アリブレ最強武器。 SAOアリブレのレベル上げ・スキル強化・武器や防具の限界突破とは!

【SAOリコリス】最強武器・最強装備の入手方法と性能【アリリコ】

アリブレ最強武器

実用的なのはトライブレードぐらい。 でも敵の硬さも大差ない。 ハードコアからドロップ品がランクアップします。 ノーマルで物足りなくなったら難易度を上げるのもアリ。 1周クリア後、ハードコアのさらに上の難易度 「エクストリーム」が解放されます。 ザコがリーダー・強敵クラスの強さ。 進行度が独立しているので、本編を最初から進めることになります。 エクストリームをクリアすると難易度 「ニュータイプ」解放。 パーツ性能、レアドロップ率がさらにアップ。 こちらはエクストリームと違い、最初から全ステージが開放されています。 つまり、 2周クリアでようやくやり込みがスタートします。 最強機体を作るのはわりと簡単ですが、やり込みの土俵に立つまでに20時間はかかります。 ちなみに、エクストリームからMGパーツがドロップします。 MGパーツは機体がデカくなるだけで性能的メリットはありません。 パーツを自力でソートする方法 個人的に一番紹介したいのがコレです! アビリティでソートできないUIが不親切すぎ! 合成パーツ選択画面ではなぜかカテゴリも不可。 そこで、 ラベルを利用して自力でソートする方法を紹介します。 この方法に気づくまで1個1個比較して単独合成してました。 やってられん! たぶん最強になれる!おすすめ機体構成 たぶん誰でも最強になれるおすすめ機体構成を紹介します。 照射、核、解体技、すべてがコレで活きます。 どちらかといえばボイドの方がオススメ。 回転の早さが照射と相性が良い。 他のEXはなんでもいいです。 どうせ核、照射以外は戦力外なので。 ムチEXと組み合わせることで黄ゲージ敵もお構いなしにボコボコ落とせます。 ゲージ回収も凄いから覚醒「アサルト」で無限覚醒も可能。 シューティングモードの太いピンク色照射だけ強いのがミソ。 同じ武器でもチャージ射撃・照射の2種類あるので注意しましょう。 これに気づくまで チャージ武器を持ち込んでバキューン「あれ?」みたいなことが何度もありました。 アトバズと合わせて「核2段」も可能ですが、回転が悪いので照射と組み合わせるのがオススメ。 ムチEXで引き寄せて ノーロックで地面を撃つと敵集団を上手く巻き込めます。 瀕死火力アップも乗るので、どんな硬い敵もゴリゴリ落とせます。 一点だけ注意。 ゲージ容量は増やさないようにしてください。 リロードが遅くなります。 アビリティを盛れば火力が2倍になります。 もちろん落ちるリスクは上がりますが、ソロなら誰にも迷惑をかけないので落ちても気にする必要はありません。 アビリティは、 ・即死回避 ・瀕死時与ダメアップ&被ダメカット ・瀕死時よろけ吹き飛び無効 ・自分を狙う敵一体毎にダメージカット ・自分を狙わない をセット。 「自分を狙わない」で敵が散りますが、ボイドで引き寄せるのでOK。 耐久は必要ないけど瀕死の余裕が増えるので盛った方が良いかも。 耐久アップは効果が大きいのでベースの4倍 300万 まで伸びます。 さらに毎秒リペアをつけると落ちにくい気がする。 照射・核に比べて火力が低いし、アビリティを揃えるのも大変なので実用性も低い。 ・マシンガン、ガトリング 押しっぱなしでいいのは楽だけど火力はさっぱり。 マシンガンを撃ちたい場合はOPに仕込んだ方が良いです。 ・ジュアッグ腕 内蔵武器の3連ロケラン マシンガン が強いともっぱらの噂ですが、弱体化されたせいか火力出ません。 リロードも遅くて使い物にならん。 ・盾照射 シールド武器はDPS75000まで盛れますが、それでもシューティングモード照射の方が圧倒的に強い。 腕盾の核も外したくないので盾武器を選ぶ選択肢は無いかと。 どうせならディバイダー、バンシィ盾ではなくエピオン、ギャン盾で近接を楽しむのが良いと思います。 ・スパドラ ストフリ背EX パッチで火力落ちたのかEX溜めの足しになる程度。 ・機体パーツEX ドーベン胴EX「メガランチャー」や、ファッツ背EX「ハイメガカノン」のような機体パーツEXはDPSを伸ばす方法がないので戦力外です。 おすすめ解体技 ガンダムブレイカーといえば解体! リーダーなど黄ゲージ敵は硬いので、完全解体から「グラウンドブレイク」を狙うのがセオリーです。 黄ゲージは一定時間で全快するのでゲージ0になったらすぐトドメを刺しましょう。 とはいえ、 ロングライフル強照射が強すぎるため「硬いから完全解体したいなー」と思ったのは難易度エースからでした。 