性器 ヘルペス 市販薬。 市販薬でヘルペスを治す飲み薬はある?薬局で買える薬や飲み薬

【医師監修】性器ヘルペスの薬の種類について

性器 ヘルペス 市販薬

口唇ヘルペスが再発する理由 はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、すべてのヘルペスを死滅できません。 口唇ヘルペスが治った後も、一部のヘルペスウイルスは知覚神経の奥の方に残ります。 ( 潜伏感染と言います) ストレスや疲れなどで 体力や免疫力が低下したときに、潜伏していたヘルペスウイルスが 再活動を起こし、を 再発させます。 毎月のように再発する方は、口唇ヘルペス市販薬の常備を強くおすすめします。 口唇ヘルペス市販薬と医療用の効能の違い 口唇ヘルペス市販薬は医療用と 全く同じ成分の塗り薬 ですが、 効能が違います。 口唇ヘルペス市販薬の効能は「口唇ヘルペスの 再発」です。 医療用ヘルペス薬はアラセナAとゾビラックスの 2種類あります。 アラセナA ゾビラックス 軟膏の画像 主成分 ビダラビン アシクロビル 適応 単純疱疹 単純疱疹 剤形 軟膏、クリーム 軟膏、クリーム 眼軟膏 市販薬 アラセナS アラセナSクリーム アクチビア ヘルペシアクリーム どちらも口唇ヘルペスを含む 単純疱疹に使えます。 口唇ヘルペス市販薬は再発専用 口唇ヘルペスは、過去に医師から「口唇ヘルペス」と診断され、アラセナAもしくはゾビラックスを使った経験がある方のみ使えます。 なぜなら、口唇ヘルペスを初めて発症した方は、その症状が口唇ヘルペス、湿疹、の判断が全くつかないからです。 口唇ヘルペスの初期症状は、特徴的な ピリピリ感です。 そのピリピリ感は記憶に残りやすく、口唇ヘルペスの再発を繰り返す方は 口唇ヘルペスが出そうな感覚がわかるようになります。 また、 口唇ヘルペスは同じ場所にできやすいという特徴もあります。 『』 口唇ヘルペス市販薬の使い方 口唇ヘルペスのピリピリ感を感じたら、 すぐに口唇ヘルペス市販薬を使い始めることが大切です。 口唇ヘルペスの水ぶくれが広がるのを抑えたり、ピリピリ感を抑えられるからです。 口唇ヘルペス市販薬は、 1日4回を目安に唇の水ぶくれのところや赤いところへ使い、よくなってくれば回数を少しずつ減らしても問題ありません。 いつまで口唇ヘルペス市販薬を使うかが悩ましいところですが、口唇ヘルペスの水ぶくれが かさぶたになるまで塗り続ければ十分です。 口唇ヘルペスを早く治したいときは、飲み薬の併用も有効です。 アラセナSには白色ワセリンを基剤とする 軟膏と、乳化剤を使用した クリームの2種類があります。 アラセナS軟膏とクリームの選び方 アラセナS軟膏とクリームの効果は同等ですので、塗り心地で選べばOKです。 白色ワセリン基剤で作られた アラセナS軟膏は刺激性が低く、ほとんどの皮膚の状態に使えます。 一方、 アラセナSクリームは、べたつき感が少なくテカリもほとんどないため、唇の周りに塗っても目立ちにくいです。 軟膏はベタツキとテカリがあるため、顔や唇の周りへの塗布に抵抗がある場合は、クリームがおすすめです。 『』 口唇ヘルペス市販薬2 アクチビア軟膏 アクチビアはゾビラックスを市販化 アクチビアは医療用ヘルペス塗り薬の ゾビラックス軟膏を市販薬化した塗り薬で、主成分は アシクロビルです。 アクチビアの特徴 アクチビアは 軟膏と名前が付いていますが、クリームのような白い基剤(マクロゴール)を使った 水溶性軟膏で、アラセナS軟膏と比べると目立ちにくいです。 口唇ヘルペス市販薬3 ヘルペシアクリーム ヘルペシアクリームはゾビラックスクリームを市販化 ヘルペシアクリームは医療用ヘルペス塗り薬の ゾビラックスクリームを市販化した塗り薬で、主成分は アシクロビルです。 ヘルペシアクリームの特徴 ヘルペシアクリームはアラセナSクリームと同様にべたつき感が少なく、テカリもほとんどないため、唇の周りにぬっても目立ちにくいです。 口唇ヘルペス市販薬の違いと選び方 アラセナS(クリーム)、アクチビア、ヘルペシアクリームは、 塗り方と効果の違いはありません。 塗り心地に違いがあるのみです。 医師が使った剤形(軟膏orクリーム)で、同じ成分を含む市販薬がおすすめです。 医療用ヘルペス薬 アラセナA ゾビラックス 口唇ヘルペス市販薬 アラセナS アクチビア ヘルペシア 主成分 ビダラビン アシクロビル 効能 口唇ヘルペスの 再発 剤形 軟膏 軟膏 クリーム クリーム 効果 同等 目立ちにくさ 軟膏:3 2 1 クリーム:1 まとめ• ヘルペス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、すべてのヘルペスを死滅できない。 そのため、口唇ヘルペスは再発を繰り返すことがある• 医療用と同成分のヘルペス塗り薬が、薬局用に市販薬化されている• ただし、口唇ヘルペス市販薬と医療用ヘルペス塗り薬は効能が違う• 口唇ヘルペス市販薬の効能は「口唇ヘルペスの再発」• アラセナSは、アラセナAの口唇ヘルペス市販薬• アクチビアは、ゾビラックス軟膏の口唇ヘルペス市販薬• ヘルペシアクリームは、ゾビラックスクリームの口唇ヘルペス市販薬• 口唇ヘルペス市販薬は、医師が使った剤形、かつ同じ成分を含む市販薬がおすすめ.

