藤田 接骨 院。 藤田接骨・鍼灸院(京田辺市河原北口)|エキテン

【接骨ネット】藤田接骨・鍼灸院(京田辺市河原)

藤田 接骨 院

足底筋膜炎とは? 足の裏の筋肉、 筋膜の炎症です。 足底腱膜は、かかとの骨から足指の付け根までつながっており、 土踏まずの部分は少しカーブをしています。 例えば足を弓に見立てると、足底腱膜はちょうど 弦(ツル)の部分に相当します。 足底腱膜炎は、上からの体重が足裏にかかるため、無理に引っ張られ筋肉に負荷がかかり炎症が起きるわけです。 結局、 足底腱膜が「硬くなる」ことでうまく伸び縮みができなくなります。 長時間の立ち仕事や、しゃがんでの作業などでにより、 筋肉などを無理に引っ張ることで筋膜に微細断裂がおき、周辺に痛みがでる症状です。 さらに悪化すると、ますます腱膜が硬化し歩行時の痛みが強くなる場合があります。 どんな人がなりやすいのか? 1、まずスポーツなどで、 強い衝撃を足に繰り返し与えているスポーツなどをしている人です。 例えばジャンプしたり長時間のランニングなどです。 足底筋が硬くなり炎症を起こす原因です。 2、また、 加齢による筋力の低下です。 加齢により筋肉は自然に硬くなります。 それに加え、歩き続けたり、しゃがんで草むしりなど 普段の日常生活でも徐々に硬くなり炎症が起こるようになります。 現代は、足のアーチが支える力が弱くなったと言われています。 靴の原因や、運動不足など様々な原因が考えられます。 足のアーチが、体重や衝撃を支える力が弱くなると、 足底筋膜に負担がかかりますので、硬化しやすくなり腱膜炎につながります。 足底筋膜炎は、素足の季節に多くなります。 それはというと、夏場になると女性はおしゃれなサンダルを履きますが、 それがソールが硬いと足裏に負担がかかります。 そうなるとだんだん足裏の筋膜が硬くなり痛みの原因になるんです。 また自宅の中でも硬い床を素足でペタペタと歩きますねよね。 それも痛みの原因につながります。 痛みが出たらできればスリッパを履いた方がいいでしょう。 足底筋膜炎の予防法 上で述べましたように足底筋に対して何らかの疲労が重なり、 また加齢とともに筋膜が硬くなるとお話ししました。 それの予防法は、常に筋膜を伸び 足裏のマッサージが効果的です。 その場合、下の写真のようにつま先を上に曲げた状態で足底筋を伸ばしながら 指で3分間くらい指圧してみてください。 これを習慣的に毎日繰り返します。 また足裏を解すため下の写真のようなものも効果的です。 また他に 靴の影響もあります。 例えば、製造業などで硬い安全靴を履いているため 足の裏に負担がかかり痛くなるというケースもあります。 その場合は、クッション性のあるインソール(中敷き)を入れてみるというのも効果的です。 当院ではこんな施療をします。 まず足裏の筋肉を遠赤外線で温めます。 筋肉は温めると柔らかくなります。 その後、足裏のツボを 指圧施療いたします。 初めは慣れるまで少し痛いですがだんだん和らげば痛みが無くなります。 また足底筋と直接関連しませんが、 そもそも足底筋膜炎は両足には起こりません。 それは重心が極端に片足にかかるためでもあります。 それを改善すべくには、 骨盤矯正を行うことがあります。 足底筋膜炎で来院する患者さんは、ほとんど骨盤が硬い状態になっています。 (ちなみに膝が痛いと来院する患者さんも同じく骨盤が硬いです) つまり腰や骨盤が硬ければ、重心が左右どちらかに固定されるためとも考えられます。 足裏の痛みでお悩みならどうぞご相談ください。

