったりしているうちに恥ずかし楽しくなって来て、だんだんリラックスしていって、エッチな気持ちが高まって行きます。

次の

キスの種類と仕方《ライトキス編①》

プレッシャー キス

いきなりエッチな話かと思いきや、そうではございません。 笑 男女にとって最も大切なことはコミュニケーションですよね。 相手を知るために、話をしたり、趣味を共有したり、スキンシップをとったり。 男女には様々なコミュニケーションの方法がありますが、その中でも"キス"は男女の関係性を見極めるのに最も需要なコミュニケーションです。 『体は許せてもキスはできない』という女性がいるほど、女性にはとても大切なもの。 確かに、キス1つで「あ、この人好きかも」と思うことって結構あるかもしれません。 ここでは、キスをした後の一言がポイント。 "彼女が可愛くて思わずしちゃった"アピールを嫌がる女性はあまりいません。 あくまでもライトなキスをすることで、カジュアルな雰囲気でさりげなくスキンシップがとれますよね! 更に、可愛いという褒め言葉もさらっと言えるのであなたの株はグッとあがるでしょう! ノーズキス ノーズキスとは、鼻と鼻を軽くチョンと触れ合わせてするキスのことです。 付き合いが長くなってくると、どうしてもスキンシップが減り、相手へのドキドキがなくなったり性欲も・・ということになりがちです。 良きパートナーとして過ごしていきたいと思う人にこそ、常にキスやハグなどのコミュニケーションを恥ずかしがらないことがマンネリ回避にもなりますので、ぜひ積極的にしていきましょう! バードキス 唇を突き出して鳥のようにチュッとする事から名前がついたこのキスです。 ノーズキスの状態で、鼻と鼻をくっつけたら、そのまま少し唇をつきだしてみてください。 このキスは、デートの前に今日は「10回キスをしよう」など決めておくキスのことです。 ちょっとゲームみたいで楽しいですよね。 「10回し終わった時にはエッチしよう」と決めておくのもドキドキが高まるかも。 「じゃあ今日は1222回ね!」とめちゃめちゃな数字を決めてカウントするのも忘れてしまう、みたいなデートも楽しい時間になると思います。 ちょっとマンネリしてきたカップルももちろんですが、キスってタイミング難しい・・・なんてカップルにも良いかもしれませんよ。 スライドキス 口をちょっと開いて、唇を上下にスライドさせるキスです。 キスをするとやっぱり安心感をもつことが出来ますが、このキスもその効果が絶大ですよ。 ニプルキス 唇を舌先で舐めるキスをニプルキスといいます。 ケーキのクリームだったり何かを食べている時に、口周りに何かついてしまっている時にそれを舐めとってあげてからニプルキスをすることが出来ますよ。 もちろん手で取ってあげることも出来ますが、あえて舌先でとってあげることで、2人のエッチな気持ちもぐんと高まりそうなキスでもあります。 すでに付き合っている男女なら、スキンシップとして日常的にしますよね。 では、付き合う前はどうでしょうか? 手をつなぐことにもドキドキするこの時期に、気になる彼にキスをされたら女性は恋愛モード全開になります。 笑 ただし、ある程度女性があなたとのデートに積極的な場合に実行しないと、事態は急変しますのでご注意を。 気になる彼とのデート帰り。 そんな時は、人がいない帰りのエレベーターや、お店を出る階段で彼女を抱き寄せてキスもいいですね。 まつげのさわさわっとしたくすぐったいような感覚と、あなたの大人な色気に女性もドキドキすること間違いなしです。 お家デート中、ふとしたときに「飴あげる~」と彼女の口の中へ飴を…。 男性に「舌出して」って言われると恥ずかしいのですが、出して2人でツンツンしあったりしているうちに恥ずかし楽しくなって来て、だんだんリラックスしていって、エッチな気持ちが高まって行きます。

次の