仕事 を 辞め たい とき。 仕事辞めたい…悩んだらチェック!辞めたい理由・転職するかの判断ポイント

「仕事辞めたい」というときに見つめ直したい、あなたの「無意識」の状態

仕事 を 辞め たい とき

パート辞めたい…円満に辞めるための退職理由と上手な伝え方 パートで働いている人の中には、さまざまな理由から仕事を辞めたいと考えている人がいると思います。 しかし、退職理由について正直に伝えていいものか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 今回は「パートを辞めたい」と考えている人に向けて、上司や責任者が納得しやすい退職理由と、その伝え方をご紹介します。 【目次】 1. パートを辞める本当の理由 パートを辞めたくなる理由は人それぞれですが、代表的なのは次の5つです。 しかし、その1人が経営者や職場の責任者、店長、リーダーといった上司だったり、あるいは1人ではなく、先輩や同僚ら複数だったりすると、職場で息苦しさを感じる人もいるでしょう。 人間関係がギスギスして気持ちよく働くことができない場合、「辞めたい」と考えるようになっても仕方がありません。 例えば、「サポート的な仕事と思っていたのに、責任の重い仕事を与えられる」「接客が得意なのに、裏方の作業ばかり言いつけられる」「想像以上に体力を消耗する」などが仕事内容のギャップとして一般的です。 例えば、「時給が高い」「通勤が便利」「シフトを組みやすい」といったパート先が見つかった場合、今の仕事を辞めて、新しい職場に転職する人が多くなります。 ほかには、親の介護や子どもの受験などの事情から、パートを辞める人もいます。 2.円満にパートを辞めるための理由の伝え方 「パートを辞めたい」という意思を上司に切り出したら、多くの場合「なぜ?」と理由を聞かれるでしょう。 そんなときは、上司に納得してもらいやすい退職理由を上手に伝えることが大切です。 では、円満にパートを辞めるためには、どのような理由の伝え方をすれば良いのでしょうか? 円満に辞めやすい理由 家庭環境の変化を理由にする 夫の転勤にともなう引っ越しや親の介護など、家庭の事情を理由に退職を申し出ると、会社側は認めざるを得ません。 特にパートと家庭を両立しながら働いている主婦の場合、家庭環境に変化があれば、勤務を続けられないことは、会社も理解してくれるでしょう。 キャリアアップを理由にする 資格の勉強をしていることや、異なる業種の会社への就職・転職活動を本格的にスタートさせることなど、キャリアアップしたいことを理由にすると、前向きな退職だと受け止められやすいでしょう。 今の仕事が嫌で辞めるのではなく、「自分の夢を実現したい」という思いを前面に打ち出すことがポイントです。 体調不良を理由にする 「腰痛のため立ち仕事が難しくなった」「体力的に厳しくなった」など、体調不良を理由にする方法もあります。 体調が悪いのに無理に働かせるわけにはいかないため、会社側は認めざるを得ません。 雇用形態を理由にする 「現在はパートとして働いているが、正社員としての働き口が見つかった」「パートではなく、フルタイムで働きたい」など、雇用形態を理由に辞めるという方法があります。 ただし、現在の職場でパートから正社員登用などの制度がある場合は引きとめられる可能性があるため、注意が必要です。 伝え方のポイント 自分に非があるように伝える 辞める理由を会社のせいにしないことも大切です。 たとえ職場環境や待遇に不満があったとしても、それには触れず、あくまでも「自分の勝手な都合で辞めることになり、申し訳ない」という伝え方をすることで、相手に納得してもらいやすくなります。 感謝の気持ちを伝える 辞める意思を伝えるときは、それが短い期間であったとしても「これまでお世話になり、本当にありがとうございました」「丁寧にご指導いただき、感謝しております」など、上司に感謝の気持ちを伝えましょう。 相手に良い印象を持ってもらうことができ、円満に退職しやすくなります。 3.パートを辞めるまでの準備・流れ パートを円満に辞めるためには、退職までの準備をきちんとしておくことが大切です。 