ウーバーイーツ 大阪 現金払い。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で現金設定が出来ないときの対処法!

ウーバーイーツの現金支払い(代引き)で、配達パートナーは即金が手に入る!

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法の仕組み Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、基本的にはクレジットカード又はデビットカードでした。 ユーザーは、アプリの登録時にカードの登録をします。 注文した料理の代金は、登録済みのカードで自動的に決済が完了するという仕組みです。 ユーザーにとってはもちろん、配達パートナーにとってもお会計の手間が無く、非常に便利な仕組みと言えます。 しかし、クレジットカードを使わない人も多いものです。 カードを持っていないと利用できないという点は、デメリットでしょう。 そこで、試験的に始まったのが現金支払いです。 支払方法に現金が追加 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いは、2019年2月より京都・神戸・名古屋・福岡エリアでスタートしました。 2019年4月から東京でも現金払いスタートしています。 現金支払いの特徴や仕組みは以下のとおりです。 ・1度に10,000円(税込)まで可能 ・配達員は商品代金を現金で受け取る ・配達報酬より現金が上回った場合は余剰分をUberに支払う ・酒類を含む配達では対応不可 現金支払いが始まっても、引き続きカード決済での利用のお客さんもいるでしょう。 ですから、配達にはカード決済と現金決済が混在します。 カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた残りの金額が、Uber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれるのです。 現金支払いの方が多い場合は、差額分がカード決済にて引かれる仕組みになっています。 例えば、1,800円の現金決済注文で、配達報酬が300円であったとしましょう。 手元には、1,500円分の余剰金が残ります。 これをUber Eats(ウーバーイーツ)に支払う必要があるのですが、これはカード決済の配達で次に振り込まれる分の報酬から相殺されるという事です。 尚、酒類を含む配達では現金対応不可ですから覚えておきましょう。 現金支払いでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事はどうなる? 現金支払いがスタートしたUber Eats(ウーバーイーツ)。 しかし、対応をするかしないかは、配達パートナー自身が選択出来るようになっています。 現金支払いに対応する場合は、事前にクレジットカード又はデビットカードの登録が必要です。 パートナーアプリからカードの情報を登録してください。 カードの登録が完了すると、アプリ上に現金配達オン・オフのボタンが表示されます。 そうなれば、現金での注文の配達を受ける事が出来るようになります。 現金支払いに対応したい時だけONにする 現金支払いの対応は選択出来ると解説しましたが、一度対応可にしてしまったらずっと対応しなければならないかと言うと、そうではありません。 その日の気分や状況に応じて、都度選択が出来るのです。 現金支払いを受けたい時は、パートナーアプリの「運転の設定」を開き「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 現金支払いの注文の場合は、アプリ上に緑色の現金アイコンが表示されます。 このアイコンが表示されていたら、料理を渡す際に必ずお釣りを持って行き現金を受け取りましょう。 現金支払いの配達の流れ 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、現金支払いの配達をする際の流れについて見ていきましょう。 1:おつりを用意する 2:アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにする 3:配達依頼を受ける 4:配達をする 5:料理を渡す 6:現金を受け取る 現金支払いに対応するのなら、事前におつりを用意しておきましょう。 おつりは1万円分はあった方が良いようです。 まず、アプリの「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 すると、現金対応の配達リクエストが届きます。 配達依頼を受けたら、アプリの地図に従って配達をします。 お客さんに料理を渡す際にカード決済であれば何もする事はありませんが、現金支払いの場合はここでお客さんから現金を受け取ってください。 お客さんが料金をピッタリ持っていなかった場合は、計算しておつりを渡しましょう。 