換気 サーキュレーター。 サーキュレーターで換気!換気扇の代わりになる?ワンルームでは?

【新型コロナ】正しい「換気」を実践している人は3割、注意するポイントは?

換気 サーキュレーター

新型コロナウイルス対策(以後、コロナ対策)のひとつとして重要視されている「換気」。 いわゆる「3密」(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面)を回避するための対策の1つとして推奨されているが、実際のところどれぐらい換気をすれば感染リスクを抑えられるのかは、明確には定義されていない。 厚生労働省の専門家会議でも、「可能であれば2方向の窓を同時に開けて換気する」の表現にとどまっている。 しかし、特に集合住宅では浴室やトイレなど窓のない住戸も多く、換気をどのようにすればよいのかが悩ましい。 また、誤解されることが多いが、エアコンでは換気はできないという。 これから日本は梅雨そして夏を迎える。 いまや東南アジア並みに猛暑を記録する日本で、エアコンが換気にならないのだとしたら、どのように効率的な換気を行っていけばよいのだろうか? そこで、空調のプロであるダイキン工業に「上手な換気の仕方」を聞いてみた。 ダイキンでは、今回の情勢を受けて、いち早く「上手な換気の方法」の情報を公式HPに公開している。 そこで紹介されているのが主に3つのポイントだ。 最初のポイントは「24時間換気システムを正しく使いこなすこと」だとダイキン工業株式会社 広報グループの野呂朋未氏は説明する。 「建築基準法の改正により2003年7月以降の建物(マンション・戸建て関わらず)には、換気口や24時間換気システムが必ず設けられています。 通常であれば2時間で部屋の空気が入れ替わる仕組みです。 ですがこれがきちんと使われていないことも少なくありません。 換気口が閉じられたまま、またはシステムのスイッチが切られたままということもあります」 マンションであれば、浴室に乾燥機能と同時に24時間換気システムがあることが多いが、ついついスイッチを切ってしまったりしていないだろうか? 換気口も冬場に外から冷たい空気が入ることを嫌がって閉めっぱなしという家庭もあるだろう。 また換気口のフィルターに埃がたまっていると空気の交換率は当然悪くなる。 「家にいる機会も多い今、換気口の掃除もしっかりして、せっかくあるシステムを正しく使ってほしい」と野呂さんは訴える。 自宅に換気システムが整っていることを意識している人は、少ないのではないだろうか?夏を前にして、一度ご自宅の換気口や換気システムを確かめてみて欲しい。 窓を開ける際の効果的な換気方法 ポイントの2つ目は「窓を開けて空気の通り道」を上手につくること。 通常窓を開けての換気の目安は、1時間に5分~10分程度と言われている。 しかも、できることならばこまめに回数を多くすることが効果的とされる。 2時間で1回10分の換気をするよりは、1時間に5分の換気を2回行った方が効果が高いというわけだ。 窓の開け方としては、対角線上に2カ所の窓を開けて空気の通り道をつくるのが理想形だ。 より効率を狙うのならば、風や空気の性質を利用して、外から空気の入る入り口の窓は小さく開けて、出ていく窓を大きく開けると換気効率はさらに良くなる。 しかし窓が1カ所しか開けられない場合や、トイレなど窓のない部屋ではどうしたらよいのだろうか? ここで役立つのが「扇風機」や昨今身近になった「サーキュレーター」の存在だ。 窓が1つしかない場合には、扇風機を窓の方へ向けて部屋の外に空気を出すようにする。 扇風機を部屋に向けて置いてしまうと、外の空気は部屋の中に入ってくるものの汚れた部屋の空気が外に出にくくなるので注意が必要。 窓のない部屋やトイレも同様で、ドアを開けて外側に向けて扇風機を置くと換気がしやすくなる。 3つめのポイントはキッチンの換気扇を上手く利用すること。 キッチンの換気扇は排気量が大きいので利用しない手はない。 換気をしても効率的にエアコンを使うには? 効率良く部屋を冷やすには、エアコンの対角線に扇風機やサーキュレーターを設置するとよい エアコンをかけていても窓を開けての換気が必要となると、気になるのがこれからの猛暑の時期の対応だ。 1時間または2時間おきに換気が必要となると、せっかく冷えた部屋が無駄になりそうでついつい換気がおっくうになってしまいそうだ。 また、電気代への影響も気になる。 野呂氏にその点を質問すると、換気をしても効率的にエアコンを効かせられるポイント2つを教えてもらった。 文末の「あなたとエアコンに、できること」はエアコンの節電についてまとめられた情報だが、しっかりと換気をするための効率的なエアコンの使い方としても役立てられるはずだ。 ぜひ参考にしてほしい。 空気調和・衛生工学会と日本建築学会の換気への公式見解 今回お話を伺ったダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ 野呂朋未氏 このほか、換気に関しては、空気調和・衛生工学会と日本建築学会による発表も役立ちそうだ。 コロナ感染として考えられる3つのルート(飛沫感染・接触感染・空気感染)との関係性の中で、そもそもなぜ換気が必要とされているのか。 また、戸建てとマンションのそれぞれの一般的な換気システムの方式などが図解されているため、一度目を通しておくとその仕組みを理解しやすいだろう。 新型コロナウイルス対策として、最も重要なのは飛沫感染、接触感染を避けること。 もちろん、換気だけでコロナ対策ができるわけではない。 また、現在のところコロナ対策としてどのような換気が効果的か、エビデンスとしてはまだあがってきていない。 ただし、一般的に「正しい」換気を行うことは、意味がある。 ダイキン工業では既に「上手な換気の方法」の英語版も提供している。 今後はオフィスでの換気方法も発表していく予定だ。 少しでも早くこのパンデミックを収束させるためにも、家庭でもこまめな換気を実践していきたいところだ。

