二段階認証 アプリ おすすめ。 二段階認証アプリ「Google Authenticator」の使い方

2段階認証とは

二段階認証 アプリ おすすめ

Google Authenticator グーグルオーセンティケーター とは 基本情報 日本語対応 対応 スマホ対応 対応 、 PC対応 未対応 バックアップ機能 未対応 開発会社 二段階認証アプリ Google Authenticator グーグルオーセンティケーター は二段階認証アプリです。 2段階認証とは、ID・パスワードに加え「ワンタイムパスワード」を使用してログインする仕組みのことです。 2段階認証を設定することで、万が一IDやパスワードが盗まれても不正ログインされる可能性が低くなります。 多くの仮想通貨取引所でも2段階認証の設定が推奨されています。 ワンタイムパスワードとは ワンタイムパスワードは一定時間ごと生成される1度しか使うことができないパスワードのことです。 仕組み ログイン時 二段階認証を設定することで、ログインする際にID・パスワードに加えて「ワンタイムパスワード」が必要になります。 具体的には、まずログイン画面でID・パスワードを入力します。 次に、Google Authenticatorに表示されるワンタイムパスワードを入力します。 この2段階の認証をするとログインが可能になります。 安全性について 万が一IDやパスワードが盗まれてもGoogle Authenticator グーグルオーセンティケーター がインストールされた端末を盗まれない限り、不正アクセスされることはありません。 可能な限り二段階認証の設定を行いましょう。 対応サービス Google Authenticatorは以下のような多くの有名サービスで使われています。 いかにGoogle Authenticatorが信頼されているかがわかります。 各仮想通貨取引所• Twitter• Facebook• Instagram• Amazon• Googleアカウント オフラインで利用可能 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター はインターネット通信を必要としません。 回線の通信が途絶えたり、遅延していても二段階認証を行えます。 また、Wi-Fi専用の端末でもGoogle Authenticatorをインストールさえしていれば、Wi-Fiが無い場所でも2段階認証が可能です。 海外でも利用できる 世界中のどこでもGoogle Authenticatorを使うことができます。 海外に行っても日本語対応のまま二段階認証が可能です。 PC対応について Google Authenticator グーグルオーセンティケーター は基本的にPCに対応していません。 しかし、認証ソフトの「」を使うことでWindowsのPCでGoogle Authenticatorを使うことができます。 注意点 二段階認証を設定することで、自分のアカウントに不正アクセスされる可能性は格段に減ります。 しかし、IDやパスワードに加えてGoogle Authenticatorをインストールした端末を盗まれてしまうと2段階認証の設定は無意味になってしまいます。 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター の始め方 1. アプリをインストール AppStore、GooglePlayからGoogle Authenticatorをインストールしましょう。 設定を始める アプリを起動すると、画像のような画面が表示されます。 その後、「設定を開始」を選択します。 認証コードの生成方法を選択 認証用コードを生成するために「バーコードをスキャン」か「手動で入力」を選ぶ画面になります。 好きな方を選択しましょう。 1「バーコードをスキャン」で認証コードを生成する 「バーコードをスキャン」を選択した場合、この画面が表示されます。 別のデバイスで表示されているQRコードを読み取りましょう。 これで認証コードが表示されます。 2「手動で入力」で認証コードを生成する 「手動で入力」を選択した場合、この画面が表示されます。 別のデバイスで表示されているアカウント名とキーを入力してください。 これで認証コードが表示されます。 時間ベースは画像のままで構いません。 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター の使い方 仮想通貨取引所のGMOコインを例として、Google Authenticator グーグルオーセンティケーター を使ったログイン方法を解説します。 任意の方法でログイン まずは任意の方法 メールアドレス・SNS でGMOコインのアカウントにログインしましょう。 すると、アプリに表示される6桁の認証コードを入力する画面が現れます。 二段階認証の設定の仕方については各取引所に従ってください。 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター で認証コードを表示 Google Authenticatorを起動し、GMOコインに該当する認証コード 青い数字 を確認します。 数字が青いうちにGMOコインの画面で認証コードを入力しましょう。 右下の時計マークはコードの有効期限を示しています。 認証コードの確認方法 画像の下線部に認証コードの対応サービスが表示されています。 対応サービスは「ドメイン名」または「サービス名」で表示されています。 GMOコインの場合はドメイン名 coin. com になっています。 認証コードを入力する GMOコインの画面に戻り、認証コードを入力します。 Google Authenticatorに表示されている認証コード 青い数字 を入力しましょう。 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター に表示される数字が赤いとき 数字が赤くなっているコードを入力すると、上の画像のようにコードが無効化されてしまいます。 この場合、新たに生成されるコード 青い数字 を入力してください。 Google Authenticator グーグルオーセンティケーター のバックアップ方法 Google Authenticator自体にバックアップ機能はありません。 そのため、Google Authenticatorをインストールしている端末の紛失・変更・故障によって二段階認証ができなくなってしまいます。 そこで、そのようなときに備えて下記の方法で擬似バックアップをすることができます。 端末の変更に備える 端末の変更に備えてバックアップをするには、複数の端末にGoogle Authenticatorを予めインストールする必要があります。 2段階認証の解除 すでに2段階認証をGoogle Authenticatorで行っている端末がある場合、各取引所で2段階認証を解除します。 2段階認証の解除の仕方については各取引所に従ってください。 複数端末で同一のQRコードを読み取る 「」を参考に複数端末で同じQRコードを読み込んで二段階認証を設定してください。 最終的にすべての端末で同じ取引所に対し、同じ認証コードが表示されていれば完了です。 端末の紛失・故障に備える 端末の変更・故障の場合に備えてバックアップするには、最初に読み込んだQRコードが必要になります。 読み込むQRコードを保管 二段階認証コードを生成するのに必要なQRコードを印刷して保管します。 もしくはスクリーンショットを撮ってオフラインで保管します。 これでバックアップは完了です。 注意点• 複数端末でQRコードを読み込むときは 必ず同じQRコードを読み込んでください。 違うQRコードを読み込むと、最後に表示されたQRコードを読み込んだ端末でしか二段階認証コードが使えません。 印刷したQRコードは誰にもみられない場所に保管しましょう。 また、QRコードのスクリーンショットはオンラインで保管せず、USB等のオフラインで管理しましょう。 Google Authenticatorのダウンロードはこちらから.

