子犬 うんち が ゆるい。 子犬のご飯とうんちの回数は1日何回が正常?2つの確認ポイント

生後3か月の子犬の事なのですが、便が軟便です。下痢ではなく、形はあるのです...

子犬 うんち が ゆるい

子犬の体調管理のために、毎回うんちの状態をチェックするという飼い主さんは多いと思います。 硬さや回数を目安に、便秘になっていないか、下痢になっていないかをチェックするのは大切なことですよね。 食欲があって、排泄に異常がないということが健康のバロメーターになります。 しかしながら、体調が不安定になりやすい子犬の時期は便秘と下痢をよくするものです。 慣れてくると落ち着いて対応ができるようになると思いますが、可愛い愛犬の体調不良には戸惑いますよね。 特に下痢の場合には病気かな?と心配になります。 「どんどんうんちがゆるくなって、ゼリー状になる…これって大丈夫?」というような経験はないでしょうか。 このまま様子を見るべきか、病院へ行くべきか迷いますよね。 今回は「子犬のうんちがゆるい!下痢気味でゼリー状になる」という場合の原因と対処法について解説していきます。 Contents• うんちがゆるく、ゼリー状になるのはどうして? 下痢? 子犬のうんちがゆるいと焦ります。 そもそも「ゼリー状のもの」は一体何なのでしょうか。 一瞬、下痢なの?と思いますよね。 その正体は、大腸粘膜がはがれたもの。 大腸の粘液なのです。 細菌やウイルス、寄生虫などに感染していたり、フードの切り替えによるもの、強いストレスが原因となります。 また、何かのアレルギーが原因の場合もあります。 嘔吐を伴う場合には、誤食も心配されます。 しかしながら、たまにゼリー状のうんちが出るという程度で、食欲があり元気な様子であればそんなに心配することはありません。 ただし、体調の急変も考えられますので、しばらくの間は愛犬の様子をよく観察するようにしましょう。 ゼリー状のうんちが出たらどうする? 食欲があり、元気なら様子見で大丈夫 食欲があり元気そうであれば、ゼリー状のうんちが出ていても、うんち自体にある程度硬さがある状態の場合にはしばらく様子を見ます。 24時間程度絶食をしてみると良いでしょう。 ストレスが原因の場合には、そんなに時間がかからずに下痢が改善されていくはずです。 長時間のお留守番、お散歩中に他の犬に威嚇された、新しく別のペットを飼い始めた、などのちょっとした環境の変化でも愛犬にとっては大きなストレスになっている可能性があります。 そのような場合にはお腹の調子がおかしくなってしまうことも十分に考えられます。 フードの切り替え時に下痢が始まった場合には、新しいフードが愛犬の体質に合わない可能性があるので、フードを見直すようにします。 アレルギーの可能性もあるので、獣医師に相談した上で、違うものに変えるのが良いでしょう。 下痢気味の時には脱水症状が心配です。 いつもより水分を多く摂らせるように心がけます。 ただし、水分の摂り過ぎは下痢の悪化に繋がります。 食べ慣れたフードをお湯でふやかすなど食餌から水分を摂れるようにしてみてください。 病院へ行く場合 下痢が悪化したり、長くなる場合、食欲や元気がない場合には迷わず獣医師に診てもらいましょう。 細菌やウィルス、寄生虫に感染しているかもしれません。 うんちをトイレシーツの上にした場合はシーツごとたたんでビニール袋などに入れて持参するようにします。 診察や検査の際に必要です。 また、与えているフードの内容や回数、量などを伝えられるようにメモしておきます。 いつからうんちの様子がおかしいのか、体調に変化はないか、ストレスになるような出来事はなかったか、なども記録しておくと診察がスムーズです。 愛犬は自分で喋ることはできないので、飼い主さんからの情報を頼りに診察が進められます。 一日も早く愛犬が元気になるように、医師には的確に診察をしてもらいたいですよね。 そのためには、飼い主さんからの情報も重要な手がかりとなるのです。 こんな場合は要注意! 拾い食い、誤食に心当たりはありませんか?• 腐ったもの、雑草などの散歩中の拾い食い• 異物の誤食• 中毒を起こす食べ物や人間用の薬などの誤食• 下痢だけでなく嘔吐を伴う 「散歩中に何か食べたかもしれない」「キッチンを荒らしていた」「人間用の薬を落としたかもしれない」など少しでも心当たりがある場合には、一刻を争うケースになることも。 迷わず獣医師に相談しましょう。 まとめ 愛犬がゼリー状の便をした時は慌ててしまいますよね。 病気なのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。 小さな子犬の時期は、体調が不安定になりがちです。 下痢が長引くと体力まで落ちてしまいますので、そんな時はできるだけ早く獣医師を頼りましょう。

