ポケモン剣盾 アローラガラガラ 育成論。 【ポケモン剣盾】ダイオウドウの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 アローラガラガラ 育成論

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【万能扇風機】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はスピンロトムの育成論と対策を考えていきたいと思います。 あまりランクバトルでは見かけないものの、普通にマスターボール級3桁以上の上位勢も使ってる強ポケですね。 スピンロトムの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【スピンロトムの特徴1】攻守ともに強い超優秀な電気飛行複合タイプ スピンロトムは電気飛行という非常に優秀な耐性を持っています。 この複合タイプをもつ強力なポケモンといえば一番にサンダーやボルトロスが思い浮かぶトレーナーも多いと思いますが、解禁前なのでスピンロトムしか使えるポケモンがいません。 「特性のふゆうがあるのでそもそも飛行じゃなくても地面が効かないから意味ない」というわけではなく、特性を無効化してくるかたやぶりドリュウズの地震も無効化できるのが強いですね。 鋼・飛行・格闘・地面といったランクバトルで頻繁に飛び交っているタイプを半減以下で受けられるので受け出しもしやすい性能です。 また攻撃方面でみてみても、今作で非常に強いダイジェット使いである飛行タイプの弱点をつける上にこちらは半減で受けられる電気、自分はダイジェットをタイプ一致でうてる飛行という複合タイプはちょっと過小評価されすぎではないかというくらいに優秀です。 【スピンロトムの特徴2】最高にバランスのいいステータス スピンロトムは他のロトムとステータスは同じなので中の上〜上の下レベルの耐久と火力をもつ非常にバランスのいいポケモンです。 ドリュウズのいわなだれなどタイプ不一致弱点くらいなら一発耐えてくれる耐久があるので初心者でも扱いやすいポケモンです。 さらに攻撃面も1回わるだくみを積めればエースとして十分な火力を出せますし、積まなくても丁度他のポケモンが削りきれるくらいまでの削りを入れてくれます。 すばやさも86族と速くはありませんが激戦区の80族は余裕で抜いているので使いやすいです。 ロトムはどのパーティにも一台入れると立ち回りが柔軟になりますから、特に初心者にはいずれかのロトムをパーティに入れるのは必須級でおすすめです。 【スピンロトムの特徴3】ダイジェットが使えるロトム スピンロトムはロトム系なのにタイプ一致ダイジェットをうてます。 ダイジェットが使える=1回わるだくみを積んでしまえば全抜きを狙いやすく、積みエースとして強力なポケモンの1体だといえるでしょう。 ダイジェットが使えるということは、他のロトムと違ってアタッカー型でも素早さに全振りする必要がなくその分耐久に回す調整も可能ということを表します。 ただしダイジェットを積まないと上から殴られる可能性がある、つまり1ターンのスキを見せることがあるので、わるだくみによる1ターンのスキと重複させた上で火力UPアドで相殺するのがメジャーな使い方です。 スピンロトムの育成論と戦い方 スピンロトムは他のロトム同様アタッカーと受けの両方がいますが、どちらかというとカットロトムのようにアタッカー型の方が多い印象ですね。 【スピンロトムの育成論】積みエーススピンロトム• 特性:ふゆう• 個体値:A抜け5V• もちもの:ラムのみ・鋭いくちばし・オボンのみ• わざ:エアスラッシュ・ほうでん・わるだくみ・あくのはどう 特徴 ダイジェット前提のエーススピンロトムです。 耐久に振っているのと飛行+電気+悪の技範囲があるのでわるだくみ+ダイジェットまで決まれば広範囲の相手を殲滅しきるでしょう。 トゲキッス、カビゴンなどラムのみを持っていそうなポケモンと一緒に組むと相手の読みをずらせる可能性が出てきます。 積みのスキを作るのが苦手なパーティ構成のときに採用したい。 スピンロトムは弱点が少なくこの型は耐久に振っているのでそこそこ役立つ機会はあります。 スピンロトムの対策 バンギラスやギガイアス、ドサイドンなど岩には弱いです。 砂をまいて特防を上げた上にタイプ一致で弱点を突くことができるのでスピンロトム対策として手軽なポケモンです。 てんねんピクシー、ヌオーもおすすめです。 積みポケモン対策の鉄板ですね。 まとめ:【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【万能扇風機】 いかがでしたでしょうか。 エースとして活躍できるスピンロトム、ヒートロトムやウォッシュロトムなど人気ロトムの影に隠れてランクバトルでは少ないロトムですが、強いので育てて使ってみるのもいいかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】技・持ち物・特性で素早さを上げる方法