その頃には「即死回避」つきの自爆があるので他は必要ないかも。 解体技はいずれもムチEXと組み合わせる必要があります。 「EX、覚醒技は熟練度マックスにすればパーツの種類に関係なく使える」 という仕様なので、まずはムチからマスターするのがおすすめ。 ステージに配置されている兵器はボコボコ解体してくれるので頼りになります。 特にタイヤ アインラッド の強さはガチ。 積極的に利用しましょう。 以下、オススメの解体技を紹介していきます。 ミッション1-2で手に入る「拳法用MSハンド」ですぐ使えます。 鉄山靠を当てるのは解体技の中でも特に難しいのでムチEX必須。 拳法EX「フォース~」で即赤オーラからコンボを狙えます。 ・デットエンドインパクト(大剣EX2) 前方範囲は自爆より広く、難易度エース雑魚も一撃の高火力。 最後まで頼りになります。 ・自爆 (ウィング系ボディOP) 広範囲・連続使用できる最強の解体技がコレ ! 「即死回避」をつけて、ムチEXを足元に撃って敵を引き寄せてドーン! ザコは問答無用で全パーツアウト。 EX回収率が高いので他のEXもすぐ溜まります。 「デットエンドインパクト」と併用すれば、敵はもうボロボロ。 自爆を利用して自滅すればプレイヤー乱入をカットできるのでプレイ時間短縮にも使えます。 おすすめ固有アビリティ一覧 最強を目指すなら、通常アビリティの効果を上回る「固有アビリティ」は必須! 実用的なのは「射撃ゲージ容量・チャージ、EX、覚醒」系。 格闘メインなら格闘DPSを武器1&腕に。 防御系はテキトーで。 重要なのは火力だけです。 難易度エース、バウンティの上位4人相手でも楽々ソロクリア可能。 Ez-8頭がお気に入り。 自爆で瀕死を維持し、ボイドからテキトーに照射、EXを回す。 常にノーロックでほぼ地面を見ています。 難しいことを一切やる必要がない、誰でも無双できる機体に仕上がっています。 この背面を見よ! もうダサいのかカッコイイのかわかりません。 昆虫みたい。 妙にパーツが噛み合ってるのが笑う。 デカいパーツばかり組み合わせたので視界が悪いです。 ラジエーターシールドにガーベラバックパックが突き出ると予想しましたが、ちゃんと干渉しないようになっていました。 このゲーム、よく出来てますねー ケンプファー専用ショットガン「散弾連続射撃」 照射が最もお手軽・安定でオススメですが、あえてショットガンを装備してみました。 ショットガンもビルドが揃えば強力です。 最強のパーツアウト率と、ノーロックでも前方広範囲を吹っ飛ばす圧倒的な制圧力が売り。 瀕死ビルドの照射はエイム中に被弾して落ちやすいですが、ショットガンなら常に動きながら撃てるのも魅力です。 覚醒ゲージもすぐ溜まるし簡単に維持できます。 ショットガンの火力自体は照射に劣るけど、ボスは覚醒から核連発で落とすのでOK。 このように、極まったショットガンは照射に匹敵する強さがあります。 でもショットガンを連射すると敵を高く打ち上げてダメージ効率が下がるので、ターゲットをこまめに切り替えながら撃つ必要あり。 これが面倒くさいので、普段使いはやっぱり照射の方が良いです。 ショットガンが真価を発揮するには相当な準備が必要です。 揃えたいのは、 ・ライフルDPS7500x2、ライフルマスタリ ・レアアビリティ3つ「爆発、貫通、信管」 ・集弾、爆発範囲、チャージ速度、容量、EX・覚醒系 これらが揃うのは難易度エースを回し終わったころ。 なのでクリアまでの攻略には使いづらい。 強い専用ショットガンを作るのも面倒です。 専用ショットガンはバウンティやミッション1-4でドロップしますが、ボーナスDPSが低いものばかり。 武器のボーナス 属性 DPSは合成で上がるので、一括合成を繰り返して強化。 必要資金が膨大なので、高質剛性プラと機体パーツを売ってひたすら金を稼ぐ必要があります。 やっぱり、使いやすさ・作りやすさの両面で照射の方がオススメ。 まとめ: 照射・核・ボイド・インパクト・自爆 「照射・核・ボイド・インパクト・自爆」がオススメです。 硬い敵を倒すのが面倒くさくなったら、とりあえずこのビルドを組んでみてください。 世界が変わりますよ。 実は当記事を作った1年後、久しぶりに本作を遊んで別の強ビルドを探してみたのですが何も収穫がありませんでした。 せっかく久しぶりに遊んだのに、当記事が何一つ揺るがないのが虚しい。 昔の 俺が作ったビルド強すぎだろ。 当記事で紹介したものより強い 効率的な ビルドがあったらぜひ教えてほしいっす。