ここでは、パートを辞めるまでの準備と流れをご紹介します。 一般的には、「1カ月前までに伝える」としている会社が多いようです。 また、採用時に企業と取り交わした雇用契約書などを読み、職場の就業規則や雇用期間の確認もしておきましょう。 半年や1年など、雇用期間に定めのある有期契約の場合は、やむを得ない事由以外は期間満了まで退職できない場合があります。 特に雇用期間に定めがない場合は、民法第627条では、2週間前に辞める意思を伝えれば退職できるとなっています。 そのため、「就業規則に書かれている時期を過ぎたから辞められない」ということは基本的にはありませんが、会社側もシフトの調整や、新たな採用活動の実施といった手間や時間が余計にかかります。 ギリギリに伝えるのではなく、辞める1カ月前には伝えることがマナーです。 伝え方 パート仲間や先輩ではなく、まずは直属の上司に直接口頭で伝えましょう。 このときに、やめる時期もきちんと伝えておくとスムーズです。 引き継ぎの準備 退職が決まったら、担当業務のマニュアル化とともに、データや個人で使っていた会社の備品の整理を行いましょう。 特に長年働いていた人が辞める場合、その人がどのように仕事を進めていたかをマニュアルで残しておく必要がある場合があります。 責任を持ってしっかりと引き継ぎをしておけば、会社に迷惑をかけることもなく、辞めた後のことを心配する必要もありません。 退職日は職場の忙しさを考慮して決定 繁忙期や人手がたくさん必要になる時期を退職日にすると、他のスタッフの負担が大きくなってしまいます。 職場が忙しくない時期を退職日に選ぶなど配慮を心掛けましょう。 4.パートを辞める前にできること とは言え、せっかく採用されたのに、すぐ辞めてしまうのでは勤務先の会社に与える印象は良くありません。 次の会社に転職するときも「またすぐ辞めるのでは?」と思われる可能性があります。 そうした事態を避けるために、ここではパートを簡単に辞めることを防ぐ方法についてご紹介します。 面接時に業務の内容を詳しく聞く 「想像していた仕事と違った」と感じると、「こんな仕事はしたくない」「辞めたい」「自分のしたい仕事を探したい」と思う確率が高くなります。 特に未経験の仕事の場合に、働き始めてからのミスマッチが生じる傾向があります。 それを防ぐためには、面接の際に業務内容を細かく聞くことです。 仕事内容はもちろん、職場環境やシフト面、残業の有無など、気になる部分は遠慮せずに確認しましょう。 良好な人間関係を築く 職場の人と適切なコミュニケーションを取り、円滑な人間関係を築くよう心掛けることも大切です。 「挨拶をする」「上司やスタッフの陰口を言わない」など、気持ちよく働ける環境づくりを自ら行いましょう。 また、他のスタッフにフォローをしてもらったときはお礼を言い、ミスをして迷惑を掛けたときは謝るなど、感謝と謝罪の気持ちを素直に言葉で伝えることも大事なポイントです。 さらに、有益な情報はみんなでシェアするなどして、職場環境を良くするために前向きな行動を取りましょう。 悩んだときは上司に相談する 仕事の進め方や働き方などで悩んだときは、自分1人で抱え込むのではなく、上司に相談し、問題の解決策を仰ぐことをオススメします。 職場に親しい人がいる場合は、その人に相談しても良いでしょう。 ただし、上司との関係が悪かったり、親しい人がいない場合は相談できませんので、日頃から信頼できる人を職場でつくっておくことが大事です。 5.パートを円満に辞める秘訣は、納得感のある退職理由とタイミング パートの仕事は曜日や勤務時間など、自分の都合に合わせて働きやすい点がメリットです。 正社員と比べて退職しやすい点も働きやすさの一つと考えていいでしょう。 ただし、せっかく採用された職場を辞める際は、会社や上司、同僚らに迷惑をかけないような配慮が必要です。 そのため、少なくとも1カ月前には上司に辞める意思を伝えるとともに、今回ご紹介したような、納得してもらいやすい退職理由を適切なタイミングで伝えるようにしましょう。 また、辞める意思の連絡は電話やメール、LINEなどではなく、対面できちんと誠意をもって伝えることも大切です。

次の

仕事を辞めたいときに読むサイト!

