しらたき 保存方法。 「しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく」の下ごしらえなど、意外と知らない豆知識!

「しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく」の下ごしらえなど、意外と知らない豆知識!

しらたき 保存方法

そのため、カロリーは 100g中 23kcalと低めで、野菜の中でもヘルシーな存在です(トマトやきのこと同程度のカロリー)。 その他にも、幅広いミネラル・ビタミンがバランスよく含まれています。 含まれているミネラル・ビタミンは以下の通りです。 【ミネラル】 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン 【ビタミン】 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、C 【その他】 食物繊維 いんげんの効能 【 風邪に負けない健康な体を作る】 いんげんには、成長を促進し、皮膚や粘膜を正常に保つ働きをもつビタミンAが含まれています。 皮膚や粘膜など、身体が外界と接する面を健康に保つことで、風邪などにかかりにくくなるという効果があるとされています。 また、たんぱく質や炭水化物、脂質などをエネルギーに変換する働きがあるビタミンB1・B2も含まれています。 食べ物が確実にエネルギーに変換されることで、毎日をパワフルに過ごすための活力が得られるのです。 【 食物繊維で身体中スッキリ】 いんげんには食物繊維が含まれており、中でも不溶性食物繊維が多く含まれています。 水溶性食物繊維は、その名の通り腸の中でトロトロと液状になり、腸内の毒素(老廃物など)を巻き込んで排出する機能があります。 不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して大きくなり、腸を刺激して排泄を促す効果を持ちます。 健康の基本は、身体に余計なものをため込まないことです。 腸内環境が改善されることで、身体にため込まれた老廃物や毒素が排出されます。 すると、身体が本来の力を取り戻し、肌にツヤやハリがでるようになり、手足のむくみなども改善されていくのです。 長期保存が可能になる 第一のメリットは、長期保存が可能になることです。 ですが、冷凍保存ならば、ある程度新鮮さを保ったまま 数週間の保存が可能になります。 2等分や3等分など、カットしてから冷凍しておく、お肉を巻いてから冷凍するなどすれば、調理時間の短縮にもつながります。 冷凍によって栄養が失われない 第二のメリットは、冷凍によって栄養が失われないことです。 いんげんを冷凍する場合、食材を固めに茹でておくブランチング処理を施します。 あらかじめ熱を通しておくことで、食材中の酵素の活動を停止させ、 栄養の損失を防ぐことができるのです。 またブランチング処理には、冷凍前後の食感の変化を最小限に抑える効果もあります。 ゆえに、生で食べたときのシャキシャキ感をできる限り残すことができるのです。 いんげんの解凍方法 冷凍したいんげんは、 冷蔵庫で自然解凍か、 凍ったまま調理することができます。 サラダなどで食べる場合は、冷蔵庫で解凍すると良いでしょう。 冷蔵庫内でゆっくりと低温解凍することで、ドリップ(液漏れ)を防ぐことができます。 ドリップを抑えると、うまみ成分の流出を食い止めることができるのです。 火を通す場合は、凍ったまま調理してください。 この場合、解凍せずに直接フライパンやお鍋に入れて構いません。 基本的に、冷凍している食材が腐ることはありません。 ですが、冷凍環境(冷凍庫内の温度変化など)によっては、目安の期間内でも食べるのを控えたほうが良い場合もあります。 色が悪い、ひどく乾燥しているなど、目に見える異常がある場合には、食べるのを控えてください。 >> いんげんの栄養 いんげんは、いんげん豆を未熟な状態でさやごと収穫したものです。 いんげん豆は豆類に分類されますが、いんげんは野菜に分類され、いんげん豆といんげんでは含まれる栄養も異なります。 また、 アミノ酸も豊富です。 いんげんには必須アミノ酸が全て入っている いんげんには、 必須アミノ酸9種類がすべて含まれています。 必須アミノ酸は、体内で生成されない栄養素のため、食事から摂取する必要があります。 また、 必須アミノ酸9種類のうちどれか1種類でも不足しているとほかの アミノ酸の吸収に影響が出るため、9種類をまんべんなくとることが重要です。 ビタミンAは、視力を正常に保つ働きや、皮膚や粘膜の健康維持の働きがあります。 また、強力な抗酸化作用があり活性酸素を抑え、 老化や 生活習慣病の予防に効果があります。 2)じゃがいもを1口サイズに切り、レンジで2分ほど加熱しておきます。 3)熱したフライパンにごま油をひき、ひき肉を2分ほど炒めます。 その後、じゃがいもを加えてもう1分炒めます。 5)水溶き片栗粉を加え、とろみがついたところで、いんげんを加えて完成です。 2)にんじんをいんげんと同じ長さ、太さに切り、軽く茹でておきます。 3)豚肉を2枚広げ、にんじんといんげんを乗せて、ぴっちりと巻いていきます。 4)巻き終わりの面を下にし、塩こしょうを振り、さらに小麦粉をまぶしておきます。 5)熱したフライパンにオリーブオイルをひき、巻き終わりの面を下にして焼いていきます。 6)焼き色がついたら、転がして他の面も焼いていきます。

