全日本 テコンドー 協会 会長。 テコンドー協会が調査へ 会長と反社会勢力との関わり

テコンドー協会、新体制が発足 金原前会長らは総辞職

全日本 テコンドー 協会 会長

強化方針を巡り選手と対立している全日本テコンドー協会が8日、都内で理事会を開催し、金原昇会長を含む理事16人の総退陣が提案されたが、決議もされなかった。 金原会長は「この問題は審議事項に当たらない。 今は五輪に向けて選手の環境を整えるのが責務」と現体制のまま改善を目指す方針を示した。 理事会も真っ二つに割れた。 金原会長の提案で、小池隆仁強化委員長ら3人が退任し、選手らの要望を聞く強化管理部の新設を決定。 納得できない岡本依子副会長と高橋美穂アスリート委員長は総辞職を迫ったが、他の理事からは「強化方針を決めて(今から)やるときに辞めるのは無責任」と紛糾したという。 理事会は予定時間を大幅にオーバーし6時間半の長丁場となったが、終盤には高橋理事が体調不良で倒れ、救急車で搬送される事態も発生。 強いストレスによる過呼吸とみられる。 岡本、高橋両理事は辞意を示したが、高橋氏が中座したことで進退は保留。 刻一刻と東京五輪が近づく中、混乱が深まっている。

次の

テコンドー協会・金原会長がアッサリと身を引いた理由 退任劇の内幕を考察(近藤隆夫)

全日本 テコンドー 協会 会長

スポンサー リンク このパターンは日本ボクシング連盟会長だった山根明がボクシング騒動を起こしたのと良く似ています。 金原昇は2008年からテコンドー協会会長だが、2012年にJOCから報酬不正が指摘されていた。 五輪種目であるためコーチ報酬の3分の2は国の補助金だが、国から受け取った半分以上を上納金として納めさせていた。 ここで登場するのがテコンドーの母国である韓国で、金原は上納させた補助金を韓国からコーチを招へいするために使ったと説明している。 このままでは罪に問われるので公益社団法人認定を返上し、テコンドー協会を一般社団法人に格下げした。 全日本テコンドー協会は公益性のない金原個人の所有物になり、反金原派を除名させたり独裁体制を強化させている。 金原会長はアマチュア大会の開催や判定にも口を出し、自分の息子が出場する大会で審判を威圧して勝たせているとも指摘されている。 デイリー新潮の記事によると金原昇は在日韓国人で、長野県松本市で父親は土木作業員をやっていたが家庭は貧しかった。 (ヤクザに銃撃されても死ななかったテコンドー協会「男・金原」会長の「血と骨」人生 デイリー新潮) 上京して喫茶店や金融業で働いたあと長野に戻り、韓国クラブを経営しマキシムグループを創業する。 長野の帝王からテコンドー界乗っ取り ミナミの帝王という高利貸しの映画があったが、「長野の帝王」として金貸しをしながら夜の商売に手を広げていった。 少年時代は中学時代は野球部、高校時代は柔道をしていたがテコンドーをやった事は一度もなかった。 テコンドーは戦後韓国が独立後に誕生した新しい競技で、もともとは空手から分派したものでした。 その空手は元々は柔道を含む柔術から分派したもので、最初は相撲を含む総合的な格闘術だったようです。 古事記・日本書紀にある最初の相撲の記述ではパンチ・キック・投げなど何でもありで、倒れた相手にキック連打で勝敗が付いたと書かれている。 それ以前は刀を使っても良かったようで、神々が剣で戦ったという事が記述されている。 最初はルール無用で何でもありだったのが、素手で戦うようになり、次に投げ技とパンチキックに分かれた。 空手のキックだけに特化したのがテコンドーで、韓国以外で普及したのは1988年ソウルオリンピック以降でした。 開催国は独自種目を追加できるので韓国はテコンドーを追加し、以来五輪種目として継続されている。 テコンドー未経験の闇金屋が協会会長 日本でテコンドーが普及したのは1990年代で早い人でも80年代という非常に新しいスポーツでした。 新しい競技ではまだ選手や指導者、組織運営者が育っていないので、金原昇のような素人が入り込む余地がありました。 このパターンはバスケットボールでも見られ、サッカーの川渕元チェアマンが日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーに収まっている。 バスケット界にはまだバスケ出身の人物が育っていないので、資金集めや各界に影響力を持つ人が外部から入ってくるのです。 日本でテコンドーをする人はイリオモテヤマネコより希少なので指導者や組織もなく、闇金業者に乗っ取られてしまいました。 今もボクシングやプロレスや格闘技会場では、他では見かけない怪しげな会社がスポンサーになっている場合が多い。 金原昇もテコンドー大会のスポンサーになったり大会運営に参加しながら協会を支配していったのでしょう。 集金にこまっている組織を金集めの能力で乗っ取る手法は、創価学会の池田大作にも通じている。 新潮によると金原昇は父が在日韓国人なのだが本人の国籍は良く分からず、五輪選手ではないので会長が日本国籍である必要はない。 競技未経験者で国籍不明で非合法組織の関係者が、五輪代表組織を乗っ取っているという現実はおぞましい。

