帯状疱疹 塗り薬 市販。 ヘルペス 薬 塗り方

【医師監修】抗ヘルペスウイルス薬は市販されている?購入する際の条件は?

帯状疱疹 塗り薬 市販

帯状疱疹とは 帯状疱疹は、水ぼうそうを引き起こすウイルスと同じウイルスが原因となって起こります。 それが、「 水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」です。 かつて水ぼうそうにかかって治ったことがある方は、もうウイルスを退治したと思いがちですが、実はウイルスはずっと体内に潜んでおり、出現の機会をうかがっているのです。 この機会は人の病気や加齢、ストレス、過労、ケガなどによって免疫力が低下している時に訪れます。 症状としては、最初にチクチクとした痛みを感じ、その後数日以内に赤く小さな疱疹が現れます。 帯状疱疹はその名のとおり、疱疹の現れ方が帯状に出ることが特徴的です。 胸から背中、腹部、そして顔や手足にも現れますが、体の左右どちから片側に出ることが多く、一度に数か所現れることがありません。 治療法として、ウイルスが原因なので、ウイルスの作用を抑える抗生物質の服薬治療と痛みやかゆみを生じている患部に塗布する外用薬による治療が行われます。 内服する薬は、 塩酸バラシクロビルやアシクロビル、ファムシクロビルなどが使われます。 次の項では、塗り薬をメインにご説明します。 スポンサードリンク 帯状疱疹に効く塗り薬は? 帯状疱疹はウイルスの感染によるものですので、市販薬ではまかなえません。 皮膚科の診断を基に処方してもらうことが最善ですが、なかには医師が処方するものと同成分を含む市販薬もありますので、緊急対応などにはそちらを使うこともおすすめです。 では、以下にみていきましょう。 ゾビラックス軟膏 アシクロビルという成分できているヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。 クリーム状の塗り薬で、適量を1日数回患部に塗布します。 アラセナA軟膏 ビタラビンという成分でできている、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるお薬です。 帯状疱疹の治療では主にこちらが用いられることが多いようです。 1日に1~4回ほど患部に塗布します。 アラセナS軟膏・クリーム 先にご紹介したアラセナA軟膏は医師による処方が必要ですが、同成分を配合した軟膏とクリームが、佐藤製薬株式会社より発売されています。 配合量も同量なので、効果も劣りません。 まとめ 帯状疱疹は、水疱瘡を経験したことのある方なら誰でも起こりうる病気です。 なってしまったら悪化を防ぐためにも早期の治療開始が大切です。 今回ご紹介した塗り薬はもちろん、内服薬、点滴など医師の判断を仰ぎ、多角的な治療で早期改善を目指しましょう。

次の

帯状疱疹の薬で塗り薬はどのようなものがある?

帯状疱疹 塗り薬 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の

【医師監修】抗ヘルペスウイルス薬は市販されている?購入する際の条件は?

