タモリ 年収。 タモリ今後は妻と!?年収が異常な額?過去の経歴とスッピン画像?

タモリの自宅住所は目黒区八雲4

タモリ 年収

タモリさんのプロフィール 本名:森田 一義(もりた かずよし) 生年月日:1945年8月22日 出身地:福岡県福岡市南区 血液型:O型 身長:161センチ 所属事務所:田辺エージェンシー タモリ 森田一義 さんの年収がヤバい!! タモリさんといえば「笑っていいとも」ですよね。 もう終わってしまいましたが、 全盛期のタモリさんの年収はとてつもなかった! 『いいとも』のギャラは一時300万円!だったそう。 それが、ここ10年ダダ下がり。 今は、180万円になっちゃってた・・・。 しかも、最近は、 さらに視聴率もギャラも下がってきてたみたい。 噂では、ギャラは100万円まで落ちてた。 全盛期の3分の1だね。 こりゃあ、タモリさん、 ちょうどいい止める潮時だったのかも。 『笑っていいとも!』の一本のギャラがなんと 全盛期は300万円だったそうです。 単純計算すると、 一週間で1500万円、一カ月で6000万円『笑っていいとも!』だけで稼いでいた計算になります。 そしてタモリさんの収入源は芸能活動だけではありません。 実は事業展開もしていて、飲食店や、不動産経営もやっているそうです。 テレビ局関係者がいう。 「総額7000万円もする大型クルーザーやヨットを沼津に停泊させていて、 その停泊料だけで年間400万円以上も払っているようです。 伊豆には数千万円する別荘がある。 毎年正月には多くの芸能人が訪れ、近くの漁港で出初式に出席することもある」 そのほか 静岡県内に、お好み焼きともんじゃの店を3店舗経営していたこともあった。 「多くの不動産や飲食店を抱えていた元芸人の島田紳助さんでさえ資産は40億円といわれたが、 タモさんはそれ以上でしょうね。 奥さんが社長を務める個人事務所は一時、 年間15億円もの売り上げがあったと聞いていますから」(同前) なんと 売り上げが 15億円もあったと…!ただし、これは「売り上げ」であって年収ではありません。 ただし、芸能活動の収入がほとんどだと思いますから、税引き前の 推定年収としては、12億円といったところでしょうか? タモリ 森田一義 さんの現在の年収は? 現在は一体いくら稼いでいるんでしょうか?調べたところによると、芸能活動からの年収が4億3000万円。

次の

明石家さんまの年収は15億超え!税金で引かれた手取りはいくら?

タモリ 年収

あの芸人は一体いくら稼いでいる? 芸能界で成功を夢見てお笑い業界に飛び込む人は多いですが、その中で実際に成功を掴めるのは1%ほどだと言われています。 テレビに出演することすらできず、地方のイベントや営業などをしている無名芸人は多く、ほとんどが諦めて辞めていく…そんな厳しい業界です。 しかし、お笑い芸人はやはり夢がある商売。 R-1ぐらんぷりやM-1グランプリ、番組『ぐるぐるナインティナイン』内のコーナー・おもしろ荘などで注目を集め、一躍脚光を浴びる若手芸人の姿に憧れてお笑い芸人を目指す人が多いようです。 爆発的な人気を獲れば億万長者も夢じゃない、そんなお笑い芸人にスポットを当てて、大成功をしているお笑い芸人の年収ランキングをご紹介していきます! ビートたけしの推定年収は15億8000万円 お笑い芸人、映画監督、俳優、脚本家など様々な分野で天才ぶりを発揮するビートたけしが堂々の1位に! ちなみにコンビ名こそ出さないものの、2014年4月1日にビートきよしがビートたけしの事務所に移籍したことで、表にコンビ名「ツービート」は出ないものの共演はしているようです。 お笑い芸人の中で最も年収が高いのはビートたけしで15億8000万円。 ランキングトップ3は1位が秋元康で25億円 2200万ドル 、2位がビートたけしで15億8,000万円 引用: ビートたけしの総資産は数百億円はあると言われているようですが、仮に40代からこれくらいの年収があったとしたら450億円以上は稼いでいることになるので十分有りうる金額でしょう。 また、ほとんどのお笑い芸人は事務所に所属しているためギャラの何割かは折半となりますが、ビートたけしは1988年からオフィス北野を立ち上げているので、収入のほとんどは自身の懐に入っていると思われます。 しかし、お金の管理はすべて家族に任せているようで、ビートたけしのお小遣いは毎月1千万円とも言われているようですね。 