中国 武漢 地図。 米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る! (1/3ページ)

中国の武漢ってどこにあるの?

中国 武漢 地図

一般的には、などで仕入れた物をメルカリやヤフオク、そしてアマゾンなどで販売しているはずです。 注文から配送までをすべてオンライン上でできるため、誰でも簡単にできます。 ただし、誰でも簡単にできることは、その分、ライバルが増えやすいことでもあります。 そのため、今よりも一歩先に抜き出るためには、他とは「違う何か?」をする必要があります。 その具体例として 輸送コストの見直しがあります。 アリエクスプレスなどで商品を購入すると、多くの場合、チャイナポストなどを使って配送されることが多いです。 一つ一つや単品の購入であれば、特に問題はありませんが、何かをまとめて購入したいときは、小口輸送の分、送料がかさみます。 そこで、このような場合、海上輸送を使い、まとめて配送する方法を考えます。 海上輸送とは、LCL(コンテナ未満の貨物)や、20フィートや40フィートのコンテナなど、一度に大量の貨物を輸送することです。 一度に運ぶ量が圧倒的に多くなるため、その分、商品にかかる輸送コストがぐっと小さくなります。 そこで、この記事では、海上輸送のときに役立つ、 中国側の港の一覧をご紹介していきます。 中国は、世界の工場と言われるだけあって、製品の品質は高いと思います。 ほんの10年ほど前は、中国の商品は、粗悪の劣化コピーである!と言われていましたが、やはり時を重ねるにつれて、どんどんと品質レベルが上がっていると感じます。 他方、中国の工場は「 工場間の品質レベルの差が激しい」と嘆く人も多いです。 実際、私がお世話になっている中国人の社長さん曰く「貿易歴が長い中国人の私でさえ、工場の品質レベルを見極めるのは難しい」と言います。 中国における品質レベルが上がっていることは間違いないですが、だからと言って、全体が均一に上がっているわけではないです。 さて、話は変わりますが、中国から海上輸送するときは、当然ながら、向こうの港で船積みされます。 では、あなたが仕入れる先は、中国側のどこの港から、輸出しているのかをご存知でしょうか? 例えば、上海であれば、上海港から輸出する!ということはわかります。 しかし、内陸部にある「成都」や「重慶」「武漢」などはいかがでしょうか? これらの都市から荷物を出すときは、一体、 どこの港まで陸送した後、船に積み込まれるのでしょうか? この記事では、そのあたりのことを含めてご紹介していきたいと思います。 中国主要都市一覧 下の地図をご覧ください。 こちらは、中国の主要都市の一覧です。 貿易をする方であれば、一度は、聞かれたことがある地名ばかりだと思います。 この地図を見ると、いくつかの都市が内陸部にあることがわかります。 成都、重慶、武漢、南京などですね。 当然、これらの都市には、港がないわけですが、 一体、どのようなルートで輸送しているのでしょうか? 各都市からの輸送ルート例: 例えば、中国の内陸部でる成都、重慶などから東京向けに荷物を送るときは、次の港を経由して、海上輸送されることが多いです。 武漢や南京周辺であれば、上海発東京行の船。 一方、成都や重慶周辺であると、広州の近くにある「NANSHA」という港から出すことが多いです。 それぞれの都市からは、陸送。 その後、海上輸送に切り替えるということですね。 では、これがわかると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 輸送に関する条件の見直しを検討できます。 記事の冒頭でも申し上げた通り、中国輸入をすると、どうしても価格を追求しなければならないときがきます。 この価格を引き下げる方法としては、仕入れ先と価格の再交渉をすることと合わせて、必要であれば、新しい仕入れ先を開拓することも考えなければなりません。 仕入れ先を開拓するときは、商品自体の品質レベル、価格などを見極めることはもちろんのこと、取引先から日本までの 輸送費を考える必要があります。 例えば、 TOKYOで見積もりを欲しい!と打診すれば、中国から日本までの輸送費をすべて相手が負担する条件で仕入れられます。 後は、日本側の港以降の部分を輸入者自らが行えば、いいだけですから、の算出が簡単にできます。 ただ、CIFよりもさらにコストカットをしたければ、中国側の港でのを求めます。 例えば、成都であれば「FOB NANSHAの価格を教えてほしい」と告げます。 ただし、もうお分かりだと思いますが、 FOB NANSHAの価格は、成都から出荷する貨物は、 NANSHA 経由で輸出されることを知っていることで、初めて要求できるものです。 使う港を知っているからこそ、具体的な港名を指定して、FOB価格を要求できます。 輸出元の港を把握することで、その仕入れ先と契約したときにおけるFOB(海上輸送費)の見立てができる。 こららの輸送費や所要日数などを総合的に考えて、どちらの仕入れ先が自社にとって輸送上、有利なのかを判断できます。 参考:中国における各都市と東京を海上輸送するときのフレイトの一例 中国の各都市の一覧と、東京港まで輸送するときの海上運賃例をご紹介します。 (参考情報)この他、サーチャージや日本側でかかる諸経費などがオンされます。 また、この逆で、取扱量により、もう少し安い場合もあります。 前提する条件により、大きく異なるため、あくまで参考程度にお願いします。 都市名 港 最寄りの港 20フィート 40フィート 上海 Shanghai 540ドル 840ドル 青島 Qingdao 天津 Tianjin 深圳 SEHENZHEN 大連 Dalian 寧波 Ningbo 南京 SHANGHAI 重慶 NANSHA 武漢 SHANGHAI 成都 NANSHA 広州 NANSHA まとめ• 中国における代表的な都市をご紹介しています。 内陸部にある都市は、沿岸部の港まで陸送後、海上輸送されます。 内陸部にある都市の貨物は、どこの港から輸出されるのかを把握します。

