パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社。 パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社 / 情報システムの企画・推進 / 32432755_46:マイナビ転職エージェントサーチ

パナソニック、新TOF方式距離画像センサーを開発

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

0%上方修正し、減益率が29. 1%減に縮小する見通しとなった。 1%増額し、減益率が41. 0%減に縮小する計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】 1.連結通期業績予想数値の修正(2019年4月1日~2020年3月31日)(1) 連結通期業績予想数値の修正の理由 新型コロナウイルス感染症の世界各国への拡大による当社グループへの影響を織り込み、2020年2月3日時点の連結通期業績予想を以下のとおり修正いたします。 売上高については、外出制限等に伴う市況悪化による販売減少(需要面の影響)や、部品調達難等に 伴う工場の停止・稼働率低下による販売機会の損失(供給面の影響)等を反映し、2,500億円下方修正いたします。 営業利益については、前回発表予想を据え置きます。 アプライアンスやコネクティッドソリューションズを中心とした新型コロナウイルス感染症の拡大によるマイナス影響を、固定費削減等で一部カバーする見通しです。 一方、その他損益については、想定を上回る見通しです。 事業ポートフォリオ改革等に伴う構造改革費用はほぼ想定どおりですが、資産売却益等が増加する見通しです。 税引前利益は、前回発表予想を据え置きます。 親会社の所有者に帰属する当期純利益は、法人税等の良化により、100億円上方修正いたします。 また、2020年3月末における現金及び現金同等物の残高は、約1兆円を確保しました。 2020年3月期第4四半期においては、2,200億円の既存社債の償還がありましたが、投資抑制・在庫削減等の取り組みによるフリーキャッシュ・フローの良化に加え、無担保普通社債1,000億円や短期社債(コマーシャルペーパー)の発行などを行っており、2019年12月末の残高8,643億円から増加しております。 なお、当社は、複数の金融機関との間で総額7,000億円のコミットメントライン契約を締結しており、現金及び現金同等物の残高と合わせて、十分な流動性を確保しております。 (2) 新型コロナウイルス感染症の拡大による事業への影響 日本や一部アジア地域、欧米等の拠点では、政府の緊急事態宣言やロックダウン等により、一部で操業停止等の影響が生じております。 一方、中国・北東アジア地域においては、販売・製造等の拠点が85法人ありますが、現在はすべて稼働しております。 2019年度における、新型コロナウイルス感染症の拡大による各事業への影響は以下のとおりです。 アプライアンス 需要面では、外出制限等のあった欧州やアジア地域を中心に影響が出ました。 供給面では、中国におけるサプライチェーンの分断や部品供給不足等に伴い、一部の国内、海外工場の停止・稼働率低下によって、主に、エアコンや洗濯機等の白物家電で影響が出ました。 ライフソリューションズ 需要面では、足元の影響は限定的ですが、ライティングやエコシステムズ等において、中国での外出制限等による影響、供給面においては、国内では、ハウジングにおいて、部品不足による販売機会損失の影響がありました。 また、インドでは、3月下旬に開始された外出制限が生産・出荷等に影響を及ぼしました。 コネクティッドソリューションズ 需要面では、実装機、プロジェクターや業務用AV等において、中国での需要減、欧米での外出制限やイベント中止による影響、供給面では、パソコン・タブレット、プロジェクターや業務用AV等において、中国からの部材調達に起因する生産減の影響がありました。 オートモーティブ 需要面では、顧客の世界各拠点における工場稼働休止などに伴い、日本、欧米、中国、アジア地域において影響がありました。 一方、供給面では、中国等での外出規制や一部の部品供給難により、限定的ではありますが、当社生産・稼働への影響が出ました。 インダストリアルソリューションズ 需要面では、車載や産業の市況低迷に加え、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、主に、モータ、センサー、リレー等を中心に影響が出ました。 供給面では、当初、中国の自社工場において出勤体制が整わないことによる、稼働低下の影響がありました。 その際には、速やかにお知らせいたします。 2.新型コロナウイルス感染症に対する当社グループの取り組み 当社グループでは、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、お客様、お取引先様、従業員とその家族をはじめとするステークホルダーの皆様の安全確保、感染症拡大防止を最優先とし、各国・地域の法令や方針に従い、在宅勤務等の対応を真摯に進めております。 一方で、可能な限り事業活動を継続し、経済活動の安定化にも取り組んでおります。 また、当社グループのリソースを最大限活用し、国内では医療物資等、不足する物資の提供および生産支援をはじめとする様々な支援について、可能なものから順次実行しており、海外でも当社製品やサービス、医療物資等の提供といった取り組みを進めており、社会の不安解消に寄与してまいります。 国内での主な支援内容は、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う不足物資提供等の支援について」(2020年4月20日発表)をご参照ください。 3.中期戦略の進捗報告について 「くらしアップデート」を通じ、2030年に「くらし」で役に立つ会社を目指し、低収益体質からの脱却を基本方針に、2019年度から始まる中期戦略を推進しております。 基幹事業での利益成長の実現、外部パートナーとの共創による新たな価値創造、および構造改革の断行、加えて経営体質強化といった取り組みの進捗については、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、現時点で日程は未定ですが、CEOによる説明の機会を別途設けることを検討しております。 予想欄「-」は会社側が未発表。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の

