きょう の 料理 チキン カレー。 【実演動画】おいしいカレーの作り方

チキンカレー レシピ 熊谷 喜八さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

きょう の 料理 チキン カレー

鶏もも肉 2枚(600g)• たまねぎ 2コ(400g)• にんにく 2かけ• しょうが 1かけ• ピーマン 2コ(60g)• トマト 2~3コ(400g)• カレー粉 大さじ2~3• ご飯 (温かいもの) 4~5皿分(800~1000g)• 塩 小さじ1• サラダ油 大さじ2 【A】• 小麦粉 大さじ3• カレー粉 小さじ1 【B】• 顆粒(かりゅう)スープの素(もと)(洋風) 小さじ1• 塩 小さじ1• 砂糖 小さじ1• しょうゆ 小さじ1• ウスターソース 小さじ1 エネルギー:720kcal *エネルギーは1人分 下ごしらえ・準備• 《たまねぎのみじん切り》 根元を残してひげ根を切り落とす。 縦半分に切り、根元の反対側に、繊維に沿って細かく切り目を入れる。 切り目に対して垂直に薄切りの要領で切る。 切り目を入れた部分を切り終わったら、切り口を下にして倒し、根元を残して放射状に細かく切り目を入れる。 周りから薄切りの要領で根元を残して切る。 作り方• 《鶏肉を焼き、野菜を炒める》鶏肉は紙タオルで水けを拭き、一口大に切る。 塩を全体にふり、手のひらでたたいてなじませる。 ポリ袋に【A】を混ぜ、鶏肉を入れて振り混ぜる。 フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、1を入れる。 時々返しながら焼き、表面にこんがりと焼き色がついたら取り出す。 鶏肉を焼く間にたまねぎはみじん切りにする(たまねぎのみじん切りは下ごしらえ・準備参照)。 2のフライパンを中火にかけ、たまねぎを入れる。 時々混ぜながらきつね色になるまで炒める。 混ぜすぎないほうが早く色が変わる。 たまねぎを炒める間に、にんにく、しょうが、ヘタと種を除いたピーマンを順にみじん切りにし、切ったそばからフライパンに加える。 トマトはヘタをくりぬき、横半分に切る。 《調味料とトマトを加え、煮る》たまねぎがきつね色になったらカレー粉を加えて炒める。 【B】を加え、鶏肉を戻し入れてひと混ぜする。 トマトの切り口を下にしてのせ、ふたをして弱火で15~20分間煮る。 トマトの皮を取り除き、へらでくずしながら混ぜる。 器にご飯を盛り、カレーをかける。 全体備考.

次の

きょうの料理レシピお父さんのきょうからキッチンチキンカレー紹介

きょう の 料理 チキン カレー

チキンカレーのレシピ 堀江ひろ子先生「水を1滴も使わず、カレールーも使わず本格的なカレーがフライパンひとつで出来ます」 チキンカレーの材料 4~5人分• 鶏もも肉:2枚 600g• 塩:小さじ1• 小麦粉:大さじ3• カレー粉:小さじ1• サラダ油:大さじ2• たまねぎ みじん切り :2個 400g• にんにく:2かけ• しょうが みじん切り :1かけ• ピーマン:2個 60g• トマト 横半分に切る :2~3個 400g• 顆粒スープの素 洋風 :小さじ1• 塩:小さじ1• 砂糖:小さじ1• しょうゆ:小さじ1• ウスターソース:小さじ1 エネルギー:720Kcal、塩分:3. 2g チキンカレーの作り方 1. 鶏もも肉は一口大に切ります。 堀江ひろ子先生「鶏肉は冷蔵庫から出したてが切りやすいです。 皮の油のヌルヌルが抑えられます」 2. 鶏肉に塩小さじ1をふり、手で叩いて全体になじませます。 2を小麦粉とカレー粉小さじ1を混ぜたものを入れたポリ袋へ入れ、袋に空気を入れて全体に粉をまぶします。 フライパン 直径26cm にサラダ油大さじ2を強めの中火で熱し、3の鶏肉を入れて大体平らにして焼きこんがりと焼き色をつけます。 ポイント:この際鶏肉をいじりすぎないようにします。 4に焼き色がついたら裏返し、焼き色がついたら一旦取り出します。 たまねぎをみじん切りにし、脂が残っている5のフライパンに入れて中火でいじらないよう 混ぜない に炒めます。 堀江ひろ子先生「いじらない方が早く色がつきます」 ポイント:鶏肉から出た脂で、たまねぎをきつね色になるまで炒めます。 5をある程度炒めたらしょうがを加えそのまましばらくおいておきます。 ピーマンの種とワタを取り、一旦せん切りにしてからみじん切りにします。 6のたまねぎがきつね色になったらピーマン もっと早い段階に入れてもOK を加え、炒め、カレー粉大さじ2~3を加え炒めます。 ポイント:カレー粉を炒めるとスパイスの香りがアップ! 8. 7に調味料 ソース を加え、煮つめ、泡がたってきたら鶏肉を戻し、混ぜてその上にトマトを切り口を下にして乗せ、フタをして弱火で15~20分間煮ます。 煮崩れしていると思われるトマトの皮を取り除き、最後に混ぜて出来上がりです。 今回のレシピの詳細は、きょうの料理2019年7月号をご覧ください。

次の

きょうの料理、フライドチキンカレー風味のレシピ

きょう の 料理 チキン カレー

鶏肉はヨーグルトにつけてから、そのままなべに。 焼いて味を閉じ込めるより、肉を柔らかく仕上げることができます。 2.スパイスを入れる順番を守る。 最初に入れるスパイスは香りの中心となるもので、粒状のもの(ここではクミンシード)から入れること。 粉末のスパイスは、炒めすぎると香りがとぶのであとから加えます。 3.水は最後に加え、ヒタヒタより少なめに。 鶏肉とスパイスの味、香りを一体化させてから水を加えます。 水はヒタヒタより少なめに加えること。 鶏肉が水に浸ると、味が抜けてしまいます。 《炒めたまねぎ》 炒めたまねぎは百貨店やスーパーマーケットで手に入る。 家で初めからつくる場合は、つくり方 3、 4を次のようにする。 たまねぎ3コをみじん切りにする。 香りが出たらたまねぎ、すりおろしたにんにく2かけ分、すりおろしたしょうが1かけ分、バター40gを加えて、たまねぎが濃い茶色になるまで弱火でじっくりと炒める。

次の