縞模様のパジャマの少年。 縞模様のパジャマの少年

縞模様のパジャマの少年:格子を超えた友情 — こころの探検

縞模様のパジャマの少年

縞模様のパジャマと聞いて何を思い浮かべるだろうか・・・。 アメリカの囚人服を思い浮かべる人も多いだろうし、カンの良い人なら第二次大戦中の強制収容所のユダヤ人を思い浮かべるだろうな。 この映画は戦争末期のドイツ人少年とユダヤ人少年の交流を描いたものだ。 何度観ても、泣ける! 子供が主人公で戦争ものって言うと、アニメ 「火垂るの墓」なんてのが有るけど、あの映画じゃオレは泣けないからなぁ。 あの映画って、あざとい!ww ほら、可哀そうだろ! さぁ、早く泣け! って急かされてるみたいで、良い気分じゃない。 そりゃ、可哀そうだとは思うし、気の毒だとも思うけど・・・作り方がいかにも 「泣かせてやろう!」って魂胆が見え見えな気がして 興ざめもいいとこだ。 テレビで何度も放映されてるし、そのたびに観てるけど・・・泣けないww そういうオレの姿を見て、同居人なんかは、 この映画で泣かない人を初めて見た!(怒) なんて言ってたけど、オレに言わせれば逆だ。 こんな映画で、よくもまぁ、メソメソ泣けるもんだ! オレの頭は、そんなに単細胞じゃない! なんて言い返すもんだから、こちら側でも戦争が起こったり・・・。 って事で、今回はオレが泣いた映画の話だ。 第二次大戦中、ドイツによってユダヤ人が ホロコースト(大量虐殺)された事は有名だけど、 「縞模様のパジャマの少年」もその時代を描いたものだ。 この系統の映画ってやたら作られてて、有名どころでは 「シンドラーのリスト」とか 「ライフ・イズ・ビューティフル」とか 「戦場のピアニスト」とか、 あ~、もう書くのが面倒くさい!ってぐらい てんこ盛りだな。 でね、ほとんどが ユダヤ人の視点から描かれてて、 かわいそうだろ!? 気の毒だろ!? って押し付けてくるんだよな。 良い映画も多いけど、 観てる人間が何を感じるかは、その人の自由だ! それを、泣かせよう、泣かせようと誘導するのは大嫌いだ。 「火垂るの墓」なんて典型だと思ってる。 その点 「縞模様のパジャマの少年」は新鮮だったな。 まず描かれてる視点がドイツ人の少年だ。 それも収容所長の息子。 ユダヤ人の視点から描いて 「お涙頂戴もの」になりがちな舞台を、 視点を変える事で良い意味で冷徹に背景を描き切ってる。 まずは軽くストーリーを紹介。 1940年代、ベルリンで暮らしている8歳の少年 ブルーノ。 軍人の父、優しい母、12歳の姉との四人家族だ。 街にはユダヤ人を差別する空気感が溢れている。 この辺りのさりげない描写は上手い。 ある日、父の転勤に伴って引っ越しをすることになった ブルーノ。 父親はユダヤ人の強制収容所の所長として赴任するんだけど、幼い ブルーノには細かな事情は分からず、ただベルリンの友達と別れることが寂しいだけだ。 新しい家に到着した ブルーノの家族。 収容所から少し離れた所長専用の住居に住むことになるんだけど、2階の窓から外を覗く ブルーノが目撃したのは 「農場」。 これは収容所なんだけど、子供の ブルーノに収容所なんて解るはずもなく、 「農場」と勝手に理解するんだよね。 収容所が家から近い事に不安を抱く母の姿も描かれていて、この辺りで夫婦間の思想的な違いが少し明らかにされたり・・・。 母親に外へ出る事を固く禁じられた ブルーノは、所長の家の世話をするユダヤ人の男性に聞く。 どうして縞模様のパジャマを着てるの? いやぁ、子供って恐ろしい(涙) 聞いちゃマズイ事でも平気で口にするからね。 