教示いただく。 「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メール

ご教示くださいの意味は?ご教授や享受との違いやメールでの使い方も

教示いただく

「ご教示」の読み方と意味 「ご教示」は「ごきょうじ」と読みます。 社会人になってはじめて耳にする人も多い言葉ですが、まずはその意味から紹介します。 「ご教示」とは教え示すこと 「ご教示」とは、読んで字のごとく、「教え示す」という意味があります。 その内容は様々ですが、主に知識や方法を教えてほしい場合に使う表現です。 たとえば、操作方法や書類の書き方が分からない場合、知識のある人にアドバイスをもらう場合などに使うことができます。 目上の人に教えてもらう際に使う 「ご教示」の「ご」は、敬語を作る場合に使われる接頭辞です。 相手に敬意を払って教えてもらうという意味で使う「ご教示ください」という表現は、目上の人に教えてもらう際に使うことができます。 口頭では大げさに聞えてしまうことも 「ご教示ください」という表現は、いわゆる「書き言葉」です。 そのため、目上の人であっても、面と向かって口頭で使用することはあまりありません。 そのまま口にしてしまうと、仰々しく大げさに聞こえてしまいます。 そのため、メールなど文面で使用するのが一般的です。 口頭では、同様の意味である「教えていただけますか」「お知らせください」などといった表現を使用します。 「ご教示」を使った例文 「ご教示」という表現は、目上の人に対してメールで使うことが多い表現ですが、使用例を紹介します。 「ご教示ください」が一般的 「ご教示」という単語は、「ご教示ください」という表現が最も一般的です。 たとえば、「資料の必要部数についてご教示ください」や「ご存知の方がいらっしゃればぜひご教示ください」という風に使います。 ただし、「ください」は強い表現なので、強制的なニュアンスととられる懸念もあります。 目上の人に使うこともできますが、位が上の人に使う際には特に気をつけたい表現です。 「ご教示願います」もよく使う 「ご教示願います」という表現も、よく使う表現のひとつです。 「経費精算書類の記載方法について、ご教示願います」という風に使うことができます。 「ご教示ください」に比べると丁寧ではありますが、略式で社内向けの表現です。 そのため、社外の人に使うのであれば、「ご教示の程お願いいたします」という表現が望ましいでしょう。 「ご教示くださいますようお願いいたします」は丁寧な表現 より丁寧な表現を心がけるのであれば、「ご教示くださいますようお願いいたします」という言い回しがおすすめです。 たとえば、「ご都合のよい日程をいくつかご教示くださいますようお願いいたします」と言った使い方ができます。 「ご教示くださいますよう」という表現を使うことで、幾分柔らかい響きが加わるのもポイントです。 口頭では「教えていただけますでしょうか」 先にも少し触れましたが、「ご教示」という単語はいわゆる「書き言葉」ですので、会話表現には不向きです。 口頭で何か教えてほしいという場合には、「教えていただけますでしょうか」といった表現がベターです。 「教えていただいてもよろしいでしょうか」という表現も使えます。 住所や連絡先は「教えて」「お伺い」がベター 「ご教示」には知識や方法といった「教え」を伝達するというニュアンスがあります。 そのため、住所や連絡先に関しては、「ご教示」という言葉よりも「お教えいただけますでしょうか」や「お伺いできますでしょうか」といった表現がおすすめです。 適宜使い分けるようにしてください。 「ご教示」の類語は? 教え示すという意味の「ご教示」という単語は、「教える」という言葉以外にも似たような単語がいくつかあります。 「ご教授」は学問を長期的に教えること 「ご教示」と響きも似ていて間違われやすいのが「ご教授」です。 「大学教授」という言葉もあるように、「ご教授」は、主に学問・学術に対して使います。 ビジネスシーンでも、学問に関する話題の場合には使って問題ありませんが、一般的なビジネスシーンで使うことはない単語と言えるでしょう。 また、「ご教授」は、学問などを長期的に教えるというニュアンスを持っているのも特徴です。 響きが似ていることで混同しやすいですが、「ご教示」と「ご教授」は異なるので、誤字も含めて使用には注意しましょう。 「ご指導」は特定の目的がある場合に使う 「ご指導の程、お願いいたします」という表現は、ビジネスシーンでもよく目にします。 「ご指導」とは、特定の目的のためにわからないことや方法などを教えてもらう・教えを乞う、という意味です。 技術やノウハウなど、幅広い分野に使えるので、ビジネスでも重宝する表現です。 「ご指南」はビジネスには不向き 「ご指南ください」という表現も、「ご教示」と似た意味の言葉ですが、実はビジネスとは縁遠い表現です。 「ご指南」とは、武術や芸術を教える際に使う言葉です。 たとえば、「舞踊を指南する」という風に使います。 教える内容が限られるため、ビジネスシーンではまず使うことはないでしょう。 「ご教示」などほかのワードと混同しないようにしたい表現です。 まとめ 「教えてください」という意味の「ご教示ください」「ご教示の程お願いいたします」は、ビジネスシーンでよく使う表現です。 ただし、「ご教示」は書き言葉として主にメールなど文章で使用し、口頭表現としては「教えていただけますでしょうか」などを使います。 口頭でも「ご教示」を使ってしまうと、仰々しい・大げさとマイナスイメージにつながることもあるので注意が必要です。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