ポケモン剣盾 アローラガラガラ 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるダイオウドウの育成論と対策について掲載しています。 ダイオウドウのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 3倍になる 隠 自分の重さが2倍に増える ダイオウドウの特徴 超重量級のアタッカー 体重650kgと重いポケモンですが、夢特性のヘビィメタルによってさらに重く 1300kgにもなります。 この重さは全ポケモンの中でも最も重く、この体重を活かした技を主体として立ち回ることで多くのポケモンに対して優位に立ち回ることができます。 キョダイコウジンではがねタイプのステロを ダイオウドウはキョダイマックスの姿を持っています。 ダイオウドウがキョダイマックスする事ではがねタイプの技が「キョダイコウジン」というはがねタイプのキョダイマックス技に変化します。 キョダイコウジンは攻撃しつつ はがねタイプ版のステルスロックを撒けるので削りやタスキ潰しを違ったタイプから展開していくことが可能です。 攻撃に最大まで振りながら、HPを奇数、残りを防御と特防に耐久値を重視して振り分けています。 ダブルバトル用に育成している型のため10まんばりきになっていますが、シングルバトルで使用する場合にはじしんがおすすめです。 トリル下で強力なアタッカー トリル運用を前提としているアタッカーです。 苦手とするじめん、かくとう、ほのおタイプの弱点を突ける技を覚えるので相性補完もしやすく、耐久を活かして多くのポケモンを文字通り潰していくアタッカーです。 2種類の体重技と相性補完ができる技を使いこなすことで広範囲に殴り合いができるアタッカーになっています。 調整について 素早さ激戦区のポケモンなので受けとして出てくるドヒドイデに対して上を取れるように素早さを調整しています。 また、特防44に振ることでトリルアタッカーである特化ブリムオンのマジカルフレイムでさえも確定3発までに抑え込める耐久があります。 攻撃を効率の良い11nに調整をし、残りを防御、HPを奇数に調整しています。 防御と特防のステータスはいずれも平均よりも低めですが、HPが高いため一撃を耐えられる耐久力があります。 一撃で倒し切らないとヘビーボンバーやじしんなど高い攻撃の値を生かした物理技を反撃で受けてしまいます。 対策方法 物理受けのポケモンで受ける ダイオウドウは攻撃がかなり高く、対して特攻は控えめなので、物理アタッカーとして採用されることが多いです。 はがねタイプを半減で受けられる物理受けポケモンや数値受けできるポケモンで対応しましょう。 弱点を突いた高火力で一気に倒す ダイオウドウはHPのステータスが高いですが、防御と特防のステータスが低いので数値以上に柔らかいです。 耐久に特化している可能性も考え高火力の弱点技で攻め切るのがいいでしょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 トリル運用では素早さは最遅にしておきましょう。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】レントラーの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【鎧の孤島】

ポケモン剣盾 アローラガラガラ 育成論

コンセプト:相手にダイマックスを先に使わせる! シーズン1では、USMのレート戦と比較して、メガやZの廃止、ダイマックスの追加、ポケモンのリストラなど様々な変化があり、完全に手探り状態でした。 ポケモンの実況者の動画を見ながら考えていましたが、 相手に先にダイマックスさせて詰めていく動きが強いと感じました。 「カビゴン」「アーマーガア」の高耐久コンビで圧力をかける ダイマックスするタイミングとして、一番わかりやすいと思ったのは「高耐久のポケモンをダイマックスで突破する」場合だと感じました。 そこで 高耐久のポケモンを相手にぶつけてダイマックスを誘発させて、そのあと詰めとしてエースポケモンを通すというコンセプトに決めました。 そのために、 特殊に耐久のあるカビゴンと物理に耐久のあるアーマーガアを使うことを決めました。 詰めのエース「ミミッキュ」「リザードン」 相手にダイマックスを切らせた後に詰めとしてのエースは、まず「 ミミッキュ」を使うことを考えました。 ただ、「ミミッキュ」では、環境に多くいた相手のアーマーガアが突破することが厳しくなります。 その場合のエースとして「 リザードン」を採用しました。 ここまでで、 カビアーマー+エースポケモンという基本選出が完成しました。 苦手な構築に対して「ヒヒダルマ」「インテレオン」 ここまでのポケモンで、ドヒドイデなど耐久の高いポケモンで固めた 受け構築に対して、崩すのが難しいと思い、 ハチマキヒヒダルマを採用しました。 