お客さんが現金を持っていなかった場合 現金支払いの注文を受けたのに、実際に配達に行ったらお客さんが現金を持っていなかったという事もあるでしょう。 そのような場合は、お客さんが持っているお金だけ先に貰い、足りない分は貰わずにそのまま商品を渡してください。 とにかく、まずは温かい料理を提供する事が大切です。 そして、ドライバーアプリ上にある「詳細はこちら」をタップ。 現金を1円も受け取っていない場合は「乗客が料金を支払わなかった」・料金の一部のみを受取った場合は「乗客が料金の一部を支払わなかった」を選択してください。 あとは、続いて表示される指示に従いましょう。 不足分の支払いに関するやり取りは、Uber Eats(ウーバーイーツ)側が行ってくれるので安心です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いの口コミ Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いが始まりましたが、実際にどのくらいの配達依頼があるのでしょうか。 現金支払いの配達をしている配達パートナーの感想も気になります。 SNSでは、リアルな口コミがいくつかありましたので、ご紹介します。 現金案件、僕の場合ですが、6割OVERぐらいで現金です。 おつり用意するのが嫌な配達員は現金払い設定をオフにして仕事を受けなければいい。 カードを持っていなくても注文が出来るのは、非常に嬉しいポイントです。 ここからは、現金支払いの対応をする配達パートナー側のメリット・デメリットについても見ていきましょう。 今後、現金対応をするかどうかの参考にしてみて下さい。 メリット Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金支払いに対応する事は、配達パートナーにとっても非常に大きなメリットがあります。 具体的に見ていきましょう。 報酬を現金ですぐに受け取れる Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で現金対応する場合、お客さんが支払いをした現金の中から報酬をそのまま受け取る事になります。 ですから、配達報酬がすぐにその場で貰えるというメリットがあるのです。 通常、配達パートナーの報酬は1週間ごとに振り込まれますが、現金対応ならそれを待つ必要がありません。 金融機関に行ってお金を下ろす手間も無いのです。 直ぐに配達報酬を得たいという人は、現金支払いの配達依頼を受けましょう。 注文が増える可能性がある 現金支払いが始まった事で、これまでUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できなかった人の登録も増えています。 現金対応をする事は、その分配達の依頼が増える可能性が高いというメリットがあるでしょう。 現金対応していない配達パートナーもいますから、競争率も通常より低めです。 依頼が増える事で1時間当たりの配達件数が多くなり、より効率的に報酬を得る事が出来るようになるでしょう。 現金支払いのリクエストは受ける・受けないの選択が出来ます。 配達リクエストが中々来ない日や、報酬をアップしたい人は、現金支払いの対応をONにしてみましょう。 差額精算でクレジットカードのポイントが貯まる 先ほども解説しましたが、カード決済でのい報酬よりも現金支払いで受け取った現金の方が多くなった場合は、差額をクレジットカードでUber Eats(ウーバーイーツ)に支払います。 この時に、カードのポイントが付くのも現金対応のメリットの一つです。 買い物をして支払いをした訳でもないのに、ポイントが貯まるのは嬉しい事ですよね。 気が付いたらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達だけで数千円分のポイントが貯まっていたという事もありそうです。 お釣り分をチップとして貰える可能性がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、稀にお客さんからチップが貰える事があるようです。 実は、チップの習慣がある海外では、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリにチップの金額を入力する欄まであります。 日本のUber Eats(ウーバーイーツ)アプリにはそのような仕組みはありませんから、カード決済の場合にわざわざチップをくれるお客さんというのは稀でしょう。 しかし、現金支払いの注文では現金でのやりとりがありますから、チップを貰える機会が増えるかもしれません。 今日も現金配達行ってきたけど お客さんはウーバーイーツ自体初めてで凄い感激してくださってて 2780円の会計で3000円貰って おつりでコーヒー飲んで下さいって… ちゃんと還元します!!!!! — IORI@Uber Eats 名古屋 iori0822uber 「小銭が増えるのが面倒」「チップを渡したかったけど機会が無かった」というお客さんなら、現金支払いを機にお釣り分をチップとして貰える可能性もあるでしょう。 