教示いただく

どちらが正しいとは断定できません。 どちらも同じ場面で同じ目的で使われています。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、日本人はそんなに「もらう」ことが好きなのかと言いたくなるほど「いただく」の使用頻度が高くなっています。 敬語の要素を取り去ると、常体(普通体)の文章になります。 結論だけを書くなら、どちらも「間違い」ではありません。 それをどちらも「正しい」と言えるか否かは、当方にはわかりません。 論理的に考えると「くださり」はおかしいと主張する人もいます。 それは否定できません。 ただし、NHKの調査では「いただき」派が多いようです。 当方もこちらを使います。 詳しくは下記をご参照ください。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」の違い 以下は一部の抜粋(重言)。 URLは省略します。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 ==============引用終了 A「この度は、お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。 」 B「この度は、お褒めの言葉をくださり、ありがとうございます。 」 AはBよりも自然に、頻度高く使われているでしょう。 Aは話者の「もらった」行為の表現で、Bは相手の「あげた やった 」行為を話者の立場から見て「くれた」行為と表現している。 どちらが間違いということはないでしょう。 以下は「広辞苑」より 引用開始 【貰う】 他人の動作によって自分が恩恵・利益を受ける意を表す。 【呉れる】 自分のために他人がその動作をし、それによって恩恵・利益を受ける意を表す。 【いただく】 貰うの謙譲語 【くださる】 いただく。 頂戴する。 動作の主体に対して敬意を表し、その動作によって恩恵をうけることを意味する語。 引用終了 以上のことから、daredeshooさんの返信にある例文説明はおかしいと考えられる。 ・ご教示くださりありがとうございます。 ・ご教示いただきありがとうございます。 結論から言えば、どちらも正しい。 違いは主体の違い。 「ご~くださり」の主体は「相手」、「ご~いただき」の主体は「自分」 【ご参考】 「ご~くださる」 (補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、相手に何かを要望・懇願する意を表す。 「お座り下さい」「ご覧下さい」「止めて下さい」 「ご~いただく」 (「お…いただく」の形で動詞の連用形,「御ご…いただく」の形でサ変動詞の語幹を受けて)他人にその動作をしてもらう意を表す。 「しばらくお待ち-・きます」 「この計画に御協力-・きたい」.

