タブレット 比較。 iPadのメリット・デメリットとは?Androidタブレットと徹底比較!

10~12インチ タブレットの比較とおすすめ

タブレット 比較

シルバー、スペースグレイ• ProMotionテクノロジーと True Toneを採用した12. 9インチLiquid Retinaディスプレイ• セキュア認証とApple PayのためのFace ID• Neural Engineを 搭載した A12Z Bionicチップ• スマートHDRに対応した、24fps、30fpsまたは60fpsの4Kビデオが撮れる12MP広角カメラと10MP超広角カメラ• ポートレートモード、ポートレート ライティング、スマートHDRに対応した7MP TrueDepthフロントカメラ• LiDARスキャナ• Apple Pencil(第2世代)に対応• Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Bluetoothキーボードに対応• USB-Cコネクタ• シルバー、スペースグレイ• ProMotionテクノロジーと True Toneを採用した11インチLiquid Retinaディスプレイ• セキュア認証とApple PayのためのFace ID• Neural Engineを 搭載した A12Z Bionicチップ• スマートHDRに対応した、24fps、30fpsまたは60fpsの4Kビデオが撮れる12MP広角カメラと10MP超広角カメラ• ポートレートモード、ポートレート ライティング、スマートHDRに対応した7MP TrueDepthフロントカメラ• LiDARスキャナ• Apple Pencil(第2世代)に対応• Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Bluetoothキーボードに対応• USB-Cコネクタ• シルバー、スペースグレイ• ProMotionテクノロジーとTrue Toneを採用した11インチLiquid Retinaディスプレイ• セキュア認証とApple PayのためのFace ID• Neural Engineを搭載したA12X Bionicチップ• スマートHDRに対応した、30fpsまたは60fpsの4Kビデオが撮れる12MP広角カメラ• ポートレートモード、ポートレートライティング、スマートHDRに対応した7MP TrueDepthフロントカメラ• Apple Pencil(第2世代)に対応• Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Bluetoothキーボードに対応• USB-Cコネクタ• シルバー、スペースグレイ• ProMotionテクノロジーとTrue Toneを採用した12. 9インチLiquid Retinaディスプレイ• セキュア認証とApple PayのためのFace ID• Neural Engineを 搭載した A12X Bionicチップ• スマートHDRに対応した、30fpsまたは60fpsの4Kビデオが撮れる12MP広角カメラ• ポートレートモード、ポートレート ライティング、スマートHDRに対応した7MP TrueDepthフロントカメラ• Apple Pencil(第2世代)に対応• Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Bluetoothキーボードに対応• USB-Cコネクタ Apple Footer• ディスプレイは四隅が丸みを帯びています。 長方形として対角線の長さを測った場合、12. 9インチiPad Proのスクリーンのサイズは12. 9インチ、11インチiPad Proのスクリーンのサイズは11インチです。 実際の表示領域はこれより小さくなり ます。 実際に利用できる容量は仕様を下回り、多くの要素によって変わります。 標準構成では、モデルと設定に応じて、約10GBから13GBの容量(iPadOSとあらかじめインストールされたアプリを含む)がすでに使われています。 あらかじめインストールされたアプリは約4GBの容量を使用しており、削除と復元ができます。 ストレージ容量はソフトウェアのバージョンによって変わり、デバイスによって異なる場合があり ます。 サイズと重量はシステム構成と製造工程によって異なり ます。 バッテリー駆動時間は使用条件とシステム構成によって異なります。 詳しくは をご覧くだ さい。 FaceTime通話には、FaceTimeが搭載されたデバイス(発信者と受信者の両方)と Wi-Fi接続が必要です。 携帯電話ネットワークで利用できるかどうかは通信事業者のポリシーによって異なります。 携帯電話データ通信料がかかる場合があり ます。 データプランが必要です。 ギガビット級LTE、4G LTE Advanced、4G LTEは特定の国の特定の通信事業者で利用できます。 速度は論理上のスループットにもとづくもので、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。 LTE対応の詳細については通信事業者にお問い合わせください。 もあわせてご覧くだ さい。 携帯電話データプランは別途契約が必要です。 販売されるモデルは特定の携帯電話ネットワークテクノロジーに対応するように設定されています。 互換性と携帯電話データプランの利用については通信事業者にお問い合わせくだ さい。 通信事業者によってはApple SIMおよびeSIMに対応しない場合があります。 詳しくは通信事業者にお問い合わせください。 中国本土では利用できません。 eSIMテクノロジーは、11インチiPad Pro(第1世代と第2世代)、12. 9インチiPad Pro(第3世代と第4世代)、iPad Air(第3世代)、iPad(第7世代)、iPad mini(第5世代)に対応しています。 Apple SIMは、9. 7インチiPad Pro、10. 5インチiPad Pro、iPad(第5世代と第6世代)、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad mini 4に対応してい ます。 Apple Payに対応しているデバイスについては をご覧くだ さい。

