クリスタル クロー ドラクエ ウォーク。 【ドラクエウォーク】第5章をクリアした猛者がオススメする最強武器とは?

【ドラクエウォーク】クリスタルクローが評価される理由と性能のまとめ

クリスタル クロー ドラクエ ウォーク

目次 Contents• 強敵ダークスライムLv30の攻略・Lv27までとLv28・29・30のPT編成 ようやく強敵ダークスライムLv30をクリアできました。 今回の強敵であるダークスライムは Lv28からかなり手こずりました。 Lv27までは、 バトマス・レンジャー・魔法戦士・賢者の構成でした。 魔法戦士の「イオラ」のFBで火力の増幅を行っていました。 けれどもLv28からは回復を2人にしないと間に合わず、 魔法戦士を回復2人目にしました。 そしてLv29は賢者2人の回復にしないと 回復量が追いつきませんでした。 「さとりの杖」があれば回復1人で大丈夫でしたが、 「光のタクト」では2人必要でした。 但し、その分火力が減ってしまい、時間がかかり、 「魔法のせいすい」も5本使用しました。 そしていよいよLv30です。 と、その前に・・・。 Lv28をクリアした段階で、 先に「累計討伐P報酬」をもらうことにしました。 スライムたちの絆をあげつつ、 パラディンのレベリングもしつつ、 ダークスライムの周回をしました。 ちなみに周回レベルはダークスライムLv13でした。 パラディンのレベルはレベル38でした。 ダークスライムLv13で周回した理由ですが、 今回のダークスライムの配置が少なめで、 歩いて回る間隔が、丁度Lv13のバトル時間に適しており、 パーティーの被ダメージも少ない、事からでした。 なお、パラディンPTのレベルが40になってからは ダークスライムLv14で周回していました。 ダークスライムを倒した数は 6月2日現在で758匹(1戦で3匹)、 こころはS1・A2・B1です(渋い)。 ちなみにダークスライムのレベルが11~14辺りだと こころが落ちやすかったです。 <苦戦し始めたLv28> PT編成は、 火力レンジャー(クリスタルクロー)・ サポートレンジャー(ボルケーノウイップ)・ 魔法戦士(光のタクト)・ 賢者(光のタクト)の構成で、 魔法戦士の全体回復量は92~99程度。 イオラを攻撃した回数は2回程度、 バイシオンをかけた回数は2~3回、 最もバイシオンをかけると、 かけたレンジャーが倒されました・・。 「魔法のせいすい」もレベル28の時点で5本使用しました。 レベル27とレベル28でかなり違ってきました。 そしてレベルが上がるごとにダークスライムの素早さも 増していきます。 <最も時間を要したLv29> バトルに最も要した時間となったのがレベル29です。 PT編成は レンジャー(クリスタルクロー)・レンジャー(ボルケーノウイップ)・ 賢者(光のタクト)・賢者(光のタクト) ダークスライムの被ダメージ量も増えるので 回復量はぎりぎりでした。 バイシオンをかけないレンジャーの火力も レベル29のダークスライムには足りなくて 時間がかかり、魔法のせいすいも7本程度使用しました。 せかいじゅの葉は1枚、 天使のすずは3個使用しました。 <すぐ混乱がかかる> レベル29からは混乱にすぐにかかってしまう時と、 回避できるときがあります。 なので、序盤で複数に混乱がかかってしまった時は バトルをやり直しました。 要した時間(やり直し含む):70分程度 ダークスライムLv30攻略・真ん中から倒すこと!確かな火力役を! <レベル30の攻略> レベル30のPT編成 <バトマス> 武器:クリスタルクロー4凸 HP652・MP348・すばやさ456 (こころと心珠) メタルドラゴンS・ボーンナイトA・ キラーマシンS・ホークブリザードA イオ属性・技呪S、耐ドルマ属性A <レンジャー> 武器:ボルケーノウイップ HP624・MP381・すばやさ523 (こころと心珠) 究極エビルプリーストA・ホークブリザードS・ メタルドラゴンS・ボーンナイトA 耐ブレスS、耐ドルマ属性A <賢者> 武器:光のタクト1凸 HP607・MP570・すばやさ393 (こころと心珠) おどるほうせきS・メタルホイミンS・ ドラゴスライムS・バラモスS 耐・スライム系、耐ドルマ属性A <賢者> 武器:光のタクト1凸 HP594・MP545・すばやさ362 (こころと心珠) りゅうおうS・メタルホイミンS・ ドラゴスライムS・バラモスS 耐・スライム系、耐ドルマ属性A <レベル30のダークスライムはすばやい!!> レベル30になると、 ダークスライムのすばやさが加速します。 すばやさ523のレンジャーよりも先制しました。 <影縛り・マヌーサの効果の時間が短い> 影縛りはレベルが上がるごとに かかりにくくなっていきましたが、 レベル30になると、 影縛りの効果時間も短くなりました。 真ん中のダークスライムがとにかく早いのです。 マヌーサもせっかくかかっても、 すぐに解除してしまいます。 また、そのすばやさで攻撃の順番が狂ってきてしまい、 作戦が立てにくくなります。 <故に真ん中から倒す> 多くの有名なサイトでは、 3匹いるうち、真ん中のHPが高いので 左右から倒しましょう、とありますが、 レベル30に限って言えば、逆です。 むしろ、行動が素早く、 順番をかき乱し、 作戦を混乱させる真ん中から倒しましょう!! <混乱が複数生じたら迷わずゲームをやり直す> レベル29以降は「混乱」もよくかけられます。 混乱耐性を盛っても、「まもりのたて」と「スカラ」で ガードしてもあっさりと混乱をかけられる時は かけられてしまいます。 どうも確率でかけられやすいかかかりにくいかあるようなので、 混乱をかけられ、しかもメンバー複数でしたら 迷わず、ゲームをやり直しましょう。 <バトル序盤で続けるかやり直すか判断> レベル29では3回、レベル30では5回、 ゲームをやり直しましたが、 ゲーム序盤で、 確率で、先に進めそうな時と、 混乱複数かかる・ダークスパイク連打で あっという間にHP0が数名という 無理ゲー確定の流れがあるようです。 