次の

アリブレ(SAOAB) 攻略|ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディングレビュー評価

アリブレ最強武器

キャラ 属性 スキル構成 タイプ 物理型 単体で完結したデバフ兼アタッカーとして非常に優秀。 特に追撃効果のある心意スキルはデバフダメUPとHP吸収により単体へも高い火力を出せる。 物理型 初期リーファと非常に似たスキルを持つが、より高難度に向いた性能になっている。 属性に関係なく使用できるが、火属性パではより強力になる。 魔法型 魔法アタッカーとして既存の光属性キャラと相性が良い点が非常に優秀。 物理型 ダメージサポートに秀でた物理型の光属性アタッカー。 クリダメアップやATKバフなど全体的に高性能で、サポートだけでなく自身で火力を出すこともできる。 魔法型 魔攻撃に特化したアタッカー。 ステータスも平均的に高く行動も早いので、どこでも優秀なキャラ。 魔法型 4凸で全体回復 中 と全体攻撃 特大 に化けるスキルを持ったキャラ。 Cバフや単体心意など高難度で運用しやすく、とりあえずで編成できる汎用性の高さが特徴。 物理型 魔法型 回復や全体攻撃、単体攻撃など多くの武器を持つ闇属性アタッカー。 優秀な攻撃面に加え、高いSPDやBバフなども持つ運用のしやすさが特徴。 物理型 リーファは全体的なステータスも悪くなく、クエストによっては必須級のCバフや全体回復など希少なスキルを複数持っている。 魔法型 全体回復 中 とブレイクバフが特徴的な光属性キャラ。 魔攻撃 特大 は光アスナなどの魔法パと相性が良く、継続ダメ付与はALOキャラと相性がいい。 マーメイドモードによって火力アップができるため従来の全体攻撃キャラよりは使いやすい点が優秀です。 魔法型 マーメイドモードによりダメアップと回復を得ることで戦闘に安定感を得ることができます。 デバフダメUPによって火力を上げることも可能です。 物理型 エンハンスモードにより高い火力を出すことが出来ますが、火力に特化している訳では無く、総合力と汎用性の高さが特徴のキャラです。 物理型 エンハンスモードにより高い火力を出せるアタッカー。 無属性のため汎用性も高く、片手剣のため武器も比較的揃えやすい点も魅力的。 魔法型 エンハンスモードによる瞬間火力が特徴のキャラ。 新イーディスと一緒に編成することでさらに運用しやすい点が非常に強力。 魔法型 エンハンスモードやデバフダメUPにより火力を出すことに長けているキャラ。 Cスキルの魔耐性ダウンによって自己完結できる点が非常に優秀。 魔法型 自身のデバフにより簡易Bエール状態のBスキルが特徴のキャラ。 耐性デバフや継続ダメ付与によるシナジー起点などのサポート力も高い。 物理型 汎用性の高いキャラではないが、光属性に対し圧倒的な性能を持つ闇属性物理パには必須級のキャラ。 デバフと火力両方できる点が非常に強力。 魔法型 光属性に対し圧倒的な性能を持つが、闇属性魔法パが組めないのがややネック。 魔法型 継続ダメUPやMATKバフなど火力とサポートが両立した魔法型アカッター。 継続ダメ付与もできる自己完結した性能だが、水属性魔法型のキャラが少ない点がネック。 物理型 魔法型 ステータス・スキル共に攻撃に特化した性能を持つ。 耐久面は不安だが、有利属性に対しては高いな火力を出せる点が強力。 物理型 継続ダメ状態の敵にブレイクとチャージ量がアップするスキルが強力。 ステータスも全体的に高くオーディナルでも使用しやすい点も魅力的。 物理型 全体に攻撃 大 をしつつ追撃により単体 特大 の火力を出せる汎用性の高いAスキルを持つ。 ATKバフで火力の底上げもでき、Cスキルも持つ優秀なスキル構成。 物理型 1凸で全体攻撃 特大 を使用できる土属性アタッカー。 攻撃面や防御面はかなり優秀だが、SPDが低く行動までに時間がかかるので使用する際は注意が必要。 Sランクキャラの詳細 キャラ 属性 スキル構成 タイプ 物理型 元のATKはやや低めだが、ATKアップの効果を持つスキルやエンハンスモードによって火力アップができる。 SPDがかなり低い点には注意が必要。 物理型 待機時間が短い継続ダメとダメアップを持った自己完結したキャラ。 比較的簡単に火力を出せるが、無属性なので弱点をつけない点がネック。 物理型 待機時間が短い継続ダメとダメアップを持った自己完結したキャラ。 