アテンション 意味。 カタカナ語として使われている「アテンション」の意味と使い方を説明

「アテンション」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

アテンション 意味

「アテンション」の意味は、注目や、気を配るなどという意味があります。 日本でのアテンション使い方としては「アテンションプリーズ」というのが一番有名な使い方になるでしょう。 日本でアテンションを使う時は限られた場面でしか使用しませんが、英語圏では「アテンションプリーズ」以外でも、さまざまな場面で使用されています。 非常に便利な言葉で分かりやすい意味であることから、使用頻度も高いでしょう。 アテンションプリーズの使い方 「アテンションプリーズ」の使い方で代表的なのは、空港での使用例でしょう。 空港におけるアテンションプリーズは、誰かが人を探している時や、今一度荷物検査をしたい時、飛行機の便の欠航や変更時などにアナウンスで使用されます。 使い方としては「アテンションプリーズ、〇〇」と文章の一番最初にこの言葉を使って、その後それぞれの内容が続きます。 特に空港が混んでいる時は、連続して聞く機会もあるでしょう。 アテンションプリーズに似た表現と使い方 ここからは、アテンションプリーズに似た表現と使い方を見ていきましょう。 英語の「アテンション(attention)」を使った別の表現は、一体どんなものがあるでしょうか。 英語ではこの「アテンション(attention)」という言葉を日常からよく使用します。 使える場面はさまざまですので、ぜひ覚えて活用しましょう。 似た言葉1:Pay attention. 「Pay attention(ペイアテンション)」の意味は、注意を払ったり、気に留めるという意味です。 「アテンションプリーズ」は文頭で使用しますが、「Pay attention」は文章中で使用します。 何かに注目してほしいときや、注意を払う必要があるときに使用する言葉です。 使い方 「Pay attention」と使った例文をご紹介します。 「If you really want that job, you should pay attention to your own health. (もしあなたがその仕事が本当に欲しいなら、健康に注意を払う必要があります)」 「You need to slow down, and pay attention to a next sentence. (少し減速して、次の文章に注目して下さい)」 似た言葉2:Thanks~attention. 「Thanks for your attention(サンクスフォーヨアアテンション)」の意味は「あなたの気遣いありがとう」や「注目してくれてありがとう」という意味になります。 この「Thanks 」という表現はかなりくだけた表現なので、ビジネスの場面やお客様に対しては不適切です。 どうしても言いたい場合は、少なくとも「Thank you for your attention」と言うようにして下さい。 使い方 「Thanks for your attention」と使った例文をご紹介します。 「That's all I wanted to say. Thanks for your attention anyway. (言いたいことはそれだけです。 ご注目ありがとう)」 「Thanks for your attention to my kids. (子供を見ててくれてありがとう)」 似た言葉3:Be careful. 「Be careful(ビーケアフォー)」の意味は、気をつけてくださいという意味になります。 生きていると、日々気をつける場面はたくさんあります。 相手に「気をつけて」と言う機会もたくさんあるでしょう。 日常生活でもこの言葉はかなり頻繁に使用しますし、とても身近な言葉と言えるのではないでしょうか。 使い方 「Be careful」と使った例文をご紹介します。 「Be careful, it might bite you. (噛まれる可能性があるので、気をつけて下さい)」 「You need to be careful to walk the streets at night. (夜道を歩くのは気をつけたほうがいいです)」 アテンション「注目」で人を動かす7つの新戦略 人間の本能と注目(アテンション)の関係性を知りたい人にオススメです。 世の中には、気付かないことでもちゃんと意味があったりします。 人の注目を操って成功する方法など、勉強になる一冊です。 機内で 空港のみならず、飛行機内でもアテンションプリーズという言葉をよく聞きます。 ここでは主に「お知らせいたします」といった意味で使用されますが、初めて聞く人はどのような意味なのか理解できない人もいるでしょう。 機内においての注意事項を告げるときであったり、そろそろ目的地に着く時や緊急時などに使用します。 また、機長からのお知らせがある時などでも頻繁に使用されます。 最近の機内放送 最近の機内放送では、「Ladies and gentleman(レイディースエンドジェントルマン)」という言葉をよく聞きます。 これは「みなさま」という意味ですが、この言葉の後に内容が続くパターンも非常に多いです。 また、最近ではCAの個性的な自己紹介や、方言でのアナウンスなど、各航空会社ごとさまざまなカラーがあります。 機内放送もエンターテイメントの一部として力を入れている印象を受けます。 学校で 学校では、特に生徒みんなが騒いで収拾がつかなくなった時に、先生が生徒に対して「アテンションプリーズ」という言葉を使ったりします。 先生が授業中に「ここは聞いて欲しい」と説明している時に使用されることが多いです。 スピーチの前 スピーチの前では、みんなの注目を集めるために「アテンションプリーズ」を使用します。 特にパーティーなどでは、みんなが談笑していて会場が騒がしいときも多いでしょう。 そんな時にこの一言を挟んで、空気を変える意味でも使用します。 テスト放送をする時 何かの本番前などに、確認で「アテンションプリーズ」を使用します。 特に大事な式典やコンサートなど、本番で失敗が許されない時の事前の音響のチェックは大事です。 そういう時には、大体マイクを通してこの言葉が聞こえてきます。 特に親しみがない人は英語だと戸惑うこともあるでしょうが、たとえ違う言語でもマナーは大切です。 間違っても「アテンション(Attention)」とアテンションだけを言わないようにしましょう。 とても強気な表現になります。 必ず「プリーズ」という言葉を忘れないで下さい。 今回ご紹介した内容を参考に、英語でも失礼のないように「アテンションプリーズ」を使いこなしましょう。 理解して正しく使おう 「アテンションプリーズ」という言葉を使いこなすには、正しい理解が必要です。 「アテンションプリーズ」という言葉は、特に複数の人がいて、その人達に対して何が大切なことを伝えたい時に「お知らせします、注目して下さい」といった意味で使用します。 どうしても聞いて欲しい事がある場合や、重要なポイントを知らせたい時に使用しましょう。 その場の状況を考えて判断して使うことで、好印象な使い方となります。

