チョコレート ケーキ クックパッド。 絶品!ロールケーキレシピ【人気12選】つくれぽ1000超の殿堂1位は?簡単な作り方も♪

【バレンタイン】クックパッドつくれぽ1000件チョコレートレシピ

チョコレート ケーキ クックパッド

ウィーンといえばカフェ文化 今回は、ヨーロッパのウィーンからお届けします。 街を歩くといたる所にコンディトライ(お菓子屋さん)やカフェハウス(コーヒー店)があります。 ウィーンのカフェ文化はユネスコ無形文化遺産にも登録されていて、人々の暮らしの一部となっています。 創業以来150年変わらぬレシピで作り続けているという老舗のチョコたっぷりケーキは、どっしり濃厚なおいしさでした。 おいしさの秘密は 「たっぷりのチョコレートとバター」だと支配人の方が教えてくれました。 かつてのヨーロッパでは、希少な砂糖やカカオをとにかく贅沢に使うことが 豊かさの証。 特にオーストリア帝国を治めたハプスブルク家の人々のカカオ好きは大変なもので、当時高価だったカカオの輸入は宮廷財政を圧迫していたといいます。 それでもやめられなかったのだから、おいしいものに盲目になるのは時代を超えて身分を超えて同じなのですね。 そして、おばあちゃんの台所へ そんな歴史を感じるケーキを味わったあと、でもやっぱり家のレシピを教わりたくて、74歳のエリザベートおばあちゃんの台所を訪れました。 彼女のチョコケーキは一家みんなに愛されていて、おばあちゃんのおばあちゃんから引き継いだレシピでもう何十年も作り続けているといいます。 「孫たちの一番好きなケーキなんだよ。 クリスマスにもイースターにも誕生日にも作っていて、一度に3つ焼くことだってある。 みんなおかわりするから一つじゃ全然足りないんだよ。 あの子なんて他のケーキ作ってもこれしか食べないんだから」と壁にかかったお孫さんの写真を指差して自慢げな様子。 おばあちゃんのレシピは難しくないけれど、分量にはなかなか手厳しい。 材料を計るとき1gでも足りないと「もっと!」と横から手が飛んできます。 「 おいしいケーキにはたっぷりのチョコレートとバターが大事なの!控えるくらいなら食べないほうがまし!」。 焼いたあとにはチョコとバターたっぷりのコーティングをまんべんなくかけます。 おばあちゃんのレーリュッケンは、細部はだいぶおおざっぱなのに、最後にアーモンドで繊細な飾りを施します。 家族の中で育まれたケーキは、やさしく、美しく、そして贅沢においしい。 濃厚なのにふんわり軽く、本当にいくらでも食べられてしまいます。 100年変わらぬおいしさは、ボロボロになった手書きのレシピも保証しています。 伝統のカフェとおばあちゃんのケーキは一見別物ですが、大事なことはどちらもおなじ。 たっぷりのチョコレートとバター、これがウィーンのおいしいケーキに普遍の鉄則でした。 おばあちゃんのレーリュッケンはこちら。 今日ばかりはダイエットなんか考えず、贅沢に作ってみてください!.