次の

金原昇会長をwikiる。国籍は韓国人?経歴は内紛続きのテコンドー協会3代目!

全日本 テコンドー 協会 会長

スポンサー リンク このパターンは日本ボクシング連盟会長だった山根明がボクシング騒動を起こしたのと良く似ています。 金原昇は2008年からテコンドー協会会長だが、2012年にJOCから報酬不正が指摘されていた。 五輪種目であるためコーチ報酬の3分の2は国の補助金だが、国から受け取った半分以上を上納金として納めさせていた。 ここで登場するのがテコンドーの母国である韓国で、金原は上納させた補助金を韓国からコーチを招へいするために使ったと説明している。 このままでは罪に問われるので公益社団法人認定を返上し、テコンドー協会を一般社団法人に格下げした。 全日本テコンドー協会は公益性のない金原個人の所有物になり、反金原派を除名させたり独裁体制を強化させている。 金原会長はアマチュア大会の開催や判定にも口を出し、自分の息子が出場する大会で審判を威圧して勝たせているとも指摘されている。 デイリー新潮の記事によると金原昇は在日韓国人で、長野県松本市で父親は土木作業員をやっていたが家庭は貧しかった。 (ヤクザに銃撃されても死ななかったテコンドー協会「男・金原」会長の「血と骨」人生 デイリー新潮) 上京して喫茶店や金融業で働いたあと長野に戻り、韓国クラブを経営しマキシムグループを創業する。 長野の帝王からテコンドー界乗っ取り ミナミの帝王という高利貸しの映画があったが、「長野の帝王」として金貸しをしながら夜の商売に手を広げていった。 少年時代は中学時代は野球部、高校時代は柔道をしていたがテコンドーをやった事は一度もなかった。 テコンドーは戦後韓国が独立後に誕生した新しい競技で、もともとは空手から分派したものでした。 その空手は元々は柔道を含む柔術から分派したもので、最初は相撲を含む総合的な格闘術だったようです。 古事記・日本書紀にある最初の相撲の記述ではパンチ・キック・投げなど何でもありで、倒れた相手にキック連打で勝敗が付いたと書かれている。 それ以前は刀を使っても良かったようで、神々が剣で戦ったという事が記述されている。 最初はルール無用で何でもありだったのが、素手で戦うようになり、次に投げ技とパンチキックに分かれた。 空手のキックだけに特化したのがテコンドーで、韓国以外で普及したのは1988年ソウルオリンピック以降でした。 開催国は独自種目を追加できるので韓国はテコンドーを追加し、以来五輪種目として継続されている。 テコンドー未経験の闇金屋が協会会長 日本でテコンドーが普及したのは1990年代で早い人でも80年代という非常に新しいスポーツでした。 新しい競技ではまだ選手や指導者、組織運営者が育っていないので、金原昇のような素人が入り込む余地がありました。 このパターンはバスケットボールでも見られ、サッカーの川渕元チェアマンが日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーに収まっている。 バスケット界にはまだバスケ出身の人物が育っていないので、資金集めや各界に影響力を持つ人が外部から入ってくるのです。 日本でテコンドーをする人はイリオモテヤマネコより希少なので指導者や組織もなく、闇金業者に乗っ取られてしまいました。 今もボクシングやプロレスや格闘技会場では、他では見かけない怪しげな会社がスポンサーになっている場合が多い。 金原昇もテコンドー大会のスポンサーになったり大会運営に参加しながら協会を支配していったのでしょう。 集金にこまっている組織を金集めの能力で乗っ取る手法は、創価学会の池田大作にも通じている。 新潮によると金原昇は父が在日韓国人なのだが本人の国籍は良く分からず、五輪選手ではないので会長が日本国籍である必要はない。 競技未経験者で国籍不明で非合法組織の関係者が、五輪代表組織を乗っ取っているという現実はおぞましい。

次の