グーグルアドセンス 収入。 グーグルアドセンス収入の目安は?アクセス数(pv)はどのくらい必要?

グーグルアドセンス収益とPVの目安【月収1~10万円までの目標別】

グーグルアドセンス 収入

今回は アドセンスで月10万円稼ぐための20のTipsをまとめてみました。 ちなみに私は4年前にアドセンスブログを始め、4年間で 337万7813円のアドセンス収入となっています。 以下はアドセンスの収益レポートです。 今は 月15〜20万円がアベレージですね。 ちなみに今は アドセンスよりも特別単価のバナーの方が稼ぎやすいので、今はほとんど掲載していません。 最近のアフィリエイト収益については以下でまとめているのでぜひ。 また、他の記事でも クリック単価・クリック率の上げ方をまとめています。 グーグルアドセンスの収入を上げるための20のTips 本記事では 「アドセンス収入が全くない!」という人に向けて、私が月20万を超えたために使った 「稼ぐためのコツ」を20コにまとめました。 ブログアフィリエイトをやっている方は必ず収益がアップすると思うので、ぜひ活用あれ! 1)記事下には絶対にアドセンスを貼れ! 最もクリック率が高いのは記事の下です。 これが基本! サイトタイトルの近くなどヘッダー付近は訪問者の目に入りやすいのですが、基本的にクリック率がかなり低いため、あまりオススメできません。 訪問者はコンテンツを見にくるので 記事を読む前に広告をクリックすることは少ないです。 実際にアドセンスのレポートを見てみても コンテンツ前にあるバナーのクリック率はかなり低めです。 記事を読み終わった後はクリック率がかなり高くなるので、まずは 記事の直後にバナーを貼って成果を出しやすくしましょう。 2)アドセンスはとにかくデカいバナーを貼れ! アドセンスで 大きなサイズのバナーを貼るメリットは2つあります。 1つは単純に サイズが大きいほどクリック率が高くなること。 そしてもう1つが 広告単価が上がるということです。 Google社員が語っていたので間違いないのですが、 「大きい広告を貼ると残り2つの広告単価も上がる傾向にある」そうです。 これだけでも クリック単価とクリック率を両方上げることが可能です。 3)アドセンスはこんな位置には絶対貼るな! アドセンスを貼ってはいけない位置として、一番ダメなのは ヘッダーの右側です。 よくタイトルロゴを左、アドセンスを右に表示しているサイトがありますが、まず人の目線が行きにくい部分ですし、データとしてクリック率も非常に低い傾向にあります。 フッター部分も非常にクリック率が低いのであまり掲載しない方がいいかも。 4)アドセンスの掲載位置はここがおすすめ! まず、アドセンスブログで稼ぐなら 1ページに3つ貼ることが前提になります。 そして、おすすめの位置が 記事の上部・記事の下部・サイドバーです。 Google Adsenseの公式でも上記の位置がおすすめされていますが、 ・自分でクリックしてはいけない ・ユーザーにクリックを促してはいけない ・広告を分かりにくくしてはいけない ・アダルトコンテンツに載せてはいけない ・パクった記事に載せてはいけない ・違法なことに関する記事はダメ ・ポップアップや追尾させてはダメ ・1ページに4つ以上のコンテンツ向け広告はダメ ・お小遣いサイト・ポイントサイトの紹介はダメ 詳細はに載っているので、ガイドラインを読んでおくと安心ですよ。 6)誤クリック狙いはトータルで損になる! よくスマホの広告で誤クリック狙いの配置を見かけますが、実はこれ、 クリック単価を大きく下げる原因になるんです。 Googleでは クリック後のCVR(成果率)も計算されているので、同じクリック数でも成果が出るサイトの方がクリック単価が高くなります。 つまり、誤クリックばかりだと成果が全く出ないので、 そのドメイン自体のクリック単価を下げられてしまうんですね。 Googleアドセンスも広告主あってのサービスなので、クリック後のことも考えて、紛らわしい部分への掲載はやめた方がいいでしょう。 7)ホットな話題はアクセスを集めやすいが、賞味期限は短い! テレビや芸能人関連のホットな話題はアクセスが集めやすく、アドセンスでの収入を一気に増やします。 しかし、キーワードの鮮度がすぐになくなってしまいますし、ブログに関係のないホットワードは成果率も低いので、 話題のキーワードは長い目で見るとあまり狙わない方がいいとも言えるでしょう。 ただ、 自分のブログジャンルに関連したホットなニュースに限っては、被リンクを稼ぐのに最適です。 ニュースをすばやく扱うためにも、関連ブログなどをRSS登録してアンテナを張っておくとよいでしょう。 8)ホットな話題を狙うなら先読みしろ! 通常、ホットな記事を書いても Googleに拾われるまで時間がかかるので、ほとんどの場合、ニュースが落ちついてからGoogleに拾われてしまいます。 そのため、 あなたのブログジャンルに関連したニュースが出そうな場合は先読みして記事で取り上げましょう。 新作映画・人気コミックの新刊情報など、先読みだけでアクセスを集めて稼いでいるアドセンスブログもたくさん存在します。 自分のジャンルのニュースを先読みすることで、ユーザーを前もって自分のブログに誘導できるでしょう。 9)狙うならどのジャンルがいいの? 単純にアドセンスブログで考えるなら クリック単価が高いジャンルを狙うのもいいでしょう。 具体的にクリック単価が高いジャンルとして、 不動産・クレジットカード・キャッシング・就職や転職サイト系・投資関連がクリック単価が高くなっています。 これらは広告主もたくさんいることが多いので成果アフィリエイトに誘導することも出来るのも大きな利点ですね。 基本的にパソコンと違ってディスプレイが狭いので、縦長や横長の広告はクリックされづらい傾向にあります。 