デメリット 配達パートナーにとって様々なメリットのあるUber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いですが、デメリットと言える部分もあります。 現金対応をする前に、しっかりと把握しておきましょう。 お釣りを事前に用意する必要がある Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応するデメリットは、事前にお釣りを用意しなければならない事です。 小銭はもちろん千円札や5千円札まで、両替をして細かく用意しなければなりません。 配達でお釣りが出れば、再度両替をしに行く必要もあります。 お釣りの残りを常に確認する必要があるというのは、手間に感じる人も多い事でしょう。 また、小銭は重たいという点もデメリットと言えます。 お釣りを入れるケース等の備品も自分で用意しなければなりません。 常に現金を持ち歩くためセキュリティに気を使う Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金支払いに対応する事は、おつりを用意しておくという事です。 常に現金を持ち歩くのは、セキュリティにも気を使わなくてはなりません。 これまで以上に配達に気を使う事が増えますから、ストレスに感じる人もいるでしょう。 配達の度にお釣りの出し入れをするのは面倒です。 ウエストポーチ等に入れていつも肌身離さず持ち歩けば、セキュリティ面はもちろん出し入れの手間も省けるでしょう。 受け渡しの際のお客さんとのやりとりが増える Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達の際にお客さんと接触するのは受け渡しの際のほんの数秒程度です。 「玄関先に置いておいて」と言われた時などには、お客さんの顔を見ないまま配達が完了する事もあります。 しかし、現金支払いになる事によって、お客さんとのやりとりが増えるのです。 接客が好きな人にとっては良いかと思いますが、そうでない人にとっては緊張のひと時かもしれません。 また、会話が長引けばその分時間が掛かりますので、1回あたりの配達時間が増え高率が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。 支払いという手間が増える 現金支払いに対応するという事は、当然その分配達の工程が1つ増えます。 カード決済の場合は、到着したらお客さんに料理を渡して直ぐに次の配達に向かう事が出来ました。 しかし、現金決済ではそこで、支払いという手間が増えるのです。 お客さんがお釣りの無いように代金を用意しておいてくれた場合は良いのですが、そうでない場合はある程度の時間を要するでしょう。 受け渡しが暗い場所や狭い事もありますから、おつりを出すのにも一苦労という事もあります。 現金を落とさないようにするのには、気も使う事でしょう。 まとめ カード決済が主流であったUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、2019年2月より一部の地域で現金支払いが可能になりました。 ユーザーにとっては利便性が増し、更に利用者は増える事でしょう。 配達パートナーが現金決済の配達を受けるかどうかは、自分で選択する事が出来ます。 対応する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要です。 現金対応では、配達時にお客さんが支払った金額の中から、配達報酬を現金で受け取る事が出来ます。 その後、カード決済の配達で得た報酬から、現金支払いの配達で受取った差額を引いた金額がUber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれます。 報酬よりも多くの現金を持っている場合は、反対にその分がカードによって引かれるという仕組みになっています。 現金支払いの配達を受けたい時には、パートナーアプリの「運転の設定」から「現金払いを受け付ける」をオンにしましょう。 事前にお釣りを用意しておく必要があります。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金の支払いが可能に!現金払い配達の対応方法|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いが開始 出前を行っていない店からもデリバリーを受けることができるサービス、Uber EATS(ウーバーイーツ) 今まではクレカ利用しかできませんでしたが、現在段階的に現金払いができるようになってきています。 ウーバーイーツのサービスについては、以下の記事で詳しく解説しています。 アプリに現金払いの欄を選択 アプリの下のタブから、自分の情報を選びます。 一覧の中からお支払いを選択します。 次に「お支払い方法を追加」をタップします。 クレジットカード払いと現金を選べるので、現金を選択しましょう。 ウーバーイーツの公式によると、現金利用は全体の14%ほどで、「初回は現金払いで、2回目からクレカ払い」というお客さんが多いようです。 