古田 敦也。 古田敦也とは (フルタアツヤとは) [単語記事]

古田敦也 通算成績

古田 敦也

一瞬の間に判断することができるようになるには、練習の時から情報を仕入れて頭に入れておくことが重要なんです。 それ以外にもすべての状況を想定してイメージしておくと、いざという時の対応ができるようになります。 どんなスポーツでも上達していくには、まず技や戦略を心得ることが大事です。 なぜなら人は知らないことは想像することもできないですし、理解も当然できません。 普段からできないことを、行動や試合のプレーに生かすなんて不可能。 だから 知識や情報を練習の時からイメージし、シュミレーションをしておくことが結果につながる足掛かりとなるのです。 よくプロの選手は、イメージトレーニングを行なっているという話があります。 それは知識や情報があってこその、練習方法。 古田敦也の名言には、このような内容が隠れていたのです。 古田敦也とはどんな人? 古田敦也は1965年8月6日に生まれ、兵庫県の川西市出身です。 鎌倉幕府を開いた、源頼朝の本拠地のようですね。 野球は、小学校3年生の時に地元の少年野球チームに入って始めました。 入部直後は太っていたこともあり、キャッチャーがいなかったという理由から、捕手を任されることになったのです。 中学は宝塚市立南ひばりヶ丘中学校に入り、注目された選手に成長。 高校進学時は私立校から誘いがありながらも、自宅から近い公立の兵庫県立川西明峰高等学校に進学したのです。 甲子園出場も果たせず、高校3年間はほぼ無名の存在で過ごしました。 その後、関西大学商学部・立命館大学経営学部経営学科の一般入試を受験してどちらも合格。 勧誘もあり、立命館大学に進学しました。 トレードマークの眼鏡は先輩に会った際に見過ごさないため、大学から使用したようですよ。 そこからさらに成長し、関西学生リーグで通算77試合に出場して234打数72安打、打率308、8本塁打、44打点を記録。 3年生の時にはチームを関西学生リーグ戦春季・秋季連続優勝に導き、4年生の時にはキャプテンを務めて大学野球日本代表のメンバーに選出されたのです。 その頃にはプロ野球の各球団から注目されていて、プロを目指すようになりました。 しかし古田敦也は乱視などの影響でドラフト会議でどこの球団からも指名を受けることなく、新卒採用に応募してトヨタ自動車に入社。 その後、社会人野球で活躍の古田敦也のプレーに惚れ込んだヤクルトスカウト部長の片岡宏雄に勧誘されました。 そして1989年 ドラフト2位で、ヤクルトスワローズに入団が決まったのです。 現役時の身長は182センチ、体重は80キロ。 プロ野球人として、理想の体格ですね。 古田敦也の功績とは? 古田敦也はヤクルトの正捕手として、長らくプレーしました。 この間に取ったタイトルは、 首位打者1回・最多安打1回。 通算で2,097本のヒットを積み重ね、名球会入りを果たしています。 受賞した賞は、 最優秀選手・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・正力松太郎賞・日本シリーズMV・オールスターゲームMVP・月間MVP・最優秀JCB・MEP賞。 さらに最優秀バッテリー賞を、以下の投手と6回記録しています。 1991年 投手:西村龍次• 1992年 投手:岡林洋一• 1995年 投手:テリー・ブロス• 1997年 投手:田畑一也• 2000年 投手:五十嵐亮太• 2001年 投手:藤井秀悟 ここまででも十分功績を残していますが、現役引退前から選手兼監督を務めました。 引退後はメディアにもよく出て、野球以外のスポーツを盛り上げています。 2020年には東京でオリンピック・パラリンピックがあるので、活躍がさらに期待されますね。 古田敦也が野球で成功した理由とは? 古田敦也はヤクルト一筋18年間を、野球に全うしました。 2005年から引退する2007年までは、選手兼任監督という素晴らしい大役を任されたのです。 引退後は野球解説者・タレント・スポーツキャスターと活躍し、野球で成功したと言っても過言ではありません。 掴み取ったとも言えるのでしょうね。 では、 なぜ成功できたのか? やはり、 「15秒や20秒といった短い時間の中で判断を決めるためには、やはり準備としての知識や情報の蓄積が必要なのです。 試合が始まるまでに1回の試合を行っているくらいの気持ちで、頭の中でシミュレーションをしておくのです」の名言が、大きくかかわっているのです。 というのも古田敦也は、決断をスッパリと下す 「優柔決断」を推奨しています。 まさに名言の通り、以下のように言っていますよ。 まず先入観や好き嫌いで篩にかけず、本、インターネット、人づてなど何でもよいので、あらゆる手段を使って情報を収集する。 