従って無理げー確定の時は 迷わずゲームをやり直しましょう。 <ゲーム続行を判断したら真ん中を倒す> ゲーム続行と判断したら、 最初のターゲットは真ん中です。 これはドラクエ3イベントの高難度カンダタ戦と同じです。 今回は元々、 新武器とラーミア接待でイオ属性が最弱点です。 全体攻撃武器そのものがないので、 元から単体攻撃をしていましたが、 レベル29まで左右のいずれかから倒していました。 けれども、 レベル30では違います。 523以上のすばやさを持つ真ん中から倒します。 その為には、 バトマスには常に攻撃、賢者はHP管理、 ここはレンジャーに集中砲火の役を担ってもらいます。 ゲーム序盤はパーティーの中で最もHPの低い仲間を 攻撃してくるので、レンジャーに矢面に立ってもらいます。 しかしながら、賢者もターゲットになりやすく、 賢者1人が倒された時は、 レンジャーがせかいじゅのはを使用しました。 ダークスライムが3体いるときは被ダメージ量も大きいです。 せかいじゅのしずくも使用しました。 回復が追い付かない時は特やくそうも使用しました。 真ん中を倒すまでに使用した道具は せかいじゅのは:1枚 せかいじゅのしずく:1本 特やくそう:1個 天使のすず:1個 でした。 ダークスライムの真ん中を倒すまで レンジャーは何度も倒されましたが、 賢者2人いたので 一人はザオラル、もう一人は回復(全体回復)担当でした。 なお、この間レンジャーは 「マヌーサ」 「双竜打ち」 「デュアルカッター」 「フバーハ」を使用し、 「火炎旋風」は使用しませんでした。 MP節約のためです。 賢者はスカラを切らさないようにしました。 まもりのたてはよほど余裕がある時のみでした。 バトマスとレンジャーは1段階はビックシールドは かけていました。 <真ん中を倒した後は向かって右> 真ん中を倒した後はだいぶ楽になります。 ダークスライムの攻撃も順番通りです。 けれども、すでにMPが枯渇気味です。 ゲーム第2章として、 準備を整えます。 バトマスは「ゴッドスマッシュ」「すてみ」「ビッグシールド」 レンジャーは「デュアルカッター」「双竜打ち」 「フバーハ」を使用しているため、 MPが不足気味となります。 賢者が「さとりの杖」使用であるならば、 回復役の一人は魔法戦士にして、 MPを分け与えることも出来たのですが、 あいにく「さとりの杖」がないので、 合間を見て賢者がまほうのせいすい配りです。 真ん中を倒してからクリアするまで 使用したまほうのせいすいは 8本でした。 真ん中がいないからこそ道具配りも出来たと思います。 なお、賢者はまもりのたて、 ビックシールドをかける余裕がない バトマスとレンジャーには 賢者の余裕がある時にはスカラをかけていました。 なお、真ん中を倒した後は、 バトマスが集中砲火を浴びました。 特に「すてみ」使用時に集中しました。 <最後の1体、攻撃も弱くなる> ダークスライムも残り1匹となると、 あれほど荒れ狂っていた攻撃も 弱くなります。 混乱はかかりますが、2人でなければ放置していました。 バトマスは「すてみ」「ゴッドスマッシュ」、 レンジャーは「双竜打ち」、 賢者は道具、全体回復、「スカラ」でした。 <総括> 最初の1匹を倒すまでがかなり時間がかかりますが、 まず1匹を倒せば、バトルが楽になります。 また、ゲームの流れそのものが、 運が良い場合と運が悪い場合があるので、 その判断が大切かと思います。 特効武器や特効防具が足りないと、 苦戦はしますが、 突破口が今回のダークスライムLv30にはありました。 要した時間(やり直し含む):55分 パラディン育成中!現在レベル45 現在パラディンを育成中で、レベル45まできています。 クエストは上級職推奨レベル46の第6章8話となりました。 回復もできますが単体回復のみで、回復量も少なく、 高難度の回復には今のところむいてはいません。 もう少しスキルがあると良いのですが・・ どうも武器頼みの様です。 「パラディンガード」は周回では、 高頻度で出してきますが クエストやメガモン、高難度ではまだ未知数です。 素早さも値が低いので、 攻撃というよりは正に壁役といったところでしょうか? <当たらない福引> 4月にボルケーノウイップを当てて以来、 また武器が当たらなくなりました。 クエストなども配信開始頃に比べて 武器依存になっていると感じます。 ドラクエ3イベントで 助っ人がありましたが、 武器や防具一式をふんだんに所持している勇者さんと 手持ちの武器や防具を何とか工夫している勇者さんに 分かれており、「ありがとう」の数が顕著でした。 私はゴールドパス課金ですが、 手持ちの武器や防具が少なくがゆえに 太刀打ちできないイベントが遠からず でてくることでしょう。 折角レベリングしているので、 スキルも武器依存ではなく、 パーティー仲間自身のスキルを優遇してもいいかなと思います。 <さようならグレートアックス> パラディンのスキルは グレートアックスとよく被ります。 グレートアックスは配信開始時からでた数少ない武器で とても頼れる武器でした。 しかしながら、パラディンのスキルとして組み込まれたので 活躍の場はもうないと思います。 <今後について> ますます特効武器のイベントが増えると思います。 また武器自体もグレードアップしています。 回復武器にしても 「さとりの杖」の回復量でなければ、 今後は高難度のクエストのクリアは難しくなるでしょう。 敵がレベルアップするなら、こちらにも なんらかのレベルアップアイテムがあっても良いと思います。 今は家で出来るから良いですが スマホの位置ゲームに1時間もかかるバトルは 疑問に思います。 更に課金できる金額には上限があるので、 フル装備は夢のまた夢ですね。 そのような範囲で自分がいかにして楽しめるか、 その楽しみを見つけられるかで このゲームへの 今後の関わり方が変わってくると思います。

