オートミール お 弁当。 健康的で上手なオートミールの食べ方まとめ

オートミールをお弁当に入れよう!おいしいポイントと簡単レシピを大公開!

オートミール お 弁当

日本ではダイエットに関心のある方が多く、テレビやインターネットでもいろいろなダイエット方法が紹介されています。 リンゴダイエットや朝バナナダイエットなど試してみたことがある方も多いのでないでしょうか?最近では体重を減らすだけでなく、健康を維持することも重要と考えられているので栄養価の高い食品を置き換えることが推奨されています。 その中でもオートミールの置き換えダイエットが人気です。 1日1食だけこれまでの食事をオートミールに置き換えるという方法ですが、早く結果を出したいので1日3食オートミールを食べたいという方もいることでしょう。 オートミールでお弁当を作ってランチにも食べたいという方も多いですが、オートミールはお弁当の食材として使えるのでしょうか?そこで、今回はオートミールを使ってお弁当は作れるのか、そのメリットやレシピをご紹介していきます。 オートミールはお弁当に使えるのか? 結論からいうとオートミールをお弁当の食材として使うことは可能です。 オートミールはオーツ麦を加工した食品です。 すぐに腐ってしまうということはないので、お弁当として会社や学校に持参してランチの時に食べるのは全く問題ありません。 オートミールをお弁当として会社や学校に持参すれば大きなメリットを享受することができます。 それは、置き換え回数を増やすことができるという点です。 オートミールの置き換えダイエットは普通の食事をオートミールに置き換えてカロリー摂取を抑えるというダイエット方法です。 ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーの計算で成り立っています。 摂取カロリーを健康に害がない程度に抑えて、運動などで消費カロリーを増やすのが最も効果的です。 1日1食置き換えをする方が多いですが、カロリー計算の観点からみると1日3食置き換えを行なえば、3倍のスピードで結果を出すことが可能になります。 しかし、この方法は継続できなければ意味がありません。 オートミールに飽きてしまい継続が困難になるというリスクを抑えるために1日1食だけ置き換えている方が多いというのが実情です。 しかし、味に問題なく継続できて早く結果を出したいという方は積極的に置き換え回数を増やすのは良い方法といえるでしょう。 そのためにもオートミールをお弁当として持参してランチでも置き換えダイエットができれば、結果はついてくることでしょう。 夏に向けてダイエットしようとしている方にはオートミールは最適な選択です。 オートミールはお弁当に適している オートミールのメリットとしてよく取り上げられるのが「簡単に調理できる」という点です。 電子レンジで調理することもできるので、時間をかけずに調理することが可能です。 このメリットはお弁当作る上でも重要です。 お弁当を持参している方は朝作って会社や学校に持っていくという方が多いでしょう。 しかし、朝の時間は貴重で早起きしなければお弁当を作ることができません。 いつもお弁当を持参している方でも「寝坊してしまい、お弁当が作れなかったので今日のランチは外食にする」という経験がある方も多いのではないでしょうか? お弁当を持参するには朝の時間を確保する必要があり、毎日お弁当を作るというのは、これまでお弁当を持参したことない方にとっては大変なことです。 しかし、オートミールであればそのような心配はありません。 オートミールは時間をかけずに調理することができるので、お弁当の食材としては適しています。 電子レンジで加熱調理している間にコーヒー飲んで目を覚ましたり、顔を洗ったりなど朝の身支度と平行して調理することが可能なのです。 つまりは、朝の貴重な時間を有効に使うためにはオートミールはもってこいの食材なのです。 オートミール弁当のレシピ オートミールを使ったお弁当のレシピはいろいろと公開されています。 ランチでオートミールをそのまま食べたいという方はポットを使うと便利です。 作り方は簡単です。 ポットの中にオートミールを入れてお湯を注ぐだけです。 そのポットを会社や学校に持っていけば、ランチの時間には保温効果で調理されてちょうど食べ頃のオートミールが完成しています。 また、オートミールバーガーもお弁当には最適です。 まずは、オートミールに水を加えてバーガー生地を作ります。 ポイントは加える水の量はいつもより少なめにすることです。 これによってどろどろにならずにバーガー生地として形成できるようになります。 バーガー生地が完成したらお好みの大きさに形成して、フライパンで焼いていきます。 バーガー生地がこんがりと焼き上がったら、チーズやケチャップなどお好みの調味料を間に挟めばオートミールバーガーの完成です。 この他にもオートミールピザやオートミールおにぎりなどお弁当には最適なレシピがたくさんあります。 いろいろレシピを試してみましょう。 オートミールのお弁当箱 オートミールをお弁当として持ち歩くのに最適なお弁当箱はオートミールによって様々です。 そのままお湯を入れてオートミールを食べたいという方には、スープジャーのようなお弁当箱に感想させたオートミールを入れておき、食べるときにお湯を追加してすぐ食べれることが可能です。 また、上記のハンバーグのようにすでにオートミールを含んだおかずを作ってしまっている方は、通常のお弁当箱にそれらを入れて持ち歩ことも可能です。 まとめ 毎朝早起きしてお弁当を作ることは大変なことです。 しかし、オートミールを使用したお弁当であれば時間をかけずに簡単に作ることが可能です。 また、夜の時間を利用したオーバーナイトオーツなどもあるので、オートミールはお弁当に最適といえます。 現在、オートミール生活を送っている方の中でも置き換え回数を増やして「夏までに痩せたい」「友人の結婚式までに痩せたい」という方も多いでしょう。 結果を出さなければいけない期間が決まっている方はランチでもオートミールを置き換えることがおすすめです。 オートミール弁当でしっかりと結果を出していきましょう。

