キャベツ 芯 使い道。 キャベツを大量消費できる料理教えてください!!

冬キャベツと春キャベツの違いは何?栄養の違いはあるの?

キャベツ 芯 使い道

キャベツは世間から過小評価されている気がします。 これほど使い道の多い野菜があるでしょうか。 繊細な葉の部分はもちろんのこと、甘くてカリカリした芯まで、あらゆる種類のキャベツのあらゆる部分が美味しいと思う私としては、読者の皆さんともその感覚をシェアしたいと思います。 キャベツがもっと好きになる絶品 私が知る限り、キャベツ嫌いの人をキャベツ好きに変えてしまう最強の一皿は、料理研究家のMarcella Hazanさん考案の「キャベツの蒸し煮」です。 「キャベツの蒸し煮」と聞くと、全く魅力を感じないかもしれません。 確かに私もそれは認めます。 でも、この料理は劇的に美味しいのです。 材料は、キャベツ、塩、コショウの他には、タマネギ、ニンニク、酢、オリーブオイル半カップだけ。 シンプルなものをゆっくり時間をかけて調理していくだけで、絶品ができます。 何しろ、Marcellaさん考案のレシピですから、安心して作ってみましょう。 作り方は、これ以上無いほど簡単! Marcellaさんのレシピでは、キャベツを弱火のコンロでじっくり煮込みますが、私はゆっくりオーブンで焼く方が好きです。 どちらのやり方でも基本的に同じものができますが、私のやり方だと、いったんオーブンに入れたら、あとはほとんど放っておいても大丈夫。 鍋の中身をかき回し続ける必要はありません。 (オーブンを使うもう一つの利点としては、豚ロースや鶏肉を入れた鍋をオーブンに一緒に入れて調理できることです。 これでメインディッシュとサイドディッシュが同時に作れますし、オーブンで調理している間はリラックスしていられます) こうしてできた「キャベツの蒸し煮」は、甘くてみずみずしく、ビロードのように豊かです。 キャベツ特有の苦味も刺激も全然ないので、キャベツ嫌いを克服できる一皿です。 是非、お試しください。 オーブンで作る「キャベツの蒸し煮」 Photo: A. Newton 難しく考えないでくださいね。 必要なのは、ごく普通のグリーンキャベツだけです。 サボイキャベツは、パリパリした歯ざわりが特徴なので、生で食べるのがベストです。 赤キャベツは、甘酸っぱいバイエルンのタイプの蒸し煮にすると美味しいと思います。 でも、今回は、たっぷりしたグリーンキャベツを1個買うだけでいいんです。 とても安いですし、ラップ等で包まなくても冷蔵庫で文字通り何カ月も持ちます。 材料:• グリーンキャベツ 約900g。 外側の硬い葉は取り除く。 タマネギ 中1個(細かく刻む)• ニンニク2片(薄くスライスする)• 挽きたての黒コショウ たっぷり• 好みの酢 小さじ1-2(私はリンゴ酢を使います)• タマネギを火にかけている間に、キャベツを切りましょう。 半分にカットしたら、芯をくさび形にカットして取り除きましょう。 芯の空気に触れていた部分が乾いて硬くなっている場合は、その部分を削ぎ落して捨てます。 残った芯は細かく刻んでタマネギとオリーブオイルが入った鍋に入れて一緒に煮込みましょう。 キャベツの葉は、できるだけ細く切っておきますが、まだ鍋に入れません。 必要な材料はたったこれだけ! Photo: A. Newton キャベツの芯はくさび型に切り取り、捨てずにタマネギやニンニクと一緒に煮るとコクが出ます。 Photo: A. Newton 葉の部分はできるだけ細く切りましょう。 Photo: A. Newton タマネギとキャベツの芯がきれいな茶色になったら、ニンニクとたっぷりの黒コショウを入れてかき混ぜます。 約1分間ジリジリ焼くと、ニンニクが茶色くなり始め、コショウの香りが立ち上ります。 そうなったら、細切りにしたキャベツの葉を入れましょう。 全体にまんべんなくオリーブオイルが行き渡るように混ぜます。 酢と塩ひとつまみを加えて、もう一度かき混ぜたら、鍋に蓋をします。 鍋をオーブンに移して、1時間から1時間半ローストします。 途中、1、2度かき混ぜてください。 好みの見た目と味になるまでローストしてください。 とろけるように甘くて柔らかく、端が焦げてカラメル状になっていたらできあがりです。 皿によそう前に、塩、コショウ、酢を加えて味見しましょう。 この料理は、驚くほど塩を吸収するので、思い切って味付けをしてください。 見た目は茶色一辺倒の料理なので、好みでレモンを絞ったり新鮮なハーブを散らしたりして、感じよくしましょう。 オーブンで1時間半ローストすると、こんな感じになります。 Photo: A. Newton この「キャベツの蒸し煮」の食べ方に決まりはありません。 私はみじん切りのディルを入れたサワークリームとあえて食べるか、バターと粒マスタードを塗ったカリカリのパンにたっぷり乗せて食べるのが好きです。 メインディッシュに添えるとしたら、豚肉とキャベツは定番の組み合わせですが、サーモンやローストチキンに添えてもイケますよ。 ベジタリアンやビーガンの場合は、きのこのグレービーソースをかけた根菜のマッシュと一緒にどうぞ。 余ったら、フライパンでカリカリに焼いて目玉焼きをトッピングしたり、いろいろな野菜を足してポットパイの詰め物にしても美味しいです。。 どんな食べ方をしても、キャベツに対する考え方が変わること間違いなしです。 あわせて読みたい.