スマホからのアクセスが多いのであれば、サイドバーには 縦長ではなく四角いサイズを使った方がいいでしょう。 11)狙うキーワードから派生するワードをリスト化しろ! 狙うキーワードをなどで決めたら、次は狙っているワードから派生するキーワードも狙いましょう。 関連キーワードはで探せるので、リスト化しておいてブログ記事を書くときに使うと効果的です。 12)キーワードは詰め込まないように2つずつ狙え! 狙うキーワードをリスト化すると、ついタイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまう人も多いです。 しかし、 キーワードの詰め込みはスパムになりやすく、ユーザーにとって良いタイトルにもなりません。 1ページにつき1つ〜2つのキーワードを狙って書いた方が結果的に上位表示しやすいですね。 検索エンジン向けに書くのではなく、 あくまで人に読みやすいタイトルをつけるのが大事です。 13)12月と3月はクリック単価が上がるよ! 実はアドセンスでは クリック単価が上がる時期があり、それが 年末の12月と 年度末の3月です。 12月と3月は広告代理店の予算が最後に使われるのと、Googleの営業ノルマもこの時期で追い込むため、クリック単価が高い傾向にあります。 この時期は何もしなくても若干、収入が増えることが多いので覚えておくと混乱しませんね。 14)Googleアドセンスで稼ぐにはPVを増やすこと! クリック単価は基本的には大きく上げることができないので、アドセンスの収入は PV数と クリック率で決まります。 クリック率を上げるのにも限度があるので、アドセンスで稼ぐには とにかくPVを稼ぐしかありません。 100クリックされれば単価30円で3000円の収入になるので、 月間30万PVで月9万円の収入を稼ぐことが可能です。 コンテンツの数と被リンクを稼ぐことが基本ではありますが、記事の下に 「関連コンテンツ」を表示したり、 サイドバーに人気ページを掲載するなどで、1ユーザーあたりのPV数を稼ぐのも大事です。 15)初心者ははてなブログかWordpressがおすすめ! アドセンスブログを作るなら、なるべく有料のブログサービスやレンタルサーバーを使いましょう。 無料の場合は アドセンスの掲載が禁止の場合が多いですし、そもそもサービス側の広告が表示されていることも多いです。 WordPressであれば アドセンスを特定の位置に貼ってくれるプラグインもありますし、PVを増やすための 関連記事を表示するプラグインなども充実しています。 はてなブログであればWordpressよりも簡単にブログを作ることができますし、有料アカウントを1つ持てば 10サイトまで作ることが出来るのでオススメ。 16)アドセンス狩りはこう予防しろ! たくさん稼いでいるとアドセンス狩りに合う可能性も上がるので対策をまとめておきます。 アドセンス狩りとは同一IPからクリックをくり返すことで、Google Adsense側に不正クリックだと思わせてアカウントを抹消させることです。 ただ、今ではすぐにアカウント停止にはなりませんし、もあるので、不自然なクリックがあったら報告してしまえばOKです。 ちなみに予防策として 「サイトの認証」で「特定のサイトだけに広告を表示する」にしておくのも大事です。 アダルトサイトや掲示板に広告タグを貼られても非表示にすることができますよ。 詳しくは以下の記事でもまとめているのでぜひ。 17)アドセンスアカウントが停止したらこう対処しろ! もし、あなたのアドセンスアカウントが停止されてしまったら、まずは原因を考えましょう。 ・自分でクリックを繰り返していないか ・アドセンス狩りにあっていないか ・不適切なページにアドセンスを載せていないか ・誤クリックを狙うような位置にアドセンスを載せていないか ・クリックを促すような文言を入れてないか 上記で掲載した違反項目を確認してから、原因を取り除き、もう大丈夫だと確信できたら Googleで再審査をお願いしましょう。 あまりに悪質な場合を除けば、アカウント停止は免れますのでしっかりとガイドラインに沿ったブログ作りを心がけましょう。 18)アドセンスの平均クリック率はどれくらい? アドセンスの平均クリック率はアドセンスのみで稼いでいるブログの場合は 0. 成果広告メインで、サブとしてアドセンスを使っている人は0. 2〜0. アドセンスブログをやるのならば 最低でも1. 0〜1. クリック率の上げ方はこちらでまとめています。 19)アドセンスの平均クリック単価ってどれくらい? 単価についてはジャンルによって大きく変わり、パソコンとモバイルでもクリック単価が変わってくるので一概には言えません。 ただ、平均では1クリックあたり35円となっており、 パソコンでは1クリック40円・モバイルでは平均30円となっています。 モバイルの場合はバナーサイズの大きい広告が表示できないため、単価もサイズと比例して下がるようになっています。 クリック単価の上げ方についてはこちら。 20)月10万円稼ぐためにどれくらいの記事数がいるの? これはジャンルにも記事のクオリティにもよるので難しいのですが、私の場合、新規ブログを作って 5記事のみで月4万円まで到達したこともあります。 うまくバズると少ない記事でも稼ぐことは可能ですが、通常はロングテールコンテンツを増やしていき、 100記事以上はないと多くの人は月10万円に到達しないでしょう。 闇雲に記事数を増やしても効率が悪いので、 有益かつロングテールの記事を書いていくことをオススメします。 結局、ユーザーに役立つコンテンツこそ、最短の道ですので。 以上、アドセンスで稼ぐための20のTipsまとめでした! ブログアフィリエイターの方はこれらの方法だけでも、収益をグっと増やすことが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。

