良品計画 株価掲示板。 株式情報

無印良品に行ったついでに良品計画(7453)株の業績と株価分析をしてみました!

良品計画 株価掲示板

今日は休日を利用して妻と 無印良品に行ってきました。 ちょうど友人から無印良品で使える割引券をもらったので、出産に向けたベビー用品をお得に買おうという狙いです。 真剣にマタニティー服を選ぶ妻… 学生時代は全く興味のなかった無印良品なんですが、社会人になり30歳になった頃から段々と落ち着いた無印良品の商品に惹かれるようになり、去年くらいから家具や洋服は結構無印で買ってます。 これも大人になって落ち着いたということでしょうか。 無印良品の商品は、「激安!」という感じでは無いですが、比較的リーズナブルで品質もそこそこ良いのが良いですよね。 また、無難なデザインも気に入っています。 今日はせっかく無印良品に来たので、無印良品を運営する 「良品計画 7453 」の株分析をしてみようと思います。 良品計画の事業 西友の事業部が独立。 『無印良品』ブランドで衣料、雑貨、食品など卸・小売り。 中国ほか海外多数 四季報より引用 結構知らない方も多いかもしれませんが、良品計画はもともとは西友の1事業部だったものが独立した企業です。 良品生活のメイン事業はやはり無印良品ブランドでの衣料や雑貨、食品の企画と販売なのですが、特に 海外での販売に力を入れており、欧米にも出店していますが、特に中国での出店数の多さが目立ちます。 中国ではそのブランドもかなり浸透しているようで、中国に出張に行くと、空港内の店舗を見かけることもあります。 業績 全社としての業績は以下の図の通りです。 直近5年ほどは急激に売上・利益ともに伸びていることがわかります。 直近の決算である2018年2月期決算によると各セグメント毎の業績だと以下の通りです。 【全社】 売上 :3,795億円(+13. 9%) 営業利益:452億円(+18. 8%) 営業利益:285億円(+30. 4%) 営業利益 :168億円(+2. 5%) その他にも欧州やオセアニアなどの事業部もありますが、規模は日本国内と東アジア(中国)の事業に比べると圧倒的に小さいので割愛します。 規模が大きく好調な 国内事業の影響で2017年度は二桁の増益となっています。 一方で、東アジア事業は売上は大きく伸びていますが、利益は思ったほど伸びていない様子です。 東アジア事業の既存店売上の推移も公開されており、以下のように前年比で100%超となっており、売上は伸びていることがわかります。 つまり、 既存店の売上が伸びているのに利益がさほど伸びておらず、 利益率が低下していることが推測されます。 中期計画 良品計画の中期事業計画を見てみましょう。 こちらは2018年3月期決算時の説明会資料からの引用です。 中期事業計画を見ると、やはり 中国 東アジア での出店計画が積極的ですね。 2015年度から2020年度までの5年間で店舗数を倍以上にする計画となっています。 2017年度は国内はほとんど店舗数が増えていませんし、店舗拡大に関しては頭打ちなのかもしれません。 また、売上・営業利益はともに 2017年度現在の水準からおよそ1. 5倍程度の計画となっています。 残り3年で1. 5倍ですから、年率で約15%の成長が必要になってきますが、これまでの実績からするとそれほどアグレッシブな内容では無さそうであり、現実的な印象です。 今後の成長性 今回、私が良品計画を調べる前は先述したように中国でも無印良品ブランドは確立して、増収増益を繰り返しているのだと思っていました。 しかし、実際は2017年度の 海外事業は利益をほとんど成長させていません。 急速な店舗拡大に伴う出店費用がかさんでいることで利益が出ていない可能性もありますが、先述の通り、海外の既存店舗の売上は前年比で伸びています。 つまり、利益率が落ちている可能性が高く、中国での無印良品ブランドに陰りが出てきているのかもしれません。 色々調べてみると以下のような記事が出ています。 つまり、これまで日本品質で高価格ブランドとして中国を始めとした海外での展開をすることで成功してきた良品計画ですが、現在は類似商品がより安く販売されるようになったことで、差別化が困難になっているとのこと。 「もともと無印良品は『安くて質が高い』ことを売りにしていたが、中国市場に進出した際には、『高くて質が高い』になってしまったとにある」と分析。 しかし、いまでは無印良品に似たブランドが次々に出現。 より引用 確かに日本での無印良品は 「高級ブランド」というよりも「手頃な価格で高品質なブランド」のイメージのほうがしっくりきます。 中国で販売されているような、日本価格よりも数割高い価格だと手を出しにくいでしょうね。 もし、無印良品ブランドが消費者に響かなくなっているのだとすれば、方針として 店舗拡大による数の勝負ということになるので、利益率はますます落ちてしまうことになります。 とはいっても、全セグメントで最大規模の日本国内事業は現在も二桁成長が出来ており、「手頃な価格で高品質」というブランドイメージは国内では上手く回っていますから、急速に現在の業績から落ち込むリスクは少ないでしょう。 中国事業での利益率を如何に改善できるか• 日本国内で店舗拡大せずに売上を伸ばすことができるか 現在株価 現在の株価は去年からの上昇相場にのって順調に伸びています。 また、年始にあった市場の暴落に対してもかなりの下値の強さを見せています。 予想PERは約32倍となっており、直近の成長率や中期計画で目標としている成長率、さらには現在の置かれている海外事業での状況を考えると、割高な印象が正直なところです。 また、 良品計画は株価が35,000円以上であり、最低限必要な投資額が個人投資家には大きいのがきついですね…。 お試しで購入しようにも、 400万円近い現金が必要になりますので、躊躇してしまいます。 私はそこまでキャッシュにゆとりもありませんし、現在の株価の水準でしたら手は出せないですね。。。

