オリンピック カヌー。 日本オリンピックミュージアム

日本オリンピックミュージアム

オリンピック カヌー

東京オリンピック・パラリンピックのカヌー・スラローム会場コースを、ラフティングで体験。 モニターツアーより提供 東京オリンピック・パラリンピックの競技会場が続々と完成している。 その中で一足先にコースが完成したのが、ボート・カヌー競技が開かれる「 カヌー・スラロームセンター 」(東京都江戸川区)。 7月は平日限定で、一般向けにラフティングでコースを体験できるモニターツアーが行われている(すでに全日満員)。 料金は3500円。 五輪会場をじかに味わえる貴重な経験ができるとあって、申し込んで7月中旬に参加した。 朝、天気はあいにくの雨。 会場はJR葛西臨海公園駅から徒歩約10〜15分。 個人的にカヌーもラフティングもしたことがなかった。 せいぜい観光で海や川でボートに乗ったことがあるくらい。 まずコース横にあるプレハブ小屋で、ラフティングの映像を見て、モニターツアーのアンケートを記入した。 続いて更衣室でウェットスーツに着替え、ヘルメットとライフジャケットを着用した。 外に出てパドルを受け取り、コースへ。 参加者12人が2艇のラフティングボートに分かれて乗り、いよいよ体験が始まった。 柴田さんのイタズラで全員落水。 撮影:今村拓馬 今回モニターツアーに参加した方に感想を聞いてみた。 千葉県から参加した長洲美穂さんは、中学生の娘がカヌー・スラロームの選手。 「東京は間に合わないだろうが、パリ(2024年五輪)の星」(ツアースタッフ)と評される実力の持ち主だそう。 長洲さん自身も審判員の資格を持っている。 本当は娘さんが参加したかったらしいが、平日ということで学校があり 「私が代わりに体験しにきました(笑)。 娘から『コースをしっかり見てきて』と言われました」。 「水がパワフルですね」と感心していた。 我々とは別の艇に乗った参加者、吉田英記さんはなんと福島県から朝一番の新幹線に乗って2時間半かけてやってきた。 自身は学生時代にカヌーをやっていた。 東京オリンピックのカヌー競技のチケットに当選したこともあって 「せっかくだからと申し込みました。 楽しかったです」と満足げだった。

次の

人気殺到! 東京五輪カヌー会場で実施の「ラフティング体験」が激しすぎた

オリンピック カヌー

東京オリンピック・パラリンピックのカヌー・スラローム会場コースを、ラフティングで体験。 モニターツアーより提供 東京オリンピック・パラリンピックの競技会場が続々と完成している。 その中で一足先にコースが完成したのが、ボート・カヌー競技が開かれる「 カヌー・スラロームセンター 」(東京都江戸川区)。 7月は平日限定で、一般向けにラフティングでコースを体験できるモニターツアーが行われている(すでに全日満員)。 料金は3500円。 五輪会場をじかに味わえる貴重な経験ができるとあって、申し込んで7月中旬に参加した。 朝、天気はあいにくの雨。 会場はJR葛西臨海公園駅から徒歩約10〜15分。 個人的にカヌーもラフティングもしたことがなかった。 せいぜい観光で海や川でボートに乗ったことがあるくらい。 まずコース横にあるプレハブ小屋で、ラフティングの映像を見て、モニターツアーのアンケートを記入した。 続いて更衣室でウェットスーツに着替え、ヘルメットとライフジャケットを着用した。 外に出てパドルを受け取り、コースへ。 参加者12人が2艇のラフティングボートに分かれて乗り、いよいよ体験が始まった。 柴田さんのイタズラで全員落水。 撮影:今村拓馬 今回モニターツアーに参加した方に感想を聞いてみた。 千葉県から参加した長洲美穂さんは、中学生の娘がカヌー・スラロームの選手。 「東京は間に合わないだろうが、パリ(2024年五輪)の星」(ツアースタッフ)と評される実力の持ち主だそう。 長洲さん自身も審判員の資格を持っている。 本当は娘さんが参加したかったらしいが、平日ということで学校があり 「私が代わりに体験しにきました(笑)。 娘から『コースをしっかり見てきて』と言われました」。 「水がパワフルですね」と感心していた。 我々とは別の艇に乗った参加者、吉田英記さんはなんと福島県から朝一番の新幹線に乗って2時間半かけてやってきた。 自身は学生時代にカヌーをやっていた。 東京オリンピックのカヌー競技のチケットに当選したこともあって 「せっかくだからと申し込みました。 楽しかったです」と満足げだった。

次の

カヌー羽根田が3か月ぶりに水上練習を再開 五輪会場使えず“公園のカヌー場”に 本番への不安は「周りの状況」

オリンピック カヌー

小谷 実可子(水泳/アーティスティックスイミング) なんといっても1番のお勧めはオリンピズムストーリーコーナーです。 アスリートのオリンピックに懸ける思い、難民選手のオリンピックを通した決意、オリンピックで発揮された真のフェアプレイなどなど… 内容は随時更新されるそうです 初めて見たとき心の奥底から涙があふれ、しばらく立ち上がれませんでした。 ほんの数分のショートムービーでしたが、心が洗われ「やっぱりオリンピックって凄い! 」と感動していると目の前には日本の先人たちのリアルな活躍の証が…思わずガラスに刻まれた歴代メダリストに連なる我が名前にも頬ずりしたくなりました。 歴史を学べるエリアでは、これまでのオリンピックの歩みを知ることができます。 歴史で私が学んだことは「スポーツで世界が繋がる、世界平和」でした。 オリンピックの歴史を知ることでオリンピックの見方、思いが広がっていくと思います。 特にオリンピックを夢見て頑張っている子供達には、見て学んで感じてほしい歴史エリアです。 そしてもう一つの見所は、私がトライスーツ(トライアスロンレースウエア・水泳、自転車、ランニングをこの1枚のレースウエアで行います)を着ている人形があります!探してみてください。 オリンピックの歴史や理念、それを支える人々や環境等、オリンピックに関する様々なことを知ることで、より深くオリンピックを楽しむことができるようになると思います。 オリンピックミュージアムは正にオリンピックが凝縮されている場所になっています。 その中でもオリンピックゲームズが特にオススメです。 実際に体を動かしてオリンピアンの身体能力を体感することができるコーナーになっています。 見るだけだったオリンピックの記録とその凄さを実際に体感することで、観戦時の面白さが倍増すること間違いなしです。 立ち上げの段階から関わらせていただき、完成後ミュージアム内に足を踏み入れたときの感動は今でも忘れません。 特にオススメなのはオリンピズムストーリーのコーナー。 オリンピアン達の活躍の裏に隠されたストーリーを、自分の世界に入り聞き入ることができます。 また入り口広場に立っているオリンピックシンボルのモニュメントもオススメ映えスポットです。

次の