115 万 キロ 歌詞。 Official髭男dism 115万キロのフィルム 歌詞&動画視聴

ヒゲダン「115万キロのフィルム」115万キロって何?至極のラブソングに迫る!

115 万 キロ 歌詞

忘れたくない「思い出」ありますか? みなさんには、忘れられない思い出や、忘れたくない思い出はありますか? 例えば、何かを卒業したときや新たな門出に立ったときなどの人生の節目のシーン。 旅行先で見た素晴らしい景色や風景。 はたまたもっと何気ない日常の光景。 こうして考えてみると、みなさん何かしら忘れたくない思い出がありそうですね。 その瞬間を迎えたとき、「絶対忘れない」なんて強く思ったのではないでしょうか。 でも、そんな風にうまく行かないのが現実。 忙しい毎日や膨大な仕事に追われているうちに、忘れてしまうこともありますよね。 もちろん、誰が悪いわけでもありません。 それに、思い出そうとして思い出すから「思い出」と呼ばれるわけです。 大切なのは、「忘れたくない」と思う気持ち これがあるからこそ、思い出が作られるのです。 そんな「忘れたくない」と思う気持ちを込めた素敵な楽曲をご紹介します。 大人気の4人組バンド「ヒゲダン」こと、Official髭男dism。 2019年にはテレビ朝日系の番組「熱闘甲子園」に楽曲を書き下ろすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍するバンドです。 ウェディングソングとしても注目を集める そんなヒゲダンの楽曲の中でも、最近ウェディングソングとして注目を集めているのが今回ご紹介する『115万キロのフィルム』。 一体どんな歌詞なのか気になりますよね。 早速チェックしていきましょう。 映画=「思い出」 まずは冒頭の部分にご注目ください。 この曲でいう「映画」というのは、「思い出・記憶」のこと。 だから、カメラはiPhoneでもビデオカメラでもなく、自分の目。 大好きな「君」を主役にして、「思い出」という名の映画(記憶)を作る。 出だしからいきなり素敵です。 そして楽曲は、ここまでの「思い出」を披露する展開へと進みます。 最初は喧嘩した話で始まりますが、サビでは笑顔の思い出が語られています。 笑顔が「見どころ」というとても素敵な表現が、この楽曲ならではのポイントです。 そして、サビは下記のように続きます。 楽しいとついついスマホで写真を撮りたくなってしまいますが、それよりも記憶にしっかりと残した方が、後々いい思い出として活力を与えてくれるのかもしれません。 未来を見据えて… 1番ではこれまでのダイジェストを紹介していましたが、2番では現在から未来について語られています。 しかし、何気ない毎日って忘れてしまいがちですよね。 でも、そんな日も愛しくて尊い日々として記憶に残そうというところが素敵です。 こんな恋人がいたら、毎日毎日充実しそうですね。 そして2番のサビへと続きます。 だからウェディングソングとして人気なのかもしれません。 そのあとの「エンドロールなんて作りたくもない」という歌詞から、二人での思い出を終わらせることなく続けたいという気持ちが伝わってきて素敵です。 「115キロ」が示すモノ Cメロからラストにかけた部分では、この楽曲の鍵が歌われています。 それが、下記の部分です。 115万キロというのは、「君」との思い出を記録する一生分の長さなのです。 実は、映画の撮影などに使われるフィルムは1秒記録するのに約457mmが必要と言われています。 これが115万km、計算するとざっと80年分。 80年というと、だいたい人の寿命くらいの長さですよね。 つまりこの楽曲のタイトルは、「一生分のフィルム」ということ。 君との思い出を逃さないよう、一瞬一瞬を一生分記録するということなのです。 ため息が出るほど素敵な比喩ですよね。 また、これは最後のサビでも裏付けれられています。 そんな強く温かい思いが滲む素晴らしいラブソングですね。 ぜひプロポーズや結婚式に! 以上、Official髭男dismの楽曲『115万キロのフィルム』をご紹介いたしました。 この内容を見れば、ウェディングソングとして人気が出る理由もお分りいただけますよね! ストレートな歌詞ですが、ベースが比喩だから重たい感じもせず、むしろより一層素敵に聞こえます。 結婚式はもちろん、プロポーズにもいいかもしれませんね。 ビッグイベントを控えてる方、ぜひ参考にしてみてください! また、そうでない方も、いつか来る日に備えて聞き込んでみてくださいね。 TEXTゆとりーな.

