肺炎 予防。 誤嚥性肺炎の原因と予防、食事・口腔ケアなど看護の実施要点

誤嚥性肺炎 予防 運動&心がけるべき8か条!こんな人は要注意!

肺炎 予防

概要 肺炎とは、気道を通して侵入した細菌やウイルスなどの病原体が肺内で増殖し、炎症が引き起こされた状態です。 肺炎は呼吸器の病気の中でも比較的よくみられます。 日本の死亡原因の第3位)といわれていますが、その要因は人口の高齢化による高齢者肺炎の増加と、これによる死亡者の増加です。 肺炎はどこでかかったかによって市中肺炎と院内肺炎に大きく分けられます。 市中肺炎は自宅など日常の生活の中で発症した肺炎、院内肺炎は病院に入院後48時間以降に発症した肺炎を意味します。 また日本では、市中肺炎をさらに「細菌性肺炎」と「非定型肺炎」に分けて考えることを重要視しています。 これは、症状や身体所見、検査所見からある程度見分けることが可能で、治療に使用する薬が若干異なるためです。 原因 肺炎にかかりやすくなる要因 肺内に病原体が侵入し、増殖することが原因です。 肺炎にかかりやすくなったり治りにくくなったりする要因として下記のようなものが挙げられます。 呼吸器疾患(、後遺症、間質性肺炎など)• 心疾患• 腎疾患• 悪性腫瘍• 免疫が抑制された状態(ステロイドや免疫抑制剤、抗癌剤を使用中)• 誤嚥 飲食物や唾液が誤って気管に入ってしまう状態 など 肺炎の病原体 病原体として、市中肺炎の原因となる頻度が高い微生物は、肺炎球菌、菌、肺炎マイコプラマ、肺炎などです。 肺炎球菌とインフルエンザ菌は先に述べた細菌性肺炎の原因となる病原体で、肺炎マイコプラズマと肺炎クラミジアは非定型肺炎の原因となる病原体です。 また頻度は少ないですがウイルスも原因となる場合があります。 院内肺炎では、(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や緑膿菌などの抗菌薬が効きにくい細菌が原因になることが多くなります。 肺炎球菌、インフルエンザウイルス、レジオネラによる肺炎は重症化する場合があることが知られています。 また、免疫が抑制された状態にあると、ニューモシスチス・ジロベチ(真菌の一種)やサイトメガロウイルスといった病原体でも肺炎になることがあります。