次の

「アテンション」の意味と使い方!動詞型や英語表現も解説

アテンション 意味

「アテンション」の使い方とは? ここでは、「アテンション」を使った例文についてご紹介します。 「企画がアテンションを引くように立案する」 この例文では、「アテンション」の意味が「注目」ということで使われており、いい企画にしたいことが感じられます。 「アテンションを多く獲得した」 この例文では、「アテンション」意味が「注目」ということで使われていますが、文脈がわからないため、良くない意味で「注目」されたのか、いい意味で「注目」されたのかわかりません。 「アテンションミスを少なくする」 「アテンションミス」の意味は、「うっかりミス」ということがあります。 ビジネスシーンでも、「アテンションミス」つまり「うっかりミス」をしないように注意しましょう。 「アテンション」の語源とは? 英語の「attention」が、「アテンション」の語源です。 英語の「attention」は、次のような意味があります。 手当て 英語の「attention」は、ほとんどカタカナ語と意味が同じですが、意味の数が英語の方は多くなります。 例えば、「求愛」「手当て」のように、カタカナ語にない意味も中にはあります。 そのため、カタカナ語の感じで使っていれば、この意味を理解するのが困難ですが、参考として把握しておきましょう。 英語の「attention」の語源は、ラテン語の「attendre」という単語になります。 この単語の意味は、「エネルギーを送る」「気持ちを向ける」ということになります。 なお、フランス語は同じラテン語系で発音は違っていますが、「attention」を「気をつけて」という時に使います。 「アテンション」の類義語とは? ここでは、「アテンション」の類義語についてご紹介します。 「コンセントレーション」 「コンセントレーション」の意味は、「集中」ということです。 英語の「concentration」が、「コンセントレーション」の語源になります。 「コンセントレーション」は、会話ではあまり使いません。 「コンセントレーション」を使った例文としては、「コンセントレーションを高める」というものがあります。 この例文の意味は、「集中力を高める」ということです。 「ケア」 「ケア」の意味は、「配慮」「注意」ということです。 意味合いとしては、気にかけるということになります。 例えば、「愛犬のケア」といえば、注意して愛犬の様子を見て、手入れなどをすることです。 英語の「attention」の使い方とは? ここでは、英語の「attention」の使い方についてご紹介します。 「pay attention to 〇〇」 この使い方は、相当頻度が高いものです。 「pay attention to 〇〇」の意味は、「〇〇に注意を払う」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注意」ということになります。 「pay attention to 〇〇」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Pay more attention to your intonation. 」(もっとイントネーションに注意してください。 ) 「more」を「pay」と「attention」の間にプラスすることによって、「もっと」とアピールすることができます。 「seek medical attention」 この表現は、怪我や病気をした時に使われます。 「seek medical attention」の意味は、「治療を要求する」ということです。 この時の「attention」の意味は、「手当」ということになります。 「seek medical attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Running water and seek medical attention. 」 (流れている水で冷やして、手当てを医師に要求してください。 ) 「get much attention」 この表現は、多く英会話で使われます。 「get much attention」の意味は、「非常に注目を集める」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注目」ということになります。 「get much attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Not get much media attention. 」(メディアの注目をそれほど浴びていない。 ) 「アテンションプリーズ」とは? 「アテンション」というと、「アテンションプリーズ」をイメージするのではないでしょうか。 「アテンションプリーズ」の意味は、「ちょっとお聞きください」「お知らせいたします」ということです。 「アテンションプリーズ」の英語表現は、「Attention , please」です。 ちょっと前までは、「アテンションプリーズ」が飛行機の中のアナウンスで使われていましたが、現在はそれほど使われていません。 「May I have your attention , please?」の方が、「Attention , please」に比較して丁寧な表現になります。 そのため、現在では「May I have your attention , please?」の表現が使われる時が多くあります。

