豚肉 固くならない方法。 豚の生姜焼きは、なぜ肉が硬くなるの?柔らかくなる作り方も紹介!

やわらかく、おいしく、ジューシーに豚肉を焼き上げるための科学

豚肉 固くならない方法

Sponsored Link 生姜焼きが冷えると固くなる原因とは? 豚の生姜焼きは作り立ては美味しいですが、 時間の経過とともに 冷えると固くなります。 肩ロース肉の場合、赤身の中に網状に 脂身が 含まれています。 この脂身が冷えて固まってしまうことが原因 となり、固い食感になりやすいです。 温かいうちは柔らかくてジューシーですが、 豚肉が冷えるとよくありがちなことです。 また、生姜焼きを作る時には醤油や塩などの 塩分で下味を付けることがありますよね。 これも固くなる原因の1つです。 塩分のある調味料は、浸透圧によって肉の中 に含まれる 水分を抜いてしまうのです。 水分が抜けたお肉は冷えるとさらに固くなり、 パサパサとして美味しさを失ってしまいます。 豚の生姜焼きの固くならない作り方は? 作り方のポイントは、 生姜がお肉を柔らかく するという特性を最大限に活かすことです。 お肉を冷蔵庫から出したら、お酒と生姜汁を よく揉み込み、常温に戻しておきます。 ここで醤油などを加えてしまうとお肉の水分 が外に抜けてしまいます。 豚の生姜焼きを作る際は、下味はお酒と生姜汁 だけにしておきましょう。 あとの作り方は通常通りでOKです。 30分程度漬け込んだお肉をフライパンで焼いて 表面に焼き色が付くまで待ちましょう。 次に、 砂糖、醤油、みりんなどの合わせ調味料で 味を付けていきます。 もちろん、あらかじめ調味料で味付けしたものを 焼いていく作り方もあります。 ただし、豚の生姜焼きに使う肩ロースは旨みの 濃い部位なので、より美味しさを活かすために 調味料はあとから入れるのがおすすめです。 お弁当に入れても固くならない生姜焼きの作り方は? お弁当のおかずにも人気の高い豚の生姜焼き ですが、冷めてしまって固くなりやすいです。 お弁当用の生姜焼きには、保水効果とタレを 絡めやすくするために、お肉に 小麦粉を薄く まぶしてから焼いていきます。 小麦粉でコーティングすることにより、豚肉 から 水分が抜けるのを防ぐことができます。 これで、お昼まで肉汁が閉じ込められるため、 お弁当に入れる際には最適な作り方です。 酒と生姜汁で下味をつけた肉に、薄く小麦粉 をまぶしてフライパンで焼いていきます。 焼き色が付いてきたら合わせ調味料を絡めて タレにとろみができたら完成です。 生姜焼きは肩ロースだけでなく、豚小間肉や バラ肉でも作ることができます。 玉ねぎやきのこ類を一緒に炒めると嵩増し にもなり、タレの味を吸った野菜も美味しく いただけます。 作り方も簡単ですし、ちょっとした工夫で 冷えても柔らかい生姜焼きが楽しめますね。

次の

電子レンジで肉を温めると固くなる理由!柔らかく温め直す方法とは?

豚肉 固くならない方法

冷しゃぶを茹でる時 茹でる時のポイントはお湯1リットルに対して塩小さじ1、酒大さじ2を加えてゆでていきましょう。 そうすることで肉の臭みが消え塩気が肉の味を引き立ててくれます。 しかし、 もっと大切なのはお肉を茹でる時のお湯の状態です。 冷しゃぶをふっくらと柔らかに仕上げるにはお湯の状態を 小さな泡が出るくらいのお湯にしておく必要があります。 高温で茹でると固くなって縮んでしまいます。 その為、沸騰しない火加減:鍋の底に小さな泡が出るくらいの状態で茹でるようにしていきましょう(60~80度)。 お肉はお湯にくぐらせてお肉の色が変わる位まで茹でます。 そうすることで柔らかいふっくらとしたお肉に仕上がります。 冷しゃぶを冷ます時 冷しゃぶのお肉の冷まし方は、 自然に冷ますのが基本です。 氷水にいれて冷やすと脂肪が急激に固まるのでお肉が固くなる原因となりますし、お肉のにうま味が逃げて水っぽくなってします。 正しい冷やし方は 茹でたお肉をキッチンペーパーを敷いたバットに並べてしっかり水気をきってそのまま冷まします。 冷しゃぶ関連記事.

次の

定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

豚肉 固くならない方法

はじめに 外国産の固いお肉が好きと言う知り合いがいるので、何とも言えませんが多くの方は柔らかいお肉が好きだと思います。 薄切りにしたお肉であれば、多少固いお肉であってもそう気にならないと思いますが、ある程度の厚みのお肉を食べる際や、特にステーキなど厚めのお肉を食べる際はお肉が固すぎるとせっかくの御馳走が台無しになってしまいます。 ランクの高い黒毛和牛であれば、霜降りがしっかり入っているため、固い部位を除けば特別な事をしなくても柔らかくて美味しいお肉が食べられると思いますが、ご家庭で食べるお肉を毎回高級な黒毛和牛にするというのはなかなか経済的にも厳しいと思います。 当焼肉店では、A4等級の上を扱っているので、お客様に提供している牛肉に関しては柔らかく食べられるような工夫はあまり必要ないのですが、ホルモン類やお客様には出せない凄く固い部分のお肉をまかないとして食べる際など柔らかく食べる工夫をしています。 という事で今回は、固いお肉を柔らかくする方法をご紹介したいと思います。 お肉が固い理由 せっかくの御馳走のお肉が固くて台無しになってしまう理由はいくつかあります。 まずは肉の場合があります。 もちろん牛や豚の運動量や脂肪の量、血統などによって大きく違ってはきますが、良く動かす部位であれば筋肉質な肉質となり固くなりますし、ほとんど動かさない部位であれば柔らかいお肉になります。 そのため、ステーキなどする際は特に例え上質な黒毛和牛であってもステーキにむく部位とむかない部位があります。 筋や繊維の処理が甘かったり、切り方を間違えると、食べる際に筋や繊維がひっかかり、嚙み切れず結果、『固い』お肉になってしまいます。 誤った調理方法や焼きすぎによって、お肉の水分が失われ固くなってしまう場合があります。 お肉の切り方 まずはお肉の切り方です。 ご家庭でお肉を調理する際は既にカットされたお肉を購入される方が多いと思いますが、肉塊の状態で購入される方もいらっしゃると思います。 お肉を切る際の大原則は、ことです。 上図でいうと、お肉の繊維は黒の矢印の方向に流れています。 肉塊の側面を見ていただければわかりやすいかと思います。 この繊維を断ち切るように切るので、カットする方向は、『青線』の向きが正解です。 繊維・筋を切る 叩く 上のお肉の切り方で説明したように正しい向きでカットしたとしても、お肉には多くの繊維が流れており、部位によっては筋も残っています。 お肉と脂の間には筋がある部分が多いです。 そのため、上図の青線のように包丁で切り込みを入れて筋を断ち切りましょう。 厚いステーキ肉の場合はに切り込みを入れましょう。

次の