次の

(株)良品計画【7453】:株式/株価

良品計画 株価掲示板

良品計画グループは、自社ブランド商品である「無印良品」及び「MUJI」の販売を主たる業務とする。 事業内容同社は、地域別に国内事業、東アジア事業、欧米事業及び西南アジア・オセアニア事業の4つのセグメントを通じて事業を展開する。 国内事業は、商品の販売及び供給、飲食販売及びキャンプ場の運営、住宅販売及び物流加工などを行う。 海外事業は、主に商品の販売を行う。 同社はまた、ライセンスドストアと称する「無印良品」及び「MUJI」を専ら販売する店舗を運営する取引先への供給も行う。 しかし直近は新型コ…• 良品計画 無印良品 の株価下落。 今後の株価と配当金はどうなるか。 株価チャート・配当推移を分析【745…• 長期でも株価は下落して推移しています。 2020年6月には良品計画と提携し無印良品の取り扱いを始めています。 果たしてローソンの株価と配当は今後どうなるのか。 6月は巣ごもり需要から売上は好調だったが、今後、旅行、レジャー、イベント等の他セクションにも全体の消費が向いた時ど… 約16時間前 NTsns1 コロナ時代に良品計画【7453】の株を弄んでる。 1300円台で買い1500円以上で売るを永遠に繰り返してる。 小さな利益の積み重ね。 たけやん自由化計画 約18時間前 bobatta3 無印の株買おうか悩んでいたので凄く参考になりました!しばらく静観で決めた。 【無印良品】優良企業・良品計画(7453)は赤字で株価下落!買い時到来か?! 2020年07月15日 12時37分 seigo77 7453 良品計画 7751 キヤノン 8194 ライフコーポ 2020年07月15日 06時51分 Kajii555 【無印良品】優良企業・良品計画(7453)は赤字で株価下落!買い時到来か?! おさいふプラスより。 なかなか今も状態では買えませんね。 商品はシンプルで好きなんですが。。。 2020年07月15日 01時07分 sozjoiihgggc 【グラフ分析】ニトリ、無印、ヴィレヴァン「明暗」を分けた理由 良品計画 7453 の6月の月次売上高は既存店109. 5%、全店舗112. 0%と好調。 2020年8月期予想は営業収益1745億円、営業利益20億円の赤字。 決算開けということもあり日経は上げているが下げている株です。 出来高を伴った下げなのでトレンド転換点とも見れるので明日上げるなら様子見、下げるなら引き続きショートでデイで攻めます 2020年07月13日 23時28分 fightforlibert3 前週末に発表した決算が嫌気され、良品計画(7453)や技研製(6289)が続落したほか、新興市場ではサンバイオ(M4592)やリプロセル(JQ4978)などのバイオ株が冴えなかった。 個別では、国内証券が投資判断を引き下げたVテクノロジー(7717)が3営業日続落。 2020年07月13日 21時20分 mirucat4 【決算説明】良品計画 7453)米国無印良品が倒産!日本の無印良品はどうなる? 2020年07月13日 19時16分 kabumap 良品計画 7453 の米国子会社がチャプター11申請予定というのは既に報道されていますが、その続報が入りました。 新型コロナウィルスの拡散による影響が決定的だったようです。 2020年07月13日 16時00分 ponchumama 7453 良品計画 やっぱり週末のPTSが底値? 数日かけてジリジリ下がっていくパターンもあり得る。 その後ヨコヨコ。 アメリカ子会社の「MUJI U. 」の破産がどう見られているのか。 方向感覚出るまではしばらく様子見ですねえ~。 東証1部の売買代金は2兆4590億円。 8% ・良品計画 7453 :米子会社が破産法11条の適用申請、新型コロナ影響 3-5月純損失41. 2億円、店舗閉鎖で国内・欧米事業赤字 2020年07月13日 08時57分 GWRb79AyzfWyj3F クレディスイス 良品計画(7453)アウトパフォーム継続 リストラによる赤字削減が大きく前進する点で同社株にとってポジティブな内容と。 もしよければご覧ください。 良品計画 7453 は10日終値1371円 PBR1. 77倍。 PBR0. 2020年07月11日 11時28分 offcbeen 良品計画、米の子会社破綻 世界戦略コロナで試練:日本経済新聞 日経会社情報DIGITAL 結局は中国での生産が問題だと思うね。 引き続き応援したいけど暫く駄目だわな。