お釣りは配達パートナーが用意してくれる 現金支払いの為にピッタリの金額を用意しておかないといけない訳ではなく、配達パートナーがお釣りを準備 してくれます。 ただ、配達パートナは個人の方なので、あまり細かいお釣りを用意していない可能性もあります。 その場合は、配達パートナーに両替に行ってもらうことになるので、できる限りお釣りのない金額を用意した方が無難です。 しかし、 現金払いにしたからと言って、追加料金は発生しません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いの注意点 Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用のハードルが低くなる現金払いですが、注意点もあります。 以下で紹介していきます。 上限は配送手数料を含めて2500円 現金払いの配送は、 手数料を含めて2500円になります。 それを超える場合は、クレカ払いのみとなります。 配送の手数料は変動制で基本的には110円~420円程です。 込み合っている時間帯には手数料が高かったりしますので、合計金額はしっかり確認しましょう。 横浜・川崎はサービス外 横浜と川崎は現金払いサービスの対象外になっています。 元々大阪で実験的に始まった現金払いが、現在段階的に広がっている所です。 今後実装されるかどうかは、未定とされています。 まだ全員が現金払いに対応している訳ではない 全員が現金払いに対応してる訳ではなく、アプリの欄に現金払いの選択ボタンが出ないユーザーもいるようです。 現金払いに対応するかどうかの基準は不明ですが、順次対応させていく予定だそうです。 この「現金払い」自体が新規顧客を得るための動きなので、 新しくUber EATS(ウーバーイーツ)のアプリをダウンロードした方は殆ど現金払いを利用できるようです。 これはお酒を単体で注文した時だけではなく、注文の中にお酒が入っているだけで現金払いの対象外になってしまいます。 現金払いではクレカなどの個人的な情報の入力が無いので、未成年かどうかを判別できません。 そのための措置だと思われます。 他に速くて安いクーポンありオススメの出前サービスは!? menu アプリ「menu」は、飲食店・レストランでデリバリーとテイクアウトが受けられるサービスです。 都内中心から始まり、サービスエリアは全国展開中。 今後も拡大予定になっています。 「menu」の特徴の1つは、24時間注文が出来る事です。 24時間営業の対応店舗であれば、デリバリーでもテイクアウトでも、いつでも利用可能です。 店舗検索や商品注文はスマホで簡単。 料金も事前決済なので、商品を受け取るだけで取引完了になります。 「menu」は、店側が導入し易いシステムなのも、大きな特徴です。 その為、これまでデリバリーやテイクアウトを行ってこなかった店も登録しており、隠れた名店が見つかるかも知れません。 テイクアウトでは配達手数料が掛からない為、手軽に使うことができます。 全商品に出来上がり時間が表記されおり、待ち時間なく、できたての商品を受け取ることが可能です。 対応店舗は24時間注文可能• 2,300店以上が登録• メニューごとに評価や口コミが行われる• 加盟店は国内最大級で、食べたかったあの店も注文できます。 ジャンル分けも22と細かく、弁当や中華、スイーツなどに加え、『一人前からOK』など、欲しいモノをピンポイントで探すことができます。 パーティープレートや宅配オードブルなども対応。 配達日や時間を指定できるので、パーティーなどでも重宝します。 届け先には自宅や勤務先以外も指定できるので、イベント事などで活用するのも可能です。 一品ずつ写真も説明も丁寧に書いている所が多く、初めての品でも注文し易いのもおすすめな点です。 支払いも 現金やクレジットだけでなく、dポイントやドコモ携帯払いにも対応しています。 家に現金が無くても注文できますし、注文時に支払いを済ませておけば、品物の受け取りもスムーズです。 200円で1ポイント貰えるなどお得な還元もありすし、クーポンやポイントなどのプレゼント企画も豊富です。 平日半額、30%ポイントバック、2品目無料など、dデリバリーならではのキャンペーンも継続して行われています。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金の支払いが可能に!現金払い配達の対応方法|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