次の

グーグルアドセンス収入の目安は?アクセス数(pv)はどのくらい必要?

グーグルアドセンス 収入

Googleアドセンス広告の種類を知りたい• 広告別の収益効果を知りたい• Googleアドセンスの最適な広告配置場所を知りたい• 一番稼げる広告タイプを知りたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました。 なぜなら実際に 上記の内容 を実践したことで、このwebサイト(ブログカレッジ)はアドセンス広告のみで月15万以上を稼げるようになったからです。 ブログ初心者でも下記の内容を実践すれば今まで以上にGoogleアドセンスで稼げるようになるので、じっくり読み込んでください。 Google広告の流れ• ブロガー 上記の流れを頭の中に入れておきましょうね。 Googleアドセンス広告の報酬タイプは2つ! アドセンスの報酬タイプは クリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と 閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。 ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、 一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれているのです。 たまに、クリックが発生していないのに「1円」だけ入っていることありませんか? インプレッション単価は1日1円〜3円ほど発生することがあるのです。 その他、「アクティブビューのインプレッション単価」や「エンゲージメント単価」がありますが、雀の涙ほどの金額なので特にきにする必要はないでしょう。 気になる方はググってみてください。 【Googleアドセンス広告の種類】基本用語2つを覚えよう! ここからは Googleアドセンスの広告種類7つを解説していきます。 まず、前提として広告業界でよく使われる用語の 「レスポンシブ広告」と「ネイティブ広告」 から覚えます! この2種類は具体的な広告フォーマットではなく掲載方法の概念です。 アドセンスの広告フォーマットの中にこの2種類の概念が多く使われるので、最初に覚えておきた方が良いでしょう。 Googleアドセンス広告の種類1:レスポンシブ広告 レスポンシブ広告とは、 ユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的にカスタマイしてくれる表示タイプで、Googleアドセンスでも取り入れています。 モバイル画面の時でも、「縦向き」と「横向き」ぞれぞれの場合で広告サイズを自動的に変えてくれ流のです。 Googleアドセンス広告の種類2:ネイティブ広告 ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、 ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした表示タイプです。 レスポンシブ広告の共有事項として、「広告」というラベルが表示されます。 Googleアドセンス広告の「広告タイプ」は大きく2つ アドセンスの広告タイプは主に「広告ユニット」と「自動広告」の2タイプがあります。 Googleアドセンスの広告タイプ1:自動広告 自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告。 サイト内に自動で設置してくれる広告で、記事下やサイドに手動でコードを貼り付ける手間を無くしてくれる、初心者の方におすすめです! バナー広告や全画面広告といったレスポンシブ広告対応された広告を簡単に設定できます。 ディスプレイ広告 モバイル全画面広告 自動広告についてもっと詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 Googleアドセンスの広告タイプ2:広告ユニット 広告ユニットはGoogleアドセンスに用いられる広告のこと。 「サイトの好きな場所に好きな広告」を設置することが可能です。 配置場所や広告タイプを工夫するだけで収益がグンっと伸びる、アドセンス運営にて欠かせない重要な広告でしょう。 あとで紹介しますが広告ユニットを細かく分けると 4つの広告タイプが存在します。 Googleアドセンスの広告ユニットは4種類! 広告タイプを説明する前に、基本的な広告ユニットの設定手順を解説します。 テキスト広告とディスプレイ広告の違いは? テキスト広告:タイトル、テキスト、URLからなる文字ベースの広告 ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告 以下がディスプレイ広告のサンプルです。 テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信しよう テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信することをおすすめします。 なぜなら、 Google公式が推奨しているためです。 ディスプレイ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。 