次の

私が13Kg痩せたオートミールのダイエット効果を初めて公開します

オートミール お 弁当

写真 掲載:mamagirl まずはオートミールについて紹介していきます。 海外では朝食として一般的に食べられるオートミールですが、日本ではなじみがない人も多いかも。 オートミールに砂糖などで甘味をつけて加工したグラノーラが広く知られているようです。 オートミール自体は余分なものを加えていない分カロリーが低く、幅広くアレンジがきくため近年人気が高まっています。 牛乳をかけて、フルーツのトッピングなどをして食べるのが一般的な食べ方です。 また、ヨーグルトと組み合わせて食べるのも女性には人気です。 ほかにもオートミールとフルーツ、豆乳を組み合わせれば栄養バランスが整います。 そのため、特に女性から人気を集めている食材です。 ・オートミールは、ダイエットにも最適 出典:PhotoAC 白米よりカロリーが少ないのに摂取できる栄養素が多いオートミール。 ダイエット食としても人気があります。 オートミールダイエットの効果を高めるなら、三食食べるご飯のうち一食をご飯と置き換えることからスタートするのがおすすめです。 ・熱処理済みで、調理が簡単! オートミールは熱処理をした状態で販売されているので、火を使う調理が不要。 これから来る暑い季節にも手軽な調理ですぐに食べられるのもメリットです。 でもオートミールは熱処理をしてあるので、お弁当に使う食材として安心して使えます。 でも「なじみの薄いオートミールをいきなりお弁当に使うのはハードルが高そう…」という人もいるでしょう。 そんな人のためにオートミールのお弁当への取り入れ方をお伝えします! ・オートミールをご飯に置き換えてお弁当を作ろう! 出典:PhotoAC 「お弁当にオートミールを使いたいけれど、献立をどうすればいいのかわからない…」そんな人にはオートミールをご飯の代わりに使うのがおすすめ。 ご飯の代わり、と考えれば気軽にお弁当に使えますね。 ・オートミールをおにぎりやオムライスに使っても! 出典:筆者撮影 無味でアレンジが効くオートミールは、お弁当メニューのおにぎりやオムライスに使うご飯の置き換えにも適しています。 味つけにケチャップや好きなふりかけを使えば、ダイエット中でも満腹感と同時に満足感も得られますね。 お湯を入れて長く置いておけばお粥状に、直前にお湯を入れれば白ご飯代わりに、と自分の食べたい仕上がりに合わせて調理方法を簡単に調整できるのもメリットのひとつです。 ・発芽玄米とオートミールで腸活おにぎり 出典:筆者撮影 発芽玄米ご飯と、乾煎りしたオートミールを好きな割合で混ぜておにぎりをつくるだけで腸活おにぎりが完成! お好みでふりかけやごま、塩などをまぜれば味にも変化がついて食べるのが楽しいですね。 玄米もオートミールも整腸作用があるので、便秘気味の人にもおすすめです。 水分が多かったらこの時点でオートミールを増量し、成型しやすいように調節。 フライパンで両面にこんがり焼き色がつくまで焼いたら、蓋をして4〜5分蒸し焼きに。 肉なしでもこんがりした焼き目が香ばしい、オートミールハンバーグが完成。 意外に満足感も得られるメニューです。 お弁当に入れるなら、小さめに成形してくださいね。 ・オートミールのバンズでヘルシーハンバーガー オートミールに少量ずつ水を加えて、バンズとして成型しやすいゆるさまで調節。 ご飯の置き換えとして使うなら、無味のオートミールを見つけるのがポイントです。 ここでは業務スーパーで購入できるオートミールをご紹介します。 こちらののほかに、黄色いパッケージの「Small leabes」もあります。 Big leavesはオートミール丸ごと、Small leabesは小さくくだいたものとそれぞれ粒の大きさが違うので、好みの食感で選ぶと良さそうですね! ・日本人にあわせて作られたプレミアムピュアオートミール 出典:筆者撮影 こちらは『日食プレミアム』の「プレミアムピュアオートミール」。 日本人にあわせて加工されたオーツ麦を100%使用しています。 保存料・着色料不使用なのもうれしい。 チャックつきなので、毎日の食卓で使いやすいですよ! こちらはスーパーやネット通販などで購入可能。 300gで、300〜400円程度で購入できるよう。 ・カナダ産オートミールは初めての人にもおすすめ 業務スーパーで買える「本格オートミール」はカナダ産で、軽い食感のオートミールです。 1kg入りで400円前後と手に取りやすい価格も、オートミール初心者にはありがたいですね!小分けにしてタッパー保管すれば場所も取りません。 余分な手間を加えないシンプルなオートミールだからこそできるお弁当レシピや、アレンジレシピに今注目が集まっています。 栄養たっぷり、調理簡単なオートミールを味方につけて、美容と健康に良い生活を始めてみませんか?.