ある日、母親の目を盗んで 「農場」への探検に出かけた ブルーノ。 そこで有刺鉄線越しに一人のユダヤ人の少年と知り合う。 シムールだ。 同じ8歳の少年に ブルーノは聞く。 どうしてパジャマを着てるの? シムールは答える・・・ これしか無いんだ。 服に縫い付けられた番号を見て、 その番号は何の遊び? 僕にも教えてよ これね、二人の少年が初めて出会うシーンだけど、たまらんわ・・・。 この子役たち、すごい・・・。 なんという演技! 母親の目を盗んでは収容所へ 「遊び」に行くようなる ブルーノ。 食べ物を持って行くと、貪るように食べる シムール。 もうね、ここら辺からはラストまで目が離せない。 物語にドップリと引き込まれる。 収容所の煙突からもくもくと上がる煙・・・。 何を燃やしている煙か分からなかった母親だけど、夫の部下から真実を聞いて、気も狂わんばかりに夫を責める。 ドイツを良くするために命令を忠実に実行してるだけだ! と答える夫に、 それで平気なの!? と詰め寄る妻・・・。 ちょっと脱線するけど、これは割と史実に忠実で、実際に収容所の幹部だった家族たちも ホロコースト(大量虐殺)について詳しくは知らなかったって言う調査結果もあるからね。 夫の言葉もある意味では正しい。 軍人は命令に従うのが仕事だからだ。 ドイツを良くするために命令を実行してるだけだ! 夫婦のやり取りを描くことで、当時の軍人の家族の様子を良く現わしてると思う。 そうそう、思い出したけど、ユダヤ人の女性哲学者 ハンナ・アーレントがナチス戦犯 アイヒマンの裁判を傍聴して述べてるんだけどね・・・ 彼は凶悪犯ではない。 ただの 「役人」である! ちょっと思い出したんで書いてみたけど、大脱線したなww けど、この言葉に当時のドイツの空気感とかドイツ人気質が見て取れるんじゃないかと思うわけだ。 で、ストーリーの続き・・・。 真実を知ってふさぎ込む母親、ナチスの思想に感化されていく12歳の姉。 家族を取り巻く空気がおかしくなりかけた頃、 ブルーノの家でパーティが開かれる事に。 準備のために シムールがやってきて、そこで ブルーノと会うんだけど、 ブルーノの ウソのせいで シムールはひどい罰を受けてしまう。 自己嫌悪に陥る ブルーノ・・・。 収容所へ行って有刺鉄線越しに謝る ブルーノ・・・。 この子役二人の表情、オレは見てられなかった。 宣伝用の映画を観て、収容所は素晴らしい場所だと信じる ブルーノ。 ある日、 シムールの父親が居なくなった事を シムールから聞かされるんだけど、 ウソをついて傷つけてしまったお詫びに、一緒 にシムールの父親を探す事を約束する。 スコップで穴を掘り、有刺鉄線の中に入った ブルーノ・・・。 そこで目にするのは・・・。 ・・・・・・。 これ以上書くと、 ネタバレになるので書かないけど、何とも言えない気持ちにさせられる映画だ。 もちろんハッピーエンドでもないし、胸がスカッとするわけでもない。 だけど、いろんな感情が胸に迫って来る。 宣伝費に莫大な金をかけてる映画、売れっ子のスターをズラリと並べた映画も面白いけど、こういう映画の方が好きだな。 最初にも書いたけど、 泣ける映画は好きだ。 だけど、あからさまに泣かせようとする映画は嫌いだ。 あっ、戦争の話で、またまた思い出した。 ちょっと驚いたんだけどね・・・ 「日本とアメリカが戦争した事」を知らない大学生が居て、マジでビビッたww ウチにバイトの面接に来た子だけど・・・。 歴史を何も知らなくて未来は語れんだろ。 ましてや、 未来の担い手である子供の教育が出来るわけがない。 いつものバイト君の下書きチェック.