次の

「115万キロ」って何?ヒゲダン至極のラブソングに迫る!

115 万 キロ 歌詞

みなさんには、忘れられない思い出や、忘れたくない思い出ってありますか? 思い出って・・・ 例えば、何かを卒業したときや新たな門出にたったときなど人生の節目のシーン。 旅行先で見た素晴らしい景色や風景。 はたまたもっと何気ない日常の光景。 こうして考えてみると、みなさん何かしらの思い出がありそうですね。 そしてそれぞれその瞬間を迎えたとき、「絶対忘れない」なんて強く思ったのではないでしょうか。 でも、そんな風にうまく行かないのが現実…。 忙しい毎日や膨大な仕事に追われているうちに、忘れてしまうこともありますよね。 もちろん、誰が悪いわけでもありません。 それに、思い出そうとして思い出すから「思い出」と呼ばれるわけです。 大切なのは、素敵な瞬間に出くわしたときにそれを「忘れたくない」と思う気持ち。 これがあるからこそ、思い出が作られるのです。 そんな「忘れたくない」と思う気持ちを込めた素敵な楽曲をご紹介します。 大人気の4人組「ヒゲダン」こと、Official髭男dism。 2019年にはテレビ朝日系の番組「熱闘甲子園」に楽曲を書き下ろすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍するバンドです。 注目ソング『115万キロのフィルム』 そんなヒゲダンの楽曲の中でも、最近ウェディングソングとして注目を集めているのが今回ご紹介する「115万キロのフィルム」。 一体どんな歌詞なのか気になりますよね。 早速チェックしていきましょう。 映画=「思い出」 まずは冒頭の部分にご注目ください。 この部分からわかる通り、大好きな君のムービーをたくさん撮ろうという歌ではありません。 (笑) この曲でいう「映画」は、つまるところ「思い出・記憶」のこと。 だから、カメラはiPhoneでもカメラでもなく、自分の目。 大好きな「君」を主役にして、「思い出」という名の映画(記憶)を作る・・・。 出だしからいきなり素敵ですよね! そして楽曲は、ここまでの「思い出」を披露する展開へと進みます。 最初は喧嘩した話で始まりますが、サビでは笑顔の思い出が語られています。 強烈なフレーズ ワンフレーズなのにすごい破壊力!(笑)笑顔が「見どころ」ってとても素敵な表現ですよね。 この楽曲ならではのポイントです。 そして、サビは下記のように続きます。 何気ない仕草って、静止画ではなかなか覚えてられませんよね。 楽しいとついついスマホで写真を撮りたくなってしまいますが、それよりも記憶にしっかりと残した方が、後々いい思い出として活力を与えてくれるのかもしれません。 未来を見据えて… 1番ではこれまでのダイジェストを紹介していましたが、2番では現在から未来について語られています。 入籍した日など、ビッグイベントがあった日はみなさん大切に覚えていると思います。 しかし、何気ない毎日って忘れてしまいがちですよね。 でも、そんな日も愛しくて尊い日々として記憶に残そうというところが素敵です。 こんな恋人がいたら、毎日毎日充実しそうですよね・・・。 そして2番のサビへと続きます。 エンドロールは要らない この部分では2人が結婚したことがわかりますね。 だからウェディングソングとして人気なのかもしれません。 3行目「この歌何度も歌うよ」というところが、「映画じゃないんかーい!」とやや引っかかりますが・・・。 いいですよね、そのあとの「エンドロールなんて作りたくもない」っていう歌詞が素敵なので。 (笑) 「115キロ」の示す意味 Cメロからラストにかけた部分では、この楽曲の鍵が歌われています。 それが、下記の部分です。 「115キロ」って何の長さ?と思っていた方!115万キロというのは、「君」との思い出を記録する一生分の長さなのです! って、だから何で115万キロなの?っていう話ですよね。 実は、映画の撮影などに使われるフィルムは1秒記録するのに約457mmが必要と言われています。 これが115万km・・・計算すると、ざっと80年分。 80年というと、だいたい人の寿命くらいの長さですよね。 つまりこの楽曲のタイトルは、「一生分のフィルム」ということ。 君との思い出を逃さないよう、一瞬一瞬を一生分記録するということなのです! ため息が出るほど素敵な比喩ですよね・・・! また、これは最後のサビでも裏付けれられています。 一生を一緒に添い遂げる・・・だけではなく、どんな一瞬も見逃さず、思い出に。 そんな強く温かい思いが滲む素晴らしいラブソングですね。 ぜひプロポーズや結婚式に! 以上、Official髭男dismの楽曲、「115万キロのフィルム」をご紹介いたしました。 この内容を見れば、ウェディングソングとして人気が出る理由もお分りいただけますよね! ストレートな歌詞ですが、ベースが比喩だから重たい感じもせず・・・ むしろより一層素敵に聞こえる・・・。 結婚式はもちろん、プロポーズにもいいかもしれませんね。