次の

Instagramで「二段階認証」を設定する方法-SMSやアプリでの使い方・複数の端末・アカウントでの注意点など

二段階認証 アプリ おすすめ

フィッシング詐欺(偽サイトや不審なメール)に2段階認証を含め情報を入力した• フリーWi-Fiや 暗号化された共有Wi-Fiを使用したことがある• 同じアカウント情報を使いまわしている• マルウェア(ウイルス)感染、対策をしていない• 共有端末• 過去に端末の紛失・盗難があった• 過去に盗まれているアカウント情報を変更せず、ワンタイムパスワードを盗み見される(悪人ガチ勢) これら1つでも当てはまっていると流出経路を作っており、認識の甘さがソコソコでている点に注意しよう。 特に、「 暗号化された共有Wi-Fi」・「過去系」は盲点であり、気づいたときには何が原因かサッパリわからない。 これでは企業が原因としか、最初は思えないだろう。 暗号化されたWi-Fi参考(アカウント登録必須) 仮に突破されているとしたらパスワードを誕生日にしている人はかなりいるはずなので、もうちょっと騒がれてもいいはず。 当然、これらは「2段階認証で対策するものではない」ので、意識するしかない。 設定していれば確かに底上げされるが、効果を100%引き出すなら「上記条件を守ることが前提」だと、なんとなく覚えておこう。 1つ言っておくが、あまりにもお粗末なことを除き、不正アクセスをされて悪いのは企業でも個人でもなく、犯人だけだ。 お粗末なパスワードをあまり変えずに強度を上げたり、盗み見に対応するテクニックは空き時間があれば確認するといい。 Wi-Fiの強化方法(VPN)が気になるなら、以下の記事が役に立つ。 Authyが使えないなら、選択肢はこちらしかない。 シンプルでわかりやすくもちろん日本語、しかも電話番号・SMS番号がいらないとはいえ、情報が増えると以下のデメリットが浮き彫りになる。 アイコンがないので文字を読み必要がある(途中で結構なデメリットだと気づく)• 30以上数が増えてくると探すのに時間がかかる• 端末が 1台で その端末を紛失すると詰む• QRコードスキャン時に「別の端末でもスキャンする」などで対処は可能 2段階認証を設定できるサービスが30未満の「あまり使わない初心者用」、「2段階認証入門アプリ」的な位置づけで、増えれば増えるほど2段階認証アカウントを探す時間を取られる。 日本のサービスはまだまだ2段階認証対応が進んでいないので、将来ドンドン増えていく可能性が非常に高く、Authyの存在を考えると目劣りしがち。 2段階認証設定時に一緒に保存するもの 「バックアップコード(Backup Code)」と「シークレットキー(Secret Key)」というものはバックアップになり、正しく保存すると緊急時の保険になる。 これらはQRコードの近くに「非常に長い文字列」として表示されているか、「バックアップコード(Backup Code)」・「シークレットキー(Secret Key)」・「別の方法で設定する」的な文言の場所にあるはずだ。 桁数はバラバラでよくわからず、とりあえず保存しておけば良い。 保存場所は「デジタルの劣化しない暗号化されている場所」が良く、パスワード管理ソフトや端末・クラウド暗号化ソフトが激烈にオススメ。 バックアップコードと違い使い捨てではないうえ、ほとんどのサービスで「保管しろ」とは言われず独自保管になる=それがQRコードそのものだと知らない結果疎かになりやすいため、ここで知ったからにはシークレットキーの取扱いに注意。 バックアップコードと見分けがつかないなら、2段階認証アプリに文字列を入れてみて、「登録できたらシークレットキー」、「登録できなければバックアップコード」だ。 QRコードの保存 QRコードはシークレットキーをQRにしたものなので、「中にシークレットキーが入っている」。 バックアップコードとシークレットキーを表示してくれないサービスもあるので、QRコードの画像を保存しておけば無理矢理バックアップを作成できるってわけだ。 「シークレットキーの保管はリスクが高い」というのは、ほとんどのサービスで「保管しろ」とは言われず、独自保管になる=それがQRコードそのものだと知らない=バックアップコードは一度しか使えないけど、シークレットキーだとワンタイムパスワードそのもののため2段階認証崩壊という形を、省きに省いた注意喚起をした感じです。 6桁のコードの入力を求められなかった場合、設定できていないということがわかります。 ただし、過去に「同じ端末からのログインは2段階認証をスキップする」などの文言にチェックを入れてログインすると、同じ端末であるかぎり当分の間2段階認証がスキップされます。 その場合は該当サービスにログインし、「2段階認証設定を見て、設定されているか確認」できます。