また、アーマーガアがいるのにかかわらず、リザードンを投げづらい並び(バンギアーマー)のような並びに強く出られると思い インテレオンを採用しました。 構築の解説紹介 フィラのみ カビゴン 実数値 努力値 HP 236 4 こうげき 178 252 ぼうぎょ 117 252 とくこう — わざ とくぼう 130 すてみタックル すばやさ 50 ヒートスタンプ せいかく いじっぱり(補正) アイアンヘッド とくせい くいしんぼう あくび もちもの フィラのみ わざ タイプ 威力 命中 PP すてみタックル ノーマル 120 100 15 高火力なタイプ一致技。 ロトムやサザンドラを削ったりします。 他のノーマル技と違い火力があり、反動を利用してきのみを食べることができる点が優秀でした。 ヒートスタンプ ほのお ー 100 10 はがねタイプやくさタイプに打点が欲しいため採用しました。 ほのお技はほのおのパンチもありますが、エルフーンやアーマーガアへの圧力を考えてこちらにしました。 ダイマックスした相手には効かないので注意。 アイアンヘッド はがね 80 100 15 ミミッキュへの打点が欲しいためはがね技を採用しました。 ヘビーボンバーもありますが、ダイマックスミミッキュへの打点がなくなるため。 あくび ノーマル ー 100 10 相手をねむけ状態することにより、 交代やダイマックスをうながします。 非常に重宝します。 あくび+高耐久で優秀な初手要員 多くの試合で初手で投げました。 大体の攻撃は1発耐えるので、あくびで流したり、相手を削ったりします。 あくびはとても優秀で、眠らせないために相手がダイフェアリー・サンダーを打つことになり、 ダイマックスを強要できコンセプトにとても合っていました。 ダイマックスしても強い 相手のパーティをみてカビゴンが重そうだったらダイマックスさせました。 相手のすばやさを下げるダイアタック、防御を上げるダイスチルは無難に強く、ダイバーンで晴れさせれば、リザードンと同時選出しても腐らせることを防ぐことができます。 オボンアーマーガア 実数値 努力値 HP 205 252 こうげき 107 ぼうぎょ 157 252 とくこう — わざ とくぼう 106 4 ついばむ すばやさ 87 ボディプレス せいかく わんぱく(補正) てっぺき とくせい ミラーアーマー はねやすめ もちもの オボンのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ついばむ ひこう 60 100 20 32 てっぺき型なのでボディプレス以外の火力は見込めないと思いひこう技をついばむにしました。 後出しロトムの回復実やラムのみ、タラプのみなどを食べます。 たまに役に立つときがありました。 ボディプレス かくとう 80 100 10 攻撃ではなく防御の実数値で計算する技。 この技のおかげで 単なる受けポケモンではなく殴れるようになります。 てっぺき はがね 80 100 15 ミミッキュを役割対象とするため採用。 多くの物理ポケモンを詰ませることができました。 はねやすめ ノーマル ー 100 10 16 耐久ポケモンなので回復技を採用。 ついばむとはねやすめだけPP増やしました。 ミミッキュが役割対象ですが、はがね技は不採用です。 理由としては、「急所さえ当たらなければ勝てる」「ダイジェットが優秀」の2点です。 物理アタッカーを受けるために てっぺきさえ積めれば、多くの物理ポケモンを受けることができます。 相手の特殊ポケモンを処理した後に、アーマーガアで詰ませることで勝つ試合も多かったです。 かなり下の順位からマッチングしてくる人たちにはよく刺さるのでよかったです。 詳しくは単体考察しています。 珠ミミッキュ 実数値 努力値 HP 131 4 こうげき 156 252 ぼうぎょ 100 とくこう — わざ とくぼう 125 じゃれつく すばやさ 148 252 シャドークロー せいかく いじっぱり(補正) かげうち とくせい ばけのかわ つるぎのまい もちもの いのちのたま わざ タイプ 威力 命中 PP じゃれつく フェアリー 90 90 10 ダイフェアリーでミストフィールドを貼れるので、あくびややけどを防げます。 シャドークロー ゴースト 70 100 15 ダイホロウでぼうぎょを下げれます。 単体同士ならヌオーやドヒドイデにも勝ててよかったです。 かげうち ゴースト 40 100 30 先制技。 パーティに先制技持ちが少ないため重宝しました。 8世代でも最強ポケモン ミミッキュは弱体化を受けましたがまだまだ強いです。 みんながいのちのたまで使っていたという理由から持ち物は決定しましたが、かなり強かったです。 スカーフリザードン 実数値 努力値 HP 153 こうげき 80 (A0) ぼうぎょ 99 4 とくこう 161 252 わざ とくぼう 105 オーバーヒート すばやさ 167 252 エアスラッシュ せいかく おくびょう(補正) りゅうのはどう とくせい サンパワー きあいだま もちもの こだわりスカーフ わざ タイプ 威力 命中 PP オーバーヒート ほのお 130 90 5 メインウエポン。 