次の

良品計画(7453)株価予想と仕手株,2ch掲示板【無印良品.衣服.家具雑貨関連銘柄】

良品計画 株価掲示板

【2020. (金)にアップデートした記事です】 良品計画は、無印良品というブランド名で衣料や雑貨・食品を展開している卸売、小売を行っている企業です。 日本のほか中国などの海外にも多数店舗を保持しています。 その良品計画の業務に影を指すようなニュースが出ています。 特に、今年の1月10日の2019年2月期の営業益の下方修正を皮切りに1月23日の中国需要の低下による影響、1月30日のファミリマートでの無印良品の取り扱い終了というニュースが軒並み出てきました。 そして、そのニュースの真実を裏付けるかのように良品計画の株価も大きく落ち込んでいます。 今回、2019年1月18日の23,000円の株価から4月には28,000円をつけましたが4月10日の決算発表後大きく値段を下げました。 株価の推移と現状、そして2019年4月10日から2020年1月の決算について書いていきたいと思います。 2017年末からの推移について 2017年はじめから 2018年 6月まで順調に株価を上げ続けていました。 2017年はじめには 22,000円前後で推移していました。 そして、 2018年 6月 18日には 4万円超の株価を記録しました。 その後株価が下げはじめましたがこの下げの環境には日経平均全体の下げと同タイミングでもありました。 つまり、業績などのファンダメンタル面での下げというよりは相場全体の地合いが悪くなったことで株式の売り圧力が強くなったことによる下げ、つまり短期的な下げが考えられました。 日経平均は今年に入り少しづつではありますが回復しています。 しかし、良品計画は多少の上げ下げはあるものの下げが続いている状況で 2月 4日の段階では 27,000円ほど、 3割ほど株価を下げている現状です。 業績やニュースから見られる下落要因について 連結の業績は 2014年 2月から 2018年 2月間での連結決算では売り上げから純利益までのいずれの項目も前年同期比よりもプラス、もちろん黒字を続けています。 そして、業績予想についても 2019年と 2020年の連結もすべてプラス、そして配当についても毎年増配を続けています。 これだけのプラス要因ばかりの銘柄ではありますが、いや、優良銘柄だからこその下げ要因もあります。 それは上昇期待が裏切られたとき、いわゆる失望売りが考えられます。 それは、好業績だからこそ下方修正時に起こる株価暴落が激しいのです。 株価は業績などのファンダメンタル要因のほかに相場参加者である投資家達による株式売買によっても相場は上下します。 短期的にはむしろテクニカル面での変動のほうが影響が大きいといえるでしょう。 当初、短期的な下げと思われていた株価ですがさすがに 1割以上下げていくことによるインパクトは大きく売りが売りを呼ぶ状態ではありますが、それが長期化するにはやはり業績にダメージを与えるようなマイナス材料が考えられます。 今回出ているニュースでは業績の下方修正です。 2019年 2月の営業利益を 500億としていたのを 30億円下げた 470億円にしたというのです。 このニュースの影響単純な数字だけではなく下方修正の原因にもあります。 というのは国内の営業不振に夜だけではなく中国の景気減速による影響にも言及していたからです。 さらに追い討ちをかけたのがファミリーマートでの無印良品の販売の終了です。 このニュースにより業績下方修正という知らせに対してより現実味を帯びた結果になり当然ながら株価も下落を続けている状況です。 2019 年 4 月 10 日発表の「 平成 31 年 2 月期連結決算」 について 2019年 4月 10日、今までの不安材料が顕現されたかのごとく決算発表がされ、その翌日から株価が大きく下げました。 26 ,000円ほどの終値から 22 ,000円台に 15%ほどの下落です。 4月 18日現在は 21,540円となっています。 さらに下げ続けているのが現状です。 これは、事前に発表された決算予想下方修正結果よりもさらに下がっていたからです。 営業利益は前期比 1. 前期比から比べてそれほどの下げではないかと思われるかもしれませんがいずれも下方修正後の予想 営業利益 470億円、経常利益 473億円 よりも下がっているのが大きく価格を下げている要因といえるでしょう。 