次の

【無料あり】映画「縞模様のパジャマの少年」の動画を無料視聴(フル)する方法を紹介!【字幕・吹き替え】

縞模様のパジャマの少年

英題: THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS 製作年: 2008年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年8月8日 スタッフ 監督・脚本・製作総指揮: マーク・ハーマン 原作: ジョン・ボイン 製作: デヴィッド・ハイマン 撮影監督: ブノワ・ドゥローム キャスト エイサ・バターフィールド (ブルーノ) ジャック・スキャンロン (シュムエル) アンバー・ビーティー (グレーテル) デヴィッド・シューリス (父) ヴェラ・ファーミガ (母) リチャード・ジョンソン (祖父) シーラ・ハンコック (祖母) ルパート・フレンド (コトラー中尉) デヴィッド・ヘイマン (パヴェル) チェック ナチス将校を父親に持つドイツ人少年と強制収容所内のユダヤ人少年との友情と哀しい運命を描いた心揺さぶる人間ドラマ。 ジョン・ボイン原作の世界的ベストセラーを、『ブラス!』『リトル・ヴォイス』のマーク・ハーマン監督が映画化。 主人公となる二人の少年をオーディションで選ばれたエイサ・バターフィールドとジャック・スキャンロンが演じ、デヴィッド・シューリスやヴェラ・ファーミガといった実力派が脇を固める。 人種など問わない純粋な友情と、戦争がもたらす子どもたちの宿命に胸が痛む。 ストーリー 第二次世界大戦下、8歳の少年ブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父(デヴィッド・シューリス)の栄転でベルリン郊外に引っ越すことになる。 裏庭の森の奥、鉄条網で覆われた場所を訪れたブルーノが出会ったのは、縞模様のパジャマを着た少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)だった。 二人は友情を育むが、ある日ブルーノはシュムエルを裏切ってしまい……。 ドイツ人の少年とユダヤ人の少年の話。 という事で、想像したのは 二人が知り合い友情を育むが、最後にはユダヤ人の少年は ドイツ人の少年の前から姿を消す・・・ みたいな想像できる、ありふれた話かと思ってました。 が、予想もできない衝撃なラストに暫く呆然としました。 ブルーノの父親の栄転で引っ越して来た所は、 ブルーノの部屋の窓から農園(ブルーノは農園だと思っていた)が見えるのでした。 が、そこはユダヤ人の強制収容所だったのです。 なぜ、農園の人は同じ縞模様のパジャマを着てるの? と純粋に疑問を持つブルーノ。 好奇心が旺盛なブルーノは母親に隠れて探検に出かけます。 そこで鉄条網に覆われてる中にいた一人の少年シュムエルに会います。 同じ8歳という事もあって、二人はすぐに打ち解けあいます。 二人の会話は疑う事を知らない、あまりにも純粋で、それ故にかえって不安が高まってきます。。 ネタバレ含んでます。 引っ越した先のすぐ近くに強制収容所がある。 子供にとって良い環境ではありません。 ブルーノは疑問を持ちますが、姉のグレーテルは完全に洗脳されてました。 夕食の時ユダヤ人の召使がコトラー中尉(ルパート・フレンド)のワインをこぼしてしまいました。 その事に腹を立てたコトラー中尉は、ユダヤ人の召使を外へ連れ出し暴行を加えました。 暴行を加えてる様子は食卓まで聞こえていたのですが、止めてと欲しいと訴える母親(ヴェラ・ファーミガ)の事も無視し、食事を続ける父親(デヴィッド・シューリス)。 これも子供にとって良いわけがありません。。。 冷たい雰囲気のコトラー中尉を演じたルパート・フレンド怖かった!! 母親も精神的に不安定に、そこで母親と子供たちが引っ越す事になるのですが、 引っ越し当日ブルーノにとって悪い条件が重なってしまうのです。 収容所の中の様子を美化して撮ったビデオを盗み見して、 それが真実だと信じてしまってた事。 ブルーノが鉄条網の下を掘れる事に気がついてしまった事。 (あり得ないと思うのですが・・・) シュムエルの父親がいなくなったとシュムエルから聞いてた事。 シュムエルの父親を一緒に探すとシュムエルと約束してた事。 シュムエルが縞模様のパジャマのある場所を知っていた事。 シュムエルとの約束を守る為に、引っ越す前にシュムエルに会いに行ってしまった事。 何の疑いも持たずに、シュムエルが重ね着してきた縞模様のパジャマに着替え、鉄条網の下を掘り、強制収容所の中へ入ってしまったブルーノ。 収容所の中をシュムエルの父親を探して回る二人。。。 もう~ハラハラ ブルーノがいない事に気がついた母親。。。 必死に探す母親と姉、そして父親も。。。 ブルーノの脱ぎ捨てた洋服を目にした時の母親の悲痛な叫び声が耳に残りました。。。 ブルーノとシュムエルは二人とも純粋すぎました。 まるで疑う事を知らなかったんです。 どちらかが、何らかの疑問を持っていたならば・・・ 少しは変わっていたかもしれません。 純粋さゆえに起こってしまった悲劇。 あまりにも悲惨でした。 ユダヤ人を描いた作品は数多くありますが、 この作品は心にズッシリときて ラストの衝撃に暫く呆然としてしまいました。 胸が苦しく鼓動が速くなってきて、 このままでは気持ちが落ち込んだまま立ち直るのに 時間がかかると思い、直ぐに明るい映画を観ようと探し 『恋愛適齢期』を観ました。 二人の子役に、拍手です 良い作品でしたがもう一度観るには長い時間が必要です。。。