次の

米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る!:イザ!

中国 武漢 地図

湖北省の東部に位置し、長江とその支流・漢江が合流する場所に武漢の街があります。 北から北東は黄岡市、東は鄂州市、南東の一部で黄石市、南は威寧市、南西は仙桃市、西から北西は孝感市と接しています。 武漢市の下位行政区画は、13市轄区で構成されています。 市轄区は漢口の江岸区・江漢区・礄口区、漢陽の漢陽区、武昌の武昌区・洪山区・青山区、郊外的地域の黄陂区・東西湖区・蔡甸区・漢南区・江夏区・新洲区です。 総人口(副省級市全体) 10,607,700人(2015年現在)、市区人口 7,980,000人(2018年現在)で、湖北省では 最も人口の多い都市です。 武漢の観光名所としては、黄鶴楼公園(武昌区、黄鶴楼(こうかくろう)は武漢のランドマーク的な建物(楼閣)、中国4大名楼(江南三大名楼)の一つ、最初の塔は三国時代の223年に呉の孫権によって建築(物見櫓)、その後、幾度も焼失・取壊し・再建が繰り返され、現在の楼閣は1985年6月に再建されたものです)、東湖風景区(東湖桜花園、東湖磨山、東湖緑道)、黄陂木蘭文化生態旅遊区(雲霧山景区、木蘭天池、木蘭草原、木蘭山)、武漢革命博物館(中央農民運動講習所旧址、毛沢東旧居、中共五大開幕式旧址、起義門)、武昌首義文化旅遊区(辛亥革命武昌起義記念館、辛亥革命博物館、首義広場)、湖北省博物館、中国科学院武漢植物園、中国地質大学逸夫博物館、帰元禅寺、武漢博物館、武漢海昌極地海洋世界(水族館)、武漢科学技術館、武漢九真山、清涼寨、錦里溝、大余湾景区、農耕年華農業風情園、武漢大学(図書館、武漢大学早期建築)、宝通禅寺、長春観、古徳禅寺、中山公園 武漢 、解放公園、武漢長江大橋、亀山電視塔(亀山テレビタワー)、古琴台(伯牙琴台)、武漢動物園、漢口租界旧跡、江漢路歩行街(歩行者天国)、沿江大道と漢口江灘(揚子江バンド、漢水バンド)、漢口中山大道(漢口近代建築群、旧中央信託局漢口支局、旧中国銀行漢口支店ビル、旧大孚銀行ビル、旧漢口民衆楽園)、江漢関ビル、飲食文化街(戸部巷、吉慶街など)、武漢美術館(旧金城銀行ビル)、晴川閣、武漢歓楽谷、遊楽園(遊園地)、武昌起義軍政府旧址、八七会議会址、盤龍城遺址、武漢国民政府旧址、湖泗磁窯址群、明楚王墓、武漢農民運動講習所旧址、大智門火車站、江漢関大楼、詹天佑故居、漢口中華全国総工会旧址、無影塔、勝像宝塔、槐山磯駁岸、禹稷行宮、古徳寺、起義門、京漢鉄路総工会旧址、漢口中共中央宣伝部旧址、中共中央領導人漢口住地旧址、中国共産党第五次全国代表大会旧址、武漢中央軍事政治学校旧址、武漢中共中央機関旧址、湖北省立図書館旧址、漢口新四軍軍部旧址、八路軍武漢弁事処旧址などがあります。 武漢への交通アクセスは、飛行機では武漢天河国際空港(武汉天河国际机场、Wuhan Tianhe International Airport、中国民用航空局(CAAC)が指定する全国8大地域的中枢空港の1つ)、武漢市街中心部から空港まで車で 50分(北西へ道なりで 36km)です。 