スナップ エンドウ 茹で か た。 スナップエンドウの食べ方と茹で方 レンジでもOK?冷凍はできる?

スナップエンドウ(スナックエンドウ)の栄養や食べ方は?さやえんどうとの違いも解説

スナップ エンドウ 茹で か た

スナップエンドウには筋がある。 サヤの大きなスナップエンドウはこの筋もかたく、取らずに調理すると非常に口当たりの悪い食感を残してしまうことになるので、調理前にしっかりと取り除いておくのが基本となる。 筋の取り方としてはまずヘタの部分を折り、そこからおしりの方へ向かって筋をゆっくりとひいて取り除いていく。 さらに反対側にも筋がついているため、こちらも再びヘタ側からゆっくりと取り除いていこう。 ちなみに筋取りをしている最中に筋がちぎれてしまうこともあると思うが、これはおしりの方から筋を取ろうとしているときにおこりやすい。 なぜならスナップエンドウの筋はヘタ側の方が太く、おしりに行くにしたがって細くなっているためだ。 そのため、筋を取るときは常にヘタ側から取り除くことを意識しておくとよいだろう。 スナップエンドウといえば茹でることによって鮮やかな色味とほのかな甘さを楽しめるのが魅力。 しかし、スナップエンドウのうまみや栄養分を逃さずに楽しむためには茹で時間や茹で方には気を付けたいところだ。 ここではスナップエンドウを茹でる際に気を付けたい点を挙げておこう。 まず筋取りしたスナップエンドウを用意するかたわらで、たっぷりのお湯を沸かしておこう。 十分に沸騰させたお湯をたっぷり用意しておくのがポイントだ。 なぜならスナップエンドウに対して湯が少ないと、投入したさいに温度が下がってしまうからだ。 これによって火の通りにムラが出てしまうのを防ぐためだ。 また、スプーン一杯分ほどの塩を加えておくのもポイント。 これによって茹でている最中にスナップエンドウに塩味がしみこみ、食べたときにスナップエンドウの甘みを引き立ててくれる。 スナップエンドウのビタミンの一部は熱に弱い上、食感もなくなってしまうので必要以上に火が通らないように気を付けたい。 茹であがったらザルなどの容器にあげて手早く冷ます。 出来れば水などを使わず、うちわなどであおいだりして冷ましていきたい。

次の

スナップエンドウの保存方法、冷凍や冷蔵庫で保存期間は?栄養豊富で新鮮さが大事!

