とびひざげり ダイマックス。 【PJNOベスト8】コーチングリオルパーティ【シーズン4】

【PJNOベスト8】コーチングリオルパーティ【シーズン4】

とびひざげり ダイマックス

【概要】 リベロエースバーンの影響で環境に硬めの水と地面が増加したことにより、初手の見えにくい草打点が強力であると考え、構築を組み始めた。 対エースバーン性能にはあまり期待していなかったがこちらのエースバーンが苦手なドヒドイデやカバルドンに強く出れた。 エースバーン@きあいのタスキ ようき リベロ 155-168 252 -95-x-96 4 -188 252 とびひざげり アイアンヘッド ふいうち カウンター 相手のダイマエースバーンに強い。 カウンターという受け身の技を採用しながらも襷枠として高性能であり、使い勝手が良かった。 ドリュウズ@じゃくてんほけん いじっぱり すなかき 185-187 116 -107 212 -x-85-131 180 じしん アイアンヘッド ロックブラスト つるぎのまい 前期構築記事参照。 トゲキッスの初手ダイマ一辺倒だと芸がないため、トゲキッスを選出しない場合の後発ダイマ枠として採用。 ドラパルトの鬼火辺りから展開する。 ミミッキュ@チイラのみ ようき ばけのかわ 132 12 -141 244 -100-x-125-162 252 じゃれつく かげうち のろい みがわり ダイマしないミミッキュに剣舞を持たせてもエースバーンですぐ止まってしまうため、呪いみがわりを採用した。 トゲキッス@いのちのたま ひかえめ きょううん 161 4 -x-122 52 -187 236 -136 4 -127 212 エアスラッシュ マジカルシャイン ソーラービーム だいもんじ 主軸。 初見殺し要素が強く、初手に投げて大雑把に削る。 流行の水ロトムやカバルドンに強く、エースバーンを意識した相手の選出に刺さった。 カビゴン@とつげきチョッキ いじっぱり あついしぼう 235-178 252 -117 252 -x-131 4 -50 すてみタックル からげんき ヒートスタンプ ヘビーボンバー 相手の初手にダイマを切らせにくくするための置物。 エースバーンに弱い。 DLCが出る前の供養。 途中15連勝で20位台まで上がれた構築でした。

次の

期間限定マックスレイドバトル

とびひざげり ダイマックス

ダイマックスで、あのポケモンがガラルに来たらこうなっていた 発売前はリストラだと大騒ぎされていたが、ダイマックスが理解された今思えば「ガラルに来なくて正解だった」と思えるポケモン達を挙げていこう。 呼ばれなくて残念だね」 種族値:H91-A134-B95-C100-D100-S80 計600 タイプ:ドラゴン・ひこう 特性「マルチスケイル」:HPが満タンの時、受けるダメージが2分の1になる。 攻守において隙のないバケモノ。 種族値の暴力。 特性がダイマックスとも弱点保険とも相性が良い。 ダイマックス技の中でも最強の「ダイジェット」を一致技で使え、殴りながら素早さを上げる。 積み技「りゅうのまい」もダイマックスと相性が良い。 種族値600族なので、攻守に隙が無い。 従来型の鉢巻「しんそく」でも十分強い。 豊富な技範囲。 「ステルスロック」展開にも、「あつぞこブーツ」という新たな対抗手段が登場。 たまには若い奴らや先輩を立てないとね」 種族値:H108-A130-B95-C80-D85-S102 計600 特性「さめはだ」:直接攻撃を受けた時、その相手に最大HPの8分の1ダメージを与える。 彼の強さについていまさら語ることは多くない。 絶妙な素早さ、火力、耐久、攻撃範囲の広さ。 今作は「めざめるパワー」がないから、4倍弱点を突かれる機会も減る。 単純にダイマックスで火力アップ・耐久アップ。 「ダイアース」で特防アップ、「ダイスチル」で防御アップ。 ゲームフリークは前世代、フェアリータイプの強いポケモンを増やすことで、半ば強引に彼をトップの座から引きずり下ろした。 しかし、今作のガラルは、そのフェアリー勢の多くが去ったデフレ環境だ。 ついに、ガブリアスは出禁となった。 ゲーフリ森本氏も「ガブリアスは好きじゃない」と以前言っていたからね。 フライゴン、オノノクス、サザンドラ、ヌメルゴン、ジャラランガ達は、正直彼がいなくてホッとしているはずだ。 ドラパルトという新たな脅威が出現したことは置いといて。 それだけさ。 草タイプ以外ならね」 種族値:H60-A130-B80-C60-D60-S70 計460 特性「テクニシャン」:威力60以下の技が1. 5倍になる。 「ポイズンヒール」:どく状態の時、毒ダメージを受けず毎ターン最大HPの8分の1回復する。 「キノコのほうし」で眠らせたら、後は暴れ放題である。 スカーフで「キノコのほうし」してからダイマックスして殴り放題という暴挙も可能。 一致の「ダイナックル」に「ダイソウゲン」で火力も上げられる。 コケコ、レヒレがいない、S70未満のポケモンが多いなど環境的にも追い風。 コイツがガラルに来ないことを知った時、ホッとした人は多いのではないか。 ダイマックスして「かそく」をして、もう彼は止まらない。 バシャーモがいたら、エースバーンなど"ベンチ要員"だっただろう。 元々命の珠と相性が良かったが、ダイマックスと相性が良い。 「ダイナックル」「ダイバーン」で火力を上げられる。 ドラパルト、ミミッキュ意外には大体強い。 特に鋼タイプに強いのは大きい。 アイアントも彼がいたら軍門に下るほかなかった。 守り神ではなく破壊神になってしまっただろうからね」 ただでさえ、圧倒的な素早さと、「エレキフィールド」による火力を持ったポケモンが、ダイマックスしたら? ドリュウズに致命的に弱いのが救いだ。 しかしドリュウズのような明らかに強いポケモンを、特に初手に持ってこない限り、相手のPTはあっという間に破壊されて感情を失うだろう。 ゲッコウガにとっては、全ての技がメインウェポン。 特殊も、物理も両方いける。 しかも素早さが高く、先手で殴り放題。 ゲッコウガと対面したら、相手は震えながら自分のポケモンの弱点技を持っていないことを願うしかなかっただろう。 めざめるパワーが無くなったことで、ナットレイで受けやすくはなった。 だが、さらに命の珠持ちがダイマックスしてきたら、誰が受けられる? 「ダイアーク」の連打を受けられるのは、特殊受けのアーマーガアかニンフィアくらいか。 どうやらエースバーンがゲッコウガに似た特性を習得するようだが、ゲッコウガ程技範囲は広くない。 リンク: yasuokaden.