次の

「アテンション」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

アテンション 意味

「アテンション」の意味とは? 「アテンション」の意味は「注意」「注目」 「アテンション」の意味は、「注意」や「留意」、時には「注目」という意味にもなります。 人に注意を向けてもらいたい場合などに使われます。 「アテンション」の使い方 「注意」という意味の「アテンション」はポジティブにもネガティブにも使われます。 「アテンションを引くような企画を立てるように努力する」 この例文からは人からの「注目」という意味で「アテンション」が使われて、よい企画にしようという意図が感じられます。 「多くのアテンションを得た」 この例文でも「アテンション」は「注目」の意味で使われていますが、前後関係が分からないので、よい意味での「注目」されたのかもしれませんし、悪い意味で「目立ってしまった」のかもしれません。 「アテンションミスを減らす」 「うっかりミス」の意味で「アテンションミス」という言い方があります。 「アテンド」の意味と使い方 「アテンション」は「注意」の意味を示す名詞ですが、これを動詞として使いたい場合にはどうすればよいのでしょう? 「アテンション」の動詞型「アテンド」 「アテンション」の動詞型は「アテンド」で「attend」とつづります。 「注意する」や「心を向ける」という意味になります。 「アテンド」には「出席する」という意味もある 「アテンド(attend)」には「注意する」という意味のほかにも、「出席する」などの別の意味もあったのではないかとお気づきの方もいるかもしれません。 大学受験などでは「アテンド」の意味は、「出席する」「同行する」「世話をする」だと習いました。 そこからすると、「アテンド」の「注意する」という意味とは少し離れているように感じるかもしれません。 しかしそれは「アテンド」の語源の意味を知ると納得できるでしょう。 そこから「誰かに心を向ける」や「注意する」という意味が生まれました。 更に意味が派生して、受験で習ったような「世話をする」になり、授業に心を向けて「出席する」といった意味が生まれたと考えられます。 カタカナ語「アテンド」は「世話をする」の意味 さまざまな意味のある「attend」ですが、カタカナ語「アテンド」は「人の世話をすること」や「接待」の意味で使われています。 なじみのある「アテンド」の使い方として、飛行機で食事などのサービスを提供する「キャビン・アテンダント」があるでしょう。 「キャビン・アテンダント」とは「客室」で「世話をする人」という意味です。 ビジネスシーンでの「アテンド」の意味 ビジネスシーンでよく聞かれる「アテンド」も「世話をする」や「付き添う」という意味と考えていいでしょう。 「出張で部長のアテンドをする」のように使い、部長に付き添い秘書的役割をするという意味になります。 「アテンション」の英語表現 「アテンション」のスペルは「attention」 「アテンション」は英語で「attention」とつづります。 その意味は「アテンション」と同じく、「注意」や「留意」「注目」になります。 送付した手紙やEメールを「注意深く最後まで読んでくれてありがとう」という感謝の気持ちが込められた表現です。 まとめ 「注意」や「注目」という意味の「アテンション」は、ビジネスシーンでも使われるカタカナ語です。 いい意味でも悪い意味でも使われる「アテンション」ですから、いい意味での「アテンション」が使われるように仕事をこなせるといいですね。

次の