会社概要

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

[画像のクリックで拡大表示] パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、これまでも、IoT向けの無線通信モジュールを開発・提供してきた。 今回は、STMicroelectronicsの複数センサー対応の開発キット「ST BlueTile」( 製品番号STEVAL-BCN002V1B をベースに、スマートIoT向けに無線通信モジュールを開発した。 ST BlueTileは、「BlueNRG-2」と呼ぶBLE 5. 0準拠の無線通信SoC(RF回路+論理処理回路など)をベースにしている。 今回、パナソニック インダストリアルソリューションズ社が開発したIoTモジュールには、STMicro製で最新のBLE 5. 0準拠の無線通信SoCや、多数の慣性センサーや環境センサー、オーディオセンサーが搭載されている。 このモジュールを利用することで、スマート工場やスマートホーム、スマートライフの実現が容易になるという。 同モジュールはパナソニック インダストリアルソリューションズ社/Panasonic Industry Europeが発売し、Arrow Electronicsの販売網を経由して市場に供給される。 なおサポートは、パナソニック インダストリアルソリューションズ社/Panasonic Industry EuropeおよびArrow Electronicsが、その内容に応じて提供される模様。 今回発表のモジュールの詳細仕様や価格、提供開始時期などは未公表である。

次の

パナソニック

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

0%上方修正し、減益率が29. 1%減に縮小する見通しとなった。 1%増額し、減益率が41. 0%減に縮小する計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】 1.連結通期業績予想数値の修正(2019年4月1日~2020年3月31日)(1) 連結通期業績予想数値の修正の理由 新型コロナウイルス感染症の世界各国への拡大による当社グループへの影響を織り込み、2020年2月3日時点の連結通期業績予想を以下のとおり修正いたします。 売上高については、外出制限等に伴う市況悪化による販売減少(需要面の影響)や、部品調達難等に 伴う工場の停止・稼働率低下による販売機会の損失(供給面の影響)等を反映し、2,500億円下方修正いたします。 営業利益については、前回発表予想を据え置きます。 アプライアンスやコネクティッドソリューションズを中心とした新型コロナウイルス感染症の拡大によるマイナス影響を、固定費削減等で一部カバーする見通しです。 一方、その他損益については、想定を上回る見通しです。 事業ポートフォリオ改革等に伴う構造改革費用はほぼ想定どおりですが、資産売却益等が増加する見通しです。 税引前利益は、前回発表予想を据え置きます。 親会社の所有者に帰属する当期純利益は、法人税等の良化により、100億円上方修正いたします。 また、2020年3月末における現金及び現金同等物の残高は、約1兆円を確保しました。 2020年3月期第4四半期においては、2,200億円の既存社債の償還がありましたが、投資抑制・在庫削減等の取り組みによるフリーキャッシュ・フローの良化に加え、無担保普通社債1,000億円や短期社債(コマーシャルペーパー)の発行などを行っており、2019年12月末の残高8,643億円から増加しております。 なお、当社は、複数の金融機関との間で総額7,000億円のコミットメントライン契約を締結しており、現金及び現金同等物の残高と合わせて、十分な流動性を確保しております。 (2) 新型コロナウイルス感染症の拡大による事業への影響 日本や一部アジア地域、欧米等の拠点では、政府の緊急事態宣言やロックダウン等により、一部で操業停止等の影響が生じております。 一方、中国・北東アジア地域においては、販売・製造等の拠点が85法人ありますが、現在はすべて稼働しております。 2019年度における、新型コロナウイルス感染症の拡大による各事業への影響は以下のとおりです。 アプライアンス 需要面では、外出制限等のあった欧州やアジア地域を中心に影響が出ました。 供給面では、中国におけるサプライチェーンの分断や部品供給不足等に伴い、一部の国内、海外工場の停止・稼働率低下によって、主に、エアコンや洗濯機等の白物家電で影響が出ました。 ライフソリューションズ 需要面では、足元の影響は限定的ですが、ライティングやエコシステムズ等において、中国での外出制限等による影響、供給面においては、国内では、ハウジングにおいて、部品不足による販売機会損失の影響がありました。 また、インドでは、3月下旬に開始された外出制限が生産・出荷等に影響を及ぼしました。 コネクティッドソリューションズ 需要面では、実装機、プロジェクターや業務用AV等において、中国での需要減、欧米での外出制限やイベント中止による影響、供給面では、パソコン・タブレット、プロジェクターや業務用AV等において、中国からの部材調達に起因する生産減の影響がありました。 オートモーティブ 需要面では、顧客の世界各拠点における工場稼働休止などに伴い、日本、欧米、中国、アジア地域において影響がありました。 一方、供給面では、中国等での外出規制や一部の部品供給難により、限定的ではありますが、当社生産・稼働への影響が出ました。 インダストリアルソリューションズ 需要面では、車載や産業の市況低迷に加え、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、主に、モータ、センサー、リレー等を中心に影響が出ました。 供給面では、当初、中国の自社工場において出勤体制が整わないことによる、稼働低下の影響がありました。 その際には、速やかにお知らせいたします。 2.新型コロナウイルス感染症に対する当社グループの取り組み 当社グループでは、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、お客様、お取引先様、従業員とその家族をはじめとするステークホルダーの皆様の安全確保、感染症拡大防止を最優先とし、各国・地域の法令や方針に従い、在宅勤務等の対応を真摯に進めております。 一方で、可能な限り事業活動を継続し、経済活動の安定化にも取り組んでおります。 また、当社グループのリソースを最大限活用し、国内では医療物資等、不足する物資の提供および生産支援をはじめとする様々な支援について、可能なものから順次実行しており、海外でも当社製品やサービス、医療物資等の提供といった取り組みを進めており、社会の不安解消に寄与してまいります。 国内での主な支援内容は、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う不足物資提供等の支援について」(2020年4月20日発表)をご参照ください。 3.中期戦略の進捗報告について 「くらしアップデート」を通じ、2030年に「くらし」で役に立つ会社を目指し、低収益体質からの脱却を基本方針に、2019年度から始まる中期戦略を推進しております。 基幹事業での利益成長の実現、外部パートナーとの共創による新たな価値創造、および構造改革の断行、加えて経営体質強化といった取り組みの進捗については、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、現時点で日程は未定ですが、CEOによる説明の機会を別途設けることを検討しております。 予想欄「-」は会社側が未発表。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の