次の

お住まいの市区町村の予防接種情報

肺炎 予防

肺炎と風邪の違い 発熱、悪寒、咳、痰など、典型的な肺炎の初期症状は、風邪とよく似ています。 よって、肺炎は「かぜをこじらせたもの」と考えられがちですが、 肺炎と風邪は違います。 風邪は「かぜ症候群」、あるいは「急性上気道炎」とも呼ばれ、主に上気道に起こる急性感染症のことです。 一方、肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体が、酸素と二酸化炭素のガスの交換を行う肺胞に感染して炎症を起こします。 肺炎でもっとも多くみられるのは、 肺炎球菌による感染で、そのほかマイコプラズマ、黄色ブドウ球菌など、多くの原因となる菌があります。 こうした細菌やウイルスには、普通の風邪薬は効かず、風邪くらいと思って油断していると、急速に悪化して呼吸困難を引き起こし、死にいたることもあるので十分な注意が必要です。 特に高齢者は症状が出にくく、なんとなく元気がない、食欲が落ちているなどの軽度の症状で、実は肺炎だったという場合もあります。 軽く考えずに、医師の診察を受けることがすすめられます。 出典: 誤嚥性肺炎 高齢者によく起こる肺炎の大部分は、 「誤嚥(ごえん)性肺炎」と呼ばれるものです。 これは、本来食道を通って胃に入るはずの食べ物や、唾、痰などが間違って気管に入り込み、その結果、病原菌もいっしょに肺に入ってしまうことで起こります。 主に、脳梗塞や脳出血などにより脳の働きが低下することで、異物が気道に入った時に、咳をして排出する反射機能が落ちます。 また、胃液などの胃内容物が食道へ逆流する 「胃食道逆流」も原因になる場合があります。 特に高齢者では食道下部の筋肉(下部食道括約筋)の機能が低下し、慢性的に胃食道逆流が起こりやすくなっています。 逆流した内容物には細菌だけでなく、酸や消化液も含んでいるので、その作用で気道の細胞や粘膜に障害を与えます。 こうして損傷した気道壁には細菌が定着しやすく、肺炎発症のリスクが高くなるのです。 肺炎を予防するには かぜや肺炎は、日常で予防策を講じていれば、ある程度予防することができます。 手洗い・うがい・口腔ケア 石けんを泡立てた後、15~20秒くらいかけて流水で洗い流すことが大切です。 また、口腔ケアの為にはブクブクと、口をゆすぐうがいで汚れを洗い流し、口腔内を清潔に保つ事で、肺炎予防の効果も高まります。 ただし、 健康な人には簡単なうがいも、高齢者では誤嚥の危険があるため注意が必要です。 口腔ケア用のスポンジやシートを使いケアを行うなど、ご本人の嚥下機能に合った方法を選びましょう。 ワクチン接種 肺炎球菌にもたくさんの種類があるため、ワクチンで全てをカバーするわけではありませんが、肺炎の原因菌として最も多い肺炎球菌に対ワクチンがあります。 このワクチン接種で、肺炎球菌による肺炎の発症を予防し、重症化を防ぐことが期待されています。 成人用肺炎球菌ワクチンの接種対象年齢について 定期接種の対象年齢 平成26(2014)年の10月より 肺炎球菌ワクチンが定期接種(B類)になりました。 65歳の方が対象となりますが、平成30(2018)年度までの経過措置として、70歳、75歳、80歳など下記の表の「定期接種」の欄に示す年齢の方も定期接種の対象となります。 各年度に各年齢になる方が対象です。 出典:厚生労働省 栄養・睡眠 栄養状態が悪くなると、免疫力が落ち肺炎にかかりやすくなります。 毎日バランスよく食べるようにしましょう。 高血圧や糖尿病などで食事指導を受けている方は、その指導内容に従ってください。 睡眠も体の抵抗力(免疫力)を高めるために欠かせません。 1日平均6~8時間の質のよい睡眠をとるようにしましょう。 誤嚥対策 誤嚥を防ぐため、ご本人に合った食事内容・食事方法を知っておくことが重要です。 言語聴覚士や歯科医など、定期的に専門医の診察を受け、飲み込みの状態 嚥下 むし歯、歯周病の状況を診て、全身状態、 口腔内の状況に合った適切な食事方法や、 口腔清掃のアドバイスをしてもらうことをお勧めします。 また、 胃食道逆流を防ぐために、食後2時間くらいは横にならず、座った姿勢を保つことも重要です。 さらに、誤嚥するのは食事時だけではありません。 口腔内やのどに多くの細菌やウイルスが存在する状態を放置しておくと、 夜間睡眠中などに起こる誤嚥によって肺炎にかかるリスクが高くなります。 ですから、いつも口の中をきれいにしておくこと(口腔ケア)が大切です。 口腔ケアによって、口腔内の細菌やウイルスを減らしましょう。 ブラッシングそのものが口腔内の神経を刺激して、嚥下反射・咳反射を改善します。 口腔ケアは毎食後だけでなく、 寝る前にもすると効果的です。 肺炎患者の約7割が75歳以上の高齢者。 また、高齢者の肺炎のうち、7割以上が誤嚥性肺炎と報告されています。 誤嚥を防ぐことが、高齢者の肺炎予防にはとても重要です。 