次の

湿気は「換気で空気を流す」がポイント!梅雨どきの簡単対策

換気 サーキュレーター

これは部屋の中の熱気を外に出して換気しなきゃ! スポンサーリンク 「サーキュレーター」とは? サーキュレーターとは? 私は 換気のために「サーキュレーター」を買うことにしました! サーキュレーターはこんな感じで、パッと見は小型の扇風機。 プロペラを回転させて風を起こすので仕組みも扇風機と似てます! でも厳密にいえば、 サーキュレーターと扇風機ってそれぞれ用途が違います! 扇風機との違いとは? 「サーキュレーター」と「扇風機」の違いですけど。 扇風機って、風を起こして人を涼しくさせるモノですよね。 涼むための風を起こせるように、より自然に近い風を送れるような仕組みになってます! 一方で サーキュレーターはどうかというと・・・ これは風を起こして「空気を循環させる」ためのモノなんですよ!• 室内に熱がこもってる時、出窓にセットして換気する! 翌日中には購入したサーキュレーターが届きました。 これを さっそく換気用として出窓に置いて、コンセントを繋いでいきますよ。 試しに電源をONにして風力を確認すると・・・ 扇風機の「強」ぐらいの風力が一転集中で向かってきます! 空気の循環をさせるだけの力はありそうですね。 静音タイプって書かれてるけど、実際には扇風機の羽音より少し大きいです笑 室内と外気の温度差によって、使い分けてますよ! 外気よりも室内が暑い場合は、開いた窓に向けてセットするだけです。 風力を「強」にすれば、暑い室内空気をぐんぐん外に逃がしていきます! 扇風機との併用で効果あり! 一方で、部屋の中の方がまだ涼しいっていう時には・・・ 部屋の中に置いて、扇風機と併用して使ってますよ! 扇風機を使って、 さらにサーキュレーターで空気を縦横に循環することで・・・ ふつーに扇風機をやってるだけよりも効果的に体感温度を下げられます! エアコンとの併用や、洗濯物の乾燥にも! サーキュレーターは、もちろんエアコン(冷房)とも併用OKです。 冷房の場合は、エアコンの下に同じ風向きで設置するといいですよ! 冷気はエアコンのすぐ下に溜まるので、空気の塊をサーキュレーターで循環させるイメージ。 あとは洗濯物の部屋干しサポートとかね! 部屋干しの真下からダイレクトに風をあてることで、洗濯物がすぐに乾きます。 換気以外の用途でも使えるので、1台あれば何かと便利だと思いました! 今回は、サーキュレーターを使った換気についてでした。 モノは試しで使ってみましたけど、 確かに部屋の中の暑い空気を外に排出してくれます! こういうのってなんとなくセッティングするんじゃなく、理屈で考えてセットすると効果も高いですよ。 興味があったらぜひ試してみてくださいね! また、暑い日が増えるにつれて「」もあると重宝しますよ!.