次の

期間限定マックスレイドバトル

とびひざげり ダイマックス

ダイマックスで、あのポケモンがガラルに来たらこうなっていた 発売前はリストラだと大騒ぎされていたが、ダイマックスが理解された今思えば「ガラルに来なくて正解だった」と思えるポケモン達を挙げていこう。 呼ばれなくて残念だね」 種族値:H91-A134-B95-C100-D100-S80 計600 タイプ:ドラゴン・ひこう 特性「マルチスケイル」:HPが満タンの時、受けるダメージが2分の1になる。 攻守において隙のないバケモノ。 種族値の暴力。 特性がダイマックスとも弱点保険とも相性が良い。 ダイマックス技の中でも最強の「ダイジェット」を一致技で使え、殴りながら素早さを上げる。 積み技「りゅうのまい」もダイマックスと相性が良い。 種族値600族なので、攻守に隙が無い。 従来型の鉢巻「しんそく」でも十分強い。 豊富な技範囲。 「ステルスロック」展開にも、「あつぞこブーツ」という新たな対抗手段が登場。 たまには若い奴らや先輩を立てないとね」 種族値:H108-A130-B95-C80-D85-S102 計600 特性「さめはだ」:直接攻撃を受けた時、その相手に最大HPの8分の1ダメージを与える。 彼の強さについていまさら語ることは多くない。 絶妙な素早さ、火力、耐久、攻撃範囲の広さ。 今作は「めざめるパワー」がないから、4倍弱点を突かれる機会も減る。 単純にダイマックスで火力アップ・耐久アップ。 「ダイアース」で特防アップ、「ダイスチル」で防御アップ。 ゲームフリークは前世代、フェアリータイプの強いポケモンを増やすことで、半ば強引に彼をトップの座から引きずり下ろした。 しかし、今作のガラルは、そのフェアリー勢の多くが去ったデフレ環境だ。 ついに、ガブリアスは出禁となった。 ゲーフリ森本氏も「ガブリアスは好きじゃない」と以前言っていたからね。 フライゴン、オノノクス、サザンドラ、ヌメルゴン、ジャラランガ達は、正直彼がいなくてホッとしているはずだ。 ドラパルトという新たな脅威が出現したことは置いといて。 それだけさ。 草タイプ以外ならね」 種族値:H60-A130-B80-C60-D60-S70 計460 特性「テクニシャン」:威力60以下の技が1. 5倍になる。 「ポイズンヒール」:どく状態の時、毒ダメージを受けず毎ターン最大HPの8分の1回復する。 「キノコのほうし」で眠らせたら、後は暴れ放題である。 スカーフで「キノコのほうし」してからダイマックスして殴り放題という暴挙も可能。 一致の「ダイナックル」に「ダイソウゲン」で火力も上げられる。 コケコ、レヒレがいない、S70未満のポケモンが多いなど環境的にも追い風。 コイツがガラルに来ないことを知った時、ホッとした人は多いのではないか。 ダイマックスして「かそく」をして、もう彼は止まらない。 バシャーモがいたら、エースバーンなど"ベンチ要員"だっただろう。 元々命の珠と相性が良かったが、ダイマックスと相性が良い。 「ダイナックル」「ダイバーン」で火力を上げられる。 ドラパルト、ミミッキュ意外には大体強い。 特に鋼タイプに強いのは大きい。 アイアントも彼がいたら軍門に下るほかなかった。 守り神ではなく破壊神になってしまっただろうからね」 ただでさえ、圧倒的な素早さと、「エレキフィールド」による火力を持ったポケモンが、ダイマックスしたら? ドリュウズに致命的に弱いのが救いだ。 しかしドリュウズのような明らかに強いポケモンを、特に初手に持ってこない限り、相手のPTはあっという間に破壊されて感情を失うだろう。 ゲッコウガにとっては、全ての技がメインウェポン。 特殊も、物理も両方いける。 しかも素早さが高く、先手で殴り放題。 ゲッコウガと対面したら、相手は震えながら自分のポケモンの弱点技を持っていないことを願うしかなかっただろう。 めざめるパワーが無くなったことで、ナットレイで受けやすくはなった。 だが、さらに命の珠持ちがダイマックスしてきたら、誰が受けられる? 「ダイアーク」の連打を受けられるのは、特殊受けのアーマーガアかニンフィアくらいか。 どうやらエースバーンがゲッコウガに似た特性を習得するようだが、ゲッコウガ程技範囲は広くない。 リンク: yasuokaden.

次の