次の

オートミールをお弁当に入れる方法 ⌘ 放牧の日

オートミール お 弁当

いつもは、朝作ってお昼に食べるスープジャーでのオートミール弁当。 調理時間は大体3〜4時間ほどでしょうか。 ロールドオーツだとちょうどいい調理時間なのですが、スティルカットオーツだとちょっとだけ時間が足りない気がしていました。 そこで、スティールカットオーツの長時間調理に挑戦。 もともとスティルカットは長い時間火にかけて食べるオートミールで、鍋で煮る時間は30分くらいが目安とされています。 スープジャーでの調理は加熱し続けるわけではなく、暖かいままふやかすことになるので、煮るよりも時間がかかって当然なのですが、いつもより長時間保温調理した場合どうなるのか?という実験です。 ちなみに、スティルカット30gはこのくらい。 私が保存に使っているウォーターボトルのキャップ1杯分、写真左のオーツです。 材料を全て小鍋に入れて沸騰したら、予熱してあるスープジャーに入れ、サーモスの専用ポーチに入れるだけ。 8時間後の写真がこちらです。 400mlのスープジャーに入れたので、ジャーの内容量の半分くらいまでのかさになります。 水分をめいっぱい吸ったオーツが良い感じ。 時間経過により、温度はかなりぬるくなっていました。 これはポーチに入れないと冷たくなっちゃうかも。 オーツはかなりモチモチした食感ですが、噛んだ時のプチプチ感はちゃんと残っています。 結論としては、3〜4時間の調理時間よりも、美味しく仕上がったと思います。 温度だけが気に入らないけれど、食感は文句なしでした。 朝からスティルカットオーツが食べたい時に、寝る前に仕込んで放置しても問題なしだと思います。 朝の忙しい時にアツアツのものを食べることはないので、そう思えばこの温度でもいいかな。 私はそのままオーツ麦の味を楽しむのが好きですが、ふりかけをかけて食べるのも良いと思います。 スタンダードにハチミツをかけても良いですね。 休みの日はゆっくり料理できるのでとても楽しいです。 使い慣れた道具と食材ですが、こうやって実験してみるのも新たな発見があって面白いです。 スティルカットオーツは上級者向け(?)のオートミールだと言われていますが、スープジャーを使えば簡単に楽しむことができます。 鍋に火をかけたまま30分見てるのも、水分の蒸発具合を気にするのも面倒ですよね。 でも、この方法ならジャーに入れて放っておくだけで芯までモチモチのオーツを食べることができますので、ご参考になさってください。 <注意> サーモススープジャーの取扱説明書によると 「飲食物はできるだけ早く(6時間以内)一度にお召し上がりください」との注意書きがあります。 今回のような8時間調理はメーカーが推奨している調理時間を超えるため、自己責任で行ってください。 また、当ブログでは一切責任を負いません。 どうでも良いとは思うのですが、 ・スティールカットオーツ ・スティルカットオーツ ・スチールカットオーツ ・カットオーツ ・アイリッシュオーツ ・挽き割りオーツ これ全部同じものを指します。 「Still Cut Oats」をカタカナにすると上の3つのどれかになりますよね。 本当にカタカナ英語って難しいと思います。 うっかり。 ということで、今回は「ポーリッジ」と呼ばれる基本のオートミールの作り方をご紹介します。 この作り方は一般的だと思うのですが、私はニュージーランドにホームステイをしていた時に、ホストマザーに教えてもらいました。 ロールドオーツと水、塩を鍋に入れ、10分ほど弱火で煮ます。 火を止めて3分ほど放置して蒸らします。 弱火をつけてバターを入れ良く混ぜて、ポコポコと泡が出たら完成です。 バターが香る、モチモチ食感の美味しいおかゆが出来上がります。 この水の割合だとゆるめのオートミール粥になります。 米粥と同様に、好きなものをトッピングして食べてもいいし、もちろんそのまま食べても美味しいです。 鰹節が実はすごく合います。 