ビートたけしの年収内訳 ビートたけしが年間15億8000万円を稼ぎ出す理由とは? 他のお笑い芸人に大差をつけているビートたけしの年収内訳を調べてみたら納得だった!? ビートたけしの収入経路を大きく二つに分けると次の通り。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 まず、ビートたけしの番組出演料は1回あたり200~300万円と芸能界トップクラスの金額だと言われています。 ビートたけしは現在7本のレギュラー番組を抱えているため、最大週給2,100万円、月収が8,400万円となります。 CM出演料は1本あたり1億円と言われており、『日清食品カップヌードル』『DMM. com』『アサヒ飲料「WONDA」』など年間数本出演しています。 さらに映画監督として映画を製作し公開した年には興行収入によっても大きく変動するでしょう。 これらを総合して考えれば、ビートたけしの年収15億8000万円は妥当な線のようですね! ビートたけしの年収の使い道 ビートたけしのお金の使い方は凄かった! ビートたけしにまつわる太っ腹な伝説はいくつもあります。 ビートたけしが自身のライブの打ち上げでスタッフなどにお小遣いを上げたエピソードがありますが、「ギャラを貰ったのに30万円の赤字だった」と語っているところから、少なくとも100万円以上はバラまいたでしょう。 また、たけし軍団のつまみ枝豆がビートたけしの運転手をしていた頃に、欲しい車を聞かれたつまみ枝豆は当時800万円したベンツを挙げたようですが、翌日にビートたけしは800万円を「使えよ」とポンと渡したそうです。 結局つまみ枝豆は1週間悩んだ後、「自分で頑張って買います」と返したという。 これらはビートたけしの太っ腹伝説の氷山の一角のようですね! ビートたけしが約20年前に購入した世田谷の大豪邸 軽く10部屋以上はあると思われる3軒のうち最初に建てられたビートたけしの大豪邸! 世田谷の高級住宅街で約160坪の広さを持つビートたけしの大豪邸は、不動産価値がなんと7億円を下らないそうです。 そして、ビートたけしはさらに15年前には港区青山に60坪ながら土地価格だけで7億円という豪邸を建てています。 建物総工費が3億円で、合わせて10億円の大豪邸。 3軒目は渋谷区裏原宿にある文教地区の超一等地に、土地面積100坪、地上3階・地下2階というビートたけしの存在感を表すような超豪邸を建てています。 土地価格が6億5千万円、建物総工費が3億5千万円で、合計10億円だと言われています。 さらに、ビートたけしは親友である所ジョージの遊び場である通称「世田谷ベース」を羨ましいと思い、世田谷区等々力1丁目に「等々力ベース」なる遊び場を作ったそうです。 所ジョージ同様にビートたけしも車好きで、愛車は5千万円を超える「ロールスロイス ファントム」や、2億円という「ブガッティ ヴェイロン」を所有しています。 有吉弘行の推定年収は8億4000万円 有吉弘行は司会をしているレギュラー番組数ではトップ! 猿岩石として1996年に『進め! 電波少年』でブレークするも天狗になってしまったことで人気が暴落し、以降8年間不遇な時代を過ごした有吉弘行。 ブレーク時の最高月収は2000万円を超えたそうですが、人気暴落とともに月収10万円以下もしくはゼロへ…。 幸いブレーク時に稼いだ貯蓄が4000万円あったため再ブレークまでの8年間を食いつなげたようですが、この頃の有吉弘行は精神的にどん底だったと語っており、自殺も考えたという。 有吉弘行は、漫画道具一式を買って漫画家を目指したり、一物を切り落としてオネエタレントとして再起を図ろうかと迷走していたことも明かしました。 バラエティ、クイズ番組、情報番組と多忙な有吉弘行 有吉弘行の巨額の年収の大部分は11本あるレギュラー番組のおかげでしょう。 有吉弘行の年収の内訳を大きく分けると下記の通り。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 ・ラジオ出演料 有吉弘行の番組1本あたりの出演ギャラは120万円~になっていますが、11本あるレギュラー番組のうち8本が冠番組。 週給では1320万円、月収では5280万円、番組出演だけでも年収は6億3360万円となります。 有吉弘行の人気からするとCM出演料は5000万円程度。 