次の

「ご教示いただけますか」意味と使い方・ビジネスメール例文

教示いただく

「ご教示」のビジネスでの使い方と注意点 「ご教示」は敬語のため上司など目上の相手に使える 「ご教示」は、先程も述べたように「教示」という言葉に、接頭語の「ご」をつけた言葉である為、 上司など目上の相手にも使用することができます。 上司など目上の人に使用する場合は「ご教示のほどよろしくお願いいたします」などと謙譲語にして使います。 「ご教示」は主に文書やメールなどで使う 「ご教示」は、 主に文章やメールなどで使用する言葉です。 口頭で使用するにはやや堅苦しい印象を与えてしまいます。 「ご教授」と違い、短時間で教えてもらえるような内容に関することである場合に使用する言葉でもあるので、直接口頭でお願いするのであれば、 「お教えください」などカジュアルな言い回しを使用することも可能です。 「ご教示ください」「ご教示願います」は少し強引な印象がある 「ご教授」をお願いする場面で使用される 「ご教示ください」「ご教授願います」は少し強引な印象がある言い回しなので注意が必要です。 それぞれ強引な印象になってしまう理由としては、 「ご教示ください」は、 「ください」が「くれ」の尊敬語である為に強引な印象になってしまう言い回しであること。 「ご教示願います」は、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 したがって、「ご教示ください」「ご教示願います」よりおも丁寧な言い回しをしたほうが好ましいといえます。 丁寧な「ご教示」をお願いする言い回しは、後述しますので参考にしてください。 「ご教示」のビジネスメールでも使える例文 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」は、 柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教示のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教示してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「ぜひとも今後の改善点についてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「今後の売り上げ向上にむけてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「もし証拠となる目撃情報があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示いただきたく存じます」 「ご教示いただきたく存じます」は、「 教えてもらいたいと思います」という意味の柔らかい丁寧な言い回しの頼み方です。 例えば「〜についてご教示いただきたく存じます」は、「〜について教えてもらいたい思います」をいうような意味合いになります。 例文 「報告書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「他にも何かご意見があればぜひご教示いただきたく存じます」 「何か参考になるオススメの作品があればご教示いただきたく存じます」 「ご教示いただけますと幸いです」 「ご教示いただけますと幸いです」は、丁寧なお願いの言い回しになります。 「いただけます」という言葉は「〜することができます」という意味があり、「〜する」という動詞を「いただけます」と丁寧にした言葉です。 この場合「ご教示いただけますと」は、「ご教示してもらえると」という意味になります」 「幸いです」は、「 嬉しいです・幸せです」という意味の言葉です。 つまり、「ご教授いただけますと幸いです」は「 ご教示してもらえると嬉しいです」という意味の言い回しということです。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、新企画の内容についてご教示いただけますと幸いです」 「今回の件について何か知っていることがあればご教示いただけますと幸いです」 「資料の送付先がわからないにで、お手数ですがご教示いただけますと幸いです」 「ご教示いただけますでしょうか」 「ご教示いただけますでしょうか」は、 「〜をしてもらう」という謙譲語である「お〜いただく」というを使用した敬語表現です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 「ますでしょうか」は、丁寧語の「ます」に「〜だろうか?」という意味の丁寧語で、「〜ですか?」というように問いかけている表現となります。 つまり、「ご教示いただけますでしょうか?」は、「 教えていただけるだろうか?」という意味であるということがわかります。 例文 「この件に関しまして何かお気づきの点があればご教示いただけますでしょうか」 「お忙しいところ恐縮ですが、入力方法をご教示いただけますでしょうか」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」 「知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」は、「ご教示」を使用したお願いの仕方として丁寧すぎるほど丁寧な言い回しです。 「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」は、「見て知っていることという意味」の「知見」「もらう」の謙譲語である「賜る」に「幸甚の至に存じます」と続いている言葉です。 「幸甚の至に存じます」は、「私にとって幸せなことです」つまり「嬉しいです」というニュアンスのある言葉です。 つまり、「知見をご教示賜われれば、幸甚の至にぞんじます」は「 見て知っていることを教えてもらえれば嬉しいです」という意味になります。 