仕事 を 辞め たい とき

「仕事辞めたいなあ・・・」誰もが一度や二度は考えることですよね。 人間関係が辛い、ノルマが厳しい、といったはっきりした理由がある場合もありますし、ただ「辞めようかな・・・」という気持ちだけがわいてくることもあるかと思います。 モヤモヤした気持ちを抱えながらインターネットで求人を検索してみたり、毎日の仕事でも言葉にできない疑問や不満がうずまいていたりするのに、人前で「辞めたい」と言い出せない。 心のどこかで「現状を変えたくない」「変化が怖い」と感じているのではないでしょうか。 仕事を辞めたら収入が途絶えて生活が苦しくなるかも知れない、会社を辞めたら社内の人に陰口を言われるかも知れない等、先の事を考えれば考えるほど動けなくしているのかも知れませんね。 そこで、仕事を辞めたいけれど言えないときの対処法をご紹介します。 ここで言う「仕事を休む」のは、しんどくて仕事に行けなくなるのではなく、自分の意志で職場に連絡をして休むことです。 残業が続いて余裕がなくなっている時などは、冷静な判断が下せない場合も多く、自分自身を立て直すための休暇を取る、といった解釈です。 ですので、休む時の仕事の段取りなどをあらかじめつけておいて、周囲に負担がかからない配慮が必要でしょう。 普段からのストレスが蓄積し、出社拒否症のように朝起きられない、電車に乗れないといった形で無断欠勤などが積み重なる、といった事が起きる前に対処しておきたいですよね。 こころのゆとりがなくなると、考えが独りよがりに傾きがちで、客観的な判断ができず、周囲からの信頼関係を無くしてしまう場合もあります。 突然の心の糸が切れる前に、あえて仕事から離れる時間を持ちましょう。 スポーツなど身体を動かす趣味から、読書などの自宅で静かに過ごす趣味まで多様多彩なカルチャーがあります。 すでに趣味をお持ちなら、気持ちのリフレッシュには最適と感じていらっしゃるのではないでしょうか。 「これといった趣味ってないなあ・・・」という方もおられるかも知れませんね。 入会金や月謝をかけて教室に行くにも、時間が取れない、続けられるか不安など、やってみる前に躊躇することもありますよね。 たとえば地域の公民館などで市民向けの色々な講座が開催されていますので参加してみてはいかがでしょうか。 お住まいの地域の生涯学習に関する情報をチェックしてみましょう。 スポーツもウォーキングやヨガ、太極拳などは多くの場所で開催されていますし、絵画や俳句、コーラス等のカルチャー系の講座もあります。 また講師の方が来られてお話をされるイベントを開催されている所も多くあります。 会場では色々な講座のチラシなどが置いてありますし、ホームページなどで情報発信されているところも多くありますよ。 時間がなかなか取れない方は、インターネットを利用したe-ラーニングで学習してみてもいいかも知れませんね。 資格取得対策講座から、趣味の講座まで多種多様なものがたくさんあります。 一昔前なら通信講座であったものが、今では動画配信などで学べるし、課題を郵送することも少なくなってきています。 自分の興味のある講座を見て回るのも楽しいですよ。 こんな時は気分転換するのが一番。 先に紹介した「仕事を休む」「趣味に没頭する」のもリフレッシュの手段のひとつ。 ここでは感情を開放するという観点で見ていきましょう。 たとえば一人DVDで映画やドラマを鑑賞する時間を作ります。 内容は思い切り泣けるものや笑えるものがいいですね。 泣くことは自分自身の感情の浄化作用があります。 これまで我慢してきたものが涙と共に流れ出てしまうのですね。 笑うことも落ち込んだ気持ちを前向きに変換する効果があります。 日常生活で人目をはばからず大泣きすること、周りがびっくりするほど大声で笑うことは少ないものです。 周囲の目を気にせず素直に自分の感情のままに泣いたり笑ったりすると、落ち着いた時にはすっきりしているはずです。 他には一人旅などしてみてはいかがでしょうか。 温泉の日帰りプランなどを検索してみると、いろいろなものが紹介されています。 お食事と温泉で癒されるのもいいものですね。 一人ででかけるのは何だかなあ・・・という方には旅行会社のバスツアーなどはいかがでしょうか。 