中国における武漢の位置が判る地図 武漢の地図を掲載しているWebサイトのリンク集です。 画像またはテキストをクリックすると、新しいWindow が開き、該当するWebサイトへジャンプします。 交通機関 (武漢天河国際空港) 湖北机場集団公司の公式サイト(中国語)です。 武漢地鉄集団有限公司の公式サイト(中国語)です。 現在、長江北岸にある漢口区の一号線(28. 87km)堤角駅から吴家山の一路線のみ営業しています。 掲載都市の数が多いです。 マイナーと思われる地域のホテルも大丈夫です。 HotelClubは優れたサービスと割引ホテル料金を提供し、122カ国40,000軒以上に及ぶホテルのオンライン予約を扱っています。 武漢での宿泊予定日が28日先以内なら、 最低価格保証の がおすすめです。 最終価格のホテル料金が適用され安いです。 市内地図 武漢市観光局(武漢市旅游局)の公式サイト(中国語)です。 このサイトによると武漢の観光ベスト10は、 黄鶴楼、東湖風景区、帰元禅寺、湖北省博物館、木蘭山、武漢東湖海洋世界、中山公園、武漢動物園、武漢植物園、木蘭清涼寨 黄鶴楼の公式サイト(日本語)です。 日本語版にはたいした情報がありません。 詳しい情報はを参照して下さい。 黄鶴楼は、江北三大名楼の一つに数えられています。 他の二つは、滕王閣(南昌市)と岳陽楼(岳陽市)です。 三国時代(3世紀前半)に創建され、現在の楼は清代の建物をモデルに1981年に再建されたものです。 住所:湖北省武漢市武昌区西山坡特1号 辛亥革命博物館の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市武昌区武珞路1号 武漢博物館の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市漢口青年路373号 武漢市東湖生態旅游風景区の公式サイト(中国語)です。 都市にある湖としては、中国最大です。 毛沢東が長く住んだことで知られる場所です。 武漢東湖海洋世界の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市武昌区東湖梨園広場東側 中山公園の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市漢口区解放大道1265号 武漢動物園の公式サイト(中国語)です。 「遊覧説明」をクリックすると園内地図と小さな周辺地図があります。 住所:湖北省武漢市漢陽区動物園路特1号 中国科学院 武漢植物園の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市武昌区磨山 武漢科学技術館の公式サイト(中国語)です。 住所:湖北省武漢市漢口越家条104号 湖北省における武漢の位置が判る地図.

次の

中国の武漢ってどこにあるの?