次の

サーキュレーターで外気を取り込む方法。

換気 サーキュレーター

サーキュレーターの語源は、英語の「circulate(循環させる)」という言葉。 この言葉の通り、 サーキュレーターの役割は「空気を循環させ、流れを作ること」です。 冬場、エアコンで暖房をつけていても、なかなか部屋が温まらないことってありませんか? 逆に夏場に、冷房がうまく部屋中に行き渡らなかったり。 それは、 部屋の中の空気に温度差が生まれてしまっている状態です。 それを解決してくれるのが サーキュレーター。 風を送って空気を循環させることで、部屋の中の温度のムラをなくし、快適に過ごせるようにしてくれる家電なんです! サーキュレーターを使うメリットとデメリット 部屋の中の空気を循環させ、温度を一定にしてくれるサーキュレーター。 エアコンだけで部屋の温度調節をするのと何が違うのでしょう? メリット 部屋の温度差をなくし、快適に過ごせる サーキュレーターは、 直進方向に強い風を送り出すことで空気に流れを作り、効率的に空気を循環させます。 人が涼むために風を発生させる 扇風機は、人が直接当たっても快適に感じるよう、 弱めの風を拡散しながら生み出します。 ここがサーキュレーターとの大きな違い。 空気循環に特化したサーキュレーターなら、置き方によって自在に、部屋中にエアコンの風を届けることができますよ! 電気代を節約できる サーキュレーターの最大のメリットが、 エアコンにかかる電気代を節約できること。 これを目当てにサーキュレーターを買う人がほとんどではないでしょうか。 部屋の中の温度差を均一にすることでエアコンの運転の効率を上げ、結果としてエアコンの消費電力を抑えてくれるのです。 これはとっても嬉しいですよね。 デメリット 適切な置き方をしないと、むしろ電気代が高くなる サーキュレーターは、 うまく空気が循環できるように設置しないと、逆効果になる事も。 部屋の中の温度差が解消されないまま、エアコンが室内を設定温度に近づけようと一生懸命風を送るため、いっそう電力を消費してしまうのです。 そして、扇風機と同じ程度ですが、サーキュレーターを使うのにも電気代はかかります。 「省エネしようと思ってサーキュレーターを買ったのに、逆に電気代が高くなった!」 …なんていうことがないよう、サーキュレーターの正しい置き方を知っておきましょうね。 音がうるさい サーキュレーターは空気を循環させることがお仕事なので、扇風機に比べて強い風力を持ちます。 そのため動作音が扇風機より大きく、「うるさい」と感じてしまうことも。 静音機能があるサーキュレーターも売られているので、音が気になる人は探してみましょう。 冷房・暖房別の最適なサーキュレーターの置き方 エアコンと一緒に使うとき、サーキュレーターは、 置き方がとっても重要です! 効率的に空気を循環できる置き方をしないと、省エネどころかいっそう消費電力が上がる一方。 そうならないためにも、 エアコンの風を効率的に部屋全体に届けるための置き方・使い方を見ておきましょう! 【冷房編】サーキュレーターの置き方 冷房と一緒にサーキュレーターを使う場合は、 「冷たい空気は下に行く」という性質を利用しましょう! 1.エアコンに向ける方法 エアコンの対角線上にサーキュレーターを置き、 エアコンの吹き出し口に向けて送風します。 エアコンから出てくる冷風を拡散させ、部屋全体に行き渡らせる方法です。 家具が少なめの部屋にサーキュレーターを置くときに便利です! 2.エアコンと逆向きに置く方法 エアコンから少し離れたところにサーキュレーターを置き、 エアコンに背を向けて送風します。 床のあたりに溜まってしまいがちな冷風を取り込み、壁を伝って天井近くにも行き渡らせることができます。 