神奈川 県 緊急 事態 宣言。 東京都が休業要請 飲食店は午後8時まで―神奈川、埼玉も・緊急事態宣言:時事ドットコム

緊急事態宣言解除後の神奈川ビジョン

神奈川 県 緊急 事態 宣言

(作成:日経クロステック) この緊急事態宣言により、企業は在宅勤務を一層加速しなければならない。 安倍晋三首相は企業に「出勤を最低でも7割減らす」ように要請。 在宅勤務をこれまで実施してきた企業でも、多くは間接部門が中心だ。 開発部門の在宅勤務を積極的に進めている製造業は、IT事業を主力とするNECなどごく一部 *。 新型コロナ騒動が勃発し、必要に迫られるまで「テレワークは行っていなかった」(キヤノン)企業は多い。 だが、企業内感染を防ぐために、今後は開発部門を含めて極力、社員の出勤を抑えなければならない。 * NECでは開発を含めて全社でテレワークがかなり進んでいる。 社員は在宅で可能な仕事は出勤せずに対応するのが前提。 2018年には全社員が回数制限なくテレワークが可能な制度を導入。 2019年にはコアタイムのないフレックスタイム制度を採り入れた。 同社は、東京五輪の開催に備えて東京都が企業にテレワークを要請したのを受けて、2016~7年ごろからテレワークを開始した。 導入当初に生じたインフラ面や業務の進め方といった問題をこの数年で解消してきたという。 開発部門で在宅勤務が進まなかった最大の理由は、出勤しなければ試作品を作れず、試験や評価ができないからだ。 高性能コンピューターや大型の機械、試験設備、専用治具など製品開発に必須の設備は出勤しなければ使えない。 実際、「技術開発拠点では設計ツールや実験設備などの関係でテレワークに限界がある」(日産自動車)、「開発系は出勤している社員が多い。 CADや実験設備など現場にいないと進まない業務がある」(ダイハツ工業)といった声が上がる。 そこで、「開発現場をよく知る上司の判断に委ね、技術者の出勤を必要最小限に抑える」(トヨタ自動車)という方針で、開発業務の継続と新型コロナへの感染防止との両立を図る企業が増えている。 開発業務でも、もの(ハードウエア)ではなくソフトウエアの開発は比較的テレワークを進めやすく、既に在宅勤務を実施している企業は多い。 会社から貸与されたパソコン(PC)でプログラミングを行い、社内の高性能コンピューターにリモートでログインしてコーディングするといった一連の業務をこなせるという。

次の

緊急事態宣言を全面解除、東京など5都道県で7週間ぶり-政府

神奈川 県 緊急 事態 宣言

掲載日:2020年5月23日 1 地域別の新型コロナウイルス感染症対策(厚生労働省資料から) 赤い斜線のエリア:特定警戒、 黄色い横線のエリア:感染拡大注意、 緑のエリア:感染観察、 波打つライン:患者数(図:厚生労働省より引用) 国は、患者数が伸びたところで緊急事態宣言をして、患者数を減らしてきました。 緊急事態宣言が解除されると感染観察に入ります。 感染観察から感染拡大注意への移行については、知事の権限とされています。 2 コロナと共存する新たな社会経済ビジョン 取るべき戦略 戦略 内容 (1)医療体制の維持 (2)医療・福祉 担い手の保護、高齢者・障がい者などの保護 医療体制の維持や医療・福祉・高齢者等の保護に取り組み、感染者数を極限まで抑える。 (3)新たな社会経済モデルへの転換 経済活動を再開し、感染対策を意識した新たな社会経済モデルへの転換を行う。 3 経済活動再開時のリスク低減 安心して店舗営業を再開し、また、利用者も安心して来店等ができるよう、LINEパーソナルサポートを使ったリスク低減策を構築します(「LINEコロナお知らせシステム(仮称)」)。 県民の皆様が店舗等利用時に、店舗等に掲示された二次元コードを読み込むことにより、来店日時等の情報がLINEに登録されるシステムです。 当該店舗等で感染が把握されると、同じ日時に来店していた利用者の方々へ「濃厚接触の疑いあり」という連絡が届きます。 このスキームにより、感染拡大を防いでいきます。 4 戦略とモニタリング対象 経済活動を再開した後も、再び感染拡大する状況を念頭に置き、モニタリングしていきます。 状況の悪化を検知した際には、神奈川警戒アラートを発動し、感染拡大を防いでいきます。 戦略 モニタリング内容 (1)医療体制の維持 (2)医療・福祉 担い手の保護、高齢者・障がい者などの保護• 感染拡大傾向• 医療体制のひっ迫度• 医療従事者の感染• 施設クラスター発生状況 (3)新たな社会経済モデルへの転換• 感染対策を実施している事業体 5 緊急事態宣言解除後の再警戒の指標• 感染の状況は、神奈川県と東京都の週当たりの感染者数増加率(K値)等を使用して把握します。 医療の状況は、重症患者数、中等症患者数、医療者に感染が発生している病院数などによって把握します。 監視体制は、県独自のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」で把握する発熱傾向、一人の患者が何人に感染させたかを示す実効再生産数などによって把握します。 感染の状況、医療の状況及び監視体制の状況から総合的に判断します。 事業環境改善に向けた財政的支援 感染対策に配慮した店舗等の環境整備に向けたハードやソフト面の財政的支援を実施します。 7 今後のマイルストーン 今後、特定警戒都道府県の指定が解除された際に、外出自粛、休業要請の解除を行います。 休業要請については、段階的解除を行います。 ただし、その後も状況が悪化する場合は、神奈川警戒アラートを発動し、外出自粛を要請し、事業者には警戒を呼び掛けるなど、県民の皆様に分かりやすくお知らせします。 時期 今後のマイルストーン 県の対応 現状 特定警戒都道府県指定の継続 徹底した外出自粛、休業要請 某日 特定警戒都道府県の解除 外出自粛・休業要請の解除 (休業要請については段階的な解除も検討) 某日 神奈川警戒アラート発動 外出自粛の要請 事業者へ警戒を呼び掛け 某日 特定警戒都道府県の再開 徹底した外出自粛、休業要請.