帯状疱疹 塗り薬 市販

ちなみに私は59歳の男性です。 帯状疱疹は、60代を中心に50代から70代に多い病気なので、まさに私はドンピシャの年齢でした。 それでは帯状疱疹の治療内容と症状の経過をお話ししていきます。 1回目の治療内容(症状の写真)と処方された薬(飲み薬) 2015年10月12日(日)。 3日前(10月9日)から左足太もも裏に、やや盛り上がった赤い斑点が出始めて、三日間で一気に赤い斑点の数が増え(上記画像)、市販薬のオロナイン軟膏では手の施しようがなくなったので、土日祝日も診察をしている近所の病院に予約を入れて、皮膚科で診察をしてもらったところ帯状疱疹と診断されました。 診察してもらった医師によると、帯状疱疹の初期症状としては、一般的には、赤い斑点や発疹が出る数日前に、皮膚がビリピリしたり、神経痛などの痛みを伴い、斑点自体も強い痛みを伴うことが多いとのこと。 私の場合は、神経の痛みや赤い斑点が出ても痛みはそれほど感じなかったので、帯状疱疹と気づくのが遅れたようです。 血液検査を行なって、飲み薬を2種類処方してもらいました。 ひとつは、パルトレックス錠500という飲み薬。 帯状疱疹ウィルス(ヘルペスウィルスの一種)による感染症の治療薬。 一日3回。 朝・昼・夕食後に服用。 2日分。 もうひとつは、カロナール錠300という痛み止めの飲み薬です。 こちらの薬は帯状疱疹の痛みを和らげるためのものなので、痛みがない場合は飲まないでよいとのこと。 私はほとんど痛みは感じなかったのでカロナール錠300は飲みませんでした。 薬は二日分処方されました。 3日後の水曜日(10月14日)に再診の予約を入れて初診は終了。 血液検査の結果は次回の診察の時に教えていただけるとのこと。 帯状疱疹の一回目の治療費は、初診・診察・処方箋・検査費用で2,300円(国民健康保険3割負担額)。 薬代は2,120円。 合計4,420円 2回目の治療内容(症状の経過)と処方された薬(飲み薬) 2015年10月14日(水)帯状疱疹の発症5日目。 左足太もも裏全体の帯状疱疹はおしりの部分にも広がってきました。 赤い斑点は盛り上がり、水ぶくれ(水疱)もかなり目立ってきました。 二箇所ほど水ぶくれがつぶれて炎症を起こしています。 左足太もも裏全体が少しピリピリとしびれる感じがしますが、強い痛みや痒みなどの自覚症状はありません。 私の叔父(86歳)が65歳のときに右足に帯状疱疹が出たときはかなり痛みがあって夜も眠れなかったそうです。 私の場合は神経痛などの痛みが伴わないので帯状疱疹の症状の中でも軽いほうなのかもしれません。 2015年10月14日(水)皮膚科で2回目の診察。 前回行なった血液検査の結果は異常なし。 どの項目も基準範囲内。 帯状疱疹の影響と思われる数値の異常は見られないとのこと。 ひと安心です。 前回と同じ、水痘・帯状疱疹ウィルスの感染を抑える飲み薬(バルトレックス錠500)を5日分処方してもらいました。 2回目の帯状疱疹の治療代は、診察と処方箋料で590円(国民健康保険3割負担額)。 薬代は、5日分で4,320円。 合計4,910円 3回目の治療内容(症状の経過)と処方された薬(塗り薬) 2015年10月19日(月)帯状疱疹の発症10日目。 左足太もも裏全体とおしりの帯状疱疹は、赤い斑点の症状から水疱(水ぶくれ)状態になってきました。 ただれて炎症を起こしている箇所も見られます。 帯状疱疹による左足太もも裏全体の痛みはありません。 ただ、少し痒みを感じるようになってきましたが、普通に生活している中で、とくに気になって仕方がないとか、痛みや痒みで夜眠れないということはありません。 帯状疱疹はウィルの増殖で皮膚と神経の両方に炎症を起こすので一般的には強い痛みを伴うことが多いのですが、私の場合はほとんど痛みは感じませんでした。 医師の話によると、帯状疱疹は、発熱や頭痛などの合併症を起こすこともあり、糖尿病を患っていると神経の痛みを感じないことがあるそうです。 それじゃ私は糖尿病なのかな、と思いましたが、2か月前に行なった健康診断の結果は、血糖値もヘモグロビンA1cも正常値だったので、糖尿病とは関係ありませんよ、と先生もおっしゃってくださいました。 2015年10月19日(月)帯状疱疹の3回目の治療。 発疹も水ぶくれになってきているので飲み薬はもういいでしょうと言われ、一部、ただれや炎症を起こしてるので、皮膚のただれや炎症を治療する塗り薬(アズノール軟膏)を処方してもらいました。 