初めて出会うツアーのお客様同士が仲良くなれるよう、バス内でゲームなど楽しい企画に参加しながら旅ができますよ。 普段やらないことを体験するのはいい気分転換になりますので試してみてください。 「辞めたい」と思うくらいなのですから、何らかの原因でストレスを感じているはず。 辞めたいと思う原因を見つけるためには、辞めたい気持ちをアウトプットすることが大切です。 ノートやメモ用紙に辞めたい気持ちを思いつくまま書いてみましょう。 思考を整理するには紙に書く作業が効果的であることが知られています。 紙に書く時に自分の中の記憶や感情に向き合い、適切な言葉を選んでいく過程が、思考の整理につながるのです。 要するに、ただしゃべっているだけでは思いついたまま言葉を並べているだけなのですが、紙に書くことで論理的に言葉を組み立てようと考え、伝わる文章にしようとするのです。 また、書いたものが目に見えるので、客観的にとらえて考えることもできます。 書いているうちにどう表現していいかわからないことができると本やインターネットで言葉を調べるので知識も一緒に蓄積されていきます。 その結果、新しい情報や言葉、語彙などに出会い、自分自身を高めることにも役立ちます。 自分の考えや気持ちに向き合うことによって、辞めたい原因がだんだんわかってくると思いますよ。 仕事の上で成長を感じられない、毎日残業が続き勉強する余裕がない、人間関係に振り回されて肝心の仕事に身が入らないなどがあげられます。 実は将来に不安を感じるのは、「今」の立ち位置から「過去」を振り返り、嫌だったことや思い出したくない経験を結び付けて不安を感じているのかも知れません。 嫌なことを思い出すと、それから連想されて次々とマイナス思考となり、未来に希望が持てなくなってくるのです。 自分の将来像を考えるときは「なりたい自分」を想像してみましょう。 実現する・しないに関わらず、こうなっているといいな、ああなっていると素敵だなとワクワクしながら自分の未来像を考えるのです。 できれば5年後、10年後と具体的な年月が設定しているといいですね。 「なりたい自分」の姿を想像したら、その未来から「今」を見つめてみましょう。 なりたい自分に何が足りないのか、どう行動していくのか、必要なものはどこにあるのかなど、具体的なアクションプランが見えてくるはずです。 これは「バックキャスティング」という手法で、現代の変化が多く今あるリソースでは未来を予測できにくい事から、目標値を先に設定し今出来る事を検討する方法です。 ビジネスシーンで色々なところでも取り入れられてきています。 常識にしばられずにアイディアが出せることが特徴ですね。 未来に希望が持てると仕事も楽しく取り組むことができるでしょう。 また別のアクションを選んだとしても前向きに受け止められるはずです。 一人で悶々と悩んでいても、もやもやだけが残ってすっきりしない毎日を送ってしまうことにもなりかねません。 そんな時は専門家に話を聞いてもらってみてはいかがでしょうか。 カウンセリングもいろいろありますが、仕事の悩みはキャリアカウンセリング、心の悩みは心理カウンセリングと、内容によって相談する専門機関も変わります。 自分がどちらに相談していいかわからないときは、どちらの相談も受け付けている機関を利用してみてはいかがでしょうか。 たとえば若年者の就労支援窓口としては全国各地に「ジョブカフェ」があります。 こちらでは相談内容によって、仕事の悩みはキャリアカウンセラーが、心の悩みは臨床心理士が担当しています。 まずは利用登録し、相談したい日時を予約します。 また厚生労働省が運営する「こころの耳」というサイトでは働く人のメンタルヘルスをテーマに多くの情報が掲載されています。 「5分でできる職場のストレスチェック」テストや、「e-ラーニングで学ぶ15分でわかるセルフケア」など、すぐに相談に踏み切れない方向けのコンテンツも用意されています。 「働く人のこころの耳メール相談」も利用できます。 最初に相談するのは自分の上司です。 あなたがなぜ辞めたいと思ったのか、または辞めずに解決する方法を一緒に考えてくれる可能性が高いです。 先に会社の同僚に話した場合、あることないことが一緒に社内で噂になって、上司の管理能力が問われるなど話が複雑になってしまいます。 信頼できる友人に話すといろいろな意見をされることがあります。 