次の

《2020年》おすすめタブレットを厳選! 選ぶならこの10台は外せない

タブレット 比較

選び方に知識が必要• 初心者には優しくない面がある• 自分の望むスペックをできるだけ安く手に入れることができる 8インチか10インチか タブレットのサイズには、比較的コンパクトな7〜8インチモデルと、それよりも大きい10〜12インチモデルの、大きく2種類があります。 7〜8インチタブレットは、スマホよりも1周り大きいサイズといった感覚で、片手でも扱えます。 軽量かつコンパクトなので、持ち運んで出先でサッと取り出して利用するのに向いています。 逆に10~12インチタブレットはディスプレイサイズが大きく、動画やゲームなどを家などで落ち着いて楽しむのに向いています。 外出先で気軽に取り出すことは難しいかもしれませんが、電車でも座った状態での利用であれば問題なく使えます。 コンパクトさと持ち運び重視の7〜8インチモデルか、大きなディスプレイを楽しめる10〜12インチモデルか、利用シーンや用途に合わせて選ぶと良いでしょう。 一般にタブレットには、LTE通信に対応しているセルラーモデルと、Wi-Fi接続のみのモデルがあります。 セルラーモデルとWi-Fiモデルのどちらを選ぶかは、タブレットをどのように利用するかや、価格とのバランスで決めることになりますが、おすすめはやはり、どこでも使えるセルラーモデルです。 Wi-Fiモデルの場合、外で使う際にはスマートフォンなどでテザリングするか、Wi-Fiを探して接続する必要がありますが、セルラーモデルであれば場所を問わず、サッと取り出してすぐに使用できるため、ストレスが少ないからです。 一方でセルラーモデルの方が高価格になりますので、コストとのバランスも重要です。 自宅や会社などWi-Fi環境のある場所でしか使わない場合はコストを優先してWi-Fiモデルでもいいと思いますが、ちょっとでもタブレットを外に持ち運ぶ可能性のある人には、セルラーモデルをおすすめしたいところです。 タブレット選びで必ず候補にあがるのが、iPadでしょう。 iPadは品質はいいけど高いという印象があるかもしれませんが、2018年発売のiPad(第6世代)、2019年発売のiPad(第7世代)はWi-Fiモデルなら4万円を切る価格を実現するなど、コストパフォーマンスに優れています。 iPhoneとの相性も抜群で、操作も簡単かつ品質も安定していて、画質も綺麗なRetinaディスプレイを搭載。 さらにApple Pencil(第1世代)にも対応しています。 ディスプレイの反射がやや強めだったり、チップの性能が上位モデルのiPad Proよりも劣っていたりはするものの、3Dゲームも十分にプレイできますし、ほとんどの人にとっては十分すぎるほどのスペックと言えるでしょう。 なお、もう少し予算を上げてもいいから、よりディスプレイの質やチップのスペックの高いモデルが欲しいという人は、後述するiPad Airをぜひチェックしてみてください。 こんな人におすすめ!• 2018年3月に発売された、iPad mini。 前モデルの発売から3年以上の時を経て登場した最新モデルで、iPhone XS・XRと同じA12チップが搭載されて3Dゲームも快適に楽しめるようになったほか、Apple Pencil(第1世代)にも対応。 コンパクトかつ大変魅力的なデバイスへと、アップグレードを果たしました。 性能が大きくアップしたにも関わらず、価格は前モデルからほぼ据え置きというのもうれしいポイントです。 9インチのディスプレイや外観は、よくも悪くも前モデルを踏襲しています。 気軽に持ち運べて、ちょっと大きめのスマホといった感覚で使える、絶妙のサイズ感もそのまま。 一方でスペックは大幅にアップしていて、現状の8インチクラスのタブレットの中では、イチオシと言えるモデルです。 同時期に発売された10インチクラスのiPad Airと比べると、チップは同じでもサイズが小さい分だけ価格も安いので、ハイスペックでコストパフォーマンスに優れたタブレットを求める人にも、おすすめできます。 こんな人におすすめ!• スマートフォンの出荷台数で世界第2位のAppleを追い抜くなど、勢いのあるHuaweiから発売されているタブレットが、8. 4インチのMedia Pad M5 8. 4"です。 Androidデバイスを手がけるメーカーがスマホに注力するため、相次いでタブレットから撤退する中にあって、変わらずに最新モデルを販売し続けているHuawei。 今やAndroidタブレットならHuaweiという状態に近いため、おすすめのタブレットもやはりHuaweiの製品が中心になります。 Media Pad M5 8. 4"はその名の通り8. 高速なチップセットを搭載し、ブラウジングや動画視聴はもちろん、3Dゲームなども快適に楽しむことができます。 持ち運びしやすい8インチクラスかつ、Androidタブレットを選ぶならコレ!と言える一台です。 