母はシャケフレークをトッピングするのが好きみたい。 塩が入っているから抵抗があるかもしれませんが、メープルシロップやハチミツも合いますよ!塩キャラメルとか、雪塩ちんすこうとか、塩バニラなんかがOKな方はぜひ試していただきたいです。 アツアツのオートミールにアイスクリームを乗せるのも美味しいです。 リンゴやバナナなどのフルーツ、ナッツ、佃煮に、明太子など、本当に何をトッピングしてもOKです。 スティルカットオーツを使うときは30分ほど煮る必要があるので、蒸発することを考えて少し多めに水分を入れて煮てください。 料理の幅が広がるオートミール。 日本でも、もっともっとメジャーな食材になりますように。 注ぎ口がついていないと、スープがこぼれちゃうし あんまり大きいと水分が蒸発しやすく、味が濃くなっちゃうので 400mlのスープジャーを使うなら、15cm前後のミルクパンが一番使いやすいと思います。 重さがあるので安定感があって、金属のスプーンでガシガシやっても大丈夫。 テフロン加工のものは、表面が剥がれてきちゃうと悲しくなるので、加工なしの小鍋が好きです。 大きさは、こんな感じ。 左右両方に注ぎ口がついているので、どちらの手で持ってもOK。 以前は持ち手の右側だけに注ぎ口がついてる鍋を使っていました。 急いでる朝にとっさに鍋を握った時「おおぅ逆、逆。 私の好みなのですが、バナナチップスの入ってないミューズリーが使いやすいと思います。 バナナって香りが強くて、時々邪魔になるんですよね。 (下記写真参照)これがまた楽しい! ミューズリーに砂糖や油脂を使って味付けし、炒ったものが「グラノーラ」です。 ミューズリーは基本的に砂糖などの味付け無しの、「穀類にナッツやドライフルーツを混ぜただけのもの」です。 ただ、市販のミューズリーには砂糖で味付けされているものもあるので、気になる方はパッケージを確認した方が良いと思います。 寝坊した朝は自作ミューズリーをそのままガッ!と口に突っ込んでモグモグしながら支度して家を出たりします。 最近巷ではオーバーナイトミューズリーが流行りで、寝る前にヨーグルトとミューズリーを混ぜて冷蔵庫で一晩放置、朝になるとヨーグルトの水分を吸ってモチモチになってウマー!たまにyahooポータルページで紹介されたりしてますよね。 私は乳製品をたくさん摂るとお腹を壊してしまうのですが、美味しいのでたまに作ってます。 あとは、私の食生活的に野菜が好きすぎてタンパク質が不足しがちなので、ザバスのプロテインパウダーをかけて食べることもあります。 粉をそのまま食べるのが好きなので、これもまた楽しいです。 (きなこ、ココアパウダーも粉だけで食べたりしちゃいます) プロテインパウダーはアマゾンの定期購入だと安く買えますが、楽天でポイントアップセールをやってる時はそれを買ったりしてます。 お金は大事に使わなきゃね。 スープジャーとは、保温調理器の一種で 魔法瓶の口が広いもの、とイメージすると一番わかりやすいと思います。 おそらく最も有名なのはサーモス社のもので 私のスープジャーもサーモスです。 容量が色々あるのですが、オートミールは結構膨らむので400mlがちょうどいと思います。 楽しくて具材を入れてると、あっという間にかさが増して 小さいジャーだと入りきらなくなっちゃうかもしれません。 最も大切なことは、あったかいものを入れる際、熱湯を注ぎ蓋をして2分以上予熱しておくこと! 予熱をしないと温度が下がってしまい、野菜に火が通らなくなる可能性が高くなります。 100均に売っていたお弁当箱用の保温バッグも試したのですが、温度の差は歴然でした。 スプーンは何でも良いと思うのですが、金属製のスプーンだと カチャカチャ金属同士のぶつかる音がして耳障りかも。 私は会社に持っていくので、同社のケース付きスプーンを使ってます。 と考えると、サーモスのジャーを買うときは3点セット購入が一番間違いないかも。 スープジャーは色んなメーカーが販売してますが、 1000円、2000円をケチって冒険するよりも 最も有名なサーモス製品を買ったほうが、後悔しないと思います。 (昔もらったピーコックというメーカーのものは、 保温力が低くて野菜が生煮えになることもしばしば。 結局使わなくなりました。 ) 私が愛用してるのは【真空断熱スープジャー/JBQ-400】お手入れは慣れてしまえば簡単で、細かく分解して洗うことができるところが気に入っています。 交換用のパッキンも販売されていますし、大きなメーカーなので交換パーツも手に入れやすいです。 使い方や構造は同じですが、今はこれより一つ新しい型の【JBQ-401】が主力のようです。 手入れ方法 何気にこのオープンアシストがいい仕事してくれます。 他のスープジャーだと開けるのが大変ってこともあったのですが、このスープジャーにしてからすんなり蓋が開いて便利です。 右奥の大きなタッパーに入っているのは自分でブレンドしたミューズリーです。 スティッチのボトルに入っているのがアリサンの有機オートミール。 手前の紙袋のものは、クエーカーのインスタントオーツ。 それから、左側の物がサーモスのスープジャーとポーチ。 写真に映っていない必要なのものは、注ぎ口のついた小鍋と計量カップです。 計量カップは必須。 水分量を計らないと、折角下ごしらえをしても ジャーに入りきらなくて悲しい気持ちになります。 小鍋を出すのも面倒!という方は電子レンジでも加熱OKですが、 計量カップは必要だと思います。 補足リンク(当ブログ内記事へのリンクです) ブログランキング参加中です 海外映画の朝食の場面で、子供が白っぽいおかゆを食べてる姿を目にしたことがあるのではないでしょうか?あれがオートミールです。 名前は知ってるけど、食べたことがないって人の方が多いかも知れないですね。 アメリカでは非常にポピュラーな朝食メニューで、ホテルのバイキングにも置かれていたりします。 ヨーロッパでも広く食べられており、自分で好きに味付けして食べるのが一般的です。 ミルクで煮たオートミールに蜂蜜をかけて食べるのが一番ポピュラーだと思います。 あったかくて、あまくて、優しい味のオートミールですが、上手に作らないとドロドロして味の無いネットリしたペーストになっちゃうんですよね。 オートミールがますい。 というイメージはこの辺りから来てるような気がします。 それを簡単に解消するのがスープジャーでの調理法で、失敗はほぼないと思います。 私はペースト系よりも粒の残ったもっちり系の食感が好きなので、ロールドオーツをメインに食べています。 オーツ麦=エンバク(カラス麦) なので、実はそれほどクセのある匂いや味はありません。 1)スティールカットオーツ「Still Cut Oats」 オーツ麦を煮えやすいようにカットしただけの製品です。 鍋で火にかける調理時間が30分以上、スープジャーでは3時間程かかります。 プチっとした食感が楽しいです。 調理に少し時間がかかりますが、オーツ麦を最大限楽しみたい人には合うと思います。 ちなみに下記、全部このオーツを指します。 ・スティールカットオーツ ・スティルカットオーツ ・スチールカットオーツ ・カットオーツ ・アイリッシュオーツ ・挽き割りオーツ 2)ロールドオーツ「Rolled Oats」 オーツ麦をローラーで加熱圧縮したものです。 既に火が通っているのでスティルカットよりも早くふやけるし、そのまま食べることもできます。 もっちりした食感で、鍋で火にかける調理時間10分程、スープジャーでは1時間半くらいです。 3)クイックオーツ「Quick Oats」 ロールドオーツを更に加熱調理し砕いて乾燥させたものです。 味付けはされていません。 そのまま食べても良いとは思いますが、結構小さく砕かれているので粉っぽいです。 水分と混ぜてレンジで2分チンしたら美味しく食べることができます。 ペースト系の食感です。 オールドファッションオーツもこれに当たります。 4)インスタントオーツ「Instant Oats」 小分けの袋に一回分ずつ入っています。 