どの意見もあなたのことを思って考えてくださるのですが、あくまでも自分のことは自分で決めましょう。 意見は参考までに耳をかたむけるに留めておきましょう。 誰かの意見に従って行動し、うまくいかなかった場合、責任転嫁をしてしまうからです。 他人の意見に振り回されないように。 周りに辞めたい気持ちを伝えることによって、自分の意思が固いのか、または自分が気づいていない問題点があるのかがわかります。 自分の思い込みで突っ走っている場合も、客観的な視点でアドバイスしてくださるでしょう。 そんな時は「転職エージェント」を利用して就職活動を始めてみましょう。 転職エージェントとは厚生労働省の認可を受けた民間の職業紹介会社です。 流れとしては転職エージェント会社が正社員採用を考えている企業にヒアリングを行い、希望する人材像を把握し受注を受けます。 求職者は転職エージェント会社に登録し、自分の強みや経験、希望などを伝え、エージェント会社の持つ求人情報からマッチングを行い、企業へ紹介してもらう形になります。 一人で転職活動をするのではなく、キャリアアドバイザーという専門家が担当し、企業との橋渡しをしてくれるサービスなのです。 転職エージェントサービスで次の仕事への目処がついたら、行動しやすくなりますよね。 ご検討ください。 まとめ さて、仕事を辞めたいけれど言えないときの対処法8つはいかがでしたか? 実は「仕事を辞めたいけれど言えない」のは、口に出して「仕事を辞める」といった場合に色々な面で不都合が生じることをアナタ自身が知っているのです。 その不都合な事を踏まえて「辞める」選択が適切なのではないかと感じているのです。 人生はこれからも大きな山や谷を乗り越えて歩んで行かなくてはなりません。 「辞める」のも「辞めない」のもアナタ自身で選択しなくてはならないのです。 ただ、どちらを選択しても人生は続いていきます。 自分の心の中の声に耳を傾け、後悔のないように行動しましょうね。 トピック!.

次の

仕事を辞めたい時の理由と対処法!うつの初期症状もチェック

仕事 を 辞め たい とき

Contents• もう仕事辞めたい…!その苦痛の理由は? 「仕事を辞めたい!」と思う理由は、ひとそれぞれ。 突発的に思ったり、「やっぱりこの仕事ではないな…」とじわじわと感じることもあるかもしれません。 マイナビ社がおこなった調査アンケートによれば、7割強の人が今の仕事を辞めたいと思っているようです。 【参照元】より編集部にてグラフ化 「辞めたい」と思う理由には、どんなものがあるのでしょうか。 その原因を考えてみたいと思います。 職場のストレスの原因も人間関係に起因することが多く、それが積み重なって、逃げたくなるほどの苦痛にさいなまれる人も多いようです。 違和感を感じる人間関係のなかでは、なかなか仕事で100%のパフォーマンスを出すことは難しいですよね。 それでも、組織から期待された成果を出し続けるためには、自分の気分がのるかどうかではなく、必要と思われる業務を遂行することが求められます。 しかし、1日の多くの時間を費やす仕事。 その仕事が好きになれなかったり、目的に納得感がなかったりすると、どうしても苦痛を感じてしまいます。 企業に根づいているカルチャーや考え方は、事業推進の方向性などを左右します。 新しいことを好み、意欲的に挑戦する企業もあれば、堅実な事業展開を好む企業もあります。 企業成果のために新しいことに挑戦したいと思っても、会社の方針が違えば、その意欲はかってはもらえません。 多くの場合は、会社の舵取りをする人たちの気質・スタイルによるところが大きいと考えられますが、この社風が合わないと感じると、日々の仕事に違和感を感じてしまいます。 社風は自分ひとりで変えることができないだけに、「自分の居場所はここではないのかも」という思いに至ってしまいがちです。 また、どんなに成果を出して働いても、周りのメンバーと比べて、自分の頑張りが認められていないと感じてしまうこともあるかもしれません。 納得がいかなければ、「違う環境で挑戦してみようかな」という思いもふくらんでしまいます。 十分な休憩が得られない。 そんな不満をかかえるひとは少なくありません。 