阿見 町。 一般財団法人茨城県住宅管理センター > 市町営住宅案内(水戸市・笠間市・つくば市・高萩市・守谷市・常総市・龍ケ崎市・大洗町・城里町・阿見町) > 住宅をお探しの方へ > 市町営住宅一覧 > 阿見町営住宅一覧

阿見町デマンドタクシー「あみまるくん」について

阿見 町

4 2 東北東 1. 5 0 06時 19. 2 1 東北東 0 0 05時 19. 3 2 北北東 0. 5 0 04時 19. 2 1 北東 0 0 03時 19. 1 - -- 0. 5 0 02時 19. 2 1 南東 0 0 01時 19. 2 1 南東 0. 5 0 24時 19. 1 1 東北東 1. 5 0 23時 19 1 東北東 1 0 22時 19 1 北東 2. 5 0 21時 19. 5 1 北東 0. 5 0 20時 19. 6 1 北東 0 0 19時 19. 9 2 北東 0 0 18時 19. 9 1 東北東 0 0 17時 20. 2 2 北東 0 0 16時 20. 6 4 北東 0 0 15時 20. 7 3 北東 0 0 14時 20. 2 2 東北東 0. 5 0 13時 19. 5 1 北東 1 0 12時 19. 8 2 北東 0 0 11時 20 3 北東 0 0 10時 19. 6 3 北北東 0 0 09時 19. 2 3 北東 0 0.

次の

阿見町デマンドタクシー「あみまるくん」について

阿見 町

4 2 東北東 1. 5 0 06時 19. 2 1 東北東 0 0 05時 19. 3 2 北北東 0. 5 0 04時 19. 2 1 北東 0 0 03時 19. 1 - -- 0. 5 0 02時 19. 2 1 南東 0 0 01時 19. 2 1 南東 0. 5 0 24時 19. 1 1 東北東 1. 5 0 23時 19 1 東北東 1 0 22時 19 1 北東 2. 5 0 21時 19. 5 1 北東 0. 5 0 20時 19. 6 1 北東 0 0 19時 19. 9 2 北東 0 0 18時 19. 9 1 東北東 0 0 17時 20. 2 2 北東 0 0 16時 20. 6 4 北東 0 0 15時 20. 7 3 北東 0 0 14時 20. 2 2 東北東 0. 5 0 13時 19. 5 1 北東 1 0 12時 19. 8 2 北東 0 0 11時 20 3 北東 0 0 10時 19. 6 3 北北東 0 0 09時 19. 2 3 北東 0 0.

次の

木鉢坊 (きばちぼう)

