鶏胸肉 冷凍。 【みんなが作ってる】 冷凍 下味 鶏胸肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

【節約食材】冷凍鶏むね肉がコスパ良すぎる! 半解凍と再冷凍のコツを紹介

鶏胸肉 冷凍

鶏胸肉を生のまま冷凍保存する場合は、ドリップと呼ばれる容器の中に滲み出た赤く見える水分に気をつけましょう。 一見血液のようにも見えるこの液体ですが、食品のタンパク質や旨味成分が流れ出た組織液といわれるものなのです。 買ってきた物をドリップにつけたまま冷蔵保存をすると、それがニオイや品質低下、変色の原因となります。 冷凍保存する際、鶏胸肉の表面についたドリップはキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取りましょう。 解凍した時に食感がパサパサしてしまうのを抑えるには、冷凍保存前に料理酒を揉み込んでおくと効果的です。 空気中の酸素に触れるのは酸化の原因にもなるので、ラップに包んだ上で保存袋に入れることで空気との接触を遮断できます。 すぐに使う予定はない場合は早めに冷凍しましょう。 茹でたものを冷凍して作り置きする場合は、鶏胸肉と料理酒、薄切りにした生姜や長ねぎの青い部分を加えて約10分茹でることで、解凍後に食べる時にも柔らかく仕上がります。 鶏胸肉を茹でたら粗熱が取れるまで待ち、手でほぐします。 お好みの量をラップで包んで保存袋に入れましょう。 また、そぎ切りにした鶏胸肉に料理酒を揉み込んで、フライパンで炒めたものを冷凍することも可能です。 鶏胸肉に味付けしない場合は、解凍後に味をつけることもできるので、アレンジの幅が広がります。 この後にご紹介するタンドリーチキンや、チキンナゲットにしたものを冷凍して作り置きすることで、鶏胸肉を自家製の冷凍食品としても保存することが可能です。 小分けにしてラップすることで、その時に必要な量を解凍できるので、使い勝手が良く便利です。

次の

下味冷凍!鶏むね肉和風しょうが味|レシピライブラリ|旭化成ホームプロダクツ

鶏胸肉 冷凍

商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。 必ずご覧の上ご使用ください。 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。 調理時間はあくまでも目安です。 漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。 加熱時間は様子を見ながら加減してください。 オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0. 8をかけた時間が目安です。 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。 蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。 高温で火傷するおそれがあります。 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。 鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。 また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。

次の

下味冷凍!鶏むね肉和風しょうが味|レシピライブラリ|旭化成ホームプロダクツ

鶏胸肉 冷凍

手頃な価格とヘルシーが魅力の鶏胸肉。 ですが、パサパサするのが難点。 教えてくれるのは、フードコーディネーターの中村美穂さん。 また、調味料もしみこみやすくなる。 3 解凍し、フライパンで焼く 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、漬け汁を軽くきった鶏胸肉を皮を下にして入れ(袋の漬け汁は取っておく)、焦げ目がつくまで焼く。 裏返してふたをし、弱火〜中火で10分ほど焼いて火を通す。 4 漬け汁をからめながら色よく仕上げる フライパンに袋の漬け汁を加え、全体にからめながらつやが出るまで焼く。 生肉の漬け汁なのでしっかり加熱すること。 そぎ切りして器に盛り、フライパンに残ったたれをかける。 さらに、肉の向きを変えてそぎ切りにすると肉の繊維を短く断つことができ、やわらかい食感になる。 2 空気を抜くように袋の口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する(冷凍庫で1ヵ月程度保存可能) 3 解凍し、水気をしっかり拭き取る 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 鶏胸肉をペーパータオルに軽く挟んで汁気を拭き、片栗粉を薄くまぶす。 4 少ない油でカラッと揚げる フライパンに深さ1cm程度までサラダ油を入れて中温に熱し、鶏胸肉を入れて両面を返しながらキツネ色になるまで揚げ、余分な油をきって器に盛る。 肉の水分が出て油がはね始めたら揚げ上がり。 揚げ時間が長いとパサつくので注意。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能 3 解凍し、たっぷりの湯で袋ごとゆでる 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 肉が冷たい場合は湯が早く冷めてしまうので室温に戻す。 常温の水に浸すと早く戻せるのでおすすめ。 厚手の鍋に水1. 5Lを沸かし、袋ごと鶏胸肉を入れて湯の中に沈め、火を止めてふたをし、そのまま約2時間おく(必ず火からおろす)。 また、余熱でじっくり火を通すことでしっとり仕上がる。 4 氷水で素早く冷まし、汁ごと冷蔵庫で冷やす 鍋から袋ごと鶏胸肉を取り出し、氷水(または流水)で素早く冷ます。 汁ごと冷蔵庫で冷やすと味がしみこみ、しっとり感もアップ。 食べやすくスライスし、器に盛る。 また、そぎ切りにすることで中までしっかり調味料がしみこみ、やわらかさがアップ。 2 空気を抜くように袋の口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する(冷凍庫で1ヵ月程度保存可能) 3 解凍し、フライパンで焼く 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍キー(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、鶏胸肉をたれごと入れ、両面がこんがり色づくまで焼く。 焦げやすいので火加減に注意。 ふたをすると肉汁が出て硬くなるので、ふたはしない。

次の