塗り薬は一日2回。 朝起きたときと、夜、お風呂上がりまたは寝る前に患部に塗ってくださいと薬局で言われました。 帯状疱疹の3回目の治療代は、診察料・処方箋料で計600円(国民健康保険3割負担分)。 薬代(塗り薬=軟膏)が360円。 合計960円 4回目の治療内容(症状の経過)と処方された薬 2015年10月26日(月)帯状疱疹の発症17日目。 左太もも裏からおしりにかけて広がっていた赤い発疹は完全に消えて、水疱(みずぶくれ)もほとんどが、かさぶたになってきました。 一箇所、炎症を起こして一円玉大の潰瘍ができています。 この潰瘍部分は触ったりするとちょっと痛みを感じます。 帯状疱疹は他人に感染する病気じゃないとはいえ、こうして写真で見るとかなり気持悪いですね(笑)。 知らない人が見たら絶対にうつりそうな皮膚病だと思われそうなので、完治するまではスーパー銭湯には行かないことにしました。 2015年10月26日(月)帯状疱疹の4回目の治療。 全体的には症状も快方に向かってきていますが、一箇所、ただれて潰瘍ができているので、潰瘍を治療するお薬を出しておきますと言われ、先生に塗り薬を処方してもらいました。 処方された薬は、ゲーベンクリームという塗り薬です。 一日1回、帯状疱疹で潰瘍になった箇所に塗ります。 前回処方してもらった炎症やただれを治療する塗り薬(アズノール軟膏)は引き続き使って、今回処方された塗り薬(ゲーベンクリーム)は潰瘍部分だけに塗ります。 帯状疱疹の4回目の治療代は、診察料・処方箋料で計590円(国民健康保険3割負担分)。 薬代(塗り薬)が590円。 合計1,180円 5回目の治療内容(症状の経過)と処方された薬(塗り薬) 2015年11月2日(月)帯状疱疹の発症24日目。 左太もも裏からおしりにかけての水疱(みずぶくれ)とかさぶたもほとんど消えかけてきました。 痛みや痒みもありません。 一箇所できた潰瘍もかさぶたができてきました。 ただこうして自分の帯状疱疹を写真で改めて見てみると、かなり見た目が気持悪いですね。 まあ誰に見せるわけでもないので別にどうでもいいんですが(笑)完全に帯状疱疹の跡が消えるには半年近くはかかるそうです。 2015年11月2日(月)帯状疱疹の5回目の治療。 症状の経過も順調。 神経痛などの後遺症も今のところないようなので治療(通院)はこれで終わりにしましょうと言われました。 潰瘍を起こしている箇所が残っているので化膿を抑える塗り薬を処方してもらいました。 処方してもらった塗り薬はデルモゾールG軟膏。 一日2回使用。 帯状疱疹で潰瘍になった部分の炎症や化膿を抑える薬です。 帯状疱疹の5回目の治療代は、診察料・処方箋料で計600円(国民健康保険3割負担分)。 薬代(軟膏)が350円。 合計950円 皮膚科での帯状疱疹の治療回数は5回。 通院期間は24日間でした。 帯状疱疹の治療費(病院の皮膚科に払った費用) は、1回目…2,300円/2回目…590円/3回目…600円/4回目…590円/5回目…600円。 合計4,680円 薬代(薬局に払った費用) は、1回目…2,120円/2回目…4. 320円/3回目…360円/4回目…590円/5回目…350円。 合計7,740円 治療費と薬代を合わせた全費用は12,420円でした。 帯状疱疹の初期症状と治ったあとを写真で比較(発症から1年7か月後) 左足太もも裏全体にできた帯状疱疹の初期症状(発症3日後)と完治後(発症6か月後)を写真で比較してみました。 上の四枚のうち一枚目の写真が発症3日後(2015年10月12日)です。 赤い発疹や水ぶくれ(水疱)が痛々しいですね。 二枚目の写真が97日目(2016年1月19日)。 治療を終えて約2か月目です。 三枚目の写真が発症4ヶ月半後。 治療を終えて約3か月半。 四枚目の写真が発症6か月後。 治療を終えて約5か月後。 五枚目の写真が発症9か月後。 治療を終えて約9か月。 潰瘍になった箇所の跡がまだうっすらと黒くなっています。 皮膚が再生されて、きれいになるまでには一年近くかかりそうです。 もしかしたら黒い跡になってしまったところは消えないかもしれません。 最後の六枚目は、1年7か月が過ぎた現在(2017年5月30日)の状態です。 消えないと思っていた帯状疱疹の跡もほとんどきれいになりました。 帯状疱疹は再発するケースはほとんどなく、一生のうち一回しか発症しないので、今回は、貴重な体験をしたということで、治療の内容と症状の経過をまとめてみました。

次の