「ご教示」という言葉を使用するのも堅苦しいと言えるほど丁寧な言葉であるため、「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」という言い回しは、 日頃のビジネスシーンには不適切だといえます。 例文 「この事件のことでなにか知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」 「新商品に関するご知見をご教示賜われれば、幸甚の至に存じます」 「ご教示」以外に教えてもらいたい時に使える敬語フレーズ 教えていただけると幸いです 「教えていただけると幸いです」は、「 教えてもらえうと嬉しいです」といったニュアンスの言い回しです。 「ご教示」に比べると、口頭でも堅苦しすぎない丁寧な言い回しが「教えていただけると幸いです」となります。 「教える」という言葉を使用した言い回として「お教えいただけると幸いです」などもあります。 例文 「些細なことでも気づいたことがあれば教えていただけると幸いです」 「領収書の提出の仕方を教えていただけると幸いです」 「接待に向けて、社長の趣味嗜好を教えていただけると幸いです」 ご指導いただけませんか 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「指導」は、「 ある方向に教え導くこと」という意味のある言葉で、「いただけませんか」は、「 もらえませんか?」という言葉に謙譲語です。 つまり、「ご指導いただけませんか」は「 教え導いてもらえませんか?」というニュアンスの言い回しです。 「ご指導いただけませんか」は、「〜のやり方をご指導いただけませんか」というように使用する言葉です。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用です。 また、大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではないため、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があります。 したがって、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 一方「ご教示」は、「 長期間に渡って教えてもらう」ことを表す「ご教授」よりも、「 短い時間でさっと教えてもらえるような事柄」に使用することができるため、使用頻度も「ご教示」のほうが高いといえるでしょう。 「ご教示」はメールで使用することも可能です。 例文 「是非とも、その道のプロに専門的知識をご教授いただきたい」 「本格的にプロを目指したいのであれば、ご教授願うべきでしょう」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」 「幼いころから先生にご教授いただいたお陰で音楽の道に進むことができました。 今後とも変わらずご教授願います」 「時に厳しく、時に優しくご教授いただいたおかげここまで頑張ることができました」 「ご教示」の類語 ご指導 「ご指導」は、「 ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉です。 「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、 目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 「息子が無事にここまで成長してこれましたのも先生方のご指導の賜物です」 「何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます」 「これまで多くのご指導とご配慮をありがとうございました」 ご鞭撻 「ご鞭撻」は、「 ごべんたつ」と読みます。 「ご鞭撻」は、「鞭撻」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「鞭撻」の意味は「 むちで打ってこらしめること」です。 「 努力をするように励ますこと」を「鞭撻」といいます。 「指導」という言葉と合わせて「ご指導ご鞭撻」という「 相手から自分に対する教育や指導を敬った表現」として使用されることが多い言葉です。 例文 「怠け癖があるので厳しくご鞭撻願いたい」 「先生方のご鞭撻のおかげで身を引き締めて受験勉強に励むことができました」 「やる気のない子どもをご鞭撻いただきたく存じます」 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」です。 「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味していて、「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 「指南」は武術や芸能についての教えを表しているので、ビジネスシーンで使うことは少ないです。 例文 「是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか」 「お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました」 「先生にご指南いただいたおかげで最優秀作品賞をいただくことになりました」 お教え 「お教え」は「 おおしえ」と読みます。 「お教え」は、「教え」という言葉に接頭語の「お」をつけた言葉です。 「教え」は、「 教えること・教育」を意味しています。 「お教え」は、 相手に何かを「教えてもらう」というような場面で使用する言葉で、「もらう」謙譲語である「いただく」使用した「お教えいただく」や、「お教えください」というような使い方をします。 例文 「是非とも私に料理の極意をお教えいただけないでしょうか」 「良ければ会場への行き方をお教えいたしましょうか?」 「上手く使いこなせないので詳しい使用方法をお教え願いたい」.

次の