次の

縞模様のパジャマの少年のあらすじや結末ネタバレ!感想についても

縞模様のパジャマの少年

物語はドイツの軍人の一家から始まります。 この家族は少なくとも、非常に根深い価値観とイデオロギーを共有しています。 この家族の長はヒトラーの奉仕の高官です。 彼の「多大なる努力のおかげ」で、彼が仕事を続けられるようにアウシュビッツへ行きます。 家族全員が新しい家に移動します。 それは完全に隔離された家で、 強制収容所に非常に近いところに位置しています。 登場人物は以下の通りです。 子供たち: 主人公は、役人の一番息子のブルーノです。 彼の年齢の男の子が大抵そうであるように、彼は世界について多くを知らず、ただ遊びたいと思っています。 彼は冒険の物語が好きで、探検家になりたいと思っています。 一方で、彼にはグレーテルという姉がいます。 物語の最初、私たちは彼女が人形で囲まれているところを見ます。 しかし、彼女はすぐにナチスの宣伝の 「装飾品」と人形を置き換えるようになるのです。 そしてブルーノと同じ年齢の少年シュムエルがいます。 しかし、彼はユダヤ人であるため、強制収容所に住んでいます。 ブルーノの父親は非常に厳格で、自宅で多くの時間を費やさない高官です。 彼の妻は、始め夫が取り組む 「努力」についてあまり知りません。 しかし、私たちはこの無知の状態が映画の過程でどのように変化するかを見ています。 彼女はもはや無知でいることはできず、彼女の夫に対する感情も変わるでしょう。 そして彼女は自分の仕事で果たす役割にうんざりします。 祖父母。 彼らは役人の両親です。 祖父は息子を誇りに思っています。 しかし、祖母はナチズムにとても反対で、息子のことを嫌っています。 「縞模様のパジャマの男の子」での2つの対照的な現実 本の中では、シュムエルとブルーノは全く同じ日に生まれました。 しかし、彼らの人生はまったく異なっています。 ブルーノは快適な家庭に住んでいます。 彼の父は兵士であり、彼の最大の心配は遊んでくれる誰かがいないということです。 彼は退屈に苦しんでおり、彼は新しい場所が非常に不快だと思っています。 彼はなぜ移動し、昔の友達を去る必要があるか理解していないのです。 シュムエルはユダヤ人です。 そのため、彼は強制収容所に住むことを宣告されています。 その結果、彼の心配事はブルーノのものとはまったく異なります。 しかし、彼の場合でも、私たちは子供であるが故、同じ欲望と純粋さを垣間見ることができます。 これらの対照的な現実は、 私たちの生まれが私たちの人生にどのような印象を与え、非難するのかを示しています。 誰も生まれる場所を選ぶことができません。 誰も1つのベビーベッドに属することに責任を負うこともありません。 しかし2人の男の子はこれらの違いを理解せず、お互いを等しいと見なします。 彼らは冒険をして遊んでくれる友人だとお互いを見ています。 彼らは同じ日に生まれ、とてもわかりあっているのに、なぜ二人を隔てる格子があるのかを理解していません。 この物語にある格子は現実ですが、シンボルとして見ることもできます。 同じ日に生まれた2人の似た男の子、2つの全く異なる現実があるのです。 今日、私たちはナチスを嫌悪しています。 しかし、ブルーノが生まれたとき、彼は幸運だったのです。 少なくともシュムエルより幸運だったのです。 これらの現実とは対照的に、このような格子はまだ私たちの生活のなかに存在しているのです。 同じようにではありませんが、生まれた場所による違いはまだあります。 快適な家に生まれた子供と、資源のない家に生まれた子供の間の違いです。 ニーチェのスーパーマン思想との関係 ナチズムは、哲学者の考えを採用し、再発明しました。 この哲学者は、強く知的で創造的で、思考や理由がある、を信じていました。 