4、2019年10月から2020年1月の価格推移 2020年に入り、日経平均も24,000円あたりを頭打ちに行ったり来たりの様相を呈しています。 良品計画は1月10日決算発表と同時に下方修正を発表しました。 さらに追い打ちをかけたのがネット通販サイトのシステムメンテナンスの再延長でした。 1月1日にメンテナンス終了すると言われていましたが再開できず、さらに1月13日に1月上旬に予定していたメンテナンス終了を1月下旬にすると発表しました。 通販サイトに占める売り上げの比率は少なくありません。 それが一時的とはいえ使えない状態が続いており、終了期間もあいまいです。 これは投資家にとってはマイナス的な意味で大きな発表だと言わざるを得ません。 これらの出来事から1月14日の暴落につながったのではないでしょうか。 株価はとどのつまり買いたい方と売りたい方の株式の約定により値段が決まります。 よって、売りよりも買いが多ければ株価は上がり売りよりも買いが少なければ株価は下がります。 今回の決算発表で本格的に市場参加者が良品計画の業績が悪化していると考えているということです。 1月10日の終値は2,628円でした。 それが翌営業日14日は特別売り気配という売りたい方が多く買いたい方がいない、あるいは少ない状態で売買が成立しない状況から始まり値段が寄り付いたのは2,128円でした。 約23%の下落です。 その後ももみ合いながら下がり1月22日の終値は2,057円です。 5、2020年1月の決算発表について 2019年10月から上げていた株価が大きく下げた1月14日。 この日の株価への営業は前営業日の決算発表が大きく関係しています。 その原因は決算の下方修正でした。 それも、ただの決算発表ではありません。 東アジア事業による情勢不安による点です。 良品計画は東アジアで大きな販売を行っております。 しかし、最近、香港、中国などで政情不安がありその影響があるということです。 これは、良品計画という1企業に対する経営問題と東アジアの政情不安によるダブルパンチです。 そして今回の下方修正ですが決して良い予想からの転落ではないのです。 もともと2020年2月の連結純利益は13%減の294億円でした。 つまり、悪い予想をしていたので市場ではこれ以上悪くはならない。 あるいは予想に反して良くなる可能性も十分考えられる状況だったのです。 これには多くの投資家の売りを誘ったことでしょう。 現に1月14日にはストップ安から始まりました。 今後の株価について 株価の節目については、市場参加者の心理的指示価格と呼ばれる価格があります。 根拠があるわけではないのですが、 2万円台の株価であれば 2万円が節目になることがあります。 これはテクニカル的な意味合いが強いのですが、いったん崩れると特に理由もなく需給バランスが崩れることがあり暴落の引き金になることがあります。 しかし、今回は良品計画の本業の利益による不振がその根底にあります。 そうなるとより大きく値が下がる可能性があります。 まとめ 株価の長期的な下落には業績による不調が背景にあります。 業績の不調は株の需給バランスが崩れたことによる下落では収まらない会社の存続にかかわる内容に発展するからです。 2019年4月10日に発表された2019年2月期の通期決算の内容は黒字ではありますがその結果は株価を下落させるには十分なインパクトがありました。 よほどのことがない限りいきなり赤字に転落するということは少ないです 企業が意図的に粉飾決算をするなりすれば別ですが。 ただ、株価が下がる要因として決算が絡んだ結果となればそれはただ需給バランスによって下げられるのではなく、正当な理由のある価格の下げということが言え、株価下落が長期化される可能性があります。 これらの状況を打開するには新たな戦略が必要になります。 2019年秋には新たにヨーロッパへの展開を予定でスイスとフィンランドに初出店を行うようです。 ヨーロッパにブランド力が浸透することで新たな活路になるかもしれません。 2020年1月14日の下げは下方修正の発表により起こりました。 原因は東アジアの情勢のほか消費税増加と物流コストの増加と言われています。 東アジアの情勢不安であれば収まることも考えられますが消費増税と物流コスト増は恒常的なものでこれからも良品計画の業績に暗い影を落とし続ける可能性があります。

次の