2016年に、有吉弘行は『ハウスウェルネスフーズ「ウコンの力」』『エスエス製薬「エスタックイブファインEX」』『アフラック「新 生きるためのがん保険Days」』などへCM出演しているため、1億5000万円くらいは稼いでいることでしょう。 ラジオは人気タレントパーソナリティの場合は1本あたり30万~50万円が相場なので、週1出演として約2600万円。 これらの数字を総合すると、有吉弘行の年収はやはり8億4千万円程度となるでしょう。 有吉弘行の年収の使い道 有吉弘行はあまり物欲が無い? 有吉弘行のプライベートでの出費は主に飲食代や旅行費くらいしかないようです。 有吉弘行は現在は超売れっ子で8億4千万円は稼いでいると言われていますが、そのプライベートは年収にしては質素だと言われています。 とはいえ、自宅はそれなりに良いところに住んでおり、2014年4月下旬にそれまで住んでいた20万円ほどのマンションから、70万円の高級マンションへ引っ越しているようです。 有吉弘行自身は住んでいる場所を明かしていませんが、週刊誌で報じられた情報を元にネット上で特定され渋谷区広尾だと言われています。 億万長者というと愛車はフェラーリやランボルギーニ、ロールスロイスというのが定番ですが、有吉弘行は2015年のラジオでホンダ・オデッセイの4代目(現在6代目)に乗り続けていることを明かしています。 車には全く興味が無いことが伺えますが、他に趣味に散財しているという情報もなく、有吉弘行が出費するのは主に仲間との飲み会や旅行ですが、風俗も好んで行っているようです。 一節では食にも興味が無いと言われていますが、元自宅である郊外のマンションが芸能人御用達の都内専門高級フードデリバリー・ファインダインの配達圏外だったことを悔しがっていたため食へのこだわりはあるようですね。 爆笑問題の推定年収は平均8億円 3位にはそこまで年収差がない爆笑問題の二人で、田中裕二が8億2000万円、太田光が7億8000万円と言われています。 爆笑問題の所属事務所は太田光の妻・太田光代が代表を務めるタイタンですが、田中裕二と太田光の年収が高いのは、太田光代のギャラ交渉が厳しいおかげでもあるようです。 過去に、明石家さんまがMCを務める番組『さんまのお笑い向上委員会』にレギュラー出演していた太田光は2015年6月9日のラジオで「俺、干されてんだよ」と暴露しました。 そのことについて後日、明石家さんまは同番組で「お前、ギャラが高いねん」と発言し、共演していた今田耕司はフォローするように「太田社長はギャラ交渉がキツいねん」とコメント。 ビッグ3に迫る爆笑問題の年収はどう生まれる? 二人とも7億円超えなのでお笑いコンビ年収ランキングならトップでしょう。 爆笑問題の年収内訳を大きく分けると次のとおりです。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 ・ラジオ出演料 まず一番大きいのは爆笑問題として現在抱えている8本のレギュラー番組の他、田中裕二と太田光はそれぞれピンとしてレギュラー番組を1本ずつ抱えています。 爆笑問題の出演ギャラは1本あたり240万円~なので、爆笑問題としての月収は最低でも8640万円はあるでしょう。 さらに、単発出演やゲスト出演も多いため、月収1億円は軽く超えるでしょう。 これを50%ずつで折半すると5000万円ずつとなり、田中裕二と太田光のテレビ番組だけでの年収はそれぞれ6億円となります。 爆笑問題のCM出演料が1本5000万円~だとすると、年3本ほど出演しているので1億5000万円。 さらに有名タレントのラジオのパーソナリティは1本あたり30分番組で30万円〜50万円程と言われています。 爆笑問題は現在『JUNK 爆笑問題カーボーイ』『爆笑問題の日曜サンデー』に出演しているため、週2回で週給100万円、月収で400万円、年収で言えば4800万円となります。 これらを総合すると7億9000万円程度になりますが、田中裕二は太田光よりもさらにプラスアルファで稼いでいるようですね。 爆笑問題の年収の使い道 太田光の自宅は超ゴージャス! 太田光の自宅は過去に『ダウンタウンDX』で嫁の太田光代が出演して明かしています。 太田光の自宅は杉並区阿佐ヶ谷にあり、敷地面積150坪に4億円の豪邸を建てているようで、嫁の太田光代が『ダウンタウンDX』に出演した際に自宅内部を公開しました。 洋風建築を基調とした豪奢な内装で、太田光の自宅としては意外に感じてしまいますがそれもそのはず、すべて太田光代の趣味のようです。 