コスパ重視でお手頃のタブレットを探している人にも、おすすめできる製品となっています。 こんな人におすすめ!• 同じHuaweiのタブレットでも、よりコストパフォーマンスに優れたシリーズが、MediaPad T5です。 1インチの最新モデルは2万円台前半というお手頃な価格で、Amazonや価格. comなどでも売上で上位にランクインする人気モデルとなっています。 MediaPad M5 Proなど、同じ10インチクラスでもハイエンドのモデルに比べると、少々ベゼルが太かったりスペックが見劣りしたりしますが、この価格でフルHDの美しいAndroidタブレットを手に入れられるのは大きな魅力。 スペックも高画質な3Dゲームをサクサク快適に……とはいかないものの、設定を落として楽しむことはできますし、何よりブラウジングや動画の視聴など、タブレットの基本的な作業はまったく問題なし。 十分快適に楽しめるレベルです。 また使用できるアプリや、利用時間を制限できるキッズモードも用意されているので、安価なタブレットを子供に買い与えたいという、お父さん、お母さんにもおすすめ。 コスパ重視でAndroidタブレットを選びたいという人は要チェックです。 こんな人におすすめ!• iPadの薄型軽量モデルが、iPad Airです。 iPhone XS・XRと同じA12チップが搭載されていて、Apple PencilやSmart Keyboardにも対応しながら、iPad Proよりも安価に抑えられたモデルです。 高いお金を払ってiPad Proを購入するほどではないけれど、高画質なゲームをプレイするなどスペックにもこだわりたいという人には、iPadを買うお金に2万円弱ほどの価格をプラスすることにはなりますが、その分の価値はあると言えるでしょう。 反面、タブレットの用途が動画の視聴やブラウジングという人にとっては、iPadの方がコストパフォーマンスに優れるので、自分が何に使う予定かで選ぶことをおすすめします。 こんな人におすすめ!• iPadの最上位モデルがiPad Proです。 ディスプレイサイズが12. 9インチと11インチの2つのモデルがあります。 最上位モデルだけあり、とにかくスペックが充実。 ベンチマークスコアでは最新のMacBook Proに匹敵する数値を叩き出すなど、通常のタブレットの仕様よりワンランク上といった感じです。 動画編集や画像編集など、重たい作業をしたいときにもぴったりと言えるでしょう。 さらにiPadシリーズの中では唯一、リフレッシュレート120Hzに対応しているので、高画質なゲームやApple Pencilなどで、より滑らかな挙動を体験することができます。 ホームボタンがなくなってさらに狭額縁になったり、Apple Pencilを側面に磁石で引っ付けて充電できるようになるなど、スマートかつ先進的なデザインもおすすめポイント。 スペックといいApple Pencilの書き心地といい、クリエイティブな作業性能にこだわる人に、ぜひおすすめしたいタブレットになっています。 価格よりも品質という人にとってのベストワンは、ダントツでこのiPad Proでしょう。 こんな人におすすめ!• ハイスペックを必要とせず、価格にこだわってできるだけ安く購入したいという人におすすめなのが、Amazon Fireタブレットです。 Androidをベースにした独自のFire OSを採用しているため、使えるアプリには制限がありますが、非常にコストパフォーマンスに優れた製品となっています。 iPadなどに比べるとスペックではさすがに見劣りしますが、動画の視聴や読書などの比較的軽い作業であれば問題なく快適に使えますし、アプリもTwitterやYouTubeなど主要どころはしっかりと押さえられています。 最大の特徴はなんと言っても、最廉価モデルで5,980円からという驚きの価格設定。 8インチのFire HD 8は8,980円から、10インチのFire HD10でも1万5,980円というのは、破格としか言いようがありません。 ゲームをしっかり楽しみたいという人にはおすすめできませんが、動画や読書など利用目的がはっきりとしてる人には、快適に使えてなおかつ、とても安価に買えるおすすめの製品と言えます。 こんな人におすすめ!• 美しいディスプレイで快適に楽しみたい• 初めて8インチクラスのタブレットを選ぶなら• 8インチクラスのタブレットで性能もコスパも• コスパ重視のAndroidタブレット• 性能とコスパをバランスよく• とにかく最高にこだわりたい• 軽い作業中心・価格にこだわりたい となります。 中でもiPad miniやiPad Air、iPad 第7世代、MediaPad T5などは、特に価格と性能のバランスが良く、より多くの人におすすめできる製品と言えそうです。 今回はおすすめのタブレットについてご紹介してきました。 それぞれに特徴がありますので、ぜひじっくり検討して、自分にあったタブレットを見つけてください。