次の

ヘルペスに効果のある市販薬

性器 ヘルペス 市販薬

目次リンク• 性器ヘルペスの主な治療方法 性器ヘルペスの治療には、基本的にウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を用います。 薬の種類には飲み薬や塗り薬と様々です。 (痛みで排尿ができないなど、日常生活に支障が出るほど症状がひどい場合には、点滴療法も行われます。 ) 性器ヘルペスの治療薬の種類 現在性器ヘルペスの治療に使用されている抗ウィルス薬は大きく3つに分けられます。 また、薬の種類には飲み薬や塗り薬があり、症状が出ている場所や程度、体質などによって薬が使い分けられています。 アシクロビル系治療薬 商品名• ゾビラックス• アシクロビル ゾビラックスジェネリック 薬の形状 錠剤・顆粒・軟膏・クリーム 特徴 安全性が高く比較的副作用も少ない、標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬。 各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられ、ウイルス感染細胞内で活性化し、ウイルスの増殖を阻害します。経口薬のほか、同一成分の塗り薬などがあります。 塩酸バラシクロビル系治療薬 商品名• 薬の形状 錠剤・顆粒 特徴 アシクロビル系治療薬の後に開発された、第2世代の抗ウィルス薬。 体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換されて効果を発揮します。 アシクロビルと比較して吸収効率がよく、1日1~3回の服用で済みます(アシクロビルは1日5回) ビダラビン系治療薬 商品名• アラセナ-A• 薬の形状 軟膏・クリーム 特徴 主に口唇ヘルペスの治療に用いられる抗ウィルス薬。 性器ヘルペスの治療にも有効です。 殆どは軟膏剤で、副作用は内服薬と比較しても極めて少ないのが特徴ですが、症状が軽い場合や再発時での使用が一般的です。 現在主流となっている治療法 上記3つの抗ウィルス薬の特徴を読んでもらうと分かる通り、性器ヘルペスの現在の治療方法は第2世代の抗ウィルス薬である バラシクロビル系治療薬がよく用いられます。 このバラシクロビル系治療薬は、第1世代のアシクロビルと比較して吸収効率がよく、服用回数が少なくて済むメリットが有ります。 治療に際しての服用方法としては、などの、塩酸バラシクロビル系治療薬の内服薬を、• 1日 1~2回• 5日間ほど内服 することで、性器ヘルペスの症状を抑えます。 それぞれの商品ごとに、有効成分である塩酸バラシクロビルの含有量が異なり、症状が軽度の場合には1回の服用で500mg~、より症状が重い場合には1回の服用で1000mg~の服用を行います。 症状の程度と服用する薬用成分量は、専門の医師の診断を必ず受けて下さい。 性器ヘルペスの再発予防方法について 性器ヘルペスの感染者は、1年以内に8割以上が症状を再発します。 この繰り返す再発によって性器ヘルペスに対して神経質になり、精神的に追いつめられてしまう患者さんが多くいます。 そういったストレスが原因で更に免疫力が低下し、また再発する。。。 と悪循環に陥ってしまうケースが後を絶たないのです。 しかし、一度性器ヘルペスに感染したからといって「一生治らないから結婚できない」とか、「恋人とのセックスが怖くなってしまう」などと 過度に悲観することはありません。 完治しないと言われる性器ヘルペスも、正しい再発防止策を行えば症状の再発を劇的に抑えることができます。 性器ヘルペスの再発抑制療法 年6回以上再発をみる性器ヘルペスでは、再発の症状があらわれる前にウイルスの増殖を抑える【再発抑制療法】という治療法があります。 この方法を行うことで、次の再発までの間隔も延長できます。 内容は簡単で、• などのバラシクロビル系治療薬を、1日1回飲み続けることです。 こうすることで、性器ヘルペスの症状が現れる前にウイルスの増殖を抑え、再発を防ぎます。 性器から排出されるウイルス量も減少するので、恋人やパートナーに感染させる可能性も低くなります。 この再発抑制療法は長年に渡って治療の安全性と有効性が認められており、世界中で行われている標準的な治療法です。 日本国内では保険適用診療となっています。 再発抑制療法での薬にかかる費用 再発抑制療法に用いられるバルトレックスは単価が高く、病院で保険適用する前の価格は• 1錠 550円 となっています。 これを毎日続けるとなると大変な負担となってしまいます。 そこでお勧めしたいのがバルトレックスと同じ有効成分である塩酸バラシクロビルの ジェネリック医薬品です。 こちらの商品は30錠セットだと ¥4,680円• 1錠 156円 という安さでバルトレックスと同じ薬効があります。 しかも、今だけ、期間限定キャンペーン価格で となっています。 大事なことは再発抑制療法を継続することです 「再発抑制療法」はウイルスそのものを取り除けるわけではないため、服薬を中止すれば再発しますが、一般的にはその回数は時間とともに減少します。 性器ヘルペスが再発する際には「患部周辺がチクチクする」などの前兆が感じ取れる場合があります。 そういった場合には、できるだけ早めの対策を行ったほうが、症状は比較的軽く済む場合が多くあるのです。 また、性器ヘルペスは病変が出ていない時には感染力が低くなっており、恋人やパートナーとのセックス等の性交渉を行っても心配ないと言われています。 まとめ.