次の

排泄物でみる健康~犬のうんち・おしっこチェック~

子犬 うんち が ゆるい

子犬を育てることは、人間の赤ちゃんを育てることと全く同じですから、 何も知らないと犬の性格に歪みが出たり、ちょっとした体調不良が命の危険にまで発展することがあります。 犬は約1年後にはすっかり大人の成犬になっていますから、短い子犬の期間にしっかりと犬の性格や体調を管理して、立派な成犬に育てなければなりません。 子犬と成犬で大きく違うのは、成犬であれば大丈夫な小さな体調不良でさえ、子犬はびっくりするほど衰弱してしまうという点です。 以下を参考にして、早急に獣医師に相談をするようにして下さい。 子犬がうんちをしない時の考えられる原因 生まれたばかりの子犬は、自分でまだ便を上手に出すことができません。 母親がお尻を舐めることで、肛門を刺激して出してやることになります。 授乳期が過ぎて離乳食が食べられるようになる生後4週目頃には、腸の壁が生まれた時よりもずっと分厚くなって、ミルクだけでなく、固い物も徐々に腸管を通過できるようになります。 この時期は子犬の食餌内容が変わることにより、腸内細菌の状況も変化し、下痢をしたり、便秘をする、などの問題が見られます。 成長して口が大きくなると、何でも口に入れてしまうことで、腸閉塞を起こすような場合もあります。 以下に、よく見られる子犬がうんちをしない原因を説明していきます。 普通、動物は1日に1回以上の便をしますが、子犬はそれより多く、食餌を食べた回数分ぐらいしますから、4、5回ぐらいある子犬もいるでしょう。 その排便行為が理由なく減ったり、全くないとなると、ただ事ではありません。 成長とともに回数は減りますが、急に回数が減ったり、全く出ていない状態が一日以上経過すると、お腹が張ってきたりして気分が悪くなる可能性があります。 重症な場合には、お腹を触った段階で固い便が詰まっていることがわかる犬もいます。 便秘は固い便だけ、と思っていると実は間違いで、場合によっては下痢のような液体が出る可能性も考えられます。 これは、 詰まった便によって炎症が起きた腸壁が必死で分泌物を出しても、便が硬くて液体は中に吸収されず、蓄積した液体がまとめて外に出て来るからです。 このように、なかなか正常な便が定期的に出ない状況になる主な原因は以下のようになります。 フードの質 人間でも便秘をする人は聞いたことがあると思いますが、食物繊維は便秘問題で重要な位置を占めています。 水に溶けない不溶性繊維と言われているものは、腸の消化活動に大きな影響を与え、水に溶ける水溶性繊維が多いと腸内細菌のバランスが整い、便が出やすくなります。 フードの食物繊維が低めであれば、高めのものに変えることで改善することがあります。 残念ながらフードの質というものは値段に反映することもあり、上質のフードは添加物が少なく、人口の物質を使わずに自然に近い材料を使っていますが、質が落ちたフードは添加物も多く、最終的には便秘を招く可能性が考えられます。 フードの変更 急にフードを変更すると、体が消化に追いつかずに便秘になることがあります。 フードを変更する場合はガイドラインに沿って、徐々に変える方法を実行しなければなりません。 脱水 便が固いのは水分が不足しているからで、絶対に定期的に適度な量のお水を飲む習慣をつけておくことが必要です。 必ず、新鮮なお水を飲めるようにしてあげましょう。 