スナップ エンドウ 茹で か た

スナップエンドウの保存方法 もともとスナックえんどうと呼ばれていたのが 名前が統一され、「スナップエンドウ」となったのですが、その名前の由来はポキッと折れる音が英語で「snap」ということから命名されています。 そのままでも他の食材と合わせても調理しやすいスナップエンドウ。 ちょっと彩りがほしいときやもう一品付け加えたいなという時にあると重宝します。 そんなスナップエンドウは冷蔵庫で常備できるでしょうか。 あるいは冷凍庫での保存は?それぞれの保存方法を見てみましょう。 スナップエンドウの常温での保存は? スナップエンドウは 鮮度が落ちるのが早い野菜です。 特にスナップエンドウが旬を迎える 4月~6月頃は、少しずつ温度や湿度が上がってくる時期ですよね。 ですので、常温での保存は 避けるのが望ましいです。 乾燥を防ぐために ビニール袋に入れて、野菜室で保存しましょう。 ビニール袋に入れる前に 新聞紙で包んで保存するのもおすすめです。 保存と言っても傷むのが早く持つ日にちは短いいので、 1日~2日で使い切ってしまうのがベストですよ。 茹でたあと冷蔵庫で保存も可能です。 保存期間は1,2日ですが、傷むのも早いので早めに食べてしまいましょう。 そら豆もスナップエンドウと同じように傷むのがとっても早いのをご存知ですか?そら豆の保存は、こちらをご覧ください。 冷凍保存には、下処理をして茹でたあと 保存します。 生で冷凍すると皮の食感が悪く、 味が落ちるのでおすすめしません。 使用する場合は 流水や熱湯などで解凍してから使います。 保存期間は およそ1ヶ月ほど可能です。 冷凍してもスナップエンドウ同士は くっつかないので、彩りに少し欲しい時やお弁当に使いたい時に重宝しますよ。 ちなみに冷凍保存をするのであれば、買ってきてすぐの 新鮮なうちに処理するのがベターです。 スナップエンドウの詳しい下ごしらえや筋の取り方、茹で方やゆで時間などの調理法はこちらもご覧ください。 では、主な栄養素の効果効能を見てみましょう。 また、 免疫力を高めて風邪を予防し、ストレスを緩和する働きもあります。 他にも、体内に摂り込んだ コラーゲンの合成を助け、肌にハリをもたらしたり、メラニンの生成を抑制し シミやそばかすを予防するので美肌効果が期待できます。 また、 脳や神経系の働きを助けたり、 皮膚や粘膜の新陳代謝を促し、健康に維持してくれます。 ビタミンB1が不足すると 脚気という病気になってしまいます。 また、皮膚や髪、爪などの細胞の再生を促す アンチエイジング効果や、 目の疲れを緩和する作用もあります。 脂溶性ビタミンであるビタミンKは 油とともに摂取すると吸収率が上がります。 高血圧や動脈硬化の改善や防止など、 生活習慣病の予防に効果的です。 暗いところでの目の働きを助ける 夜盲症予防効果があります。 ビタミンAの働きとしては、 粘膜の保護や 皮膚の健康維持・新陳代謝の促進などがあります。 また怪我などで出血した際に血を固める 血液凝固作用や神経を鎮め イライラを緩和する効果もあります。 カルシウムは日本人には不足しがちな栄養素のひとつでもあります。 更には 高血圧も予防してくれます。 また、 筋肉の働きを活性化する効果もあります。 腸内環境を改善し、 便通を促すデトックス効果があります。 まさに 美容と健康に欠かせない栄養素が盛り沢山ですね。 ちなみにこれだけの栄養素が詰まっているにもかかわらずカロリーは 100gあたり40kcal程と低カロリーなんですよ。 ダイエット中のおやつにもぴったりですね。 腸内環境を整えて便秘を解消する煮小豆もおすすめです。 煮小豆の作り方はこちらをご覧ください。 その美味しさも栄養も逃さずに食べるためにも、上手に保存して使い切りましょう。 スポンサーリンク•

次の

スナップエンドウのゆで方、ゆで時間は?筋の取り方、レンジでは?しわしわを防ぐには?

スナップ エンドウ 茹で か た

しばらく使う予定の無い余ったスナップエンドウは冷凍保存するのがよいだろう。 その場合は一度お湯でゆでてから保存する。 たっぷりのお湯に塩を加え解凍後水っぽくならないように脱水効果を狙うとともに保存性も高める。 スナップエンドウを沸いた湯に入れて20秒ほど湯をくぐらせたらすぐにザルにあげる。 流水を使うと水っぽくなるため、水を使わずにうちわなどで仰いで粗熱をとり、キッチンペーパーで水をしっかりふき取ろう。 ここで水が残っていると解凍したときに水っぽくなるだけでなく、保存性も悪くなってしまう。 これはブンチングと呼ばれる工程で、野菜を冷凍するさいに一度7割方火をとおしておくことで、野菜についている微生物や酵素の活動を止めて保存性を高めることができるためだ。 あとはフリーザーバックなどにいれ空気を抜いて冷凍庫で保存する。 およそ一か月程度は保存することが可能だ。 電子レンジで下処理しても良い 一度湯通しして冷凍したスナップエンドウは生のまま冷凍したものと比べると、解凍後も比較的違和感なく使用できる。 さすがに解凍して手を加えずそのままで使おうと思うと、生のものよりも食感は劣ってしまうが、例えばマヨネーズなどにつけて食べればさほど気にならないだろう。 触感に違和感を持つという方は冷凍のまま煮物や炒め物に使うと良い。 ほとんど火は通っているので、どちらかというと加熱によって解凍するというイメージだ。 仕上げに彩りのために加えるだけでも料理の完成度がぐっとあがるだろう。 冷凍したスナップエンドウのメリットは手軽さにある。 すでにブランチングによって下処理が済んでいる状態のまま保存していることになるので、使いたい時、思い立った時にさっとフリーザーバックから取り出して料理に加えることが出来るのだ。 これが生だといちいち湯通しをしなければならないことになる。 手軽にスナップエンドウを取り入れるのであれば冷凍保存は意外と便利な選択肢なのだ。

次の