無属性に加えバランスのいいステータスによる汎用性の高さが魅力的。 魔法型 威力 特大 の全体魔攻撃がメインウエポンの魔法型アタッカー。 回復量は少ないが待機時間が短い全体回復によって小回りの利く対応ができる点も非常に優秀。 物理型 攻撃力と耐久力が魅力的な無属性アタッカー。 カウンターで大ダメージを狙うことができるが、1ターンのみの付与なので使用する際は注意が必要。 魔法型 創世神アスナ以上のMATKとCRITを持つ魔攻撃キャラ。 耐久力は全くないが、それをカバーできるほどの高火力が魅力的。 また、創世神アスナと太陽神シノンと非常に相性が良い点が魅力的。 総合力の高さによるコンテンツ幅の広さが魅力的。 物理型 物理耐性DOWNや継続ダメでサポートをしつつ、自身も火力を出すことができる点が強力。 SPDが高いので後続のアタッカーが物理耐性DOWNの恩恵を受けやすい点も魅力的。 物理型 単体に特大ダメージを出しながら全体にも大ダメージを出せる優秀な闇属性アタッカー。 高いステータスに加え、自身のATKをバフで火力を伸ばすことができる。 魔法型 限凸で全体回復 中 を持つ土属性キャラ。 物理型 元々高い単体火力に加え、継続ダメによってさらに火力を伸ばせる点が非常に強力。 自身でも継続ダメを付与できるので単体でスキルが完結している点も魅力的。 物理型 限凸で回復 中 、EスキルでCバフができる無属性キャラ。 初期リーファと似たスキル構成だが、リーファに比べ火力が出しにくい点がネック。 S-ランクキャラの詳細 キャラ 属性 スキル構成 タイプ 物理型 水属性に対するDスキルを持つ土属性のアタッカー。 水属性相手には強力だが、それ以外の属性には実質スキルを1つ欠損した状態で戦わなければならいないので注意が必要。 物理型 チャージをしながら物理耐性DOWNができる闇属性キャラ。 継続ダメ次第ではさらに威力がアップするAスキルや全体回復など優秀なスキルを持つ。 物理型 継続ダメ付与や物理耐性・ATKデバフを持つ光属性のアタッカー。 ステータスも悪くなく、単体と全体の両方に火力を出せる運用のしやすさが魅力的。 物理型 挑発や回復 小 、治癒など特殊なスキルを持つ火属性のアタッカー。 火力も出せるので、オーディナルでの初期リーファ対策として有効。 魔法型 継続ダメを付与できるCスキルやブレイクができるAスキルなど複数の効果を持つスキルが特徴的。 スキルリンクで心意をためやすく高難度では重宝するキャラ。 魔法型 全体回復や治癒ができるHスキルを持つ火属性キャラ。 Bスキルはスキルリンクで高いブレイク率になり、単体に対し火力を出すこともできる優秀なスキル構成。 物理型 属性相性を気にせずどの敵にも安定して高い火力を出せる特徴を持つ。 Bスキルの物理耐性DOWNやATKバフでさらに火力を伸ばすことができる 魔法型 回避UPと挑発付与で回避盾のような動きができるアタッカー。 属性耐性DOWNを持つので、安定して高い火力面を出せるのが魅力的。 魔法型 魔攻撃を主体とする土属性のアタッカー。 MATKバフや物理耐性などのサポートもでき、単体心意スキルで運用しやすい点が強力。 魔法型 全体回復と魔攻撃が特徴の光属性のアタッカー。 自身の魔攻撃 特大 を活かせるMATKバフ持ちで、魔攻撃パには必須級のキャラのひとり。 物理型 シンプルなスキル構成をしている水属性のアタッカー。 単体に対し立ち回りやすいスキルを複数持ち、Aスキルで高火力を出せる点が強力。 魔法型 継続ダメ付与やCスキルが特徴的な水属性キャラ。 継続ダメで火力がアップするALOキリトやALOアスナと相性が良く、属性も同じなので一緒に編成したい。 Aランクキャラの詳細 キャラ 属性 スキル構成 タイプ 魔法型 単体攻撃をしつつ回復できるAスキルを持ったキャラ。 Cスキルや全体Aスキルなど汎用性の高さが特徴的。 物理型 全体にATKバフや物理耐性DOWNなど火力を出すサポートができる闇属性のアタッカー。 SPDが高く、自身で火力を出せるので運用しやすいのが魅力的。 物理型 闇属性と一緒に編成することで真価を発揮する特殊なキャラ。 物理耐性バフとデバフで火力サポートと耐久力アップができるが、単体攻撃での火力は苦手な点は注意が必要。 物理型 シンプルで癖のないスキル構成の無属性キャラ。 単体で多くの場面に対応できる反面、代用がききやすいという欠点もある。 物理型 BやAスキルにMATKデバフや物理耐性DOWNを持った風属性キャラ。 