特にドライフードは水を多めに飲む必要があります。 生活環境の問題 環境の変化や躾などを行うことでストレスを感じた場合や、運動量が不足している生活を続けていると、腸の動きも低下して便秘しやすくなります。 異物誤飲 これは、生後半年以内の子犬に非常に多く見られる問題です。 犬は基本的にお掃除屋さんと言われるほど、何でも口で物体を確認しつつ飲み込んでしまいます。 成犬であれば、そのまま待っていて便に消化されずに出てくることもありますが、子犬の場合は、被毛や骨のようにある程度消化管を通過できる可能性のある物から、小さなアクセサリーやオモチャ、靴下、などを飲み込んで、小さな腸では腸閉塞を起こしてしまう場合もあり、成犬よりも重篤な状況になりやすいです。 外傷 事故で骨盤骨折などをした場合、痛みから便や尿を出しづらくなったり、骨折した結果、便が通り抜けづらくなったりすることがあります。 寄生虫などの感染症 腸内に寄生虫がいたり、細菌感染により便秘になる場合もあります。 犬の寄生虫については、『』の記事も合わせて参考にしてみてください。 スポンサーリンク 腫瘍 成犬や高齢犬と同様に、子犬でも腸管に腫瘍があることで便が出にくくなる可能性があります。 子犬がうんちをしない状態を放置してはいけない理由 人間に置き換えて考えてみると、まずお腹に不快感を感じると思います。 子犬も当然不快感を感じることになります。 便秘を放置すると、当然良いことは一つもありません。 万が一、腸閉塞であれば非常に危険な状態に陥ってしまいます。 以下にどのような症状が出るのかを記します。 食欲不振 お腹が張ったような状態が長く続くと、あまり食欲が出てこなかったり、また痛みがある場合にも食欲がなくなることが多いです。 落ち着きがなくなる 便意があるのに出ないとなると、そわそわしたり、何度も力んだりする姿が見られます。 元気消失 お腹に不快感があると、子犬はあまりはしゃぎたがりません。 痛みが加わると動きも鈍くなって行きます。 嘔吐 特に腸閉塞を起こして異物が腸のどこかで詰まってしまうと、腸の運動が活発になって異物を出そうとしますが、異物が出て行かない場合に、頻繁に嘔吐してしまうことがあります。 嘔吐が続くと脱水を招いて、益々、体調が悪くなって行きます。 腹痛 便が沢山停滞している場合や腸閉塞を起こしている場合には、痛みを感じて震えたり、背中を丸める姿勢を取ったり、飼い主さんに触られることを嫌うことがあります。 (参考文献:Small Animal Pedalrics The First 12 months of Life by ELSEVIER SMALL ANIMAL INTERNAL MEDICINE forth edition 子犬がうんちをしない時の対処法 基本的に子犬が便をしていないことに気づいたら、まず獣医師に指示を仰ぐことが何よりも大切です。 何か対処する方法があるのか、と言われると、獣医師に診断してもらってからでないと、対処法はありません。 残念なことに、電話で獣医師に相談しても、一度診察してみないと簡単には診断ができません。 実は飼い主さんの思い違いで、電話でお話された内容と全く異なる症状であったりすることがあるからです。 ここでは、病院に連れて行くまでに、どのように判断するべきかを説明します。 子犬がうんちをしない時にやること 元気がある場合• 食欲あり 最後にうんちをしてから丸1日経過をしている場合には、一旦、電話で獣医師に相談しましょう。 