次の

電子書籍はどのタブレットで楽しむのが良い?おすすめの電子書籍リーダー [タブレットPC] All About

タブレット 比較

<目次>• 専用端末と汎用端末 電子書籍は、Amazonの「Kindle」や楽天の「Kobo」などの専用端末を購入して楽しむものと思っているならば、これは間違いです。 iPadやAndroidタブレット、スマホ向けには、電子書籍リーダーアプリが公開されており、これを使えば、専用端末を購入しなくても電子書籍が楽しめます。 今回は、専用端末のKindleと汎用端末のiPad、Androidタブレット、Windowsタブレット、そして、大型ディスプレイを搭載するスマホを比較しつつ、それぞれで電子書籍の楽しみ方がどう変わるのかをご紹介します。 本の読み方は変わりないが「質」は違う 専用端末でも汎用端末でも、ディスプレイに映し出された文字を読む行為には、大きな違いはありません。 ただ、専用端末で使われている電子ペーパーディスプレイは、グレースケール表示ですが、紙と同じように反射光を使うので、ギラツキがなく目に優しいのが特徴で、長時間の読書でも目が疲れません。 最良の読書体験が得られる「Kindle Oasis」 タブレットやスマホのディスプレイは、高解像度化が進んでいます。 たとえば、iPad mini Retinaは、326ppi(数字が大きいほど文字がきれいに見える)で印刷物と見間違えるほどの品質を持ちます。 これならば、ディスプレイに映し出された文字のギザギザが気になることはありません。 ただし、LCD特有のギラツキ感があるので、長時間の読書は目が疲れるという方もいるはずです。 専用端末は本の購入先が限定されます。 たとえば、KindleならばAmazon、Koboならば楽天から購入し、他では購入できません。 対して汎用端末は、KindleやKoboアプリを入れれば、アプリを複数インストールして使い分けるなどの荒技もできます。 気持ち良く操作できる点では、汎用端末のタブレットやスマホが優れています。 専用端末の電子ペーパーディスプレイは、描画速度が遅く、操作していても再描画の様子が分かるものもあります。 一方のタブレットやスマホは、進化のペースが専用端末の比ではなく、最新技術が惜しみなく投入されています。 たとえば、描画速度だけではなく、周囲に合わせて、ディスプレイの色温度まで調整するのはタブレットやスマホならではです。 両方とも「読む」行為は変わりませんが、使用感や書籍の買い方など、その「質」は異なります。 読書に特化している専用端末は上質な読書体験が得られますが、よほどの本の虫でなければ、自由度やストレスなく使える点で、タブレットやスマホの方が数段優れているのでオススメです。 専用端末と汎用端末のスペック比較 具体的な違いを見るために、専用端末と汎用端末を比較します。 Kindleの最上位端末(2016年5月現在)である「Kindle Oasis」と5. 5インチディスプレイを搭載する「iPhone 6s Plus」のスペック比較を行います。 iPhone 6s Plusを選んだのは、Kindleのディスプレイサイズに近いためです。 性質の異なる端末を同列で比較するのは誤解の元ですが違いの理解を深めるためです。 4-8. 