競艇マクール。 競艇雑誌マクールとBOAT Boyについてオススメポイントなどを解説!

マクール予想の口コミ!有料機能・予想は使えるのか? | 競艇の勝ち方|舟券を的中させるおすすめの買い方とは?「images.tinydeal.com」

競艇マクール

概要 [ ] 「マクール」は競艇の決め手の一つ「マクリ」と、同誌の編集を担当する「株式会社マクール」の社名にちなんだもの。 サブタイトルは「全速ツケマイな切れ味 競艇専門マガジン」。 8月に創刊し、当時はほぼ2ヶ月に1回のペースで発刊されていた。 3月号からは月刊で発刊され、毎月11日に発売される。 表紙は競艇通ので知られるが書いている。 編集長は山本圭一(ヤマケイ)、主筆は水村和彦(戸田男)。 内容はその時々に行われるSG戦の出場選手や開催について、あるいはに役立つ情報が書かれている。 また、競艇通の著名人などのコラムもある。 5月号より表紙の題字を「 SUPER BOAT MAGAZINE マクール」に変更した(元々、英語表記として「SUPER BOAT MAGAZINE MACOUR」を用いていたことにちなむ)。 主な連載 [ ]• 渡邊十絲子「天下御免の競艇客」• 競艇大学・統計学講座• ひまひまデータOFFLINE• 松本進の今日は飲もまい• 井上理論Neo!! 競艇中心の人生ですが何か問題がありますか?• 韓国競艇通信• エビスさんの今日はこれだけ負けました(蛭子能収)• 記者席通信 唸れペン!吼えろ印!• コロコロまえくみのピットの遊撃手() 過去の主な連載 [ ]• 競艇仮面まちこ() 関連項目 [ ]• - ライバルの競艇雑誌。 1996年創刊。 外部リンク [ ]•