その際には、食欲はあるか、どんなフードを食べているか、水は飲んでいるのか、尿は普通に出ているか、といった内容はしっかりと正確に伝えて下さい。 食欲なし 食欲がない場合には、便秘をして食欲が無い旨を獣医師に伝えて、必ず受診しましょう。 子犬が小さい場合には、食欲不振が低血糖や命取りになり兼ねません。 元気がない場合 元気がない場合には一刻も早く受診しましょう。 嘔吐や痛みがある場合 腸閉塞の疑いがありますから、こちらも緊急事態です。 すぐに受診して下さい。 便秘を予防する為にできること 便秘予防に一番重要なことは、何と言ってもフードです。 どんなフードを食べているかによって、便の状態は大きな違いがあります。 フードを含めた便秘予防について解説します。 便の状態を毎回チェック 便の固さは個体差がありますが、指で押して形が残る程度が良いでしょう。 その固さよりも、更に固い場合は便秘傾向が出ている可能性があるので、獣医師に相談して下さい。 水を飲ませる お水はいつもたっぷりの量を用意しましょう。 ひっくり返してしまわないように、ボトルタイプにしたりの工夫も必要ですが、慣れないと飲みづらくなって飲まないこともあります。 子犬の様子を見ながら検討して下さい。 便秘予防に効果があるフード 食物繊維が多いものを選んでみると良いでしょう。 オリゴ糖入りで腸内の善玉菌を整えるタイプのフードもお勧めです。 フードに対する反応は個体差がある為、フード変更する際には獣医師との相談が必要です。 運動 混合ワクチンを終了していない場合は、外に散歩にも行けず、運動不足になりがちです。 家の中でもなるべく動くように、オモチャなどで一緒に遊ぶようにしましょう。 マッサージ 便が出づらい子犬は、お腹を軽くマッサージをしてあげることで、出やすくなることがあります。 普段からスキンシップの一環として、マッサージをすることも一つの予防法です。 定期的な健康診断 子犬は初めの年に3回の混合ワクチンと狂犬病ワクチンの接種がある為、しばらく病院に通院が続きますから、その都度、便の状態が固すぎないかなどを確認して貰うことも予防になります。 まとめ 子犬の小さな体調変化は、つい見過ごしてしまったり、ゆっくり経過観察をしていると、大変重篤な状況になることがあります。 子犬はうんちが出ない理由をしっかりと把握して治療をしないと、翌日にはぐったりしてしまっていることさえあります。 くれぐれも自己判断で様子見をすることはせず、獣医師のアドバイスを聞いて下さい。 高額治療費がかかる前に! 家族同然のペットが今は健康でも怪我や病気は突然やってきます。 人間と同じような保険がないペットに、病気の治療を行うと驚くような請求になる事も多くあります。 何かの病気にかかることは少なくありませんよね。 その時に最善の手術・治療を受けれる用意をしておくのも飼い主の大事な役割です。 長く一緒に生活できるように、治療の選択肢を増やすためにもペット保険を考えるのは重要です。 すぐには入らなくても、保険の内容がどんなものがあるのかくらいは知っておきましょう。 ペット保険の中で、 契約者数が多いPS保険は6年連続顧客満足度1位です。 まずは無料の資料請求から、アナタやペットに合った保険を考えてみることから始めましょう。 飼い主の為はもちろん、愛する家族の選択肢を増やすために。