次の

千切りキャベツの人気レシピまとめ!サラダ以外の使い道が豊富!

キャベツ 芯 使い道

みなさんは台所に立つことって多いですか? 主婦の方は毎日でしょうし、最近は厨房男子なんて言葉も生まれて男性でも料理する人が増えてきました。 かくいう私もその一人なんですけど、調理していると人参の頭の部分とか白菜の下の部分など、捨ててしまうところって結構多くて「もったいないなぁ」としょっちゅう思ってます。 キャベツの芯なんて捨てる部分の代表格みたいなものですが、何とか使えないかといろいろ試してます。 今回はキャベツの芯の使い道についてご紹介します。 キャベツの芯の使い道 値段も安くていろんな料理に手軽に使えるキャベツには、ビタミンCや別名キャベジンと言われるビタミンU、カリウムやカルシウムなど豊富な栄養が含まれていて、さらに抗がん作用もあるそうです。 また、ビタミンUは葉の部分よりも芯のほうに多く含まれているらしいので、芯も捨てずに全部食べたい食材です。 細かく刻んで炒める 焼きそばを作るときにはたいていキャベツを使いますよね。 そのときに芯の部分も細かく刻んで炒めて入れると、甘さが増して美味しくなりますよ。 ポン酢とラー油で一夜漬け キャベツの芯(葉脈の厚い部分も)を薄切りにしてビニール袋に入れ、適量のポン酢とラー油数滴を入れて冷蔵庫で一日漬けておけば出来上がりです。 キャベツの芯って薄く切るとたけのこみたいですね。 キーマカレー キーマカレーって手軽に作れて美味しいですね。 付け合せのサラダにキャベツの千切りを使うとき、芯が余ってしまいます。 キーマカレーは人参や玉ねぎをみじん切りにして入れるんですけど、そのときにキャベツの芯をフードプロセッサーでペースト状にして入れます。 私はそのとき余っているネギやブロッコリーなどの野菜も一緒にペースト状にして入れてます。 もちろん、人参や玉ねぎもキャベツと一緒にペースト状にしてもオッケーですし、みじん切りにするより手間がかかりません。 かき揚げにする 玉ねぎや人参なんかがあったら、キャベツの芯をささがけに切っていっしょにかき揚げにします。 天ぷら鍋を使うのが面倒だったら、水で溶いた小麦粉をつけ、具を薄くしてフライパンに多めの油を入れて焼く感覚でオーケーです。 お味噌汁に入れる お味噌汁はほとんどの具材に対応できる万能の料理です。 キャベツの芯も薄切りにして入れると甘くて美味しいお味噌汁になりますよ。 スープを取る キャベツの芯だけでなくて、ブロッコリーの芯、人参の頭の部分、ピーマンのヘタの部分など捨ててしまう野菜を冷蔵庫にためておき、そこそこの量になったら茹でてスープを取ります。 野菜風味たっぷりのダシが出て、いろんな料理に使えますよ。 ただ、野菜にも賞味期限(冷蔵庫での保管期限)がありますので、できるだけ早めに使うほうがいいんですけど、たまるまでに時間がかかるようなときは冷凍保存します。 キャベツの賞味期限は2週間程度、葉物野菜の賞味期限はだいたい一週間くらいです。 (ブロッコリーはもっと短いです。 ) 冷凍保存する場合は1ヶ月程度もちますが、葉物野菜は一度茹でてから水を切って冷凍します。 キャベツを再生させる 究極のキャベツの芯の使い道と言えそうなのがキャベツの再生です。 豆苗(とうみょう・えんどう豆の新芽)は葉と茎を食べたあと、残った根の部分を水につけておくと新しい芽が伸びてきてまた食べることができるようになります。 キャベツも同じように芯を水につけておくと再生するんです。 葉が出てきたら切り取って食べることができますが、結球させるまで大きく育てるにはちょっと難しいので、手間と根気が必要です。 キャベツの芯を浅めの容器に入れ、1センチほど水を入れて室内の明るい場所に置く。 毎日一回水を替える。 この際に芯の底の部分を洗う。 葉が大きく育ってきたら切り取って使う。 さらに大きくするなら、葉が出てきたときに土に定植します。 キャベツの新芽は暑さに弱いので、夏は朝だけ陽が当たる場所に置いておくようにするほうがいいでしょう。 定植する場合、結球するまでには8ヶ月くらいかかります。

次の

冬キャベツと春キャベツの違いは何?栄養の違いはあるの?