次の

口唇ヘルペス治療は市販薬でOK 薬剤師おすすめ品と効果的な塗り方を伝授

性器 ヘルペス 市販薬

ヘルペスの感染の殆どは性行為 ヘルペスという病気を引き起こすものにはいくつかの種類があり、水疱瘡や帯状疱疹を起こすタイプのウイルスと、性器ヘルペスや口唇ヘルペスを発症するウイルスとがあります。 どちらもヘルペスウイルスの一種なので共通している部分が多く、治療に使われる薬も同じものを使うことがあります。 水疱瘡は水疱瘡を起こすウイルスに直接触り、それが体内に入ることで感染が広がっていきますが、口唇ヘルペスや性器ヘルペスも同じように接触することで感染を起こします。 ヘルペスを発症すると赤い発疹ができ、そこにはたくさんのウイルスが存在しています。 それが粘膜に付いたり、傷の付いた皮膚に付いたりすると、そこから体の中にウイルスが入り込み増殖を始めます。 ウイルスの数が少ないうちには症状が出ないことがありますが、数が増えるにつれて症状が強くなっていきます。 つまり、ウイルスに直接触れる行為を行うと感染する危険があるということで、性器ヘルペスの感染のほとんどは性行為をした時にうつります。 性器の周りにできている発疹にはウイルスがいることと、発疹が出ていない場合でも皮膚にウイルスが存在する場合があるので、皮膚や粘膜が触れる機会のある性行為は感染を広げやすいもののひとつになります。 ヘルペスは感染力が強いために性行為をしていなくても感染することがあるようですが、それはほんの一部で、ほとんどの場合は 性行為が原因となって感染をします。 性行為は全ての行為が感染源となりセックス、オーラルセックス、アナルセックス、手淫などがあげられます。 また症状が出ていない時に行った性行為でも感染を起こすことがあるので、自分がヘルペスに感染していると知らないうちに他の人へも感染をさせてしまっている可能性があります。 ヘルペスの薬は早期に治療するのが大事 ヘルペスの症状が出るのはウイルスが増殖をして数が増えてきてからです。 ヘルペスウイルスの特徴は身体の中に潜伏をしているということで、一度身体の中に入るとその後も体の中の神経節という部分に居続けます。 そして数が少ない時にはほとんど症状が起こらず、いつも通りに過ごすことができます。 それは身体の中の免疫力がウイルスをおさえこんでいるからです。 しかし、免疫力が低下したりウイルスの増殖スピードが強い時には、身体の中で一気に増え、それに伴い水ぶくれができたり、痛みが出たりといった症状が強くなっていきます。 こういった症状を軽減させるためには抗ウイルス薬を使用すると効果がありますが、この薬はウイルスを死滅させるわけではなく増殖を防ぐという種類の薬です。 そのため数が増えてしまってから服用しても、薬の効果がしっかりと現れないことがあります。 抗ウイルス薬を使用する時のポイントは、ウイルスの数がまだ増えきっていないうちに使用することで、ウイルスの数が大きく増えることを抑制して症状ができるだけ起こらないようにすることです。 使用する時期が早ければ早いほど、ウイルスの数を少なく保つことができると考えられるので、薬での治療を希望するなら、早期に治療を開始するようにしましょう。 ヘルペスの治療は早く始めることが基本なので、症状が出はじめたらすぐに治療を開始できるように薬を準備しておくと症状を悪化させずに済みます。 またヘルペスは再発が多い病気だということも忘れてはいけないことで、一度症状が落ち着いたからといって、治ったと思っていると何かのきっかけでまた症状が出はじめることがあります。 常に再発の可能性があることを覚えておきましょう。 