アクア フルモデルチェンジ 2021。 次期トヨタ「アクア」の登場間近。ヤリスとの差別化でプレミアムコンパクトHVとして3ナンバー化?

フルモデルチェンジ版・トヨタ次期「アクア」の販売時期は2021年夏ごろ予定。エンジンは1.5L直3ハイブリッドを継続し、待望の四輪駆動(AWD)モデルも?!

アクア フルモデルチェンジ 2021

トヨタアクアフルモデルチェンジ情報の追記です。 ついにアクアのフルモデルチェンジの続報が来ました。 良かったです。 結局アクアは次期型もあってフルモデルチェンジをする模様です。 今のところはモデル廃止にはならない見込みだそうなので安心?してください。 mag-x. どうやらトヨタの中の人に取材をした結果分かったという話のようなので信頼性は高いです。 もちろん2021年にフルモデルチェンジされるのは確実!という話ではないでしょう。 今のところはそういう感じで動いているという情報で内部情報ということもあって期待できそうですね。 アクアのフルモデルチェンジ仕様は? エンジンは1. 5Lのままで3気筒エンジンになるという話です。 さらにハイブリッドの4WD設定もなされるということでついにアクアも4WDが選べるのかと雪国の人でも安心仕様になりますね。 まあ雪国でもFFのアクアがバンバン走ってそうですが…。 これでプリウスと同様に4WDの選択肢が増えて買い替え需要にも答えることができそうです。 次のフィットは燃費や安全装備の出来が良いという話なのでそこに追いつけるか?という戦いになっているのでアクアも頑張ってほしいです。 すでにフィットに負けてる感が強まっているので2021年と言わず早めに投入した方が本当は良いのですが。 プリウスはすでに次期型の開発はされていないという話だが? さて本当にアクアってフルモデルチェンジされるのかな~?とまだ疑心暗鬼ですが、プリウスは一足先にモデル廃止という噂があります。 現状では次期型の開発は一切されていないという話でついに現行型でプリウスはモデル廃止になる見込みだという情報もあります。 それならアクアもそうなってもおかしくないですよねー。 アクアは特に日本専売モデル(だと思う)なのでやっぱり無くなるんじゃないのかなと思ったのですが。 グローバル的にはヴィッツ(ヤリス)をコンパクトカーでは販売しているトヨタですので日本でも来年にヤリスを発売するのでどう考えてもやはりアクアは無くなりそうだなという感じが未だに払拭できませんねー。 ニューモデルマガジンXの取材を信頼していない訳ではないのですが状況的にはアクアもプリウス同様に無くなっても変じゃないなと思います。 別にヤリスでも良いんじゃないのかって思いますしね。 アクアが無くなると東日本が困る!? ただしアクアという車種が無くなると東日本が困るのは事実でしょう。 このアクアはトヨタ自動車東日本が組み立てている車でアクア自体かなりの台数を出している訳ですから雇用の受け皿になっているという側面があります。 日本専売車であるアクアですから日本現地で作って販売するというのは自然なことであり、ただこれが無くなると非常に困る人が多くいるというのも事実でしょう。 自動車のモデルはすぐ無くなったりするのでアクアだけ守られる理屈はないもののトヨタ自動車東日本と言っても東北地方の工場ですから雇用自体が少ない東北でアクアが無くなったら痛そうです。 確かC-HRも東北で作っている筈だったと思うのでコンパクトカーはいい仕事になるのかなと思いますね。 トヨタも車種の整理を進めていますが、雇用の背景を考えると売れているモデルは残すという方針もあって良いのでは?と思ってしまいます。