次の

生チョコ人気レシピ1位は?【殿堂&簡単】15選!クックパッドのつくれぽ1000

チョコレート ケーキ クックパッド

家にない場合はこれらの道具が必要です。 クッキングシート(包装紙でもOK)• ハンドミキサー• ゴムべら• 茶こし• クーラー(冷房のやつではないよ) あたりはケーキを作らない人は持ってないんじゃないかな?その人はあらかじめ準備が必要! ちなみに僕は使いきりの型を使ったのでクッキングシートは使いませんでした。 ゴムべらも持ってなかったのでしゃもじ(!?)を代用。 だってなかったんだもん・・・ では! まずメレンゲ作り! ケーキ作り初体験なのでスポンジがなにでできてるかも知りませんでした! まず卵白をハンドミキサーでガー!!! ガーしながらグラニュー糖を半分づづ入れていく。 おぉ!!ふわっふわになってきた!ケーキこうやってつくるんか! 卵黄をまぜ再びガー!する。 その後小麦粉をふるいにかけながらくわえてゴムべらでまぜる。 これでメレンゲ完成! 次に耐熱ボウル(僕は茶碗で代用)にバターと牛乳を入れレンジで1分半ほどチンする。 ココアを茶こしで投入 だまが残らないようにしっかりと混ぜる。 で、少しずづ投入。 この時すくいあげるようにてばやくまぜる。 おおぉ!!チョコレートケーキっぽくなってきた! (男子の感想) つくれぽ10000越えのクックパッド人気レシピ1位のチョコレートケーキを作ってみた作った感想と反省点 まず反省点としては メレンゲ作りの時に小麦粉をしっかりふるいにかけながら混ぜなかったこと。 焼いた後ダマになってました。 取り除いたけど。 あとは しゃもじにチョコレートの香りがついた。 みなさん、くれぐれもご注意を。 買い替えます。 感想!!! ケーキって家で作れるんだ! ってのがだいいち。 そんで なにこれうめえ!!! ってのがだいに。 コンビニいかなくても美味いって食えるんだな! お店で買うよりか手間だけど、ケーキ作り結構楽しかったです! 休日の朝からつくるのとかいいかもね。 こんなん女の子からプレゼントされたらマジで嬉しいと思う。 どんな有名なシェフが作るよりも100パー嬉しい。 手作りって正義だな! バレンタインでこれつくる女子多いんだろうなぁ。 All Rights Reserved. search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss.

次の

マフィン人気レシピ15選!絶品1位は?つくれぽ1000【簡単&本格】クックパッド

チョコレート ケーキ クックパッド

ウィーンといえばカフェ文化 今回は、ヨーロッパのウィーンからお届けします。 街を歩くといたる所にコンディトライ(お菓子屋さん)やカフェハウス(コーヒー店)があります。 ウィーンのカフェ文化はユネスコ無形文化遺産にも登録されていて、人々の暮らしの一部となっています。 創業以来150年変わらぬレシピで作り続けているという老舗のチョコたっぷりケーキは、どっしり濃厚なおいしさでした。 おいしさの秘密は 「たっぷりのチョコレートとバター」だと支配人の方が教えてくれました。 かつてのヨーロッパでは、希少な砂糖やカカオをとにかく贅沢に使うことが 豊かさの証。 特にオーストリア帝国を治めたハプスブルク家の人々のカカオ好きは大変なもので、当時高価だったカカオの輸入は宮廷財政を圧迫していたといいます。 それでもやめられなかったのだから、おいしいものに盲目になるのは時代を超えて身分を超えて同じなのですね。 そして、おばあちゃんの台所へ そんな歴史を感じるケーキを味わったあと、でもやっぱり家のレシピを教わりたくて、74歳のエリザベートおばあちゃんの台所を訪れました。 彼女のチョコケーキは一家みんなに愛されていて、おばあちゃんのおばあちゃんから引き継いだレシピでもう何十年も作り続けているといいます。 「孫たちの一番好きなケーキなんだよ。 クリスマスにもイースターにも誕生日にも作っていて、一度に3つ焼くことだってある。 みんなおかわりするから一つじゃ全然足りないんだよ。 あの子なんて他のケーキ作ってもこれしか食べないんだから」と壁にかかったお孫さんの写真を指差して自慢げな様子。 おばあちゃんのレシピは難しくないけれど、分量にはなかなか手厳しい。 材料を計るとき1gでも足りないと「もっと!」と横から手が飛んできます。 「 おいしいケーキにはたっぷりのチョコレートとバターが大事なの!控えるくらいなら食べないほうがまし!」。 焼いたあとにはチョコとバターたっぷりのコーティングをまんべんなくかけます。 おばあちゃんのレーリュッケンは、細部はだいぶおおざっぱなのに、最後にアーモンドで繊細な飾りを施します。 家族の中で育まれたケーキは、やさしく、美しく、そして贅沢においしい。 濃厚なのにふんわり軽く、本当にいくらでも食べられてしまいます。 100年変わらぬおいしさは、ボロボロになった手書きのレシピも保証しています。 伝統のカフェとおばあちゃんのケーキは一見別物ですが、大事なことはどちらもおなじ。 たっぷりのチョコレートとバター、これがウィーンのおいしいケーキに普遍の鉄則でした。 おばあちゃんのレーリュッケンはこちら。 今日ばかりはダイエットなんか考えず、贅沢に作ってみてください!.

次の