太田光は非常に無欲で知られており、年収7億超えながら靴はボロボロになるまで10年以上履き続けたり、プライベートでも服装はジーパン、Tシャツなど質素の極みを地で行っているようです。 趣味も読書だけのようで、稼いだお金はすべて嫁の太田光代が使っているのでしょう。 出典: また、田中裕二もプライベートを明かすことを嫌っており、稼いだ巨額の年収の使い道も謎に包まれています。 約16年前に元嫁・夏見さんとの住まいだった豪邸は杉並区阿佐ヶ谷にあり、2世帯住宅として建てられたため部屋数も多いそうです。 建築費は4億円以上と言われていますが、夏見さんと離婚して山口もえと結婚してからは港区にあるタワーマンションに住んでいるようで、空家になった豪邸には愛猫2匹が住んでいるようです。 世界中を探しても猫2匹だけで豪邸に住まわせているなんて田中裕二くらいのものかもしれませんね。 もちろん、度々この旧宅に帰っては餌をあげたり遊んであげたりしているようで、忙しい時はマネージャーにお願いしているようですね。 太田光も田中裕二も自宅豪邸以外にはお金を使っているエピソードがなく、愛車も超高級車に乗っているわけでもないようです。 松本人志の推定年収は7億8000万円 松本人志は番組制作にも携わるため相方・浜田雅功よりも年収が上だった!? ネット上の様々なサイトで芸能人年収ランキングが特集されていますが、そのランキングはバラバラで一貫性がありません。 その中でダウンタウンの二人の年収は浜田雅功が若干上であることが多いのですが、番組関係者の話では松本人志は番組に企画出しをするなど番組制作に深く携わっているため、制作協力費としてかなりの金額が入ってくるそうです。 また、レギュラー番組の本数もダウンタウンとして出演している分が4本、それぞれピンで出演している分は浜田雅功が4本、松本人志が5本なのでやはり松本人志の方が上になるでしょう。 週刊大衆が2017年1月23日に松本人志の年収を7億8000万円と報じていますが、松本人志はこれを自身がMCを務める番組『ワイドナショー』で肯定しています。 松本は続けて、そうしたマスコミが指摘する推定額と実際の額が倍ほども違うという経験はこれまでなかったとコメントしていた。 なお、週刊誌「週刊大衆」は1月23日号で、松本の推定ギャラ総額を「7億8000万円」だと報じている。 引用: 松本人志は報じられる年収額は実際の金額より低い場合が多いという説に対して「逆もある」と言っているので、8億円以上稼いでいる可能性もあるでしょう。 松本人志の年収内訳 松本人志は2位の有吉弘行を抜いている可能せもある!? 松本人志の年収内訳を探れば、実は報じられている金額よりもずっと上であることが分かるかも? 松本人志の年収内訳を大きく分けると次のとおりです。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 ・番組制作費 まず、番組出演へのギャラから考えると、200万円~となっていますが、松本人志は9本のレギュラーを持っているので、週給で1800万円、月収で7200万円、年収で8億6400万円となり、報じられている金額をオーバーしてしまいます。 しかし、ダウンタウンとして出演しているギャラは浜田雅功と折半となるため、1本あたり100万円~となり、1億9200万円を引いて6億7200万円が松本人志のギャラとなります。 次にCM出演料ですが、松本人志の実績からすれば1本あたり6000万円~くらいだと思われますので、現在『日本郵便「ゆうパック」』『リクルート「タウンワーク」』『東洋水産「マルちゃんQTTA」』に出演しているので1億8000万円となります。 松本人志の年収内訳で特殊なのが3つ目の番組制作費ですが、芸能記者の言うところでは「かなりの金額を貰っている」そうなので、年間1億は下らないでしょう。 これらを合計すると9億5200万円になり、報じられた金額である7億8000万円を大きく上回ります。 これが松本人志の言うところの「逆もある」なのかもしれませんね。 松本人志の年収の使い道 松本人志の旧自宅は家賃150万円 松本人志は番組で渋谷区代官山の高級住宅街にある家賃150万円の旧自宅を紹介したようです。 松本人志は過去に家賃150万円のマンション「レジデンス代官山」に住んでいましたが、現在家族と住んでいる自宅の情報は全くありません。 