次回は、 誤嚥を防ぐために、飲み込む機能 嚥下 の改善・維持をする方法について、詳しくご紹介します。 いいケアネットでは、全て無料で、老人ホーム選びのご相談を承りお手伝いをさせていただ きます。 お電話で、あるいは から、または からお問合せください。 親切丁寧にご入居までサポート致します。 第2回在宅医療及び医療・介護連携に関するWG資料• 2020. 11 有料老人ホーム・介護施設を探す コンプレックスを招きがちな「膿栓」。 口臭の原因として考えられていることもあり、「できればすぐに除去したい!」と悩む方が少なくありません。 実際、膿栓のにおいは非常に強く、「臭い玉... 2020. 11 有料老人ホーム・介護施設を探す 親に仕送りしたいけれど、贈与になってしまわないか気になる…といった不安を抱えている方は少なくありません。 親の生活を援助したいから、と仕送りを検討するものの、贈与税の支払い義務がか... 2020. 11 有料老人ホーム・介護施設を探す 近年、ひっそりと希望者が増えている「介護脱毛」。 将来を見据え、40代で検討する方が増えてきています。 脱毛といえば美容脱毛のイメージが強いのですが、介護を目的とした脱毛も徐々に認知さ... 2020. 11 有料老人ホーム・介護施設を探す 舌を出して鏡で見てみると、苔のようなものが見えることはありませんか?それは、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。 細菌や粘膜が剥がれたもの、食べかすなどによるもので、白っぽい... 2020. 17 有料老人ホーム・介護施設を探す 元気なうちにやっておくべきことのひとつとして「終活」をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。 最近では「エンディングノート」を書く人が増えています。 具体的にどの... 2020. 17 有料老人ホーム・介護施設を探す 老人ホームや高齢者向け住宅を利用する際、確認しておきたいのが「住民票や住所変更をどうするか」ということではないでしょうか。 入居にあたって住民票を移す必要はあるのか、どのように手... 2020. 17 有料老人ホーム・介護施設を探す 自身が、また家族が年齢を重ねてきたとき、自宅での生活が難しくなれば施設での生活を考えることもあるのではないでしょうか。 一方で、老人ホームに入るタイミングや条件のいい施設を探し出... 2019. 25 有料老人ホーム・介護施設を探す 寒くなってくると、リスクが高まってしまう「ヒートショック」。 ある日突然、誰にでも起きる可能性があるため、日頃から予防しておく必要があります。 ヒートショックの原因から対処法ま... 2019. 25 有料老人ホーム・介護施設を探す 介護をしていると、床ずれの痛みを訴えられる機会もあるのではないでしょうか。 また、現在は床ずれの症状が出ていない場合でも、いつ症状が見られはじめるかはわかりません。 今すぐはじ... 2019. 25 有料老人ホーム・介護施設を探す 介護が必要になったとき必ず用意しなければならない介護ベッドですが、種類が多いことからどれを選べばいいのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。 今回は、介護ベッドを購入す... 2019. 06 有料老人ホーム・介護施設を探す 高齢になるにつれ、だんだんと咀しゃくが難しくなり、「食事を楽しめない」「美味しく感じられない」「食事がストレス」といった悩みを抱える方は増えるものです。 食べ物を噛む力は加齢ととも... 2019. 06 有料老人ホーム・介護施設を探す 「最近親の物忘れがひどくなってきた…」「家族が認知症になったらどうしたらいいの?」など、不安を抱えている方はいらっしゃいませんか? 実は、高齢者の物忘れや認知症対策として活用できる、便... 2019. 06 有料老人ホーム・介護施設を探す 高齢社会と叫ばれて久しい現代。 高齢者が増加傾向にあり、将来は人口の3分の1以上が65歳以上となるといわれていることもあり、介護をはじめとした福祉関連に注目が集まっています。 そんな中、... 2019. 28 有料老人ホーム・介護施設を探す 福祉用具の貸与(レンタル)は、介護保険を利用すれば1〜3割の負担額で済みます。 ただし、介護度によってレンタルの対象となる福祉用具が異なります。 また、レンタルと購入が区別されている用具... 2019. 28 有料老人ホーム・介護施設を探す 特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホームの大きな違いは、社会福祉法人などが運営する「公的施設」か、企業が運営する「民間施設」になります。 その他にも費用、サービス面、入居待機者の...