次に現在の環境に愚痴を言わず、与えられた環境の中でいかに最大限の力を発揮するかを大事にする。 ブレることを恐れず、進歩することが必要なら成功体験に囚われず変化を求めるべきである。 野球の技術を手に入れるためには、情報を収集するだけではなく実際に体験して自分のものにする。 それから15秒から20秒の思考時間で取捨選択できるように、頭の中にファイルを作り、情報を体系化する。 プロ野球選手は弱点を克服していなければレギュラーを守れるはずもないため、相手に弱点があっても、それが2年前の情報であればその情報を捨てる。 そして成功イメージを描きすぎることによってそれに囚われて自分の打撃などができなくなるため、描きすぎないようにする。 周りの空気に流されないことも重要である。 即決グセを付け、最後は腹をくくることが大切である。 引用:Wikipedia 篩 ふるい さらに古田敦也のポジションはキャッチャー。 「名捕手あるところに覇権あり」と野球界で言われているだけあって、サポートに重点を置いて考えていました。 中でも盗塁を阻止することはピッチャーの気分も良くさせ、勝利を導かせるよう考えていたのです。 そこで普段の練習から、送球などに気を配って練習していましたよ。 <どんなに肩の強い人がいくら速いボールを投げたからと言っても、二塁ベースのはるか上だったら捕球からタッチするまでに時間がかかってしまう。 ノーバウンドだろうが、ワンバウンドだろうが、二塁までの時間は大して変わらないのだ。 ベースの上、30センチぐらいに球がいけば何とかなるのだと思うようにしよう。 何よりも正確さを優先すべきだ> 問題は「正確さ」を、どう担保するかだ。 古田によれば、ボールを握る人指し指と中指をボールの縫い目にきちんとかけて投げられるか否かがカギとなる。 「要はキャッチボールでも必ず(指を)縫い目にかけて投げるクセをつけておくことが大切です。 当然ながらフォーシーム(ボールが回転する際に長い縫い目が4度見える)の握りが一番いいボールがいく。 それをピッチャーの頭あたりを目がけてピュッと投げるんです。 その場合、基本的にセカンドベースは見ていない。 だいたい、あのへんという感覚で投げるんです」 引用:SPORTS COMMUNICATIONS 日頃からの練習で、いろいろ考えていないといけないのでしょうね。 また古田敦也と言えば野村克也の申し子として、有名な存在。 著書ではカミングアウトしていますよ。 「とりあえず言われたことには分からなくても『ハイ!』と答えていました」 本の冒頭からいきなり衝撃的なカミングアウトである。 打たれてベンチに戻ったら監督からどやされ、ストレスばかりが溜まっていく。 だが、野村監督は日本一の実績を残してきた捕手、新入りの自分が意見を言っても聞いてもらえるわけがない。 そこで古田は現実を受け入れ「何も言わずに引き下がって耐える」方法に出る。 完全なイエスマンになったのである。 そうして2年3年とハードワークに耐え、試合でも結果を残し始めると、徐々に「あのピッチャーはどうだ?」と監督の方から意見を求められるようになったという。 聞かれて初めて意見を言う。 実績に差がある上司には反発しても意味がないし、ともに働く内に時間が解決することもある。 で、古田は悟るのだ。 選手は上司を選べないと。 とにかく相手がどういう人か見極めてから考えて動くID野球の申し子。 目上の気を遣う先輩に質問する時は、ただ「どんなバットを使っているんですか?」ではなく、「なんであんなに飛ばせるんですか? バット見せてください」とまず相手の長所を褒めてから聞く。 まるで敏腕営業マンのような隙のなさ。 ファンやマスコミからの厳しい声に対しては「叱責は前向きに受け止め、批判はサクサク消化する」大人のスタンスで対応するのが古田流である。 引用:excite ニュース 過去に野村克也について書いた記事があるので、お時間がある際にお読みいただけるとありがたいです。 やはり試合に出る前の準備が、大切なのでしょうね。 以上のことから考えると古田敦也は、 普段から情報収集をして自分で考えるようにしていたこと。 基礎練習をおろそかにせず試合を想定し、高い目標を置いて練習したことが、野球で成功できた理由ではないでしょうか? 私は世間に名を残したいと思い、日々奮闘していますよ。 情報も取り入れようと、師匠と呼ばれる人の意見を全て聞き入れています。 さらに自分磨きとして、文章作成の練習も毎日頑張っていますね。 中でもお手本となる書籍を書き写す写経は、文章力アップの手助けになっています。 最近では役職の書類作成やメールの応答など、いろいろ任されるようになりました。 今後も古田敦也のように精進し、努力を怠らないよう頑張ろうと心に誓いましたね。 まとめ.