家具の多い部屋にも冷風を循環させられますよ! もっと詳しい情報を知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみて下さい! 【暖房編】サーキュレーターの置き方 暖房と一緒にサーキュレーターを使うときは、 「暖かい空気は上に行く」という性質を利用するのがコツです! 1.エアコンに向ける方法 エアコンの対角線上にサーキュレーターを置き、 エアコンの吹き出し口に向けて送風します。 エアコンから出てきた温風を部屋いっぱいに拡散させることができます。 冷房とサーキュレーターを使うときも使える方法ですが、暖房でも効果的です。 家具の少ない部屋にサーキュレーターを置くときにオススメ! 2.天井に向ける方法 エアコンから少し離れた位置にサーキュレーターを置き、 天井に向けて真上に送風します。 天井近くに溜まってしまいがちな温風を部屋全体に行き渡らせることができます。 家具が多く置かれている部屋にとっても便利ですよ! さらに詳しい情報を知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい! ロフトや吹き抜けにも使える? サーキュレーターが部屋の空気を循環させるのに役立つ置き方は分かりましたが、 「ロフト」や「吹き抜け」「リビング階段」など、ちょっと変わった形のお家ではどうしたらいいのでしょう? 大丈夫です、方法があります! ポイントは 「サーキュレーターの2台使い」です。 2つのサーキュレーターを使うことで、効率的に空気の流れをつくることができるんです。 このとき、 サーキュレーターはなるべく風力の強いものを選びましょう。 夏の場合 熱さの厳しい夏。 エアコンが1階にしかないと、ロフトや吹き抜けといった高いところに冷房の風が回らず、蒸し暑くて耐えられないことがよくありますよね。 「冷たい空気は下に行く」という性質を利用して、 下に溜まった冷風を上に向かって送風するようにサーキュレーターを置いてみましょう。 左の図のように2つのサーキュレーターを置けば、高いところにも冷風を届けながら空気を循環させることができます。 冬の場合 寒さの際立つ冬は、暖房の温風が高いところに逃げてしまいます。 そのせいで、いつまでも部屋が暖まらず、足元から寒さに震えてしまうことがありますよね。 そんなときは、「暖かい空気は上に行く」という性質を利用して、 上に溜まった温風を下まで届けるようにサーキュレーターを置いてみましょう。 右の図のように2つのサーキュレーターを置くと、天井近くに溜まってしまう温風を散らしつつ、部屋全体に温風が行き渡る流れを作ってくれます。 サーキュレーターの選び方 サーキュレーターの使い方や置き方が分かりましたが、これ、 買うときはどんなふうに選べばいいのでしょうか? 部屋や暮らしに合ったサーキュレーターを手に入れるためのポイントを見ていきましょう! サーキュレーターの商品について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね! 選ぶときに見るべきポイント サーキュレーターは、家電量販店だけでなく、最近はホームセンターや雑貨屋でも売られています。 たくさんあるサーキュレーターの中で、何を基準に選べばいいのでしょう? 風力の強さ 風力の強さはサーキュレーターを選ぶ上で大事なポイントです。 なんといったって、サーキュレーターは空気を循環させるものですから、それに足りる最低限の風力が必要です。 これを知るためには、 「適応床面積」あるいは 「対応畳数」を見てみましょう。 どちらも意味は同じで、サーキュレーターが 「どれくらいの広さの部屋に適した風力を持つか」ということを示しています。 サーキュレーターを使いたい部屋の広さを考えて、じゅうぶんな風力を持つものを選びましょう。 