次の

緊急事態宣言発令へ。介護保険サービス事業所の対応は?

神奈川 県 緊急 事態 宣言

安倍総理の発言内容 「先ほど、党の幹部の皆さまとお話しいたしまして、新型コロナウイルス感染症の経済に与える甚大な影響を踏まえまして、過去にない強大な規模となる、GDPの2割に当たる事業規模108兆円の経済対策を実施することといたしました。 大変な困難な状況に直面している御家庭、そして中小・小規模事業者の皆さまに対しまして、6兆円を超える現金給付を行ないます。 そして、雇用を守り抜いていかなければなりません。 無利子融資を民間金融機関に拡大するとともに、前例なき26兆円規模で、納税や社会保険料の支払猶予を行ない、事業の継続を後押しし、雇用を守り抜いていきたいと考えています。 また、先ほど諮問委員会の尾身会長から御意見を伺いました。 足元では、東京や大阪など、都市部を中心に感染者が急増しています。 医療現場では既に危機的な状況となっていることを踏まえ、政府として、緊急事態宣言の準備をすべし、との意見を頂きました。 対象地域は、7都府県。 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府と兵庫県、そして福岡県です。 1か月程度の期間を目安として、感染につながるヒトとヒトとの接触を極力減らすため、国民の皆さまにはこれまで以上の御協力をいただくこと、そして、医療提供体制をしっかりと整えていく、そのための緊急事態宣言であります。 改めて明確に申し上げますが、日本では、緊急事態宣言を出しても、海外のような都市の封鎖を行うことは致しませんし、そのようなことをする必要もないというのが専門家の皆さまの御意見であります。 電車などの公共交通機関も動きますし、スーパーなども引き続き営業いただくなど、経済社会活動を可能な限り維持しながら、密閉、密集、密接の3つの密を防ぐことなどによって、感染拡大を防止していくという、これまでの日本のやり方には変わりなく、これを一層強化、そして徹底をお願いするものであります。 そのため、対象となる地域の皆さまには、冷静な対応をお願いしたいと思います。 他方で、それだけに、爆発的な感染の拡大を防ぐためには、国民の皆さまに、十分な御協力をいただく必要があります。 可能な限りの、外出自粛に、全面的に御協力をいただく一方で、社会機能維持のために、様々な業種とそこで働く皆さまには、事業継続をお願いしていくことも必要となります。 こうした考え方の下、調整を進め、基本的な対処方針の改定を行ないます。 そして、当然、諮問委員会の専門家の皆さまからの御意見を伺った上で、明日にも緊急事態宣言を発出したいと考えています。 最終的に発出する段階では、私から記者会見を開いて、丁寧に御説明し、国民の皆さまにどのような御協力をお願いするかということについて、御説明させていただきたいと考えています」.

次の