そのため、テキスト広告とディスプレイ広告を両方表示するよう設定すると、サイトに掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。 これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。 引用元: 主に「記事上」「サイド」「記事下」に設置するときに使用 テキスト広告とディスプレイ広告の使用例として、「記事上」「サイド」「記事下」に広告を設置したいときに活用されますよ。 また、 を表示させたいときもテキスト広告とディスプレイ広告が活躍します! 広告サイズで「長方形」の「レクタングル(大)」を選択するだけ。 あとは記事下にアドセンスコードを仕込むだけです。 ちなみに設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> リンク広告も活用しよう! リンク広告はぜひ活用すべきです!設置してから アドセンス収益が1. 2倍ほど上がりました。 リンク広告とは 2クリックで報酬が発生する広告タイプです。 よく見るあの広告です! リンク広告の特徴は、以下2点です! リンク広告の特徴は2つ!• 2クリック目で報酬が発生する。 誤クリックが減るためCPCが高い。 1クリックではなく2クリック目で報酬が発生する点がデメリットですが、 その分ユーザーの誤ったクリックが減るということなのでCPCが上がる傾向にあるのです。 実際にリンク広告を設置したら、CPCが他の広告よりも高くなっていることが分かりました! 広告リンクの設置方法 広告サイズで「リンク広告」の「レスポンシブリンク」を選択。 サイトカラーに合わせてオリジナルのリンク広告を作成してみましょう。 リンク広告の設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> Googleアドセンス広告の種類4:関連コンテンツ 関連コンテンツは 記事下の関連記事(RECOMMEND)内に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。 以下の画像が具体例です。 クリック率が比較的高く、ぜひ取り入れておきたい広告タイプの1つ。 モバイル最適化が可能なレスポンシブサイズを推奨します。 注意点として、関連コンテンツは100記事近く 書き上げると自動的に広告ユニット内に表示され可能性が高まります。 詳しい内容は『 』に目を通しましょう。 カスタマイズを成功させれば上手に周囲に溶け込ませることができクリック率が上がる広告タイプです。 Googleアドセンス広告の種類6:記事内広告 記事内広告は 記事内の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告です。 アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。 記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数が高いのが特徴。 この配置でおすすめな広告タイプなのが レスポンシブのリンク広告 です。 なぜならCPCが比較的高く、デザイン的にもタイトル下に馴染みやすいからです。 ただ読者が最後まで読んでもらうよう、 離脱率の要因となる大量の広告を貼らないこと をおすすめします。 稼ぎやすい広告の配置場所2:目次上 目次上も記事タイトル下と同様、読者の目に留まりやすいため、表示回数、クリック数ともに高い傾向にあります。 目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感がないため レスポンシブの記事内広告や 固定のダブルレクタングルが最適です。 稼ぎやすい広告の配置場所3:記事下 記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。 なぜなら読者が記事を読み終えたら、次の行動を起こそうとするからです。 おすすめの広告は 固定のダブルレクタングルや 関連コンテンツ。 特に関連コンテンツは、 他のおすすめ記事に自然に溶け込んでくれるので、クリックされやすいのが特徴です。 CPCが高い!Googleアドセンス広告は大きいサイズのバナー! CPCが最も高い広告はバナー広告!サイズが大きくなればなるほど単価も上がる傾向にあります。 理由は、広告サイズが大きいほどクリック率いため、広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCも多く支払われるためです。 実際にブログカレッジにおいても、一番CPCが高い広告がダブルレクタングルになっています。 他は50円前後なのですが、ダブルレクタングルのみ平均100円を超えているのです! 一番稼げるGoogleアドセンス広告は「目次上の記事内広告」 3つの手順• 記事内広告を選んでコードを取得します。 functions. phpにウィジェット内の「目次上」を表示させるコードを記述。 詳しい設定手順は以下を参考にしてみてください。 実際に僕がアドバイザーとして運営しているブログには広告にラベル表示させてないのですが、Googleからは何も言われていません。