中国 武漢 地図

一般的には、などで仕入れた物をメルカリやヤフオク、そしてアマゾンなどで販売しているはずです。 注文から配送までをすべてオンライン上でできるため、誰でも簡単にできます。 ただし、誰でも簡単にできることは、その分、ライバルが増えやすいことでもあります。 そのため、今よりも一歩先に抜き出るためには、他とは「違う何か?」をする必要があります。 その具体例として 輸送コストの見直しがあります。 アリエクスプレスなどで商品を購入すると、多くの場合、チャイナポストなどを使って配送されることが多いです。 一つ一つや単品の購入であれば、特に問題はありませんが、何かをまとめて購入したいときは、小口輸送の分、送料がかさみます。 そこで、このような場合、海上輸送を使い、まとめて配送する方法を考えます。 海上輸送とは、LCL(コンテナ未満の貨物)や、20フィートや40フィートのコンテナなど、一度に大量の貨物を輸送することです。 一度に運ぶ量が圧倒的に多くなるため、その分、商品にかかる輸送コストがぐっと小さくなります。 そこで、この記事では、海上輸送のときに役立つ、 中国側の港の一覧をご紹介していきます。 中国は、世界の工場と言われるだけあって、製品の品質は高いと思います。 ほんの10年ほど前は、中国の商品は、粗悪の劣化コピーである!と言われていましたが、やはり時を重ねるにつれて、どんどんと品質レベルが上がっていると感じます。 他方、中国の工場は「 工場間の品質レベルの差が激しい」と嘆く人も多いです。 実際、私がお世話になっている中国人の社長さん曰く「貿易歴が長い中国人の私でさえ、工場の品質レベルを見極めるのは難しい」と言います。 中国における品質レベルが上がっていることは間違いないですが、だからと言って、全体が均一に上がっているわけではないです。 さて、話は変わりますが、中国から海上輸送するときは、当然ながら、向こうの港で船積みされます。 では、あなたが仕入れる先は、中国側のどこの港から、輸出しているのかをご存知でしょうか? 例えば、上海であれば、上海港から輸出する!ということはわかります。 しかし、内陸部にある「成都」や「重慶」「武漢」などはいかがでしょうか? これらの都市から荷物を出すときは、一体、 どこの港まで陸送した後、船に積み込まれるのでしょうか? この記事では、そのあたりのことを含めてご紹介していきたいと思います。 中国主要都市一覧 下の地図をご覧ください。 こちらは、中国の主要都市の一覧です。 貿易をする方であれば、一度は、聞かれたことがある地名ばかりだと思います。 この地図を見ると、いくつかの都市が内陸部にあることがわかります。 成都、重慶、武漢、南京などですね。 当然、これらの都市には、港がないわけですが、 一体、どのようなルートで輸送しているのでしょうか? 各都市からの輸送ルート例: 例えば、中国の内陸部でる成都、重慶などから東京向けに荷物を送るときは、次の港を経由して、海上輸送されることが多いです。 武漢や南京周辺であれば、上海発東京行の船。 一方、成都や重慶周辺であると、広州の近くにある「NANSHA」という港から出すことが多いです。 それぞれの都市からは、陸送。 その後、海上輸送に切り替えるということですね。 では、これがわかると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 輸送に関する条件の見直しを検討できます。 記事の冒頭でも申し上げた通り、中国輸入をすると、どうしても価格を追求しなければならないときがきます。 この価格を引き下げる方法としては、仕入れ先と価格の再交渉をすることと合わせて、必要であれば、新しい仕入れ先を開拓することも考えなければなりません。 仕入れ先を開拓するときは、商品自体の品質レベル、価格などを見極めることはもちろんのこと、取引先から日本までの 輸送費を考える必要があります。 例えば、 TOKYOで見積もりを欲しい!と打診すれば、中国から日本までの輸送費をすべて相手が負担する条件で仕入れられます。 後は、日本側の港以降の部分を輸入者自らが行えば、いいだけですから、の算出が簡単にできます。 ただ、CIFよりもさらにコストカットをしたければ、中国側の港でのを求めます。 例えば、成都であれば「FOB NANSHAの価格を教えてほしい」と告げます。 ただし、もうお分かりだと思いますが、 FOB NANSHAの価格は、成都から出荷する貨物は、 NANSHA 経由で輸出されることを知っていることで、初めて要求できるものです。 使う港を知っているからこそ、具体的な港名を指定して、FOB価格を要求できます。 輸出元の港を把握することで、その仕入れ先と契約したときにおけるFOB(海上輸送費)の見立てができる。 こららの輸送費や所要日数などを総合的に考えて、どちらの仕入れ先が自社にとって輸送上、有利なのかを判断できます。 参考:中国における各都市と東京を海上輸送するときのフレイトの一例 中国の各都市の一覧と、東京港まで輸送するときの海上運賃例をご紹介します。 (参考情報)この他、サーチャージや日本側でかかる諸経費などがオンされます。 また、この逆で、取扱量により、もう少し安い場合もあります。 前提する条件により、大きく異なるため、あくまで参考程度にお願いします。 都市名 港 最寄りの港 20フィート 40フィート 上海 Shanghai 540ドル 840ドル 青島 Qingdao 天津 Tianjin 深圳 SEHENZHEN 大連 Dalian 寧波 Ningbo 南京 SHANGHAI 重慶 NANSHA 武漢 SHANGHAI 成都 NANSHA 広州 NANSHA まとめ• 中国における代表的な都市をご紹介しています。 内陸部にある都市は、沿岸部の港まで陸送後、海上輸送されます。 内陸部にある都市の貨物は、どこの港から輸出されるのかを把握します。

次の