次の

愛犬がうんちした時お尻は拭いた方がいい?拭くときの注意点やアドバイス!

子犬 うんち が ゆるい

com 水のような下痢とまではいかないけれど、ヨーグルトのように ドロドロのゆるいウンチが出たことのある人は多いのではないでしょうか? ウンチを快適につるんと出すのには、適度な水分が必要ですが、 水分が多すぎるのも、トラブルの元。 例えば、ゆるい状態のウンチでは 排便回数が多くなり、ウンチの成分による化学的刺激やお尻を拭く物理的刺激が増えることで、 肛門周囲皮膚炎といって、肛門周囲の皮膚のバリア機能が低下してしまい、炎症が起きて痒くなってしまうことがあります。 理想の便の形、硬さはバナナに例えられますが、それよりも柔らかい軟便や、下痢のような液状ほどではないゆるいウンチである泥状便は腸内で水分吸収がうまくいっていないために起こります。 com 口から入った食べ物は胃腸で消化されたあと、粥状の食物のカスとして大腸に届きます。 食物のカスは、大腸内を進みながら 水分が吸収され、 徐々にウンチの硬さになります。 しかし、大腸に何らかの問題が生じて、腸ぜん動が強まって進みが早いと、ウンチの水分の吸収が十分にされずに、軟便や泥状便といわれるウンチになるのです。 つまり、 ゆるいウンチは、腸内のトラブルのシグナルの1つでもあります。 普段の生活から考えられるゆるいウンチの原因は、食あたりや水あたりによるぜん動運動の強まりや、脂肪分の多い食事の食べ過ぎによる消化不良、さらには精神的ストレスや、サプリメントや内服薬などの副作用も挙げられます。 ゆるいウンチで悩んでいる人は、思い当たる生活行動を改善してみてください。 com ゆるいウンチは、大腸などの消化器の病気が原因で起こることもあります。 便の色が普段と違ったり、血液が混じったり、吐き気や発熱、発疹などの他の症状が併発して出ることも。 このような症状が出たときには、なにか他の病気にかかっている可能性があるので、早めに病院を受診するようにしましょう。 特に、ウンチの色は、食べた物や内服薬の影響を受けることがあります。 例えば、葉物野菜を多く食べた翌日に、緑がかったウンチが出るのはよくあることです。 また、黒っぽいウンチもそれほど珍しい印象を受けません。 古いウンチや野菜類が足りないウンチは黒っぽくなりますし、鉄のサプリメントを飲んでもウンチは黒くなります。 黒いウンチが出るときに注意したいのが、胃から出血があるとき。 普通大腸から出血している場合は、血がそのまま赤く出ますが、胃より上からの出血の場合は、血液に含まれているヘモグロビンが胃酸の作用を受けるので、黒くなります。 明らかな出血なら、誰でも気づきやすいですが、異常を見つけるのは難しいかもしれません。 普段から自分の便の色や性状をチェックして、異常なウンチとの違いに気付けるようになることも大切です。 com ゆるいウンチが出るときに改善したいポイントは、次の通りです。 お腹を温める お腹が冷えると、ゆるいウンチが出ることがあります。 それは、 体が体温を調節しようとして、体から水分を排出しようとするため。 冬になって寒くなると、尿の回数が増えるのと同じですね。 冷えによってゆるいウンチが出るときは、お腹を温めるようにしましょう。 ジュースを飲み過ぎない 人工甘味料の入っているような甘いジュースを大量に飲むと、ウンチがゆるくなることがあります。 飲んだ物の濃度が高いと、水分を引きつける力が強いので腸で水分が吸収されづらくなるからです。 ゆるいウンチの原因が、ジュースなどの飲み過ぎであれば、1杯程度に控えてみましょう。 暴飲暴食をしない 暴飲暴食は、胃腸に負担がかかって消化不良となり、ゆるいウンチが出る原因になることがあります。 食べ物を食べるときに、よく噛むと胃腸に負担がかかりません。 また、よく噛むことで満腹感を感じることができるので、食べ過ぎの防止にもなります。 刺激物を控える 辛い食べ物を食べ過ぎた翌日のウンチが出たときに、おしりが痛くなったことは誰もが経験しているはず。 香辛料などは大腸をはじめ、内臓の粘膜に対して刺激となります。 ゆるいウンチが出るときは、大腸の環境も万全ではないので、香辛料などの刺激物は控えて、胃腸を労わりましょう。 腸内の善玉菌を増やす 日頃から、腸内の善玉菌と増やすことは、腸内環境を強くし、ゆるいウンチの防止にもなります。 善玉菌のエサとなる食物繊維や発酵食品を摂って、腸内環境を整えるように心がけてください。 まとめ.

次の