ヘルペスの治療薬にはどんなのある? ヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬は バルトレックスや ゾビラックス、 ファムビルといった名前の薬があります。 どれもヘルペスウイルスに効果があるので帯状疱疹の治療にも使われている種類の薬です。 これらのの違いは服用回数が違うということと、薬の値段に差があります。 最も価格が安いのがゾビラックスで、他の薬に比べてかなり安く抑えた価格設定になっていますが、ゾビラックスの問題点は1日の服用回数が多いことで1日に5回の服用が必要になります。 薬を1日に何度も飲むことが苦痛にならないような人は、値段が抑えられているゾビラックスを使用すると治療にかかる金額を抑えられます。 もうひとつのよく使われている薬がバルトレックスで、価格的にはゾビラックスよりも高くなってしまいますが、この薬にすると服用回数は1日に2回だけなので、服用の煩わしさが解消されます。 バルトレックスの特徴は服用回数は少ないのですが、錠剤の大きさがやや大きめだということです。 錠剤の大きさについては気にならないという人で、1日の服用回数が少ないほうがよいという人はバルトレックスを使用するとよいでしょう。 大きな錠剤は飲み込みにくいという人は他の種類の薬を選んだほうがよいかもしれません。 残りのひとつがファムビルで、価格はバルトレックスよりも多少高くなるので、この3つの中では最も高価なものとなり、ゾビラックスと比べるとかなり高い値段になります。 これは服用回数が1日に3回なので、食事のタイミングに合わせて服用するようにしたら、そこまで多くは感じないでしょう。 錠剤の大きさもそこまで大きくはありません。 これらの薬は全て内服するもので、症状が強くなる前に服用することで悪化を防ぐことができます。 ヘルペスに効果のある市販薬は効くの? ヘルペスの治療を始めようと思った時に、いつも市販の薬を使用している人は、このウイルスにも効くものがあるかもしれないと考えると思いますが、バルトレックスやゾビラックス、ファムビルは医師の処方箋が必要なもので、どれも市販されていません。 そのため薬局等の窓口で誰もが購入できるものではないということです。 他にヘルペスに効果があるといわれて売られている市販薬があり、それらは内服するものではなく全て塗り薬になります。 塗ってきかせるタイプのものは内服して使うものに比べて効果が弱くなり、効き目は塗った部位だけにとどまってしまうという特徴があります。 そのため、症状が軽く出ている程度ならば治療効果がありますが、症状が強い時には塗るだけでは症状を抑えられないことがあり、そういった場合には内服して全身に効果を出せるタイプのものが必要になってきます。 内服するタイプの薬は薬局では購入できませんが、個人輸入代行をしている通販では手に入れることができます。 個人輸入代行といっても通販サイトを見ると普通の国内にあるお店で商品を購入することと大きな違いはありません。 日本語で説明がきちんと書かれていますし、不安なことがあったら日本語で質問をしたり、相談をしたりできます。 もしもヘルペスの再発を繰り返していたり、急な発症に備えたいのであれば、そういった個人輸入代行の通販サイトを利用して抗ウイルス薬を購入しておくという方法もあります。 ほとんどの場合で値段が通常よりもお得になっていることが多いので、薬を購入することでの経済的負担を軽くすることができます。 ヘルペスは急に再発を起こすことがあるので、事前に治療を行えるような準備をしておくことが大切です。

次の