平日は残業で終電、休日は取り返すかのように寝だめ…そんな生活になってしまっているひとは意外と多いのです。 忙しければ、それだけの達成感があったり、満足感もあるかもしれません。 しかし、気持ちよりも体力が先に限界に達してしまうことも。 そうすると労働環境を変えたいと思ってしまうのです。 仕事辞めるか、続けるか?判断ポイントをチェック 「仕事、辞めたいかも」と思ったとしても、今、その仕事をやめるべきなのかどうかは悩ましいところです。 「 人間関係はフラストレーション多いけど、給料はいいしなぁ」 「 給料・評価に納得はいかないけど、有給は取りやすいし労働条件はいいんだよなぁ」 「 今辞めてしまうと、結婚・出産するときに育児休業が取れないかもしれない…」 などなど、自分の中の仕事条件の優先度によるところも大きく、即転職!という訳にもいきません。 仕事を辞めるか、続けるか…。 もし悩んでいるのであれば、下記の判断ポイントを参考にしてみてください。 できるかぎり、キャリアを途絶えさせない道を考えましょう。 キャリアが途絶えてしまうと、将来また働きたいと思ってもブランクが再就職の壁になってしまうこともあります。 時短勤務、フレックスタイム制を導入している企業であれば、両立できる可能性も高まります。 育児休業や介護休業を利用することも検討してみてください。 「仕事辞めたい」って言いにくい…そんな時の対処法 「仕事を辞めたい」と言いづらい理由 「仕事辞めたい」と、正直に伝えづらい状況はいくつか考えられます。 1上司が怖い・引き止められそう 「どこいっても同じだよ」と脅される、「もうちょっと頑張ってみないか?」「まだここで成長できると思う」と優しく引き止められる、どちらであっても、決意が揺らいでしまいそう。 2職場に迷惑がかかりそう これまで責任を持って仕事に励んできたからこそ、自分が辞めた後が心配になってしまったり、お世話になった先輩や同僚に申し訳なく思ってしまったり。 3親に言えない 社会人になってまもない場合や、実家から通っている場合などは、応援してくれている親に申し訳なくて言い出しづらい。 いずれの場合であっても、そもそも「仕事を辞めたい」と思った原因が解決できなさそうであれば、辞めることをひとつのゴールとしてとらえ、考え方・行動を変えてみることが大切です。 「仕事辞めたい」と言いづらい時の対処法 上記ご紹介した理由の場合、どのように対処すればいいのでしょうか。 ひとつずつ考えてみましょう。 1上司が怖い・引き止められそうなら 脅されても優しく引き止められても、その言葉は上司の価値観です。 自分自身が仕事や職場に対して感じていることを、もう一度思い返してみましょう。 他人の価値観ではなく、自分の直感・信念を信じましょう。 2職場に迷惑がかかりそうなら 自分が離れることによる職場への負担は避けられません。 しかし、閑散期に退職できるよう調整したり、丁寧に引き継ぎをおこなうことで負担を緩和することもできます。 3親に言えないなら まずは相談ベースで、仕事の状況を話してみましょう。 辛い思いをしてまで働き続けて欲しいと思う親はいません。 それでも「仕事辞めたい」と言いにくいときは それでも「仕事を辞めたい」と言い出しにくいときには、転職活動を先に進めてしまうのもひとつの手です。 転職活動を進めることは、これまでの自分の経験や能力を客観的に見つめ直すことにつながります。 新しい職場を探す時には、自分自身の今後のビジョンや目標などを改めて考え直す必要もあるでしょう。 転職活動を通して、「仕事を辞めたい」理由・原因を分析し、整理することで、その時の感情に流されずに、しっかりとした退職意思を示せるようになります。 また、どうしても直接「仕事を辞めたい」と伝えづらいのであれば、退職届を郵送し、そのまま有給休暇を取得するという方法もあります。 しかし、業務の引き継ぎや退職の挨拶をするのが社会人としてのマナーです。 「退職届を郵送して終了」するのは、やむを得ない場合にとどめましょう。 円満・早期に仕事を辞めるには? 退職理由のホンネとタテマエ 前述のポイントチェックの結果から、「仕事辞める!」という気持ちが強くなったとしても、いざ職場で切り出す時に、言いづらいと感じることもありますよね。 エン・ジャパンが2016年に実施した退職理由アンケートでは、タテマエではない、ホンネの退職理由でもっとも多かったのが「人間関係」でした。 