超 モンテディオ 山形。 モンテディオ山形チーム情報

モンテディオ山形 2020シーズン 超個人的展望|kasu|note

超 モンテディオ 山形

モンテディオ山形は3日、尚志高校のFW阿部要門 17 の来シーズン加入内定を発表した。 福島県出身の阿部は、福島ユナイテッドFC U-15から尚志高校に進学した身長185cm体重79㎏のFW。 1月まで行われていた高校サッカー選手権大会では2年生ながらメンバーに選ばれていた。 山形でプロキャリアをスタートさせることが決まった阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、モンテディオ山形への加入が決まりました尚志高校の阿部要門です。 プロとしてのキャリアをここモンテディオ山形でスタートできることに嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。 モンテディオ山形で成長し少しでも早く試合に携わり、チームの勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願い致します」 2020. 03 11:15 Tue 山形退団の古部健太、九州サッカーリーグクラブへ加入決定 「今までの経験をチームに還元したい」 モンテディオ山形は4日、DF古部健太 34 が九州サッカーリーグのJ. FC MIYAZAKIに加入すると発表した。 立命館大学出身の古部は、2008年に横浜F・マリノス入団後、ツエーゲン金沢、V・ファーレン長崎、アビスパ福岡を渡り歩き、2018年2月から山形でプレー。 昨シーズンは明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合に出場したが、シーズン終了後に契約満了で退団した。 移籍先決定を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 カテゴリは違いますが、これからも応援していただけると嬉しいです。 今季の山形のJ1昇格を願っています! 2年間ありがとうございました! FC MIYAZAKI 「はじめまして。 古部健太といいます。 FCMIYAZAKIをJFLに昇格させるために全力でプレーし、今までの経験をチームに還元したいと思います! 都農町が盛り上がるきっかけのひとつにJ. FCMIYAZAKIがなれるよう頑張りますので、皆さま応援よろしくお願いします! 」 2020. 04 11:38 Tue.

次の

モンテディオ山形アンテナ/Yamagata antenna

超 モンテディオ 山形

ブンデスリーガに所属し、人気・実力ともブンデスリーガのトップクラスにあるビッグクラブである。 バイエルン出身のローマ教皇ベネディクト16世も、このチームのファンクラブ会員である。 2006年1月、日本の浦和レッドダイヤモンズとパートナーシップを締結した(ちなみに、現会長カール=ハインツ・ルンメニゲの実弟、ミハエル・ルンメニゲが浦和に在籍していたことがある)。 優良経営で知られ、クラブは創立以来借金をしたことがない。 また、意外にもブンデスリーガ初年度のメンバーではない。 前会長のフランツ・ベッケンバウアー、現会長のカール=ハインツ・ルンメニゲをはじめ、ゲルト・ミュラー、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマンなど、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属した。 PSV(Philips Sport Vereniging)は、オランダ・アイントホーフェンに本拠地を置くサッカークラブチーム。 PSVは、現地の発音をカタカナ表記すると、ペーエスフェーとなる。 オランダのサッカーリーグであるエールディヴィジに所属しており、アイントホーフェンに本社を持つオランダの電機メーカー「フィリップス」をスポンサーに持つ。 アヤックス、フェイエノールトとともにオランダを代表する3大クラブチームとして有名である。 現在の監督は、昨シーズンまで名古屋グランパスエイトの指揮を執ったセフ・フェルホーセン。 フィリップス・スポーツ・連合(Philips Sport Vereniging)は、その名の通り、サッカー以外のスポーツのチームも多く持っている。 AFCアヤックス(Amsterdamsche Football Club Ajax)は、オランダ・北ホラント州・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブチーム。 エールディヴィジに所属し、略称はAFCアヤックスまたは単にアヤックス。 1900年に創立された。 ヨハン・クライフの出身クラブであり、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)三連覇の実績もある名門クラブである。 日本ではPSVアイントホーフェン、フェイエノールトとともにオランダを代表する強豪クラブとして知られている。 白地に中心が赤色のユニフォームは有名。 育成とスカウティングに優れ、毎年のように若く優秀な選手が輩出されることからスター生産工場とも呼ばれている。 世界でも有数の育成システムを確立し、これまでも数多くの名選手を輩出してきたクラブである。 ユヴェントス・フットボール・クラブ Juventus Football Club s. a は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。 ユヴェントスはラテン語で「青春」という意味。 「ユーヴェ」と略称される場合もある。 愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネッロ(イタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネッリとも)や、シニョーラ(同じく「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」)などがある。 クラブ設立当初のユニフォームはピンクであった。 エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。 これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源が「タウリーニ 牛の人々 」であることが由来である。 セリエA優勝27回(最多)など、イタリアのみならず世界を代表するチーム。 ただしUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数2回はACミランの7回には及ばない。 96年から98年には3年連続決勝に進出。 過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。 欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いのだが、セリエAに関しては例外である。 ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。 ただし全国的に人気があることが嫌われてか、地元トリノではトリノFCの方が人気がある。 ホームスタジアムのデッレ・アルピは、平日開催の試合や、コッパ・イタリアの試合などで閑散となる事がしばしばある。 その後、ユヴェントスは「カルチョ・スキャンダル」における八百長に対するペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへの降格処分となった。

次の

燃えよモンテディオ|山形新聞

超 モンテディオ 山形

一方、4位のモンテディオ山形。 7月16日に阪野豊史が松本山雅FCに移籍したが、ガンバ大阪から髙木彰人を獲得。 この試合では、髙木も注目している選手の一人だった。 ではハイライトをどうぞ。 ジュニアからヴェルディ育ちの山本理仁は2001年12月12日生まれ、17歳の左利き。 今季飛び級でトップチームに昇格すると、この試合を含めて8試合に先発し、4試合で途中出場している。 山形戦では最初右サイドバック、途中から中盤の底に入ってプレーした。 本来は中盤の選手である。 もっともっとアグレッシブなプレーが見たい。 将来が楽しみな選手だ。 シュート数は、東京Vが 5、山形は12だった。 東京VのGK上福元直人のファインセーブがなければ、山形が2、3点取っていてもおかしくなかった展開。 ボールを保持しているのは東京V、決定機が多かったのは山形。 そういう試合だった。 東京Vは7月20日の第23節・愛媛FC戦(3〇2)から永井秀樹監督が指揮を執っている。 この山形戦でも監督の意図するサッカーは見えた。 しかし、ボールポゼッションからいかにシュートまで持っていけるかが課題だろう。 あれだけボール保持をしていても、シュートが5本ではもったいない。 半田陸は2002年1月1日生まれの17歳。 この試合では、2種登録で2試合目の先発となり、右ウイングバックで積極的にプレーした。 スピードとフィジカルの強さがある。 また山形はベテランも光っていた。 攻守に効いていたベテランの本田拓也。 現在34歳、安定感のあるプレーでチームをけん引していた。 そして、髙木彰人。 この日は、途中からの出場だったが、G大阪とはまた違ったサッカーの中で、攻守にたくましくなっている印象を受けた。 しかし、あの決定機は決めたかった。 本人も悔やんでいた。 山形での成長に期待したい。 J2は、残り14試合。 この日のような試合を勝ち切れるようになると、山形の粘り強さが生きてくる。 この日の味の素スタジアムの入場者数は、6,239人だった。 この数は、やはり寂しい…。

次の