豆の種類 さや。 「さやごと」が美味しさの秘密!旬のえんどう豆で作る土鍋豆ごはん【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

野菜情報(えんどう)

豆の種類 さや

えんどう豆は、マメ科エンドウ属の植物。 原産地は中近東から地中海沿岸とされ、古代ギリシア・ローマ時代から栽培されていた歴史ある野菜だ。 日本に伝わったのは7、8世紀頃といわれる。 栽培が始まったのは江戸時代からだ。 えんどう豆は、柔らかな若いさやを早く収穫して丸ごと食べる「さやえんどう」と、さやの中の実だけを食べる「実えんどう」の2つに分けられる。 さやえんどうはとても種類が多い。 中でもポピュラーなのが「きぬさや」で、豆が未熟で小さい。 ほかにも、さやえんどうを改良した「さとうさや」は豆を大きくし、糖分が高いのが特長。 また「スナップえんどう」はアメリカの品種。 さやは肉厚で、豆が成長してもさやごと食べられる。 一方、実えんどうは「グリーンピース」のように若い豆を食べるものと、完熟の豆を食べるものに大別される。 完熟の豆の代表といえば、みつまめや豆大福の豆としておなじみの「赤えんどう」と、煮豆のうぐいす豆になる「青えんどう」だ。 豆の色はほかにも、茶色のまだら、黄色などもあるが、お店で買えるのはほとんどが乾燥させた乾物の豆だ。 ここでは「えんどう豆」として実えんどうの若い種を食べるものを紹介する。 代表的なグリーンピースは、さやからとり出した緑色の大粒な豆で、加熱して食用にする。 独特の青臭さがあり、そのせいで子どもの頃は苦手だったという人がいるかもしれない。 そんな青臭さが気になる人におすすめなのが、和歌山県の特産品「うすいえんどう」だ。 グリーンピースを改良した「紀州うすい」という品種で、若草色のさやは皮が薄く、豆は大粒で甘味があり、青臭さが少ないのが特長だ。 主に関西地方で流通している。 珍しい品種といえば「ツタンカーメンのえんどう」。 ツタンカーメンの墓から見つかったえんどう豆の種を発芽させて、栽培用の種を作ったものだ。 さやの色は紫色だが、中の豆は緑色。 豆ごはんにする場合、炊飯してしばらく時間が経つと、ごはんが赤飯のような色に色づくのが面白い。 いずれの品種もほとんどが露地栽培されているため、採れるのは春から初夏にかけて。 旬は4月~6月頃だ。 どの品種も、豆をさやから出してしまうと急速に鮮度や味が落ちる。 使う直前に外すようにしよう。 豆を外す時は、豆を傷つけないように刃物は使わず、必ず手で。 ひげ根のある先端の筋をつまんで押し、さやの口を開いたら、指を押し当てて左右に開けば、カンタンにさやが開く。 さやから出した豆は、塩を入れた湯ですぐに下茹でを。 茹で上がってもザルにはあけず、冷めるまでそのまま置いておくと、豆にシワが寄るのを防げる。 なお、グリーンピースの青臭さは、生の野菜や雑草にも含まれるヘキサナールという香り成分によるもの。 揮発性の成分なので、苦手な人は少し長めに茹でると、臭みが軽減される。 「グリーンピース」や「うすいえんどう」も、定番の食べ方といえば、豆ごはんだ。 生の豆を入れてごはんに炊き込む方法もあるが、豆にシワが寄り、色も少し変わってしまう。 見栄えよく鮮やかに仕上げるなら、塩茹でした豆を炊きあがったごはんに加えるのがおすすめ。 煮物にするなら、同じく春が旬のタケノコなどと組み合わせてみよう。 かき揚げや、黄色と緑の色が春らしい卵とじも美味。 旬の味を楽しむなら、ポタージュスープにするのもよい。 鮮やかな色と丸い形で、料理に加えると彩りがよくなるので、塩茹でした豆はパスタやサラダなどのトッピングにも使いたい。 また、うすいえんどうは、産地の和歌山県では、さやごとオーブトースターで焼き、塩をふって食べるそうだ。 ホクホクの食感と甘味を手軽に楽しめるので、試してみては?.