次の

肺炎になるとどうなるの?

肺炎 予防

高齢者の増加にともない、肺炎にかかる方が多くなっています。 肺炎といえば、一般に「風邪をこじらせたりしたときに、起こりやすい病気」と思われがちです。 たしかに、発熱、悪寒、咳、痰など、典型的な初期症状は風邪とよく似ています。 しかし、 肺炎は風邪とは違って、からだの抵抗力 体力や免疫力 が低下したときに、細菌やウイルスに感染することによって起こる病気です。 こうした細菌やウイルスには、普通の風邪薬は効かないので、風邪くらいと思って油断して放置していると、急速に悪化して呼吸困難を引き起こし、死にいたることもあるので十分な注意が必要です。 肺炎が増えている背景には、高齢者の増加のほか、などの生活習慣病や呼吸器、心臓、腎臓などの病気をもつ方が多いこと、また膠原病や慢性関節リウマチなどの治療で、ステロイド薬や免疫抑制薬などを服用している方も多いことなどが、指摘されています。 これらの持病や薬は、抵抗力を低下させることがあり、肺炎のリスクが高くなるからです。 それだけに、高齢者はもちろんですが、生活習慣病が増える中年期から、肺炎の予防に関する知識や生活習慣を、しっかり身に付けておくことが大切だといえるでしょう。 注意したい高齢者の肺炎 肺炎による死亡者の96. その理由として、高齢になるほど体力も免疫力も少しずつ低下するため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすいこと。 また、さまざまな持病のある方が多いため、感染症にかかると重症化しやすいことが指摘されています。 それに加えて肺炎の場合には、高齢者独特の特徴がいくつかみられます。 その1つは、高齢者には、肺炎の典型的な症状が出にくいという点です。 高熱、悪寒、咳と痰、胸痛などがあまりみられず、ただなんとなくだるい 倦怠感 といった程度の症状にすぎないことも少なくありません。 そのため発見されたときには、すでに重症化しているケースが多いのです。 こうした高齢者の特徴を、本人はもちろんですが家族も知っておき、軽い風邪のような症状であっても、長引くときは早めに受診し、肺炎を起こしていないかどうかの検査を受けることが大切です。 高齢者にみられるもう1つの特徴は、誤嚥 ごえん によるものです。 高齢になると、飲み込む機能が低下するため、食べ物や飲み物が食道ではなく気管に入ってしまい、むせることが多くなります。 そのとき、飲食物や唾液などに含まれている細菌が気管から肺に入り込むと、肺炎を発症しやすくなります 誤嚥性肺炎。 誤嚥を防ぐためには、次のことを心がけましょう。 1 ゆっくり食事をすること。 2 少量ずつ口に入れること。 3 良い姿勢で食事をすること。 4 食べながら喋らないこと。 また、高齢の方は、インフルエンザから肺炎を引き起こすことも多いので、インフルエンザ・ワクチンなどの予防接種を、きちんと受けておくことも大切です。 保険適用外ですが、自治体によっては公費補助もあります。 肺炎球菌ワクチンでも、肺炎の発症を完全に防ぐことはできませんが、仮に肺炎になっても、重症化を防ぐ効果があるとされています。 中年期から気をつけたいこと 肺炎で亡くなる方は、65歳以上の高齢者に多いものの、肺炎そのものは子どもや若い世代にもみられます。 とくに注意したいのは、中年期 30歳代~50歳代 の方々です。 中年期には、さまざまな生活習慣病やその予備軍の人が増えてきますが、きちんと治療を受けていない方が少なくありません。 肺炎と糖尿病は、あまり関係がなさそうに思えるかもしれませんが、 血糖値の高い状態が続くと、細菌やウイルスの侵入を防ぐ好中球 白血球の成分 の機能が低下し、免疫機能全体もうまく機能しなくなります。 そのため、肺炎をはじめとした感染症にかかりやすく、また、重症化しやすいことが分かっています。 さらに、感染症にかかると、血糖値がより上昇するという、悪循環に陥りやすいことも指摘されています。 同様に、肺炎のリスクを高める病気に、心不全、腎不全、肝硬変、 などがあります。 こうした持病のある方や、検査などで予備軍とされたことのある方は、放置せずに、医師による適切な治療や生活指導を受けることが、肺炎の予防につながります。 また、中年期は仕事や家事に忙しい時期でもあるため、慢性的な睡眠不足や不規則な食生活になりがちです。 疲労の蓄積や栄養の偏りが続くと、気づかないうちにからだの抵抗力が低下し、風邪やインフルエンザから肺炎を引き起こす可能性も高くなります。 自分の生活習慣を時々見直して、自分に不足しているものを自覚し、昼寝で睡眠不足を補ったり、生野菜やジュースでビタミン類を多めにとるなどの工夫をしてみましょう。 肺炎の予防のために 肺炎は、手遅れになると怖い病気ですが、その一方で、日常生活のちょっとした注意で予防することもできます。 次のことを、ふだんから心がけるようにしましょう。 1 からだの抵抗力を高めるからだの抵抗力を高める• ただし、激しい運動は、逆に免疫力を低下させるので、無理はしないように気をつけましょう。 食生活を見直す たとえば、免疫活性を高める食品として知られる、ビタミンCを多く含む果物や野菜のほか、キノコ、ヨーグルトなどを食事にとり入れましょう。 便秘をすると、免疫細胞の働きが低下するので、便秘しないように心がけましょう。 よく笑う 笑うと、NK細胞などが活性化され、免疫力が高まることが知られています。 軽い笑いでも、効果があるとされています。 2 細菌やウイルスの侵入を防ぐ• 外出時にはマスクを着用する とくに、風邪やインフルエンザの流行時には、マスクは必携です。 鼻の上からアゴまでを覆う、隙間のないマスクを選ぶことが大切です。 手洗いを励行する 外出から帰宅したときだけでなく、仕事や家事のあとなどにも手を洗う習慣をもちましょう。 肺炎の予防には、石鹸で洗うよりも、アルコール消毒薬が効果的です。 ポンプ式のアルコール消毒薬が、使いやすく便利です。 うがいをする 帰宅時だけでなく、食事のあとや歯磨き時にも、うがいをしてノドの雑菌などを排除しましょう。 口の中を清潔にする 歯磨きやマウスウォッシュで、口の中をいつも清潔に保ちましょう。 とくに高齢者は、睡眠中の咳などで唾液を飲みこむとき、細菌が入りやすいので、就寝前の口腔ケアはしっかりと。 禁煙する タバコを喫っていると、ノドが荒れるだけでなく、線毛による排出機能がにぶくなり、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。 とくに一度禁煙した人が、また喫いだすと、急性の肺炎を起こしやすいとされているので注意しましょう。 このほか、前章で紹介したように、持病の治療や管理をしっかり行うこと。 また、睡眠不足や食事の偏りに気をつけることも忘れずに。 関連商品•

次の