次の

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いを徹底解説

しらたき 保存方法

【材料】• お米…1合分• 白滝…1袋• 水…1合分• ほうれん草…2茎• 中華だし…小さじ2• ごま油…小さじ2• ごま…小さじ2• 豚挽き肉…120g• ごま油…小さじ1• 焼肉のたれ…大さじ2• 豆板醬…小さじ1• 卵…2個• オリーブオイル…小さじ• のり…2枚 【手順】• しらたきは細かく切り刻みます。 炊飯器にお米、しらたき、水を入れて炊きます。 にんじんは細切りにします。 ほうれん草を下茹でして一口大に切ります。 にんじん、ほうれん草にそれぞれごま油、ごま、中華だしを入れて混ぜます。 フライパンにごま油とひき肉を入れて炒め、焼肉のたれと豆板醤を絡めます。 フライパンに油をひいて卵を割り入れ、目玉焼きを作ります。 のりの上にしらたきご飯、ほうれん草、にんじん、ひき肉、目玉焼き、さらにしらたきご飯とのりを乗せます。 包丁で半分に切り盛り付ければ完成です。 【材料】• お米…1. 水…適量• しらたき…1袋• 豚こま切れ肉…150g• しいたけ…2個• 刻み細ねぎ…適量 <調味料>• 酒…大さじ1• 砂糖…大さじ1• おろししょうが…小さじ1 【手順】• お米を洗い、しらたきは茹でてあく抜きしておきます。 しらたきをみじん切りにします。 にんじんは縦4等分に切り、薄切りにします。 しいたけは根元を切り、薄切りにします。 豚肉は食べやすい大きさに切ります。 フライパンを熱し、しらたきを入れて中火で5分程炒めます。 しょうゆを加えて炒めます。 炊飯器の内釜に米、調味料を入れ、1. 5合の目盛りまで水を加えて軽く混ぜます。 炒めたしらたき、豚肉、にんじん、しいたけを広げて加えます。 通常炊飯し、炊き上がったら混ぜます。 器に盛り、細ねぎをちらして完成です。

次の

にんにくが緑・青色になる原因は?毒?カビ?変色を防止する方法を伝授!

しらたき 保存方法

煮物、サラダ、炒め物になど、さまざまな料理に使えて便利なしらたき。 カロリーがほとんどないため、ヘルシー料理に大活躍の人気の食材でもあります。 今回はそのしらたきの栄養・冷凍・冷蔵保存方法、そしてレシピついてご紹介します。 しらたきの基礎知識 ここではしらたきの基礎知識についてお伝えします。 栄養や効果、選び方などを参考にしてください。 しらたきの栄養 しらたきは100gあたり6kcalの低カロリーで、食物繊維が約3gに含まれダイエットに嬉しい食材。 「グルコマンナン」という成分が水分を維持したまま腸内を通るため、しっかり排泄され便秘解消になります。 食事の際、メインの前にまずしらたきを食べると「満腹中枢」が刺激され食べすぎをストップ。 「グルコシルセラミド」という成分は、皮膚の表皮の水分を保ってくれるため、皮膚の健康を維持する役割があります。 しらたきの選び方 しらたきを選ぶポイントは、使われている原材料のチェックが必要です。 「こんにゃく粉」から作られたものと「こんにゃく芋」から作られた2種類。 そのこんにゃく粉に水酸化カルシウムと水を混ぜて固めたものが多く販売されています。 グルコシルセラミドやグルコマンナンをしっかり得るには「こんにゃく粉」と表示されたものを選びましょう。 しらたきはどのくらい日持ちする?賞味期限は1週間! 開封前のしらたきは基本的に冷蔵庫での保存となり、開封前の賞味期限は30〜90日です。 開封した場合はしらたきの賞味期限の目安は1週間です。 しらたきの保存方法 しらたきを最後まで美味しくいただくために、常温・冷蔵・冷凍の保存法をお伝えします。 最後までしらたきを使い切る方法を試してみてください。 しらたきの冷蔵保存方法 開封前のしらたきは常温保存が可能です。 直射日光が当たらない冷暗所に保存しましょう。 開封後は保存容器に袋の中の水も一緒に移すことが大切です。 水道水を入れた場合は、2日1度取り替えて早めに調理するようにしましょう。 消費期限の目安:5日 しらたきの冷凍保存方法 しらたきは水分が多く含まれているため、基本的に冷凍には不向きで、解凍後は食感も失われます。 ただ、煮物料理など水分を多く含む料理であれば、冷凍したしらたきでも十分楽しめるでしょう。 消費期限の目安:1か月 保存の注意点 袋に入れたまま保存して、中の水が濁っていたり、袋が異常に膨張していたら傷んでいる証拠です。 その場合は食べることなく処分するようにしましょう。 ワンポイントアドバイス しらたきをひき肉のように細かくしてラップに包み、ジッパー付き保存バックに入れて冷凍保存。 解凍してしっかり水分を切ってひき肉料理のかさ増しに使ったり、ダイエット料理にして使えるので重宝します。 5cm角に切っておきます。 作り置きして冷蔵庫で3日ほど保存可能です。 まとめ しらたきの冷凍の保存方法とレシピを紹介しました。 上手に保存すれば長持ちして、さまざまな料理に使えて便利です。 しらたきを最後までしっかり使い切るために、できるところから始めてみましょう。

次の