次の

さやいんげん サヤインゲン

豆の種類 さや

こんにちは。 ヒューマンアカデミー中河原保育園です。 食育の日、今月の取り組みは先月に引き続き「旬の食材に触れよう」! まずはいろんなお野菜が出てくる絵本を読みました。 さやえんどうの方は、金曜日にこどもたちと一緒にスーパーに行って みんなで選んだものです。 まずはスナップエンドウ。 ぷっくりしていて緑がきれい。 においも嗅いでみました。 とがった先をぽきっと折り、そのまま静かに引いていくと筋が取れます。 中の豆をつぶさないように… 先を折り取ってしまわないように… はじめの力加減が大事です。 できたー! むずかしい顔をしているけれど、上手にできているよ。 くるるんと取れる筋。 みんなでどんどん取ります。 つぎはさやえんどう。 スナップ エンドウとちがってぺらぺら薄い形です。 同じように筋を取ります。 あっという間にできました。 この豆たちは、お昼の給食でいただきます。 さっと茹でてそのままを食べます。 (今日は園自家製パンの日でした。 ) さっき筋を取ったものがお皿の上に。 ゆでてもきれいな緑色。 みんなでおいしく食べました。 2015-05-19•

次の

豆の種類一覧

豆の種類 さや

えんどう豆は、マメ科エンドウ属の植物。 原産地は中近東から地中海沿岸とされ、古代ギリシア・ローマ時代から栽培されていた歴史ある野菜だ。 日本に伝わったのは7、8世紀頃といわれる。 栽培が始まったのは江戸時代からだ。 えんどう豆は、柔らかな若いさやを早く収穫して丸ごと食べる「さやえんどう」と、さやの中の実だけを食べる「実えんどう」の2つに分けられる。 さやえんどうはとても種類が多い。 中でもポピュラーなのが「きぬさや」で、豆が未熟で小さい。 ほかにも、さやえんどうを改良した「さとうさや」は豆を大きくし、糖分が高いのが特長。 また「スナップえんどう」はアメリカの品種。 さやは肉厚で、豆が成長してもさやごと食べられる。 一方、実えんどうは「グリーンピース」のように若い豆を食べるものと、完熟の豆を食べるものに大別される。 完熟の豆の代表といえば、みつまめや豆大福の豆としておなじみの「赤えんどう」と、煮豆のうぐいす豆になる「青えんどう」だ。 豆の色はほかにも、茶色のまだら、黄色などもあるが、お店で買えるのはほとんどが乾燥させた乾物の豆だ。 ここでは「えんどう豆」として実えんどうの若い種を食べるものを紹介する。 代表的なグリーンピースは、さやからとり出した緑色の大粒な豆で、加熱して食用にする。 独特の青臭さがあり、そのせいで子どもの頃は苦手だったという人がいるかもしれない。 そんな青臭さが気になる人におすすめなのが、和歌山県の特産品「うすいえんどう」だ。 グリーンピースを改良した「紀州うすい」という品種で、若草色のさやは皮が薄く、豆は大粒で甘味があり、青臭さが少ないのが特長だ。 主に関西地方で流通している。 珍しい品種といえば「ツタンカーメンのえんどう」。 ツタンカーメンの墓から見つかったえんどう豆の種を発芽させて、栽培用の種を作ったものだ。 さやの色は紫色だが、中の豆は緑色。 豆ごはんにする場合、炊飯してしばらく時間が経つと、ごはんが赤飯のような色に色づくのが面白い。 いずれの品種もほとんどが露地栽培されているため、採れるのは春から初夏にかけて。 旬は4月~6月頃だ。 どの品種も、豆をさやから出してしまうと急速に鮮度や味が落ちる。 使う直前に外すようにしよう。 豆を外す時は、豆を傷つけないように刃物は使わず、必ず手で。 ひげ根のある先端の筋をつまんで押し、さやの口を開いたら、指を押し当てて左右に開けば、カンタンにさやが開く。 さやから出した豆は、塩を入れた湯ですぐに下茹でを。 茹で上がってもザルにはあけず、冷めるまでそのまま置いておくと、豆にシワが寄るのを防げる。 なお、グリーンピースの青臭さは、生の野菜や雑草にも含まれるヘキサナールという香り成分によるもの。 揮発性の成分なので、苦手な人は少し長めに茹でると、臭みが軽減される。 「グリーンピース」や「うすいえんどう」も、定番の食べ方といえば、豆ごはんだ。 生の豆を入れてごはんに炊き込む方法もあるが、豆にシワが寄り、色も少し変わってしまう。 見栄えよく鮮やかに仕上げるなら、塩茹でした豆を炊きあがったごはんに加えるのがおすすめ。 煮物にするなら、同じく春が旬のタケノコなどと組み合わせてみよう。 かき揚げや、黄色と緑の色が春らしい卵とじも美味。 旬の味を楽しむなら、ポタージュスープにするのもよい。 鮮やかな色と丸い形で、料理に加えると彩りがよくなるので、塩茹でした豆はパスタやサラダなどのトッピングにも使いたい。 また、うすいえんどうは、産地の和歌山県では、さやごとオーブトースターで焼き、塩をふって食べるそうだ。 ホクホクの食感と甘味を手軽に楽しめるので、試してみては?.

次の