次の

京田辺市の整体・整骨院・交通事故なら藤田接骨院にお任せ下さい

藤田 接骨 院

新着情報• その後は入れ替わり制となり、8名様以降の患者様は、外のベンチでお待ちいただくか、 指定されるお時間まで外出いただく事となります。 院内の広さや導線を考えますと、8名以上になれば密を避けられないと判断したためです。 皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。 窮屈な世の中ですが、乗り切るためにご協力お願い致します。 ・院内へ一度に入れる患者様を 7人とさせていただきます。 ・来院時に手指を アルコール消毒していただきます。 アルコール消毒が出来ない方は石鹸手洗いをして いただきます。 ・院内では マスク着用お願い致します。 マスクを外せるのは、うつ伏せ状態とカーテンで 仕切られている機械使用時のみとさせていただきます。 ・カーテンは施術ベッド以外、使用時に閉めさせて いただきます。 カーテンを開ける場合はマスク着用 お願い致します。 ・ ソーシャルディスタンスを保っていただきます。 皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解、ご協力をお願い致します• 年末は12月28日(土)まで。 年始は1月6日 月 から通常通りスタートです。 年末最終日は混雑が予想されますので、午前中に来院予定の方はお早めがおススメです。 人数次第で受付を早めに終了にする可能性もありますがご了承ください。 昼からは予約ですが、キャンセル待ちも受け付けています。 本年も皆様、ありがとうございました!! 2020年も宜しくお願い致します。 お陰様で9月26日に6周年を迎えます!! 毎年恒例のありがとうキャンペーンを行います。 9月26日(木)~10月31日(木)院長実費メニュー30%OFF!! 10月分の矯正代も30%OFF!! 現時点で10月末までのご予約はほぼ埋まっていますが、キャンセル待ちも受け付けています。 ぜひお電話くださいね!.

次の

【山形 寒河江市の整骨院】整体・マッサージ師も通う「藤田接骨院」

藤田 接骨 院

足底筋膜炎とは? 足の裏の筋肉、 筋膜の炎症です。 足底腱膜は、かかとの骨から足指の付け根までつながっており、 土踏まずの部分は少しカーブをしています。 例えば足を弓に見立てると、足底腱膜はちょうど 弦(ツル)の部分に相当します。 足底腱膜炎は、上からの体重が足裏にかかるため、無理に引っ張られ筋肉に負荷がかかり炎症が起きるわけです。 結局、 足底腱膜が「硬くなる」ことでうまく伸び縮みができなくなります。 長時間の立ち仕事や、しゃがんでの作業などでにより、 筋肉などを無理に引っ張ることで筋膜に微細断裂がおき、周辺に痛みがでる症状です。 さらに悪化すると、ますます腱膜が硬化し歩行時の痛みが強くなる場合があります。 どんな人がなりやすいのか? 1、まずスポーツなどで、 強い衝撃を足に繰り返し与えているスポーツなどをしている人です。 例えばジャンプしたり長時間のランニングなどです。 足底筋が硬くなり炎症を起こす原因です。 2、また、 加齢による筋力の低下です。 加齢により筋肉は自然に硬くなります。 それに加え、歩き続けたり、しゃがんで草むしりなど 普段の日常生活でも徐々に硬くなり炎症が起こるようになります。 現代は、足のアーチが支える力が弱くなったと言われています。 靴の原因や、運動不足など様々な原因が考えられます。 足のアーチが、体重や衝撃を支える力が弱くなると、 足底筋膜に負担がかかりますので、硬化しやすくなり腱膜炎につながります。 足底筋膜炎は、素足の季節に多くなります。 それはというと、夏場になると女性はおしゃれなサンダルを履きますが、 それがソールが硬いと足裏に負担がかかります。 そうなるとだんだん足裏の筋膜が硬くなり痛みの原因になるんです。 また自宅の中でも硬い床を素足でペタペタと歩きますねよね。 それも痛みの原因につながります。 痛みが出たらできればスリッパを履いた方がいいでしょう。 足底筋膜炎の予防法 上で述べましたように足底筋に対して何らかの疲労が重なり、 また加齢とともに筋膜が硬くなるとお話ししました。 それの予防法は、常に筋膜を伸び 足裏のマッサージが効果的です。 その場合、下の写真のようにつま先を上に曲げた状態で足底筋を伸ばしながら 指で3分間くらい指圧してみてください。 これを習慣的に毎日繰り返します。 また足裏を解すため下の写真のようなものも効果的です。 また他に 靴の影響もあります。 例えば、製造業などで硬い安全靴を履いているため 足の裏に負担がかかり痛くなるというケースもあります。 その場合は、クッション性のあるインソール(中敷き)を入れてみるというのも効果的です。 当院ではこんな施療をします。 まず足裏の筋肉を遠赤外線で温めます。 筋肉は温めると柔らかくなります。 その後、足裏のツボを 指圧施療いたします。 初めは慣れるまで少し痛いですがだんだん和らげば痛みが無くなります。 また足底筋と直接関連しませんが、 そもそも足底筋膜炎は両足には起こりません。 それは重心が極端に片足にかかるためでもあります。 それを改善すべくには、 骨盤矯正を行うことがあります。 足底筋膜炎で来院する患者さんは、ほとんど骨盤が硬い状態になっています。 (ちなみに膝が痛いと来院する患者さんも同じく骨盤が硬いです) つまり腰や骨盤が硬ければ、重心が左右どちらかに固定されるためとも考えられます。 足裏の痛みでお悩みならどうぞご相談ください。

次の