防御面に秀でた性能なので現状活躍しにくいが、得意属性のクエストには編成したい。 物理型 全体チャージにより素早い心意スキルの発動が特徴的なキャラ。 味方全体ATKバフや単体攻撃、無属性と運用のしやすさが魅力的。 魔法型 チャージとブレイクの両方ができる風属性キャラ。 A・心意スキルの全体攻撃は強力ですが、単体に足しては火力を出しにくいので使用する際は注意が必要です。 物理型 味方全体へのMATKバフを持つ火属性アタッカー。 バフによるサポートはもちろん、自身の魔攻撃 特大 で火力を出すこともできるシンプルな性能を持つ。 魔法型 アリスは入手方法がガチャではないので限凸しやすく、ABHと使いやすいスキル構成を持つ。 強力な闇属性キャラが多くオーディナルでは使いにくい印象が強い。 物理型 全体にも単体にも攻撃ができる水属性のアタッカー。 2つ目のAスキルでは物理耐性DOWNができ、火力のサポートもできる点が強力。 物理型 単体攻撃 特大 やATKデバフができるBスキルなど優秀で使いやすいスキルを持っているが、シンプルが故に他のキャラで代用がしやすい。 物理型 ATKバフや物理耐性DOWNなど火力アップのサポートが強力な無属性アタッカー。 他にもCスキルや単体心意スキル、高いSPDなど汎用性が高く使いやすいが、比較的代用しやすいキャラ。 物理型 高いSPDと回復 大 、回避率UPが強力な闇属性のアタッカー。 心意をためやすく、敵の攻撃で落ちにくい点が心意スキルでダメージを出したいパーティーと好相性。 Bランクキャラの詳細 キャラ 属性 スキル構成 タイプ 物理型 継続ダメを付与しやすくブレイク量を増やすこともできるが、配布キャラのため使用する場合はスペック不足を感じやすいステータスになっている。 光属性物理パに編成できるだけのポテンシャルを持っている。 物理型 心意スキルにMP全体回復を持った特殊なキャラ。 全体攻撃やHP全体回復など全体への効果があるスキルを複数持つのでカセドラルでは使いやすい。 物理型 HとAにブレイクバフと使いやすいスキルを持っているが、どのステータスもかなり低いので使用する際は注意が必要。 汎用性の高いHスキルや高いSPDなど強い点がある反面、攻撃や防御面のステータスが低いので注意。 無属性なのでどのバトルでも使用しやすい点も魅力的。 BAHというシンプルで使いやすいスキル構成が優秀。 物理型 CBAのスキル構成に加え、無属性という圧倒的な汎用性の高さを持つキャラ。 配布キャラなので限凸しやすいという点もかなり魅力的。 物理型 全体回復や治癒、斬攻撃 特大 など性能自体は強力だが、光属性と一緒に編成しないとイマイチ実力を発揮できない点が難点。 物理型 希少な火属性専用の全体回復キャラ。 火属性パーティーには編成したい回復と治癒を持つが、Aスキルの全体攻撃は火力が出しにくい。 物理型 挑発やATKバフなどサポートが特徴的な無属性キャラ。 挑発でアタッカーが落ちるのを防ぐことができるなど使い方によってはかなり強力。 魔法型 単体攻撃 特大 やCスキルなど使いやすいスキルを持つ風属性キャラ。 確実に4凸できるので、風属性の戦力が揃っていない場合には必ず入手しておきたい。 物理型 全体攻撃 大 とCスキルを持った水属性キャラ。 確実に4凸でき、序盤の攻略や不足した水属性枠には最適なので入手しておきたい。 物理型 挑発や物理耐性UPなど耐久面に優れているが、ステータスは低めなので注意が必要。 ベルクーリ同様に挑発で味方アタッカーを守ることができる点が優秀。 総合ランキングの評価基準 高難度 強敵 クエスト適性を高く評価 SAOABで重要な高難度クエストで活躍するキャラを高く評価しています。 加えて、上記の基準で強力なキャラと相性がいいキャラの評価も相対的に上がっている場合があります。 周回は評価基準から除外 最近のイベントでは高難度クエストの周回を求められることが主流になり、敵が単体である場合が多いため評価基準からは除外しています。 また、敵AIの仕様から攻撃側で活躍するキャラに幅がある点も理由のひとつです。 限界突破がかなり重要な要素 当サイトの最強ランキングは全てのキャラを同じ条件で比較しています。 限界突破の有無で評価が大きく変わる可能性が高いので注意しましょう。 下記のように評価が覆るキャラも少なくないので、ランキングはあくまで参考としてご活用ください。 [限界突破による評価の変更例].