阿見 町

地理 [ ]• 山:(特になし)• 河川:、乙戸川、清明川• 湖沼: 隣接している自治体 [ ]• 歴史 [ ] 霞ヶ浦に面する一部を除くと、畑作が中心の農村地帯で未開地も多かったが、(10年)にが開設し、翌年上郷にが開隊されると、海軍航空の地として賑わうことになる。 (4年)に伯号が寄港、(昭和6年)には夫妻が阿見の地を訪れたりもした。 (昭和14年)には、から養成機関であるがに移転、「」で知られるように、海軍航空兵育成の一大拠点となる。 これら軍事施設が集中していたことから、(昭和19年)から(昭和20年)にかけて空襲を受け、特に1945年の空襲では予科練習生や関係者など軍民合せて300人以上が死亡した。 戦後は旧海軍用地の多くが引揚者によって開拓され、また一部がや・・などに充当された。 更にの設置に伴い、旧予科練一帯が・旧朝日村に近い一帯がとして再度防衛用地となる。 また、(昭和32年)、旧海軍航空補給廠跡地に土浦試験場が発足した(10月現在は航空装備研究所土浦支所)。 (昭和30年)4月、旧阿見町・朝日村・君原村・舟島村(一部)の1町3村がし、現在の阿見町の町域が成立。 以降はやへの通勤者のための住宅開発が進むと共に、工業団地の造成や工場誘致に先鞭をつけた。 また霞ヶ浦農科大学の後身・に加えてが開学するなど学生の町としての性格をも持っている。 主要幹線道路沿いにロードサイド店舗の開業も進み、(平成21年)には付近にが開店している。 (18年)に、東隣のとの合併・市制施行(仮称「霞南市(かなんし)」)が検討されていたが、美浦村の住民投票により反対となった為、白紙になった。 行政区域変遷 [ ]• 変遷の年表 阿見町町域の変遷(年表) 年 月日 現阿見町町域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行に伴い、以下の村がそれぞれ発足。 (昭和23年) 朝日村の一部(沖新田と荒川沖・荒川本郷の各一部)はとともに編入。 (昭和30年) 4月1日• 阿見町・君原村・朝日村が合併し 阿見町が発足。 舟島村の一部(舟子)は安中村・木原村ととも合併し 霞村が発足。 同日、 に改称。 舟島村は阿見町に編入。 (昭和32年) 旧朝日村の一部(福田の一部)はに編入。 (昭和33年) 旧朝日村の一部(福田の一部)は牛久町に編入。 (昭和56年) 阿見住吉の一部(より西側の地域)をに譲渡。 千葉繁(2018年3月20日 - 、1期目) 町議会 [ ] (この節の出典 )• 定数:18• 議長:久保谷充()• 副議長:難波千香子()• 会派(議席):無所属(13)・公明党(3)・(1)・(1)• 直近の一般選挙はに執行された。 なお、2004年まで定数は22だった。 広域事務 [ ]• 龍ヶ崎地方衛生組合• 茨城租税債権管理機構• 茨城県市町村総合事務組合• 牛久市・阿見町斎場組合• 土浦石岡地方社会教育センター一部事務組合 第三セクター等 [ ]• 阿見町土地開発公社 国の機関 [ ]• 陸上自衛隊(霞ヶ浦飛行場)• 霞ヶ浦分屯基地• 陸上自衛隊朝日分屯地(霞ヶ浦駐屯地の分屯地)• 航空装備研究所土浦支所 産業 [ ] 従来から盛んだったに加え、近年はの成長が著しい。 茨城工場• 阿見センター• 土浦工場(旧)• 茨城センター• 福田工業団地• 阿見工場• 茨城工場• 筑波工場• 筑波事業所• 筑波南第一工業団地(香澄の里地区)• 筑波工場• 筑波事業所(旧)• 阿見東部工業団地(星の里地区)• 阿見工場• あずまやつくば事業所• エーシーケミカル関東工場• つくば事業所• キシダ科学つくば営業所• コモダエンジニアリング阿見工場• 杉孝(すぎこう)つくば資材センター• 瀬戸技研工業つくばテクノセンター• トキワ精機阿見工場• 東洋化学 - 雪印メグミルクが最重要顧客• 東日本サーモエナー関東工場• 丸和バイオケミカル阿見開発センター• 都運送つくば営業所• 経済 [ ] 郵便局 [ ]• 実穀郵便局 - 実穀1311• 舟島簡易郵便局 - 島津1527 金融機関 [ ]• 阿見支店• 荒川沖支店• 阿見支店• 荒川本郷支店• 阿見支店• 阿見支店 地域 [ ] 教育 [ ] 大学 [ ]• 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• 阿見町立阿見中学校• 小学校 [ ]• 阿見町立本郷小学校• 阿見町立君原小学校• 阿見町立舟島小学校• 阿見町立あさひ小学校 姉妹都市・提携都市 [ ]• () 姉妹都市提携• () 友好都市提携 交通 [ ] 鉄道 [ ] 町の西部をが通っているが、阿見町に駅はない。 土浦市内のと、牛久市内のが最寄り駅となる。 過去 [ ] 戦前は、土浦からが通じた時期もあった。 バス [ ] 町内各地と(、)を結ぶが運行されている。 この他、(茨観)もあったが、現在は撤退している。 2016年7月16日から同年12月25日まで の期間で、阿見町を含めた周辺5市町村で「圏央道北東エリア 高速バス実証実験(なりたちばらき高速バス)」が行われた。 あみプレミアム・アウトレット - 稲敷美浦バスターミナル - - 第1ターミナル(関東鉄道・ジェイアールバス関東の共同運行) 道路 [ ]• 名所・旧跡・観光スポット [ ].

次の