次の

古田敦也氏、野村克也さん追悼 恩師の教え胸に「継承して次の世代に」― スポニチ Sponichi Annex 野球

古田 敦也

本名:古田美穂 生年月日:1965年3月11日 出身:東京都 血液型:O型 最終学歴:日本大学芸術学部 中学、高校時代は演劇部に所属していたそうです。 1987年に日本大学芸術学部卒業し フジテレビ入社します。 1988年には 『プロ野球ニュース』メインキャスターを担当。 女性メインキャスターは番組初だったそうです。 懐かしいな~ 【】 中井美穂さんはフジテレビの顔みたいな感じでしたもんね。 1992年から八木亜希子、小島奈津子、西山喜久恵などの後輩と フジを代表する看板アナウンサーになったんでしたね。 『FNNスーパータイム』ではスポーツキャスターでした。 1995年にプロ野球選手、 古田敦也さんと結婚し フジテレビを退社し フリーアナウンサーになりました。 現在もフリーアナウンサーとして活動されています。 そして 中井美穂さんは宝塚が好きということで 『タカラヅカ・カフェブレイク』という番組の MCも担当されているんだそうです。 【関連】 中井美穂は病気なの? ニコニコしていて好印象でしたよね~ 知人に中井美穂さんにそっくりな子がいましたね。 それこそ今何してるんだろう? そんな中井美穂さんは 2002年8月に子宮筋腫で入院し、筋腫部分の摘出をされました。 2003年には腹膜炎を患い 腸の患部を切り再びつなげる処置をする為 1年間人工肛門を装着していたんだそうです。 しかし当時その状態で仕事を普通に こなしいたんだそうです。 2016年2月15日放送の『徹子の部屋』で 当時の事が語られています。 中井美穂 子供はいるの? 中井美穂さんは子宮筋腫で摘出手術をしているため 子供には恵まれていません。 夫の古田敦也さんも中井さんも 子供が欲しいと思っていたそうですが 叶わなかったんですね・・・ 野球選手だった古田敦也さんはもちろん スポーツキャスターとして活躍していた 中井美穂さんも子供が生まれたら 野球やスポーツをさせようと 思っていたに違いないと思います。 運命のいたずらか・・・残念ですね。 中井美穂 古田敦也 離婚って? 中井美穂さんと古田敦也さんですが 以前、 離婚の噂があったようです。 実際離婚には至っていませんが 原因は中井美穂さんが病気で子供が出来ない事を 悔やみ離婚を切り出したのでは? と言われているようです。 さらに古田敦也さんにも他の女性との デートの目撃情報や別居といった話も あるようですが真意はわかりません。 離婚も相手の事を想っての相談だったようですし 古田さんも中井さんのことを大事に思ってるだろうし 離婚はないと思います! とてもいい夫婦だと思いますけどね。 スポンサードリンク まとめ 今回あいつ今何してる?に登場する 元フジテレビアナウンサーの 中井美穂さんについて調べてみました。 調べてみるといろんな事がわかり けっこう辛い思いをされてきたんですね。 しかしそこを乗り越えてこられたので これからも頑張ってほしいと思います! 同級生のスゴイ人も気になりますね! 最後まで読んでいただきありがとうございました! >><< 【関連記事】.