松本人志は嫁と結婚して娘が生まれてから体を鍛え始めましたが、その理由が「外敵から家族を守るため」ということなので、情報が漏れないように秘密主義を貫いているのでしょうか。 松本人志クラスの年収があれば、愛車も超高級外車だと思ってしまいますが、以外にも現在は国産であるトヨタ・ランドクルーザーシグナスに乗っているそうです。 価格も最も上位グレードでも640万円程度なので、一般車に乗るあたり松本人志は車への強いこだわりはないのかもしれません。 他に松本人志が趣味に散財しているという情報も無いため、主な出費は飲食代や旅行費くらいのものでしょう。 内村光良の推定年収は7億3500万円 ウッチャンナンチャンの内村光良は相方・南原清隆より遥かに年収が上のようです。 ベテラン芸人であるウッチャンナンチャンの内村光良は、近年MCとしての手腕を発揮し年収ランキング上位の常連となっているようです。 内村光良は過去に日本テレビ系番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 』を超人気番組に成長させたことで、同局で出演する際はギャラが1本200万円~と言われています。 内村光良のすごいところは、『痛快TVスカッとジャパン』『世界の果てまでイッテQ! 』などMCとして抱えている6本のレギュラー番組全てが視聴率ランキングでベスト10入りをしているということです。 フジテレビ系番組の『痛快TVスカッとジャパン』はその中でも視聴率二桁台を出しているため、日テレをライバル視しているフジテレビは内村光良を神様扱いしているようです。 内村光良の年収内訳 内村光良は映画監督・俳優としての顔もある 2016年10月22日に公開された映画『金メダル男』で映画監督を務め、ジャニーズグループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李とW主演をするなど、内村光良には映画監督、俳優としての収入もあります。 内村光良の年収内訳は大きく分けると以下の通りです。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 ・映画出演ギャラ ・映画監督ギャラ まず、内村光良は現在『痛快TVスカッとジャパン』『世界の果てまでイッテQ! 』などMCとして6つのレギュラー番組を抱えていますが、出演ギャラは1本あたり200万円~と言われています。 「日テレが200万円~、フジが230万円~。 テレ東が210万円~。 NHKでさえも110万円~。 さらに民放局の特番は最低300万円~。 内村の所属する事務所は基本、手数料を2割しか徴収しない。 結果、年収6億円超えが可能になるという算段です」 引用: なので最低でも、週給で1200万円、月収で4800万円、年収で5億7600万円となります。 内村光良のCM出演料は人気からすると5000万円~でしょう。 2016年は『マイナビ「マイナビ2017」』他2本に出演しているため、1億5000万円。 映画『金メダル男』で知念侑李とW主演をしていますが、一般的な映画出演のギャラは主演でも300万円くらいだと言われています。 映画監督のギャラも有名監督で1本1000~1500万円が相場だと言われているので、映画俳優として実績の低い内村光良はあっても1000万円でしょう。 これらを総合して算出すると、7億3900万円となり報道されている数字にかなり近くなります。 内村光良の年収の使い道 内村光良の自宅豪邸は推定5億円!? 6年ほど前に週刊誌で内村光良が東京都目黒区の閑静な住宅街に推定5億円の豪邸を建てていると報じられたようです。 内村光良の嫁はフリーアナウンサーの徳永有美で、当時不倫の末の略奪愛とも言われて騒動になりました。 しかし、その後結婚してからは夫婦円満が続いているようで、内村光良の愛妻家ぶりがよくエピソードとして語られます。 また、内村光良は子煩悩でも有名で7歳の長女と3歳の長男がいますが、過去にフジテレビ系番組『痛快TVスカッとジャパン』で子育てについて語ったことがあり、内村光良の良きパパ・イクメンぶりが明らかになりました。 そんな内村光良はプライベートで趣味に散財しているという情報は当然なく、家族のために慎ましい生活をしているようです。 映画鑑賞が趣味のようなので、出費も微々たるものでしょう。 』では、1回の出演ギャラが200万円を超えたようです。 タモリも『笑っていいとも!』