味付けされたもので、水分と混ぜてレンジで2分チンしたら食べることができます。 アメリカではカップ入りのものも売っていて、熱湯を注いでふやかすだけでお手軽に食べることができます。 カップ麺みたいなイメージですね。 私が好きなのはロールドオーツとスティールカットオーツ。 特にスープジャーで調理するとき、程よく粒が残るのが良いです! ブランドや種類によって、食感がかなり違うので、オートミールが楽しくなってきたら、いろんなものを試してみると、より素敵なオートミールライフになると思います! ちなみに私のメインは、 アリサンの有機オートミール。 アメリカ産のロールドオーツで、500gで500円です。 ジャーに入れて3時間放置しても、粒の形が崩れず、もっちりした食感になるのが好みです。 激安ではありませんが、品質が安定しているのと小さいパッケージが好きなので、今はこれを食べています。 オーツ殻の混入も殆どありません。 他社のオートミールについては以下の通り。 全部私が食べたことのあるものですが、感想はあくまで主観なので参考程度に読んでいただければと思います。 <日食>ロールドオーツ ランチ用にジャーで調理するとオーツ粒の形が崩れるほど柔らかくなってしまったので、今は買ってません。 ふやけやすいので電子レンジでの調理や、すぐに食べたい時に日食の製品は向いていると思います。 350gで700円くらいなので高級品。 <アララ>ロールドオーツ こちらのジャンボオーツもメジャーな商品ですが、結構オーツ麦の殻が入っていて、それに当たると悲しくなるので買わなくなりました。 初めて殻に当たったときには虫食べちゃった?!ってびっくりしたのがいい思い出です(笑)800gで800円なので、私が好きなアリサンと同じくらいの価格です。 ちょっとだけ麦独特の香りがする気がします。 <クエーカー>クイックオーツ 最も有名なこちらのオーツは、私には柔らかすぎるのと、大容量過ぎてあまり好きではありません。 1番小さい容量のものは1200gで1200円くらいかな。 私は4. <ボブスレッドミル>ロールドオーツ アメリカではクエーカーと並ぶ有名なメーカです。 最近やっと日本でも手に入るようになってきました。 旅行中でも、オートミールはやめられません!ただし、麦の香りが苦手な人にはあまりオススメできません。 <エルサンクジャポン>ロールドオーツ フランス産で粒が小さめの商品です。 かなり柔らかくなるので、私の好みじゃなかったです。 1袋の量が250gと少なめなので、たまにちょこっとだけ食べたい人には良いと思います。 価格は400円前後かな。 割高だけど沢山買ってしまって食べきれない、どうしよう!っていうストレスは無いですね。 <ダンディパックス>ロールドオーツ 業務スーパーでしか見たことのない1kg400円くらいの激安品。 カナダのメーカーのようです。 味は良かったのですが、殻が。。。 でもアララ程ではありませんでした。 緊急時にはこれでもいいかも。 色々紹介しましたが本当に好みの問題なので、一袋食べ終わったら別のメーカーのものを試して、違いを発見するのも楽しいと思います。 2019年2月27日:追記 ボブスレッドミルのスティルカットオーツと、アリサンのロールドオーツの比較 私はオートミールをキャンドゥのウォーターボトルに移して使っています。 中身が一目瞭然だし、毎回袋を開け閉めするよりも使い勝手がいいです。 5時間以上放置) スティルカットオーツは、オーツ麦を切っただけの生の物なのでロールドオーツより長めに調理時間を取ります。 加熱加圧加工をしていないので、ギュっと詰まった感じ。 スティルカット=乾燥とうもろこし粒 ロールドオーツ=コーンフレーク みたいなイメージですかね。 スティルカットオーツは3時間程スープジャーに入れておけば丁度良いプチプチ感になります。 もちろん、食感も食べ応えも違うので、いろんなメーカーのものを試してみると面白いと思います。

次の