あい みょん 真夏 の 夜 の 匂い が する。 8th Single「真夏の夜の匂いがする」|あいみょん OFFICIAL SITE

images.tinydeal.com

あい みょん 真夏 の 夜 の 匂い が する

MCを務めたミュージックヒーローの番組がきっかけで、あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました。 収録後すぐにライブに行かせていただき、生ライブの素晴らしさとファンの皆さんの愛の熱量や距離感を知り、私自身あいみょんさんのファンになって良かったと感じました。 目の前であいみょんさんが弾き語りで唄ってくださった主題歌は、ドラマに本当にピッタリの、ワクワクする素敵な曲でした! あいみょんさん、ありがとうございます!!!主題歌の力をめいっぱいお借りして、面白いドラマをお届けしたいと思います。 5月17日 金 Zepp Sapporo〈HY〉• 5月24日 金 Zepp Nagoya〈マカロニえんぴつ〉• 5月25日 土 Zepp Nagoya〈木村カエラ〉• 5月31日 金 Zepp Osaka BaySide〈My Hair is Bad〉• 6月1日 土 Zepp Osaka BaySide〈竹原ピストル〉• 6月9日 日 Zepp Fukuoka〈ORANGE RANGE〉• 6月14日 金 Zepp Tokyo〈amazarashi〉• 6月22日 土 Sendai PIT〈平井堅〉• 6月23日 日 Sendai PIT〈石崎ひゅーい〉 「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」•

次の

Heaven?ドラマ主題歌はあいみょんの「真夏の夜の匂いがする」!歌詞や発売日情報!

あい みょん 真夏 の 夜 の 匂い が する

Billboard JAPAN Hot100 アーティストランキング「TOP ARTISTS」にて2019年上半期の首位を獲得。 同世代の子たちからレジェンドに至るまで、様々な音楽の暦と、年齢と、ジャンルの人たちと一緒にやれて、今の自分やからこそこういう人たちと一緒にできるんかなって思うと、これまでやってきたこと間違ってなかったなって思いました。 平井堅さんとか、HYさんとか、ああいう人たちへの憧れで私は出来上がっているので、まさか自分のツアーに出てくれるなんて思ってもなかったですし、夢のあることをやってるんやなって。 自らのアーティスト活動の一方で、2019年の上半期は他のアーティストへの楽曲提供もこれまで以上に活発だった。 「生理」というテーマに挑んだこの曲は、タブーを作らない、エッジーな作家性を改めて印象付けた。 マイナスもプラスも、いろんな反応があるのが面白いし、それが音楽の、芸術の醍醐味だと思うから、そういうものを作れたのは嬉しいです。 もしかしたら「菅田くんにこんな歌を歌わせるなんて」って思った人もいるかもしれないけど、私が作詞作曲するからには「NGはナシでお願いします」くらいの感じなので、それをあっちから「出したい」って言ってくれたのはありがたかったです。 ~ご苦楽レストラン~』の主題歌。 石原演じる主人公・黒須仮名子のハチャメチャなキャラクターをインスピレーション源に、「クセになる」をテーマとした楽曲は、ストレンジなサウンドメイキングの序盤から、ヘヴィなロックへと変化するBメロを経て、サビでポップに開ける展開が実にスリリング。 コメディタッチの物語を鮮やかに彩る一曲となっている。 いただいた台本がめっちゃ面白くて、「エンディングでかかるときにこういう始まり方がいいな」って、すぐにイメージが湧きました。 主人公が変な人なので、曲も変な曲にしたくて、メロディーがコロコロ変わる、異質な感じになりましたね。 3曲が1曲になったみたいな感じで、2Aとかは歌い方も変わるし、多重人格っぽい。 でも、ただ変なことをやるのって簡単で、極論ずっと下ネタを言ってれば変な曲にはなりますけど、そういうことじゃないわけで。 ちゃんと内容がありつつ、でも違和感を覚える。 それを音で表すのはすごく大変な作業で、締め切りギリギリまで、往生際の悪い制作でした(笑)。 しかし、〈真夏の夜の匂いがする 絵の具のソレと同じ香り〉〈天国か地獄か 分からない道を行こう〉と歌う今回の曲は、また違ったタイプの「夜ソング」となっている。 季節の変わり目になると、よく「夏の匂いがする」って言うけど、具体的に何の匂いかってわからないじゃないですか? 蚊取り線香の匂いとか、プールの塩素の匂いとか、それぞれにあると思うんですけど、私にとっては絵の具のパレットの匂いなんです。 しかも、ひとしきり使って、一日置いてパリッパリになったパレットの匂いが、私にとっての夏の匂い。 ドラマの舞台になってるレストランは周りが墓地で、蒸し暑いんだけど、ちょっとひんやりとした……お化け屋敷みたいな感じっていうか。 みんなそこに迷い込んで、でもそれがクセになって、抜け出せない。 この曲もそういう曲になればなって。 これまで作り貯めてきたデモの中から初めて関口シンゴさん(サウンドプロデュース)にやりたい曲を選んでもらったんですけど、「この曲はこういうアレンジになるために生まれてきた」くらいのアレンジになりました。 sympathyっていう知り合いのバンドがいて、この曲ではとにかく〈シンパシー〉とか〈ディスティニー〉って言いたかったんです(笑)。 でも、「~らしい」の意味合いにしたかったから〈テレパしい〉にしました。 今の私は「マリーゴールドの人」で、それはもちろんありがたいんですけど、イメージには捉われたくないですし、基本的に飽き性なので、またどんどん変わって行きたいです。 2019年の下半期は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」や「SWEET LOVE SHOWER」といった夏フェスへの出演を経て、10月から12月にかけてはワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019 SIXTH SENSE STORY」を開催。 対バンツアーや楽曲提供での幅広い世代との交流の先で、シンガーソングライターとしての真価を発揮する機会になるはずだ。 これまでのファン層は若い女の子が中心やったけど、対バンツアーは若い男の子も増えてて、SNSとかで写真を見ると、めっちゃキュンキュンしますね。 「もしかして、バリ青春与えてるんちゃう?」って。 その子たちが来年はもう飽きてても別にいいんですよ。 「あいみょんにめっちゃハマってたよね。 黒歴史だよね」でも全然よくて(笑)。 一瞬でもあの子たちにそういう時期を与えられてるんやったら、めっちゃいいやんって思います。