次の

新型アクアのフルモデルチェンジは2021年10月 内外装や安全装備が進化

アクア フルモデルチェンジ 2021

~とは言えソースがソースなので本当に登場するとは限らない~ トヨタの4ドアコンパクトモデル「アクア Toyota Aqua 」が、いよいよ2021年2月~3月頃にフルモデルチェンジ版として新たに発売する?との噂が浮上しています。 自動車情報誌ベストカーによれば、新型「アクア」は一時期開発凍結の危機に陥り、更には2020年5月にトヨタの販売チャネルが統合化されることで、新型「ヤリス Yaris 」とのすみ分けが難しくなるのではないか?といった懸念があったそうですが、どうやらそういった心配はないとのことで、現在進行形で新型「アクア」の開発が進められているとのこと この話が本当なのかどうかは不明なので、あくまで噂レベル。 ~新型「アクア」はどういったデザインになる?~ なお、ベストカーは「確定デザイン」という形で、4月10日号にレンダリングを掲載していますが 上の画像はResponseが作成したイメージレンダリング 、そのデザインは非常にマイルドながら、キーンルックグリルからハニカムグリルに近いデザインへと変更され、フロントヘッドライトは二眼タイプ、そしてLEDデイタイムランニングライトはメルセデスベンツ新型「Aクラス」の逆L字を反転させたようなデザインに仕上げられていますね。 ボディスタイルはそこまで大きな変化は無いものの、プラットフォームは新型「ヤリス」と同じ新世代TNGA GA-B を採用することでホイールベース2,550mmに つまり現行と変わらず。 ただ、新世代プラットフォームを採用することで、静粛性やねじり剛性が向上することは間違いないと思うので、長距離運転時の疲労度などは現行モデルよりも改善されるのではないかと推測しています 私も業務用車で「アクア」を使用していたので、新型はちょっと気になっている。 ボディサイズについては明確にはなっていないものの、新型「ヤリス」よりも後席スペースは若干大きくなるとのことで、子供や小柄な男性・女性が座れるだけの快適性はあるのではないかとのこと。 ~パワートレインは新型「ヤリス」と同じ1. 5リッターハイブリッド~ 気になるパワートレインについてですが、今のところ新型「ヤリス」と同じ排気量1. 5L 直列3気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが濃厚とのことで、燃費についてもWLTCモードで36. ちなみに価格帯については触れていませんでしたが、前回同様に現行モデルが2WDのみで1,818,300円~2,097,700円 クロスオーバーやGRスポーツは除く となっているため、現行比+15万円程度、4WD設定で+20万円ぐらいとのことで、約196万円~約245万円の価格帯になるのではないか?と予想しています。

次の

トヨタアクア2021年フルモデルチェンジ!予想画像,ノートe

アクア フルモデルチェンジ 2021

~とは言えソースがソースなので本当に登場するとは限らない~ トヨタの4ドアコンパクトモデル「アクア Toyota Aqua 」が、いよいよ2021年2月~3月頃にフルモデルチェンジ版として新たに発売する?との噂が浮上しています。 自動車情報誌ベストカーによれば、新型「アクア」は一時期開発凍結の危機に陥り、更には2020年5月にトヨタの販売チャネルが統合化されることで、新型「ヤリス Yaris 」とのすみ分けが難しくなるのではないか?といった懸念があったそうですが、どうやらそういった心配はないとのことで、現在進行形で新型「アクア」の開発が進められているとのこと この話が本当なのかどうかは不明なので、あくまで噂レベル。 ~新型「アクア」はどういったデザインになる?~ なお、ベストカーは「確定デザイン」という形で、4月10日号にレンダリングを掲載していますが 上の画像はResponseが作成したイメージレンダリング 、そのデザインは非常にマイルドながら、キーンルックグリルからハニカムグリルに近いデザインへと変更され、フロントヘッドライトは二眼タイプ、そしてLEDデイタイムランニングライトはメルセデスベンツ新型「Aクラス」の逆L字を反転させたようなデザインに仕上げられていますね。 ボディスタイルはそこまで大きな変化は無いものの、プラットフォームは新型「ヤリス」と同じ新世代TNGA GA-B を採用することでホイールベース2,550mmに つまり現行と変わらず。 ただ、新世代プラットフォームを採用することで、静粛性やねじり剛性が向上することは間違いないと思うので、長距離運転時の疲労度などは現行モデルよりも改善されるのではないかと推測しています 私も業務用車で「アクア」を使用していたので、新型はちょっと気になっている。 ボディサイズについては明確にはなっていないものの、新型「ヤリス」よりも後席スペースは若干大きくなるとのことで、子供や小柄な男性・女性が座れるだけの快適性はあるのではないかとのこと。 ~パワートレインは新型「ヤリス」と同じ1. 5リッターハイブリッド~ 気になるパワートレインについてですが、今のところ新型「ヤリス」と同じ排気量1. 5L 直列3気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが濃厚とのことで、燃費についてもWLTCモードで36. ちなみに価格帯については触れていませんでしたが、前回同様に現行モデルが2WDのみで1,818,300円~2,097,700円 クロスオーバーやGRスポーツは除く となっているため、現行比+15万円程度、4WD設定で+20万円ぐらいとのことで、約196万円~約245万円の価格帯になるのではないか?と予想しています。

次の