3mm 重量:192g 容量:16GB, 64GB, 126GB 通信機能:Wi-Fi、Bluetooth、4G通信 iPhoneの方が小さなディスプレイを搭載していますが、重さは200g近くになっています。 Kindleの方は、バッテリー内蔵の専用カバーを装着すると240gになり、どちらかが極端に軽いということはありません。 サイズも異なり、iPhoneが長方形、Kindleが正方形です。 Kindleの方は、持ちやすいようにグリップがあり、ここにページ送りのボタンが配置されています。 これが使いやすく良質な読書体験を提供します。 Kindle Oasis 大きな差があるのは、ディスプレイに使われている技術です。 Kindleの魅力は、上質紙のようなやさしい白さの電子ペーパーディスプレイです。 明るい場所でも紙のように読書ができるのはもちろんのこと、内蔵ライトがあるので暗い場所でも読書ができます。 また、解像度が300ppiまで高められており、印刷物とも見紛う程です。 iPhoneのディスプレイは、より高解像度できれいに文字を表示しますが、白背景で読書をすると目が疲れるので、黒背景にするなどの工夫が必要です。 Kindleには3G通信機能が付いています。 これは、Kindleストアへアクセスするための専用回線で、これ以外の用途では使えません。 この点もiPhoneとは違うところです。 選択肢が多い電子書籍リーダーアプリ Kindle OasisとiPhone 6s Plusを比較して、ディスプレイ以外に大きな差がなく、専用端末でなくても電子書籍を楽しめることをご理解いただけたはずです。 では、汎用端末で読書をする場合、どの端末がベストか検討します。 Kindleアプリで電子書籍を読んでいるところ Windowsタブレットは、他と比較すると分が悪いです。 KindleやKoboアプリは存在しますが、モダンUIを持つアプリではありません。 また、Readerアプリは、Windowsタブレット用がリリースされていません。 モダンUIを持つアプリでは、Kinoppyがストアに公開されています。 Kinoppyは、Android、iOS、Mac、Windowsと幅広く対応しているので、これから電子書籍をはじめてみようと考えている場合は有力な選択肢です。 電子書籍を『読む』には、スマホとタブレットのどちらがベストか? 最後に、読書には、どのタブレットがベストかを考えます。 まず、アプリが少なく、300ppiを超えるディスプレイ解像度を持つ機種がないWindowsタブレットは選択肢から外します。 今後に期待です。 残るは、iPadやAndroidのタブレットかスマホです。 iPadを選ぶのであれば、iPad Air2よりも取り回ししやすく、手頃な大きさのiPad mini Retinaがよい選択肢です。 マンガや雑誌の電子書籍を中心に楽しむのであれば、見開きで読める12インチのiPad Proもオススメです。 Androidタブレットを選ぶのであれば、手頃なサイズの7インチ、8インチタブレットはよい選択肢です。 たとえば「ZenPad 7. 0」はコストパフォーマンスに優れた端末です。 Androidタブレットには、さらにディスプレイが大きい「Xperia Z4 Tablet」も選べます。 「取り回しの良さを重視したい」や「大きな文字サイズで読みたい」などのこだわりがある場合は、Androidタブレットを選ぶとよいでしょう。

次の