次の

【ドラクエウォーク】試練の扉上級のランキング争いはクリクロのゴッスマゲーになってる?

クリスタル クロー ドラクエ ウォーク

特にこのゲームは全体攻撃があるとレベリングも楽になるのでこのまわしげりが優秀です。 武闘家がレベル20で覚えるのに対し、ぶき強化石さえあれば武器を強化して 低レベルでも覚えることができるので序盤からでも使うこともできます。 強力単体攻撃スキルゴッドスマッシュはボス戦で重宝 ゴッドスマッシュは敵1体に300%のダメージは大きく、イオ属性に弱点を持つ敵に有効です。 単体ボス戦やメガモンスター討伐相手にはこのゴッドスマッシュが重宝します。 レンジャーや武闘家の主力武器 武闘家は元々の攻撃力が高く、ツメが得意武器であるのでこの武器と相性がいいです。 全体攻撃呪文が使えるわけではないので、まわしげりもかなり嬉しいスキルです。 同様に剣やオノなどが得意武器でないレンジャーも主力の武器として使うことができます。 他の爪武器との比較は?入手しやすいことが何より魅力 ツメ武器には他に 黄竜のツメがあります。 ただ、単体の敵に対しては300%ダメージを与えるゴッドスマッシュが優位を得ています。 他には 冥獣のツメです。 ただイオ属性が弱点の敵にはクリスタルクローも威力を発揮するので主力として使えます。 また上記のツメは入手が限定されており入手しにくいのに対してクリスタルクローはどのふくびきからでも入手できる可能性があるので 入手がしやすいです。 入手しやすいということは限界突破もしやすいのです。 武器レベルや攻撃力が上がり、限界突破恩恵も受ければ(スキルの斬撃・体技ダメージアップ)馬鹿にはできません。 最後に このような性能からリセマラランキングでも上位にランクされています。 優秀な武器ですので手に入れた際は是非武器のレベルを上げて使ってみましょう。

次の

【ドラクエウォーク】クリスタルクローの評価性能!取得スキル一覧!