(フジテレビ系)出演時のギャラは1回につき200万円で、50%がタモリの取り分だったそうなので、『いいとも』だけでも年間2億5,000万円ほどにもなります。 彼も昨年までの年収は、10億円ともささやかれていました 引用: タモリにとって最も収益性があった番組は『笑っていいとも!』に間違いありませんが、グランドフィナーレ後も年収は6億円を超えているそうです。 タモリの年収内訳は大きく分けると以下の通りです。 ・番組出演へのギャラ ・CM出演料 タモリは収入に関しては全く無頓着だと言われており、芸能生活40年余りの中でギャラ交渉はしたことがないようですが、数字が取れるタモリは1本あたりの出演ギャラが300万円~。 週3本のレギュラーの収入を考えると、週あたり900万円、月収が3600万円、年収では4億3200万円となります。 タモリはCMへの出演は『サントリー「プレミアムボス」』や『スマートニュース』ですが、契約料は1億円だと言われていますので2本で2億円。 これらを総合するとやはり6億5000万円前後は稼いでいることになるようですね。 タモリの年収の使い道 多趣味で博学なタモリの年収はこうして使う! タモリは小さい頃からヨットや電車が好きだったようですが車にはそこまで頓着がないようです。 タモリが普段からお金の無駄遣いをしないことを表すエピソードとして、『笑っていいとも!』が終わってから毎日を持て余していたことを番組『タモリのオールナイトニッポンGOLD』で明かしています。 起きる時間もまちまちで、朝走って朝飯食って、そろそろ行かなきゃいけないと思って、32年間そのくせがついていまして、「あ、行かなくていいのか」って思った瞬間に何していいのか分からず…。 最初の頃は朝からビール飲んでこんないい生活送れていいなと思っていたんですが、1週間で飽きましたねえ。 人間ってのは憧れてるものはたいしたことがないっていうのが分かりました。 引用: 『笑っていいとも!』に32年間出演し続けたタモリはゆっくりする暇もなければ、お金を使う暇も無かったことでしょう。 それでも、同番組で稼いだ金額は135億円だと言われており、そのお金で豪邸に住んだり、クルーザーを購入したりはしているようです。 目黒区内の自宅は約3. 3億円の豪邸で、地元・福岡県にある駐車場は2千900万円以上。 静岡県内の別荘は3500万円以上で、約1500万円のヨットと約5000万円のクルーザーも! 引用: 鉄道オタクとして知られ、「タモリカップ」と冠するヨットレースを開催するほど船が好きなことで知られていますが、車にはそこまで興味が無いのかこれまでの愛車はベンツ・Gクラスとトヨタ・アルファードだったようです。 タモリは「自分が子供だから責任持てない」という理由から子供は作っていないようですが、とても愛妻家として知られており、奥さんと世界一周旅行を楽しむのが夢のようです。 2013年の年収は5億4千万円だったとして話題になりました。 お笑いタレント、明石家さんまの昨年度の年収が約5億4,000万円だったことが話題になっている。 ネットメディアで報じられた記事によれば、ゴールデンタイムMCのギャラは1本200~250万円(1時間)。 引用: 明石家さんまは節税対策がしっかりしていることでも知られていて、吉本興業(よしもとクリエイティブエージェンシー)所属のお笑い芸人ながら、個人事務所も設立しています。 吉本興業から明石家さんまの個人事務所へ仕事を発注することで、マネジメント料などを事務所の経費で落とせるため、大幅な節税を実現しています。 そのため、明石家さんまは年収額に対して長者番付に載る金額が少ないことでも知られており、この節税対策は芸能界を引退した親友・島田紳助に教えて貰ったと言われています。 明石家さんまの年収内訳 明石家さんまの総資産は100億円超え! 明石家さんまが60歳で芸能界を引退したいと言っていたのは残りの人生遊んで暮らせるほどの貯金があったから!? 明石家さんまの年収内訳は大きく分けると次の通り。 ・番組出演へのギャラ 明石家さんまはラジオ『明石家さんまのオールナイトニッポン』の出演もありますが、ラジオのギャラは破格の1本5万円に負けていると言われているのでテレビ出演に比べれば微々たるものでしょう。 明石家さんまは現在、冠番組である『踊る! さんま御殿!! 』や『痛快! 明石家電視台』など4本のレギュラーを抱えていますが、出演料は1本あたり最高額の300万円です。 