次の

あいみょん 真夏の夜の匂いがする 歌詞

あい みょん 真夏 の 夜 の 匂い が する

Billboard JAPAN Hot100 アーティストランキング「TOP ARTISTS」にて2019年上半期の首位を獲得。 同世代の子たちからレジェンドに至るまで、様々な音楽の暦と、年齢と、ジャンルの人たちと一緒にやれて、今の自分やからこそこういう人たちと一緒にできるんかなって思うと、これまでやってきたこと間違ってなかったなって思いました。 平井堅さんとか、HYさんとか、ああいう人たちへの憧れで私は出来上がっているので、まさか自分のツアーに出てくれるなんて思ってもなかったですし、夢のあることをやってるんやなって。 自らのアーティスト活動の一方で、2019年の上半期は他のアーティストへの楽曲提供もこれまで以上に活発だった。 「生理」というテーマに挑んだこの曲は、タブーを作らない、エッジーな作家性を改めて印象付けた。 マイナスもプラスも、いろんな反応があるのが面白いし、それが音楽の、芸術の醍醐味だと思うから、そういうものを作れたのは嬉しいです。 もしかしたら「菅田くんにこんな歌を歌わせるなんて」って思った人もいるかもしれないけど、私が作詞作曲するからには「NGはナシでお願いします」くらいの感じなので、それをあっちから「出したい」って言ってくれたのはありがたかったです。 ~ご苦楽レストラン~』の主題歌。 石原演じる主人公・黒須仮名子のハチャメチャなキャラクターをインスピレーション源に、「クセになる」をテーマとした楽曲は、ストレンジなサウンドメイキングの序盤から、ヘヴィなロックへと変化するBメロを経て、サビでポップに開ける展開が実にスリリング。 コメディタッチの物語を鮮やかに彩る一曲となっている。 いただいた台本がめっちゃ面白くて、「エンディングでかかるときにこういう始まり方がいいな」って、すぐにイメージが湧きました。 主人公が変な人なので、曲も変な曲にしたくて、メロディーがコロコロ変わる、異質な感じになりましたね。 3曲が1曲になったみたいな感じで、2Aとかは歌い方も変わるし、多重人格っぽい。 でも、ただ変なことをやるのって簡単で、極論ずっと下ネタを言ってれば変な曲にはなりますけど、そういうことじゃないわけで。 ちゃんと内容がありつつ、でも違和感を覚える。 それを音で表すのはすごく大変な作業で、締め切りギリギリまで、往生際の悪い制作でした(笑)。 しかし、〈真夏の夜の匂いがする 絵の具のソレと同じ香り〉〈天国か地獄か 分からない道を行こう〉と歌う今回の曲は、また違ったタイプの「夜ソング」となっている。 季節の変わり目になると、よく「夏の匂いがする」って言うけど、具体的に何の匂いかってわからないじゃないですか? 蚊取り線香の匂いとか、プールの塩素の匂いとか、それぞれにあると思うんですけど、私にとっては絵の具のパレットの匂いなんです。 しかも、ひとしきり使って、一日置いてパリッパリになったパレットの匂いが、私にとっての夏の匂い。 ドラマの舞台になってるレストランは周りが墓地で、蒸し暑いんだけど、ちょっとひんやりとした……お化け屋敷みたいな感じっていうか。 みんなそこに迷い込んで、でもそれがクセになって、抜け出せない。 この曲もそういう曲になればなって。 これまで作り貯めてきたデモの中から初めて関口シンゴさん(サウンドプロデュース)にやりたい曲を選んでもらったんですけど、「この曲はこういうアレンジになるために生まれてきた」くらいのアレンジになりました。 sympathyっていう知り合いのバンドがいて、この曲ではとにかく〈シンパシー〉とか〈ディスティニー〉って言いたかったんです(笑)。 でも、「~らしい」の意味合いにしたかったから〈テレパしい〉にしました。 今の私は「マリーゴールドの人」で、それはもちろんありがたいんですけど、イメージには捉われたくないですし、基本的に飽き性なので、またどんどん変わって行きたいです。 2019年の下半期は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」や「SWEET LOVE SHOWER」といった夏フェスへの出演を経て、10月から12月にかけてはワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019 SIXTH SENSE STORY」を開催。 対バンツアーや楽曲提供での幅広い世代との交流の先で、シンガーソングライターとしての真価を発揮する機会になるはずだ。 これまでのファン層は若い女の子が中心やったけど、対バンツアーは若い男の子も増えてて、SNSとかで写真を見ると、めっちゃキュンキュンしますね。 「もしかして、バリ青春与えてるんちゃう?」って。 その子たちが来年はもう飽きてても別にいいんですよ。 「あいみょんにめっちゃハマってたよね。 黒歴史だよね」でも全然よくて(笑)。 一瞬でもあの子たちにそういう時期を与えられてるんやったら、めっちゃいいやんって思います。

次の