ウーバーイーツ現金払い受け付けについて 「現金払いを受け付ける」設定の方法 Uber Driverアプリのホーム画面の右下をタップします 次の画面の右下をタップします 「現金払いを受け付ける」の設定が出来るのでオン/オフを設定しましょう。 設定画面について 「現金払いを受け付ける」の設定が出来る画面が表示できるようになるのは以下の条件のいずれかを満たして現金払い受け付けになった時です。 ・100回以上の配達 ・Uber Eatsの注文者アプリにあなたご自身のクレジットカードかデビットカードを登録 ・Uber Driverアプリにあなたご自身のクレジットカードかデビットカードを登録 100回以上の配達 ウーバーイーツの配達パートナーとして100回以上配達をするとメールで通知されてきて「現金払い受け付ける」が可能になります。 注意したいのはメールで通知されて自動的に最初はオンになっていることです、現金払い受け付けたくない場合はオフにしましょう。 クレジットカードもしくはデビットカードの登録 Uber Driverアプリにクレジットカードもしくはデビットカードを登録するには Uber Driverアプリのホーム画面の右上をタップします。 「アカウント」をタップします。 「お支払い」をタップします。 「Uberへのお支払い」をタップします。 「お支払い方法を追加」をタップします。 「デビットカードまたはクレジットカード」をタップします。 カードの追加画面からカード情報を入力して追加します、情報を登録後にしばらくして「現金払い受け付ける」設定画面が表示出来るようになります。 用意しておくお釣り(硬貨、お札)について UberEATS(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして現金支払いを受け付ける設定と準備する物について 5千円札 3枚 千円札 12枚 500円硬貨 3枚 100円硬貨 16枚 50円硬貨 3枚 10円硬貨 16枚 5円硬貨 3枚 1円硬貨 16枚 最大のお釣りは1000円以下の注文で1万円札を出された場合になりますが、その場合はお釣りで必要なお札は 5千円札1枚+千円札4枚(=9000円)になります。 1000円札、100円硬貨、10円玉、1円玉は4の倍数を用意しておくと良いでしょう。 つまり上記なら9000円のセット3個あれば 1000円以下の注文に1万円札を出された場合の3回に耐えれます、私の経験上は最大でも1万札を出されたのは2回程度です。 また1万円札を出された時点でお釣りの用意が配達中に足りなくなっても、その1万円札でコンビニなどで少額の物を買ってお釣りを増やすことも出来ます。 最初のお釣りの用意は銀行の両替機やコンビニなどで少額の物を買うなどして用意するのも良いですし、 経験上は最初にお釣りの準備をしたら後はお札も小銭も自然と増えて行きます、私も最初に上記のお釣りを用意しただけで後はお札も小銭も特にわざわざコンビニなどで用意したことはないです。 便利なアイテム(コインケースなど) ポケットなどに用意したお釣りを突っ込んでいても良いですが、 小銭の枚数を素早く数えたり管理をするにはコインケースなどがあると便利です。 私は100均で購入したコインケースに小銭、クリップに5千円札1枚+千円札4枚セットをいくつかはさんでいます。 コインケースでお釣りの管理をすると枚数も一目瞭然ですし、お釣りを渡す時も素早く渡せます。 現金決済の場合の受取りの流れ 1.「現金を受け取る」をタップ 2.表示された金額を注文者に見せて現金を受け取る(お釣りがあれば渡す) 3.料理を渡す 4.「配達済み」をスワイプして終了 現金支払い受け付けでのやりとりの注意点としては お釣りの計算は暗算でもかまいませんが、スマホの電卓を使用することも出来ます。 またスマホの電卓の場合にはあらかじめ請求金額を打ち込んで置いて、注文者から出されたお金をマイナスするという方法もあります。 売上の残高がマイナスになった場合 当たり前ですが注文者から「集金した金額」にはウーバーイーツの取り分(システム代、料理代金)が含まれています。 なので現金決済の配達回数が増えると残高が 「ウーバーイーツへの支払い>配達報酬」になりマイナス表示されます(ウーバーイーツへの負債という形になります)。 マイナス残高をそのままにしておくと 「Uberへのお支払い期限が過ぎています」もしくは「Payment due to Uber at」と連絡が来ます、その連絡をタップすると 「お支払い期限が過ぎています」と注意文が表示されます、支払う場合は「続行」をタップします。 私は最初は「Uberへのお支払い期限が過ぎています」連絡が来てもよくわからなかったので放置していました。 その後も何度か来ても4週間くらい放置していましたが特にリクエストが停止にはなりませんでした。 なので正直 どの程度の期間、もしくは金額で停止になるのかはわかりません。 ただし、余裕があるなら早めに支払うことに越したことはないでしょう。 「総額」と「最低お支払い額」が表示されます、支払う場合は「続行」をタップします。 (「最低お支払い額」はおそらくとりあえずは今最低でもこれだけは支払ってくださいという金額だと思います) 金額を確認して「確定」をタップします。 (初めてのお支払いの場合はカード会社の方で一旦、支払先が大丈夫かの確認をされる場合がありますのでその場合はカード会社の指示に従って操作しましょう) Uberへの支払いが完了しました。 「売り上げ」セクションから履歴の確認とカード会社の明細も確認しておきましょう。

次の