次の

古田敦也とは (フルタアツヤとは) [単語記事]

古田 敦也

05年(40歳)大学・社会人を経た選手として史上初の2000安打。 06年(41歳)プレイングマネージャーに就任。 」「サンデーLIVE! ・母親も働いていた。 ・兄と妹がいる。 ・自然が豊かな住宅街で育った。 ・家は裕福ではなかった。 ・両親が共働きだったのでお腹が空くと妹と一緒に簡単な料理をした。 ・小3の時、少年野球チーム「加茂ブレーズス」に入団。 ・小学校時代、将来プロ野球選手になりたいと思っていた。 父親に「僕にお金をつぎこんでも絶対損せえへん。 1億円持って巨人が向かえに来るから」と言っていた。 ・中学時代、成績優秀だった。 ・高3の時、親に買って貰ったコンタクトレンズを1週間で紛失、 親に言い出せなくて約半年間コンタクトを使っているふりをしていた。 ・一般入試で立命館大学と関西大学に合格。 ・入学を断るつもりで出向いた立命館大学で監督から歓待され、 先輩に京都の街に連れ出され、立命館大学野球部で野球を続ける事にした。 ・大学時代、アルバイトをかけもちしてお金を溜めてクルマを買った。 買ったクルマは中古のジェミニ(30万円)。 ・よく扁桃腺が腫れて高熱が出る。 ・持病の痛風の予防の為に月に1回血液検査をする。 ・好きな作家…松下幸之助。 盛田昭夫。 ・好きなマンガ…「20世紀少年」。 ・好きなアニメ…「名探偵コナン」が大好き(ビデオに録画)。 ・好きな映画…「ユージュアル・サスペクツ」。 ・通販で浄水器、電動ハブラシ、タンスなどを購入。 ・オリンピックが大好き。 ・メガネを多数所有。 毎年最低1個購入。 シチュエーションによって使い分ける。 アイメトリクス社の特注眼鏡を愛用(重さは10円玉1枚分)。 乱視が強いのでコンタクトレンズ使用は考えた事がない。 ・ジャガールクルトの腕時計を愛用(値段は200万円)。 ・Tシャツ、ポロシャツ、コットンパンツ、チノパンツなどラフで楽な服が好き。 ・愛車はセルシオ(=03年現在)。 ・富士山に登頂して山頂で走り高跳びをやった事がある。 ・乗っていた飛行機が悪天候で大揺れに揺れて、 いったん着陸しかけたが揺れながら急上昇、 これは落ちると思って手帳に妻あての遺書を書いた事がある。 ・妻と取材と通じて知り合った。 最初は飲み仲間のひとりだった。 ・友人と外食をしてそろそろ帰りたいが話が盛り上がっている時は 妻に「そろそろしめて」とメモを書いて見せる(見事にしめてくれる)。 ・結婚当初の妻は料理が全然出来なかった。 インスタント焼きそばを作るのにも失敗した事があった。 ・夫婦喧嘩はしない。 ・石井一久&木佐彩子…家族ぐるみのつきあい。 ・中山雅史&生田智子…家族ぐるみのつきあい。 ・神田うの…友人。 古田を王様、中井美穂をおきさきと呼ぶ。 ・野茂英雄、新庄剛志…同期入団。 野茂とロサンゼルス五輪でバッテリーを組んだ。 ・長谷川滋利、石井一久、高津臣吾…オフに一緒に自主トレ。 ・落合博満…91年に首位打者のタイトルを争った。 ・野村克也…プロ入団時の監督。 入団時に野村の著書を4冊読んだ。 元捕手の野村にID野球を徹底的に教え込まれた。 味方の攻撃中は野村のすぐ前がベンチの定位置で常に耳元で野村のぼやきを聞かされた。 ・高木美保、深浦加奈子、曲山えり…古田のファン。 ・小泉今日子…憧れている芸能人(高校時代から大ファン)。 ・大木凡人…いとこ。 ・中村あずさ、南野陽子…交際を噂された。 ・(テレ朝アナウンサー)…交際を噂された。 ・中井美穂…95. 10目黒サレジオ教会で挙式。 「中井さん」「古田くん」と呼びあう。 353で銀メダル獲得に貢献。 ・大学4年の時、メガネ使用がネックでドラフト指名されず、 「意地でもプロになってやる」と思った。 ・トヨタ自動車の社会人時代、新人研修で3ヵ月毎日一般家庭に飛び込み営業をした。 10日で嫌気がさして喫茶店でさぼって「ゴルゴ13」を読破した。 600人の同期の中でひとりだけ1台も売れなかった。 ・ソウル五輪に正捕手として出場、銀メダル獲得に貢献。 ・新人時代の愛称は「のび太」。 ・91年オールスター第1戦で1試合3盗塁刺の新記録。 ・セリーグ初の捕手で首位打者(=91年)。 ・92年オールスター第2戦でオールスター史上初のサイクルヒット。 山本浩二監督の発案で野球人生初の1番バッターとして出場、 3打席目までにサイクルヒット王手をかけたので5打席目までチャンスを貰えた。 ・捕手として史上4人目のホームラン30本以上(=92年)。 ・古田が活躍する前は「眼鏡をかけた捕手は大成しない」と言われていた。 ・30歳の頃、なんとかメジャーに行きたいと思ったが手段がなかったので諦めた。 ・シングル「Xeno 見知らぬ人」をリリース(=93年)。 ・「古田敦也写真集」を出版(=94年) ・長野五輪聖火ランナー(=98年)。 ・プロ野球選手会5代目会長(=98年〜05年)。 球界再編問題に際して史上初のストライキを断行(=04年)。 ・鳥居ユキファッションショーでモデルを務めた(=99年)。 ・1試合4本塁打(プロ野球タイ記録=03年)。 ・プロ野球史上最高レベルの強肩。 1年目から13年連続で盗塁阻止率. 400以上。 400を越えれば一流と言われる盗塁阻止率で2回. 600以上を記録。 93年の盗塁阻止率. 644はプロ野球記録。 通算盗塁阻止率は. 462。 600以上を記録したの古田のみ(=18. 12現在) ・ピッチャーによって打撃フォームを微調整した。 ・バッティングの調子が悪い時は無理に打ちに行かず、 フォアボール狙いで甘い球だけを打つつもりで打席に立った。 ・オールスターのホームランダービーで10回以上ピッチャーを務めた。 ・バラエティ番組で芸人に喋り負けると悔しい。 ・右手人差指は骨折後に曲げ伸ばしが不完全になった。 現役時代は不調の原因と思われないように隠してした。 ・試合中に脱臼した右手小指をベンチ裏で自分で治した事がある。 ・車場荒らしにクルマの中に置いてあった殆ど何も入っていないバッグを盗まれた。 壊されたドアの修理代が50万円かかった。 ・選手会がスト決行を決断した日にフジテレビ「すぽると! 」に生出演、 アナウンサーが読み上げるファンからの応援ファクスを聞いて涙を流した(=04年)。 ・映画「キング・アーサー」のテレビCMのナレーションを務めた(=05年)。 ・「古田敦也公式ブログ」を開設(=05年)。 ・大学出の社会人出身選手として初の2000本安打を達成(=05年)。 ・ドラマ「役者魂! 」に小学校の教師役で出演(=06年)。 ・ニッポン放送でラジオパーソナリティーに初挑戦(=08年)。 ・トライアスロンのアイアンマンレースを完走。 ・野球殿堂入り(=15年)。 ・テレビ「サンデーLIVE! 」にコメンテーターとしてレギュラー出演(=17年)。 ・テレビ「サンデーLIVE! 」でスケルトンを体験(命の危険を感じた=17年12月24日放送分)。 ・将来の夢は経営者。

次の