【参照元】月刊「人事のミカタ」 しかし、退職時に会社に伝えた退職理由では、「結婚、家庭の事情」がもっとも多い理由なのです。 つまり、多くの方は「仕事を辞めたい」と思った本当の理由を伝えることをためらい、当たり障りのない理由を伝えるにとどまっています。 正直であることはとても大切なことですが、その後ハレーションを生まず円満に退職するためには、会社への気遣いも重要なポイントとなりそうです。 円満・早期に仕事を辞めるために大切な3ステップ 退職を決意するにせよ、できる限り円満に退職をしたいものです。 ここでは、その時に押さえておきたい3ステップをご紹介します。 1明確な退職日を自分の中で決めて転職活動をする まずは、退職日を自分の中で決めて転職活動を進めます。 期限を決めて動くと、転職先もスムーズに見つけられるでしょう。 2退職したい1〜3ヶ月前に、直属の上司に相談する 転職活動に並行し、約1〜3ヶ月前には、直属の上司に退職の相談をします。 直属の上司を飛び越えて相談してしまうと、直属の上司は「メンバーの状態を把握できていなかった」と咎められてしまうこともあります。 やむを得ない事情がある場合をのぞき、最初は直属の上司に相談しましょう。 また、退職意思を伝えたり、退職する日は繁忙期を避けるようにしましょう。 3引き継ぎや退職の挨拶などを丁寧にこなす 退職する際にとても重要なことは、業務の引き継ぎです。 スケジュールを立て、スムーズにこなせるように調整します。 また、有給を消化する場合は、なるべく早いタイミングで上司に相談し、引き継ぎ業務に支障がないように心がけましょう。 今の仕事を続けるなら、どう心のバランスをとる? 自分の価値観を見直し、現状を確認して今の仕事を続ける決断をすることもあるでしょう。 自分の中で優先したいことが明確になった上で決断するのであれば、それが現時点での自分なりの正解です。 しかし、もしかしたらどこかで「あのとき行動しとけば…」と後悔してしまったら、また悩みが再燃してしまうかもしれません。 「今の仕事を続ける」選択をするのであれば、最初に「仕事を辞めたい」と思った理由と原因を解決できるように行動を起こしてみましょう。 その際に、期限を決めるといいかもしれません。 この1年で課長のポジションに就いて、給料をあげる• あと半年の間に社内異動ができるか掛け合ってみて、ダメなら転職する• この1ヶ月で自分の責任範囲内で業務量を調整して、プライベートの時間を充実させる このように、自分の中で期限を設けて行動してみましょう。 「今の仕事を続ける」としても、自分の行動を変えずして、周りが勝手に変わっていくということはありません。 続けると決断してから、またすぐに「仕事辞めたい」と思ってしまった場合は、今の仕事を変えるよう行動してみてもいいかもしれませんね。 編集部より|自分のキャリアは定期的に見直そう! いかがでしたでしょうか。 「仕事辞めたい!」という強い思いがなかったとしても、「この仕事、向いてないかも…」「この職場、合わないかも…」と違和感を感じてしまうこともあるでしょう。 また自分自身の中長期のキャリアが描けていないと、ささいなことで悩み、翻弄されてしまうこともあるかもしれません。 ライフステージの変化に合わせ、働き方の多様化が進む現代、ひとりひとりが多彩なキャリアを描くことができる時代でもあります。 「仕事辞めたい」と思ったとしても、「辞める」「続ける」という選択肢を含め、その先のキャリアをつくるのは自分の考え方次第です。 悩んでいる現状からスムーズに一歩踏み出すためにも、「自分のキャリアは自分でつくる」姿勢を忘れず、定期的にキャリアの棚卸しを実施しましょう。 「仕事辞めたい」と悩むことは、キャリアを見直すチャンスだと思って、しっかりと向き合ってみてくださいね! 本格的に転職を考えたい 『働き方』を選べる時代に、自分自身の選択肢を増やすべくキャリアを見直す女性は7割。 今が、自分の中長期のキャリア、見直すタイミングかもしれません! モアキャリーエージェントでは、 転職サポートや ライフキャリアの相談を通して、あなたの可能性を拓く求人をご紹介しています。 ぜひ一度ご相談にいらしてくださいね!.

次の