この額で計算すると、月収で4,800万円となり年収は5億7600万円、スペシャル番組を合わせるとやはり6億7千万円という数字に近づくことになります。 ちなみにCM出演は吉本興業とのギャラ折半がシビア過ぎたため、明石家さんま自身が「CMには出演しない」と公言しています。 明石家さんまの年収の使い道 明石家さんまは日本のために散財している!? 明石家さんまはビートたけしや所ジョージのように車や遊び場などわかりやすい収入の使い方を公開していませんが、不景気の日本のためにお金は意識して使うようにしているようです。 2016年2月11日放送の番組『徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル』に出演した明石家さんまは、お金の使い方について次のように語っています。 「後輩を飲みに連れて行ったりとか外で食事せなあかんし、そういうのでお金は人よりも使ってます」と説明。 「今、頑張ってお金を回そうとしているから。 不景気って言うけど、働いてそれなりに収入ある人が外で使ったら回る。 そうしたらどんどん日本の経済も…。 経済というか、使った方が使われた人が助かる」 引用: 明石家さんまは後輩の面倒見が良いことでも知られていますが、そうした人付き合いでは出費を惜しまないのでしょう。 そんなお金持ちの鏡である明石家さんまの自宅豪邸は千代田区平河町にあります。 明石家さんまは2015年7月6日に放送された『痛快! 明石家電視台』で、以下のように語っています。 「ちっちゃいビルを買ってリフォームしたんですよ。 オレんとこは3階と4階で(それぞれ1LDK。 リビングと寝室だけなんですよ」 引用: この豪邸は明石家さんまらしいユニークな発想でリフォームされ、寝室4階はビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』のジャケットをイメージ。 そして、リビングにあたる3階部分は1970年代のロサンゼルスのアイスクリーム屋さんをイメージしているそうです。 レトロ好きな明石家さんまらしく、愛車もメルセデスベンツの1800万円のGクラスだったり、ランドローバーのレンジローバーだったりと、フェラーリやランボルギーニに見向きもしないところが通好みといった感じですね。 お笑い芸人年収ランキング8位以下を一挙公開! ここから35位まで入っているお笑い芸人を列挙してご紹介していきます! お笑い芸人年収ランキング 8位~20位 8位…浜田雅功(ダウンタウン) 推定年収:6億4000万円 9位…上田晋也(くりぃむしちゅー) 推定年収:6億2000万円 10位…有田哲平(くりぃむしちゅー) 推定年収:5億3000万円 11位…笑福亭鶴瓶 推定年収:4億3000万円 12位…加藤浩次(極楽とんぼ) 推定年収:3億8,000万円 13位…矢部浩之(ナインティナイン) 推定年収:3億7,000万円 14位…志村けん 推定年収:3億7,000万円 15位…設楽統(バナナマン) 推定年収:3億5,000万円 16位…宮迫博之(雨上がり決死隊) 推定年収:3億2,000万円 17位…蛍原徹(雨上がり決死隊) 推定年収:3億1,000万円 18位…岡村隆史(ナインティナイン) 推定年収:2億9,000万円 19位…所ジョージ 推定年収:2億5,000万円 20位…木梨憲武(とんねるず) 推定年収:2億3,000万円 お笑い芸人年収ランキング 21位~35位 21位…千原ジュニア 推定年収:1億4,000万円 22位…若林正恭(オードリー) 推定年収:1億3,000万円 23位…春日俊彰(オードリー) 推定年収:1億2,000万円 24位…山崎弘也(アンタッチャブル) 推定年収:1億1,000万円 25位…日村勇紀(バナナマン) 推定年収:9,000万円 26位…徳井義実(チュートリアル) 推定年収:8,400万円 27位…後藤輝基(フットボールアワー) 推定年収:5,900万円 28位…河本準一(次長課長) 推定年収:5,000万円 28位…伊達みきお(サンドウィッチマン) 推定年収:5,000万円 30位…福田充徳(チュートリアル) 推定年収:4,800万円 31位…テツandトモ 推定年収:4,700万円 32位…岩尾望(フットボールアワー) 推定年収:3,900万円 33位…ダンディ坂野 推定年収:2,500万円 34位…エスパー伊東 推定年収:2,000万円 35位…入江慎也(カラテカ) 推定年収:1,600万円.