これらの男性は生存者でした。 ナチスは彼らをスーパーマンと識別しました。 しかし、ニーチェにとって、スーパーマンの地位に達するためには、以下のようなさまざまな段階がありました:• ラクダ。 それは服従と、負担しなければならない責任を表しています。 ライオン。 ラクダは、いったんなりたいと思えば、ライオンに変わります。 これは、負担、反乱、伝統的価値観の拒否から解放されることを表しています。 子は変身の最終段階を表します。 子供は偏見や確立された価値から遠く離れています。 彼は自身の個人的価値を創造する者です。 ほとんどのゲームのように、子供は物事を無から生み出すことができます。 子供のこのイメージをシュムエルとブルーノの性質だと考えてください。 彼らはどちらも 偏見がない、または自由です。 彼らは大人のすべてを襲う格子を克服する唯一の人なのです。 彼らが壁を乗り越えることができたら、社会の確立された価値観に疑問を持つようになるでしょう。 人々が何を教えても問題ではありません。 彼らの友情はさらに深まるでしょう。 ブルーノは縞模様のパジャマを着て、シュムエルと同じようにしています。 彼らにとって、 がすべてであり、二人の間に違いはありません。 代わりに、彼らはお互いを知るようになると、他人について判断を下すようになります。 彼ら自身は無から彼ら自身の価値を創造します。 「僕たちは友達になるはずじゃなかった。 僕たちは敵同士だった。 知ってた?」 -ブルーノ、縞模様のパジャマの男の子- アイデアの重み 縞模様のパジャマの少年は、特定のイデオロギーとそれを形作るアイディアがもたらすかもしれない問題を示唆しています。 このストーリーや映画では、 アイデアがどのようにして間接的に、どんな武器よりも多くの害を引き起こすのかがわかります。 これは、彼らが力を合わせることを念頭に置いている場合は特に当てはまります。 なので、この特定の原因によって生まれた二人の信念は、何らかの一緒に行動を起こす可能性があります。 いくら不公平で残酷かは、この際問題ではないのです。 永遠に存在し続けるようなアイデアを得るためには、若者に教えるという過程が必要です。 物語では、グレーテルとブルーノの授業でこれを見ることができます。 彼らの教師は、学校でナチスのイデオロギーの脚本に沿って歴史を教えています。 本質的に、彼は、正しいと見なされる価値を子供たちに伝えています。 そして彼らが優秀な人種や特権的な人種に属しているという考えは、世代を超えて続くでしょう。 ナチス宣伝への言及も興味深い点です。 私たちは物語の中のポスターでそれらを見ることができます。 グレッテルは彼女の部屋をそれらのポスターで飾っています。 あるいは、彼らが強制収容所で生活の質を「売る」方法で垣間見ることができます。 私たちはすでに天気予報で手掛かりを得て、物語が終わりかけていることを告げることができます。 これは文学的概念の一つです。 雨の画は何かが起こるということを警告しています。 結末は私たちに考えさせるようになっています。 私たちが当事者になるまで、相手の苦しみはわからないものです。 を反転し、自分の肌に他の人の痛みを感じると、私たちは意識を持ち、彼らと同じようになるのです。 もちろんこれは歴史的な場面の話です。 そして恐怖と人間の残虐行為でいっぱいですが、私たちに重要な質問をしてくれます。 もしかすると、私たちはあの頃からあまりかわっていないのかもしれないということです。 私たちはまだ、相手側の苦しみをわかっていないのですから。 「もちろん、これはずっと前に起こったことであり、このようなことを繰り返してはいけない。 現代において。 」 — ジョン・ボイン、縞模様のパジャマの少年 —.

次の