ロフトや吹き抜けの部屋に使いたい場合は、特に強めの風力が必要ですよ! 音の静かさ サーキュレーターは風力の強さが売りなので、羽根の回る「ブーーン」という音がどうしても大きくなってしまいます。 リビングや寝室などの生活空間で使うときは気になってしまいますよね。 そうした人は、「静音機能」や「風量調節機能」のついたサーキュレーターを選んでみましょう。 実際に家電量販店に行ってみて、どれくらいの音がするのか確かめてみることが大切です。 掃除のしやすさ 空気循環に特化しているサーキュレーターは、安価なものの中には、カバーを取り外して中身を掃除することができないものが多くあります。 でも、定期的に掃除しないと、どんどんホコリが溜まっていってしまいますよね。 強い風を起こすサーキュレーターは、たくさんの風を吸い込むので、一緒に大量のホコリも巻き込んでしまいます。 ホコリが詰まってしまうと、羽根の動きが悪くなり、サーキュレーターが壊れやすくなってしまうのです。 長く大事に使いたい人は、カバーを取り外せるタイプのものを選びましょう。 モーターで選んでみると分かりやすい 「サーキュレーターはたくさんの商品があるから、たくさんのポイントを比較していてもキリがない!」 …とサーキュレーター選びを投げ出してしまいたい人に、 1つ見るだけで大体の商品の特徴が分かるポイントを紹介します。 それは 「モーター」。 サーキュレーターの羽根に電気を伝えて動かすために必要な、内部に取り付けられている部品です。 このモーターには2つの種類があり、それによってサーキュレーターの特徴が変わってきます。 DC(直流)モーター こちらはサーキュレーターの主流で、 機能が豊富で・消費電力も小さく、サーキュレーターを使ってみたい全ての人にオススメできます。 デザインも豊富なので、部屋の雰囲気に合ったものを探してみてください。 ただ、 価格が高いことが唯一の欠点。 しっかりとしたサーキュレーターを長く使いたい人には最適です! AC(交流)モーター ACモーターの最大の特徴は、 「価格が安いこと」です。 デザインが少なく、消費電力もDCモーターに比べて大きいですが、初期費用を抑えてサクッとサーキュレーターを試してみたいときにオススメです。 冷暖房だけじゃない!いろいろな活用法 サーキュレーターは、冷暖房の効率を上げることだけが得意なのではありません。 「空気を循環させる」という性能を活用して、もっともっといろんなことに役立ててみましょう! 部屋の換気に サーキュレーターは風を起こすので、これを利用して換気ができます。 エアコンをつけずに、開けた窓に向けてサーキュレーターを置くと、窓を開けるだけよりもグッと効率的に換気をすることができるんです。 梅雨の時期のジメジメとした空気を解消することもできますよ! 洗濯物を早く乾かすために 洗濯物に向けてサーキュレーターを送風すれば、 洗濯物を早く乾かすことができます。 首振り機能のあるサーキュレーターを選べばさらに効率的ですよ! 部屋の中の空気を循環させながら洗濯物も乾かせれば、一石二鳥ですね。 加湿器や空気清浄機と一緒に 加湿器と一緒にサーキュレーターを使えば、サーキュレーターが加湿器の蒸気を部屋全体に行き渡らせてくれるため、 室内の湿度を一定に保つことができます。 また、サーキュレーターを 空気清浄機と一緒に使うのもおすすめです。 空気洗浄器が汚れを取り切れないところの空気まで、サーキュレーターが循環させてくれるので、 効率よく空気をキレイにすることができます。 まとめ 空気を循環させるサーキュレーター。 冷房や暖房の効率を上げたり、加湿器や空気清浄機と一緒に使ったり…。 1台あるだけで、 節電しながら部屋の空気を心地よくしてくれる、便利なアイテムです。 サーキュレーターを生活に取り入れて、無駄な電力を使わずに夏や冬を乗り切りましょう!.

次の