次の

【Official髭男dism/115万キロのフィルム】歌詞の意味を解釈!なぜ115万?タイトルの意味が素敵すぎる!

115 万 キロ 歌詞

曲名である115万キロのフィルムとは、一体どういう意味なのでしょうか? 歌詞の中には、二人のカップルが出てくるのですが、主人公である彼は、大好きな彼女を主演にした映画の監督になります。 その監督が撮る映画というのは、人生と言う名の二人の長い長いストーリーです。 ここで、フィルムについて解説しますが、映画撮影に使われる35mmフィルムは、1秒あたり0. 4572メートルを消費するとのこと。 人の一生を80年として、その80年という時間を撮影するには、約115万kmの長さのフィルムが必要になります。 つまり115万キロのフィルムは、一生分のフィルムということ。 そのフィルムを用意し、彼女との思い出をずっと残していきたいという、主人公の熱い想いがタイトルを始め、歌詞の中に詰まっています。 解釈 これから話すことは、僕にとっての君という存在。 僕の人生の中で、一番大切な君を、 隣でずっと目に焼き付けていきたい。 二人で過ごす日々を「映画」と比喩している、素敵な歌詞ですよね。 主演は一番大好きな君。 助演ということは、自分がずっと側に居たいと思っている。 実際にカメラで撮るのではなく、自分の目という「カメラ」を使い、 「フィルム」という名の記憶に焼き付けていくという意味です。 主人公の「頭の中」には、「映画」のような 君との日々があるのでしょう。 この後に続く歌詞で、この部分が、彼女へ語りかけている「セリフ」でもあるということがわかります。 くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 解釈 「なにそれ」って笑っちゃうくらいが丁度いい。 でも真剣だから、伝わると思う。 まずはこれまでの思い出を振り返ってみよう。 彼女が、「主演」でと言われ、少し照れている様子がわかります。 主人公は、それを「掴みはまあOK!」と言っているのでしょう。 「気に入ってもらえると思うな」という部分は、 彼女に、「二人でいれば幸せに過ごしていけると思ってもらえる」という意味があるような気がしました。 「ここまでの〜見せるよ」は、 「こんなこともあったよね」と言うように、これまでの思い出を振り返ろうとしています。 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って仲直りして手を握って… 解釈 喧嘩した時に、君を泣かせてしまったことは、 今考えても苦しくなるけど、 それも二人の思い出。 仲直りした後…(君に笑顔が戻った。 ) そして思い出を振り返るシーン。 初めて喧嘩した時ということは、付き合い始めの頃のことでしょうか? 今はいい思い出として残っているけど、 涙している君を見ると、胸が痛むということだと思います。 (君に笑顔が戻った)の部分は、次のサビで歌っているので補足しました。 「握って…」の部分が、この曲のサビであるとともに、この「映画」の一番の「見どころ」へ進んでいくという期待を感じます。 ほら、ここで君が笑うシーンが見どころなんだからさ Ah 写真にも写せやしないとても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は 解釈 ここが僕の一番好きな場面。 一枚の写真にはとても収めきれない、君の表情や素振り一つ一つに、 どんなに辛いことも忘れられそうなくらいの威力がある。 「ほら」という部分は、主人公が彼女に対して、 「見てみて!」と言ってはしゃいでいるような姿が浮かんできます。 彼女の笑顔が一番好きなんだということがよくわかりますよね。 