次の

SAOアリブレのレベル上げ・スキル強化・武器や防具の限界突破とは!

アリブレ最強武器

結果としては、 星4武器を優先するだろうなという結論に達しました。 その理由をいかにちょっとまとめてみようかと。 星4キャラは意外と入手できるけど…… スカウト1回に必要なダイヤ・キューブは、キャラが25個で武器が15個。 一見キャラのほうが高いし、星4キャラを取りに行くべきにも見えますが、考えるべきは、どちらのほうが入手しやすいのかということ。 実は、星4キャラってそれなりに入手手段があるんですよね。 事前登録特典を除くとしても、純粋にスカウト産の星4キャラが3体はお迎えしているのではないでしょうか。 逆に星4武器のほうは、星4キャラほど楽に確定入手できる機会がありません。 武器スカウトが解禁されるまでをリセマラに含める方もいるかもしれませんが、それはちょいとハードルが高いかなと。 てけおんは上記のような考えで星4武器を優先しました。 もちろん星4キャラの入手を優先するのだってあり。 例えば目当てのキャラが現段階で複数いて、リセマラでの入手をあきらめた場合などはワンチャンスに賭けるのも手だと思います。 それでは皆さんも楽しい『アリブレ』ライフを満喫してくださいね。 事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます.

次の