だいもんじ、かえんほうしゃではないのは、H252振りアーマーガアをダイマックスなしで確定1発にできるから。 (だいもんじは62. すばやさが上がるのでかなりの圧力になります。 りゅうのはどう ドラゴン 85 100 10 構築でドラパルトが重いので採用。 ダイドラグーンのこうげきダウン効果もポイントでした。 きあいだま かくとう 120 70 5 いわタイプが辛いので採用しましたが、有効に働く試合は稀でした。 きあいだまに関しては、他の技も試したかったです。 ソーラービーム、げんしのちから、かえんほうしゃなど。 超火力+すばやさ上昇で攻める! 相手のアーマーガアを処理するために採用しましたが、 サンパワー+ダイバーン(晴れ)+ダイジェット(すばやさ上昇)が強力でした。 バンギラスやセキタンザンがいたら出しにくかったですが、その場合はミミッキュを選出していました。 スカーフで奇襲する リザードンの欠点は「ダイマックスしないと弱い」ことです。 そこで ダイマックス無しの場合の役割を広げるために、持ち物はこだわりスカーフをもたせました。 アイアント、ヒヒダルマあたりを先攻で焼くことができます。 また、自分のカビゴンや相手がアーマーガアを無理やり突破するために放ったダイバーンの影響で晴れることも多く、晴れ下で「 メガネとスカーフを持ったリザードン」として使うことも。 ハチマキヒヒダルマ 実数値 努力値 HP 181 4 こうげき 211 252 ぼうぎょ 75 とくこう — わざ とくぼう 75 つららおとし すばやさ 147 252 フレアドライブ せいかく いじっぱり(補正) じしん とくせい ごりむちゅう とんぼがえり もちもの こだわりハチマキ わざ タイプ 威力 命中 PP つららおとし こおり 85 90 10 タイプ一致のメインウエポン。 怯みもあるので強かったです。 フレアドライブ ほのお 120 100 15 アーマーガアを倒すために じしん じめん 100 100 10 ドヒドイデを倒すために とんぼがえり むし 70 100 20 対面操作技、択を有利に進める。 受け構築に対する対策 受け構築を無理やり火力で崩すために採用しました。 場に出した瞬間からA140がつるぎのまいをした状態になります。 と言っても 完璧な対策とは言えず多くの択を生み出します。 また、選出画面での圧力が強く選出がしやすくなりました。 ヤタピインテレオン 実数値 努力値 HP 148 20 こうげき 94 ぼうぎょ 85 とくこう 175 236 わざ とくぼう 85 ねっとう すばやさ 189 252 ハイドロカノン せいかく おくびょう(補正) みがわり とくせい げきりゅう ふいうち もちもの ヤタピのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ねっとう みず 80 100 15 命中安定のみず技として採用。 やけどの追加効果が強いと思ったのでねっとうにしました。 ハイドロカノン みず 150 100 5 火力がありそうで強そうくらいの気持ちで採用しました。 みがわり ノーマル ー 100 10 ヤタピのみを発動させるために。 他にもダイマックスを透かす動きもできました。 ふいうち あく 70 100 5 先制技が欲しいため、ドラパルトに打点になるのがよかったです。 高火力な特殊アタッカー 相手の構築に対してリザードンが出したくないが、アーマーガアのような物理受けポケモンがいるときに出そうと思い採用しました。 火力はすごいでます。 ただ、考察も薄く、あまり信用しきれておらず終盤の選出率は低かったです。 もっとドラパルトに強いポケモンを採用したほうがよかったかも、とも思っています。 選出パターン これ以外にもありますが、よく出してたパターンのみ。 基本選出 or カビゴンとアーマーガアで削った後、ダイマックスエースを通すことを考えました。 ただ、相手を詰ませることができると思ったら、カビゴンとアーマーガアでもダイマックスしました。 対ヌルアント 終盤流行っていたヌルアントに対しては、この選出をしていました。 カビゴンのダイマックスやリザードンでアイアントを倒して、ミミッキュで詰めていくようにしていました。 [ヌルアントの構築記事] 対受け構築 カビゴンのあくびを利用して、ダルマドヒド対面を作って択にします。 とんぼもあるので有利な択だと思います。 またミミッキュで強引に突破することも考えます。 まとめ 本当は二桁順位を目指したいと思い潜り続けましたが、2000位以下まで落ちてしまったのでシーズン1は撤退しました。 非常に悔しい結果ですが、せっかく考えたので記事にしました。 シーズン2は私が忙しくなりそうですが出来るだけ潜りたいと考えています。 一応レンタルパーティを公開しておきました。 使ってみて感想をいただけるととても嬉しいです。

次の