対応早い お礼。 とても迅速な対応をして頂きありがとうございます。

「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

対応早い お礼

「quick」と「prompt」は「迅速な」に相当します。 「quickly」と「promptly」はその副詞の「迅速に」です。 「response」は「対応」に相当します。 例文1: Thank you for your quick response. 例文2: Thank you for your prompt response. 迅速な対応ありがとうございます。 例文3: Thank you for responding quickly to my request for an additional order. 例文4: Thank you for responding promptly to my request for an additional order. 追加注文に迅速にご対応いただきありがとうございます。 参考になれば幸いです。 迅速な対応 fast or quick response インタビューから迅速な回答を受け取りました。 彼らは私を雇った。 I received a quick response from the interview. They hired me. 私はデートで彼女に尋ねました。 彼女の素早い対応は私をとても幸せにしました。 I asked her out on a date. Her quick response made me very happy. 危険に素早く反応する動物は常に生き残ります。 Animals that respond to danger quickly always survive.

次の

納品の報告やお礼のビジネスメールの書き方【文例あり】

対応早い お礼

恋愛と同じで、ビジネスでも気の利くメールはモテるのです 恋愛するとき。 モテるのは、ほしい時にほしいメールをくれる人だと思います。 たとえば「私のメールはちゃんと届いたかな」「読んでくれたかな」「内容に失礼はないかしら」。 メールを送ってドキドキしているとき、タイミングよく「メール読んだよ、ありがとう」の返信が届いたなら……。 想像するだけで とってもうれしくなりませんか。 そうです。 ビジネスだって気が利く人はモテるのです。 あなたもメールでビジネスモテ度をアップさせましょう。 メールを受け取ったら24時間以内に返信するのが、一般的なマナーです。 このとき、スタンダードなお礼メールであれば、 『メールありがとうございます』 ですよね。 では、よくある残念なメールを紹介します。 メールをありがとうございます!!! 取り急ぎお礼まで~! ん~、確かにメールのお礼は伝えているのですが、ダメ出しポイントがいくつかありますね。 そこで提案! 次のように少しアレンジしてみましょう。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてメールの文面をアレンジ まずは相手のメールの送信時間をチェックしてください。 時刻が夜なら残業中、朝早ければ「急いで対応してくれている」とわかるからです。 また、自分からの連絡をすぐに返してくれたときに適したフレーズもあるので、見ていきましょう。 〇遅い時間のメールをありがたく拝読しました。 〇お忙しいなか、ご丁寧なメールをくださり恐れ入ります。 〇朝早く出勤なさるのですね。 真っ先にメールをいただくなんて、ありがたいです。 〇熱心なお仕事ぶりに敬服しながら、メールを読みました。 〇いつもながらの素早いご対応に感謝します。 〇すぐにお返事をいただき、大変助かります。 このように書けば、ただの「ありがとう」が、あなただけのメッセージに生まれ変わります。 相手のメールに合わせた「ミラー返信」でのお礼は好かれる 企業や人によってメールの書き方は多少異なります。 また、好みも違います。 ですから、いつでも自己流でなく、相手に合わせるのも一案です。 特に返信するときは、相手のメールに鏡のように合わせてみてください。 私はこれを「ミラー返信」と呼んでいます。 文章量であれば、相手が長ければ自分も長く、短ければ短く返します。 文面が堅い・やわらかいといった違いもあるでしょう。 表現が堅い人にお礼を伝えるならば「お礼申しあげます」「感謝いたします」などと漢字を交えて書きます。 やわらかい人には「ありがとうございます」「助かります」など、ひらがなを中心にします。 このように相手に合わせると、読み手は自分の書き慣れたメールを読むかのごとく、スラスラと目を通すことができます。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてお礼メールの文面をアレンジ また、お礼を言い合っているとメールのやりとりが終わらないことがあります。 「メールのやりとりは、どこで終わらせたらいいの?」と悩んだら、「目下が最後に送る」「目上がもらって終わり」を心がけてみてください。 社内であれば、部下が上司や先輩に送って終わり。 社外なら、仕事を受ける側が送って終わりにします。 このとき、最後に次の一文を添えるとより効果的です。 〇お礼ですので、返信はお気になさらずに。 〇どうか返信はお気になさいませんように。 これで相手がまた返信する手間が省けます。 さりげなくお礼を伝えて、スマートにメールを終わらせる。 そんな思いやりがあれば、あなたのビジネスでの評価と信頼がますますアップすることでしょう。 【関連記事】•

次の

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

対応早い お礼

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の