クリスタル クロー ドラクエ ウォーク

スポンサーリンク 得意武器とは? 各職業には得意武器というものが各3つ(上級職は4つ)設定されています。 これは武闘家の画像ですがクリスタルクローの左に「 得」と表示されています。 これは得意武器を装備していることを意味しています。 また右上には現在の職業の得意武器が表示されていて、この場合武闘家のヤリ、ツメ、ムチアイコンが表示されていて、クリスタルクローに対応するツメアイコンが点滅しています。 各職業ごとの得意武器は以下の通りです。 職業 得意武器 戦士 片手剣、オノ、こん 武闘家 ヤリ、ツメ、ムチ 盗賊 短剣、ツメ、ブーメラン 僧侶 杖、こん、ブーメラン 魔法使い 短剣、ツメ、ムチ バトルマスター 片手剣、オノ、ヤリ、ツメ 賢者 杖、こん、ムチ、ブーメラン レンジャー 短剣、ツメ、ムチ、ブーメラン 魔法戦士 片手剣、短剣、杖、ムチ 得意武器を装備するメリットとは? 各職業のレベルが上がるとステータスが上昇したりスキルを習得したりします。 これも武闘家の画像ですが、ちから+10の前に「 得」と表示されています。 これは得意武器を装備していると得られる特殊効果です。 職業スキルを見ていると、この「得」表示が多いことが分かりますね。 また武器を変えて、得意武器を装備していないと特殊効果が全て消えています(色が薄くなっています)。 職業の特殊効果は得意武器によるものがほとんどなので、得意武器を装備していないと恩恵が受けれず大きく差が出てしまいます。 せっかく強い武器を使うのに得意武器による特殊効果を受けれないのは悲しいですからね。 また職業を変えるときはそれに伴って使う武器も得意武器に変更しましょう。 各職業別得意武器装備による特殊効果一覧 戦士 レベル 特殊効果 LV5 ちから+10 LV10 さいだいHP+10 LV15 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV30 ちから+10 LV40 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV55 ちから+10 武闘家 レベル 特殊効果 LV5 ちから+10 LV10 会心率+3% LV15 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV30 ちから+10 LV40 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV55 ちから+10 盗賊 レベル 特殊効果 LV5 毒成功率+15% LV10 麻痺成功率+15% LV15 ジバリア属性じゅもんダメージ+150% LV20 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV30 ジバリア属性じゅもんダメージ+150% LV40 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV55 ちから+10 スポンサーリンク 僧侶 レベル 特殊効果 LV5 かいふく魔力+10 LV10 じゅもんHP回復効果+10% LV15 さいだいMP+10 LV30 バギ属性じゅもんダメージ+50% LV40 じゅもんHP回復効果+10% LV55 かいふく魔力+10 魔法使い レベル 特殊効果 LV5 こうげき魔力+10 LV10 さいだいMP+10 LV15 じゅもんダメージ+5% LV30 魔力の暴走率+3% LV40 じゅもんダメージ+5% LV55 こうげき魔力+10 バトルマスター レベル 特殊効果 LV5 ちから+5 LV20 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV45 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV50 会心率+2% 賢者 レベル 特殊効果 LV5 こうげき魔力+5 LV5 かいふく魔力+5 LV20 じゅもんダメージ+5% LV20 スキルHP回復効果+5% LV45 じゅもんダメージ+5% LV45 スキルHP回復効果+5% LV50 魔力の暴走率+3% レンジャー レベル 特殊効果 LV5 ちから+5 LV20 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV25 ジバリア属性じゅもんダメージ+70% LV45 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV45 ジバリア属性じゅもんダメージ+80% LV50 すべての状態異常成功率+10% 魔法戦士 レベル 特殊効果 LV5 ちから+5 LV5 こうげき魔力+5 LV20 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV20 じゅもんダメージ+5% LV45 スキルの斬撃・体技ダメージ+5% LV45 じゅもんダメージ+5% LV50 魔力の暴走率+3% 最後に 得意武器による特殊効果は与えるダメージに関係しているものが多いですね。 得意装備の有無でダメージ量が変わってきますので損をしないように気をつけて下さい。

次の