次の

‎「競艇マクール」をApp Storeで

競艇マクール

マクールの予想は当たるのか? 冒頭でお伝えしたように、マクールの予想を買い続けても勝ち続けられるわけではありません。 しかし、マクールの情報を活用すれば的中確率を上げることができます。 詳細なデータを得ることができるので、確実に他の舟券を購入している人よりも情報量が多い上で勝負することができます。 マクールの有料は2つのプランがあります。 スタンダードコースの324円、プレミアムコースは540円。 私は2つのプランに加入をしており、予想をする際にかなり役立てています。 また、マクールのスタンダードコースを利用すれば、本日のイチオシレースを見ることができます。 簡単に言うと、今日的中を狙いやすいレースです。 マクールの独自の展望、進入予想を公開してくれています。 プレミアムコースに加入すれば、選手の特徴、細かい成績、コース別の成績などを閲覧することができます。 要は選手に対する知識をより増やすことができ、自分の鉄板レースのパターンなどを作ることができます。 さらに、競艇では欠かせないリアルタイムの気象情報まで知ることができます。 マクールでは毎日全レースの予想をしてくれており、マクールの予想データを分析していくと、勝ちレースを掴めるチャンスが増えます。 競技場によってかなり勝ち確率が異なってくるので、当たりやすいレースだけで勝負をして、自分なりの予想を絡めていけば勝ちレースが増えていくでしょう。 競艇マクールの無料機能一覧 主なマクールの無料機能 出走表を見ることができる オッズを見ることができる レース結果を見ることができる 簡単に言うと、自分だけで予想をする為に確認する機能は無料で閲覧することができます。 正直、マクールを活用するなら有料プランがおすすめです。 基本的に有益な情報は有料プランしか見れなくなっているのが、マクールの特徴です。 月額費用が1,000円かからない程度なので、月に1万以上競艇に使っている人なら、有料プランを活用することをおすすめします。 競艇マクールの有料機能一覧 マクールは有料機能がかなり充実しています。 スタンダードコースに入れば、毎日ニュース、イチオシレースを閲覧できるので、予想の幅がかなり広がります。 また、プレミアムコースに入れば、選手ファイルを見れるようになるので、かなり選手について分析をできるようになります。 初月はどちらも入会して、2ヶ月目以降は優先度が高いものだけを試すこともアリですし、有効活用できるのであればどちらも入会しておくことも良いでしょう。 競艇初心者におすすめの理由とは? マクールが特に競艇初心者、始めたての人におすすめの理由について解説をしていきます。 コンテンツの信頼度が高い 競艇情報サイトの中でも、かなり情報の鮮度が高いという特徴があります。 運営会社が 伊藤忠商事なので、コンテンツ力に定評、安心感があります。 競艇というと、情報商材のイメージを持っている人が多いと思いますが、マクールは健全に運営されているサイトです。 初心者がどのように競艇を学んでいけばいいのか?という問いに対して、マクールを見ていれば間違いない!と言えるでしょう。 月額費用が非常に安い 何と言っても月額料金の安さがポイントです。 スタンダードコースの324円、プレミアムコースは540円。 合わせても1,000円に満たない価格です。 情報商材の中には3万円、5万円という高額商品が多い中、月額コンテンツでこれだけ安いのは魅力です。 また、予想サイトのように予想だけをするのではなく、選手の成績を細かく見れること、その他生きた情報をキャッチできるメリットがあります。 毎月競艇を趣味として、楽しむならマクールから情報をキャッチしておくと間違いないでしょう。 違う覚悟から競艇を楽しめるようになりますよ。 マクールを活用するとどうなる? マクールを活用するとどのようなメリットがあるかについて解説をしていきます。 競艇の知識が自然と付く仕組み 競艇を楽しみたい!勝ちたい!と思っていても初心者の人が簡単に勝てるほど簡単なレースではありません。 競馬、競艇、パチンコ、どのギャンブルでも情報量を持っている人+経験値が結果に結び付きます。 必ず勝つことは不可能ですが、1%でも勝率を上げたい人にマクールはおすすめと言えるでしょう。 競艇経験が既にある人ならわかると思いますが、倍率通りに来ないのが競艇です。 つまり、当てるのが難しいことを意味しています。 マクールの有料プランを使えば、競艇コンテンツを余すことなく見ることができます。 特に今日のイチオシレースなどをずっと見ていると、自分がレースを予想する時にも役立ちます。 どういうレースを予想していくべきなのか?ここを知れるだけで負けレースを極端に減らすことができます。 勝負したいレースだけに絞ることが競艇初心者におすすめの方法です。 競艇予想の分析に活用できる ここまで読んでくださった方は、マクールがどのようなサービスなのかある程度掴めたかと思います。 内容としては、予想されたレースを買うだけではなく、自分で予想ができるようになるサイトです。 選手の成績や、毎日のニュースを読みながら、レースを買わずに分析することができます。 そして、自分の中で鉄板レースを見つけたり、好きな選手を見つけて応援することもできるでしょう。 競艇を好きになる、学べる、総合的にかなり評価できるサイトです。 あなたも競艇ライフを楽しむために、使ってみてはどうでしょうか? まとめ この記事では競艇サイトのマクールの特徴、予想はどうなのか?について解説をしてきました。 無料機能、優良機能もどちらも使いやすく、競艇を楽しみたい方にとって有益なコンテンツと言えるでしょう。 初心者の人から上級者の方まで楽しめるコンテンツが用意されているので、予想以外にも有益な情報が沢山あります。 どうしても、自分一人だけだと得られない情報があるので、こういったリアルな生きた情報は非常に役立ちます。 競艇は人間の心理戦でもあるので、今ノッテいる選手、スランプ選手の特徴を知れるだけで、オッズ以上にレースを多角的に見ることができます。 マクールの特徴は総合的なサイト、評判は数ある競艇情報サイトの中でも高評価です。 あなたにおすすめの記事一覧.

次の

マクール主催 ボートレースYouTuberグランプリ

競艇マクール

競艇マクールがiPhoneに登場! 競艇のレース情報・ニュース・予想はマクールにお任せ! 【有料情報・料金】 アプリケーションは無料ですが、一部のコンテンツは有料 アプリ内で課金 となります。 スタンダードコース、プレミアムコースの2コースがございます。 【スタンダードコースの価格と期間】 月額350円(税込) 価格は変更になる場合がございます。 期間は申込日から起算して1ヶ月間で自動更新されます。 【プレミアムコースの価格と期間】 月額550円 税込 価格は変更になる場合がございます。 期間は申込日から起算して1ヶ月間で自動更新されます。 【課金方法】 お使いのiTunesアカウントに課金されます。 月ごとの自動更新となります。 【自動更新の詳細】 有料サービス期間の終了日の24時間以上前に自動更新を解除しない限り、購読期間が自動更新されます。 自動更新される際の課金については、購読期間の終了後の24時間以内に行われます。 【退会(自動更新の解除)方法】 以下の手順で退会(自動更新の解除)を行うことができます。 ・「設定アプリ」を開く ・「iTunes Store と App Store」を選択 ・「Apple ID」を選択 ・「登録」を選択 次回の自動更新日時の確認や、自動更新の解除・設定はこの画面からお願いいたします。 【キャンセルについて】 購読期間途中のキャンセルは受け付けておりません。 Apple社とは無関係に競艇マクールが独自に実施するものです。 Quels mots les gens saisissent-ils lorsqu'ils cherchent une appli?

次の