次の

グーグルアドセンスの収入が300万円越えたので「稼ぐための20の方法」を公開します。

グーグルアドセンス 収入

ぼくは妻と力を合わせて夫婦でグーグルアドセンスを実践しています。 それぞれの金額の箇所に、夫婦が達成した期間、ぼくが単体で達成した期間も記載していますのでそちらも参考にしてください。 また、最近のグーグルアドセンスは、審査が厳しいので、グーグルアドセンスを取り組み出しているけど審査にまだ通っていないという人も多いですね。 ブログ開設初期の頃は、アクセスがほとんど集まりません。 WordPressであれば、ブログ開設2ヶ月は、ほとんどアクセスが集まらないと思っておいたほうがいいです。 この段階で、グーグルアドセンスは稼げないと勘違いしてしまい、諦めてしまう人も多いです。 下手にPVをきにするのではなく、コツコツと記事を更新していきましょう。 1日の報酬が300円とかですね。 真面目にコツコツ作業をしている人であれば、誰でも達成可能なゾーンになります。 月5万円の壁をクリアすると、脱初心者という感じになります。 副業収入としては十分立派な数字だと思います。 また、トレンドブログで月5万円を稼ぐことができれば、次の段階に進んでもいいとは思います。 また、グーグルアドセンスで月5万円以上かせげるようになってくると、関連コンテンツユニットがのせれるようになってくるケースがあります。 関連コンテンツユニットがつくだけで、月7万円くらい稼げていれば、いっきに月10万円ちかくまで報酬があがる場合があります。 つまり、アドセンスを実践している人で、5人に1人しか月10万円の壁はこえることができていないのです。 十分才能ありの部類だと自信を持っていいのではないかと思います。 月10万円以上かせぐことができれば、できるだけサイトを増やしていく作業をしていきましょう。 1つのサイトを永遠と強くしていくのも1つの手ではありますが、アルゴリズムの変動などもありますので、ならべくサイトのコンセプトを変えて、サイトを増やしていくことによりリスク対策ができます。 また、セキュリティー対策やバックアップ、サイトのSSL化なども意識していくようにしましょう。 ここまで来れば、続けていけばどんどん報酬は伸びていきます。 トレンドブログで、禁止コンテンツに当てはまっている記事を書いている人は非常に危険です。 報酬があがるということは、それを失ったときのショックは非常に大きいものになります。 この段階では、サイトを増やす、セキュリティーを強めるというのはもちろんですが、ポリシー違反を受けない。 またグーグルのアルゴリズムの変動をならべく受けにくいサイトを意識して考えるようにしましょう。 つまり、他の人では中々真似ができないようなサイトというのはどういうものなのか。 Googleのアルゴリズムの変動がおきにくいサイトというのはどういうものなのか。 そこらへんを意識して、再度Googleのアドセンスポリシーにもしっかり目を通し、Google関連のニュースなどにもアンテナをはるようにしましょう。 グーグルアドセンスで 月50万円以上稼ぐというのは、しっかりと正しいノウハウと、それを継続する力がないと達成できません。 十分ブログでご飯を食べていくことができるレベルになります。 引き続き、Googleのアルゴリズムの変動を受けにくいサイトを目指して、記事の更新をしていくと共に、違うキャッシュポイントも積極的に取り入れていきましょう。 そのサイトは、1日のアクセス数が3700万PVを超えているみたいですね。 ものすごいですよね。 そのサイトはテクノロジー系のサイトで、創設者は19歳のときに作ったみたいですね。 日本のサイトでも、トップクラスの人はおそらくものすごい額を稼いでいると思います。

次の