次の

アカウントを 2 段階認証プロセスで保護する

二段階認証 アプリ おすすめ

最近、 仮想通貨にハマっておりまして、少額ではありますが投資をしています。 日本のサービスではまだ馴染みありませんが、Googleも推奨している 「二段階認証」というセキュリティを持つサービスが非常に増えてまいりました。 Google公式のアプリということで、その信頼度は絶大なんですが、ちょっと不便なところもありまして…。 そんな二段階認証アプリのオススメを紹介したいと思います。 先に言えば、私のオススメは 「IIJ SmartKey」です! Google Authenticatorの残念なところ• アカウント名、サービス名の変更や並び替えできないため、認証コードが増えると分かりづらい• 認証コードの引き継ぎができない。 機種変更時が大変で、複数端末での利用もほぼ不可能• バックアップを取ることができないため、紛失や故障したときのリスクが高い 既にGoogle認証アプリを使っている場合の引き継ぎは? 「じゃあGoogle認証はやめて他の認証アプリを使おう!」と思った方に残念なお知らせです。 Google認証システム(Google Authenticator)には 引き継ぎ機能が一切ありません。 認証コードを発行しているサイト(仮想通貨取引所やAmazon、Googleなど)の設定から二段階認証を一度解除して再設定するしかありません。 面倒だからGoogle印象システムを使い続けよう…と思ったあなた! スマホの機種変更時には必ず訪れる作業です。 早めに乗り換えたほうが絶対楽ですよ!(今後アップデートで対応する可能性はありますが) IIJ SmartKey|日本製の二段階認証アプリは最高の使い勝手 Authy 2-Factor Authenticationの残念なところ• 日本語非対応。 全部英語です…。 バックアップや同期設定などがややこしい この「Authy 2-Factor Authentication」に関しては完全に 英語が読めるか否かで評価が別れます(笑) 後にIIJ SmartKeyに乗り換えましたが、以前使っていたときにはこちらのサイトを参考にしました まとめ|IIJ SmartKeyがダントツおすすめ! 私のオススメはやっぱり 「IIJ SmartKey」です。 日本語対応で使いやすく、バックアップや他端末への同期など機能も充実。 IIJ SmartKeyはGoogle認証のシンプルさと、Authy 2-Factor Authenticationの豊富な機能を併せ持っていると言えます。

次の