キャベツ 芯 使い道

みなさんは台所に立つことって多いですか? 主婦の方は毎日でしょうし、最近は厨房男子なんて言葉も生まれて男性でも料理する人が増えてきました。 かくいう私もその一人なんですけど、調理していると人参の頭の部分とか白菜の下の部分など、捨ててしまうところって結構多くて「もったいないなぁ」としょっちゅう思ってます。 キャベツの芯なんて捨てる部分の代表格みたいなものですが、何とか使えないかといろいろ試してます。 今回はキャベツの芯の使い道についてご紹介します。 キャベツの芯の使い道 値段も安くていろんな料理に手軽に使えるキャベツには、ビタミンCや別名キャベジンと言われるビタミンU、カリウムやカルシウムなど豊富な栄養が含まれていて、さらに抗がん作用もあるそうです。 また、ビタミンUは葉の部分よりも芯のほうに多く含まれているらしいので、芯も捨てずに全部食べたい食材です。 細かく刻んで炒める 焼きそばを作るときにはたいていキャベツを使いますよね。 そのときに芯の部分も細かく刻んで炒めて入れると、甘さが増して美味しくなりますよ。 ポン酢とラー油で一夜漬け キャベツの芯(葉脈の厚い部分も)を薄切りにしてビニール袋に入れ、適量のポン酢とラー油数滴を入れて冷蔵庫で一日漬けておけば出来上がりです。 キャベツの芯って薄く切るとたけのこみたいですね。 キーマカレー キーマカレーって手軽に作れて美味しいですね。 付け合せのサラダにキャベツの千切りを使うとき、芯が余ってしまいます。 キーマカレーは人参や玉ねぎをみじん切りにして入れるんですけど、そのときにキャベツの芯をフードプロセッサーでペースト状にして入れます。 私はそのとき余っているネギやブロッコリーなどの野菜も一緒にペースト状にして入れてます。 もちろん、人参や玉ねぎもキャベツと一緒にペースト状にしてもオッケーですし、みじん切りにするより手間がかかりません。 かき揚げにする 玉ねぎや人参なんかがあったら、キャベツの芯をささがけに切っていっしょにかき揚げにします。 天ぷら鍋を使うのが面倒だったら、水で溶いた小麦粉をつけ、具を薄くしてフライパンに多めの油を入れて焼く感覚でオーケーです。 お味噌汁に入れる お味噌汁はほとんどの具材に対応できる万能の料理です。 キャベツの芯も薄切りにして入れると甘くて美味しいお味噌汁になりますよ。 スープを取る キャベツの芯だけでなくて、ブロッコリーの芯、人参の頭の部分、ピーマンのヘタの部分など捨ててしまう野菜を冷蔵庫にためておき、そこそこの量になったら茹でてスープを取ります。 野菜風味たっぷりのダシが出て、いろんな料理に使えますよ。 ただ、野菜にも賞味期限(冷蔵庫での保管期限)がありますので、できるだけ早めに使うほうがいいんですけど、たまるまでに時間がかかるようなときは冷凍保存します。 キャベツの賞味期限は2週間程度、葉物野菜の賞味期限はだいたい一週間くらいです。 (ブロッコリーはもっと短いです。 ) 冷凍保存する場合は1ヶ月程度もちますが、葉物野菜は一度茹でてから水を切って冷凍します。 キャベツを再生させる 究極のキャベツの芯の使い道と言えそうなのがキャベツの再生です。 豆苗(とうみょう・えんどう豆の新芽)は葉と茎を食べたあと、残った根の部分を水につけておくと新しい芽が伸びてきてまた食べることができるようになります。 キャベツも同じように芯を水につけておくと再生するんです。 葉が出てきたら切り取って食べることができますが、結球させるまで大きく育てるにはちょっと難しいので、手間と根気が必要です。 キャベツの芯を浅めの容器に入れ、1センチほど水を入れて室内の明るい場所に置く。 毎日一回水を替える。 この際に芯の底の部分を洗う。 葉が大きく育ってきたら切り取って使う。 さらに大きくするなら、葉が出てきたときに土に定植します。 キャベツの新芽は暑さに弱いので、夏は朝だけ陽が当たる場所に置いておくようにするほうがいいでしょう。 定植する場合、結球するまでには8ヶ月くらいかかります。

次の