次の

タモリの年収は?タモリさんと結婚した妻は誰?自宅が豪邸過ぎる??

タモリ 年収

数多く居る芸能人の中でもトップクラスの稼ぎをしているのは、ビッグ3と呼ばれる大物お笑いタレントのビートたけしさん、明石家さんまさん、タモリさんの3人で、かつての勢いは無くなってしまったものの、現在でも億単位の収入を得ていると日刊サイゾーが伝えています。 果たして現在この3人はどれほどの収入を得て、そしてその中でも誰が一番多くの収入を得ているのでしょうか…。 記事によると、さんまさんの昨年度の年収はおよそ5億4,000万円。 ゴールデンタイムMCのギャラは1本200~250万円(1時間)だという。 資産は、個人事務所のある都心のビルやオーストラリア・ゴールドコーストの別荘などがそれぞれ数億円、愛車はベンツのゲレンデで約1,800万円だという。 また、タモリさんは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)出演時のギャラは1回につき200万円で、その内の50%がタモリさんの取り分だったそうなので、『いいとも』だけでも年間2億5,000万円ほどの収入があり、他の出演番組などを入れると、年収は、10億円とも言われています。 そして、たけしさんの年収は15億円だそうで、テレビ出演ギャラは、1本300万円以上(1時間)だという。 たけしさんの場合、帯番組はありませんが、レギュラー番組を多く抱えており、CM出演も多い。 しかし、自身の事務所『オフィス北野』に所属するたけし軍団メンバーの稼ぎが少ないため、彼らを食わせていかなければならないという事情があり、収入ほど懐が潤っているわけでもないのだとか。 バブル崩壊後、長引く不景気のあおりで、最近は芸能人のギャラも下落傾向にあるそうで、さんまさんはピーク時に、ゴールデンタイムMCのギャラが500万円だったといいます。 なお、みのもんたさん(69)は『朝ズバッ!』(TBS系)出演時のギャラは200~300万円(1時間)で、同番組は3時間・週5日放送なので、年間だと相当な額になります。 全盛時のみのさんの年収は、10億円以上だったのだとか。 これにネットでは、• 若手のために早く引退しろよ• これだけ貰ってたら芸能界は辞められないよな• 少しだけでいいから分けて欲しいわ• 感覚がおかしくなるのも分かる• BIG3が居なくなれば、テレビ局は不況から脱出出来るんじゃないの などのコメントがありました。 ビートたけしさんだけが唯一、現在でも年収10億を超えているとのことですが、3年前に放送された特番『芸能人のギャラ初公開! ズバリ発表するぞ! SP』にて、雨上がり決死隊の宮迫博之さんの月収が800万円であると暴露されたところ、たけし軍団の一人であるタレントのガダルカナル・タカさんが、ビートたけしさんの年収はその10倍以上あると暴露していたことから確かなことだと思われます。 ピーク時から収入が下がったと言えど、数十年にわたり10億円以上も稼いでいるとは凄まじいですね…。

次の