笑顔だけで一括りにできない、細かな仕草の一つ一つに、主人公は元気をもらっているのだと思います。 「どれかひとつを〜今の所は」の部分は、その仕草を一枚の静止画にするのは難しいことだけど、 この映画のワンシーンのサムネイルを作るために、「とりあえず」一つ選ぶという意味かな?と思いました。 解釈 この先子供が生まれたりして、家族が増えていくだろう。 もっとお金がかかるようになるのに、今の給料じゃ無理かもしれない。 そんな弱音を言ったり、頼りないところも沢山見せてしまうと思う。 キャストにギャラを払わなきゃいけないというような表現が、「一家の大黒柱」ということを表しているのでしょう。 結婚して子供が生まれて、キャストという名の家族が増えていく。 そうなれば、お金がかかりますから、今の収入で大丈夫なのかと不安になっている。 一緒にいれば、そんな情けない自分も沢山見せることになるだろうと言っています。 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々 尊い日々 逃さないように忘れないように焼き付けていくよ 解釈 結婚して苗字が同じになった特別な日も 何でもないような平凡な日々も 全部大切な日々。 全部が大切な思い出になる。 「苗字がひとつになる」ということは、 違う苗字だった二人が結婚して、同じ苗字になるということ。 他人だった二人が家族になった特別な日も、平凡な日常も、全てが幸せで大切な日々。 過ぎ去っていかないように、記憶に焼き付けて忘れたくないということですね。 記念日とか誕生日とか、特別な日は年に何度かありますが、平凡に感じる日常でも何ひとつとして同じ日はないですよね。 だからこそ尊いのだと思います。 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 解釈 いつ死ぬかは僕らには分からないから、 流れに身を任せよう。 果てしない道のりを、 二人で進むための準備と覚悟はできてる。 全てのシーンの撮り終わりを意味するクランクアップ。 それがいつなのか決められないということは、お互いがいつ死ぬかは決められない、ということ。 だから流れに身を任せよう、ということかもしれません。 そして曲のタイトルにもなっている「ざっと115万キロ」の部分。 映画の撮影などで使われる、実際のフィルムが、115万km分の長さあると、 80年分の映像が取れることになります。 それを人の一生に例えた歌詞ですね。 そのフィルムを用意したということは、死ぬまで一緒にいたいという主人公の覚悟とも言えます。 3番III. 3番 ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう 解釈 沢山の思い出を二人で作っていこう。 良いことも悪いことも二人で乗り越えていこう。 そして、一生君を守っていく。 辛いことも楽しいことも二人で乗り越え、それが「名場面」になる。 そんな映画のような日々を作っていこう。 そう言っているような歌詞ですね。 「撮影を続けよう」という部分は、 主人公である監督が、フィルムがなくなるまで彼女を撮り続ける、 つまり一生君を守っていくという意味なのだと思いました。 また、ただ一緒にいるだけでなく、些細なことも逃さずに二人で噛み締めていく。 「キャパオーバー!」と言っていた主人公の情けなさを吹き飛ばすような素敵な歌詞です。 まとめ 増える家族をキャストと呼んだり、人生の終わりをクランクアップと言ったり、映画の設定にしている所がほんとオシャレな曲です。 主人公の健気なメッセージが、一曲を通して素敵なストーリーになっています。 とにかく歌詞が素敵だと思いました。

次の