お待ち ください ビジネス メール。 「お待ちください」は正しい敬語なのか?意味と使い方、例文、類語を徹底解説

「お待ちください」の例文・敬語・メールでの書き方・返信方法

お待ち ください ビジネス メール

「お待ちください」を使ったその他の言い回し お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です。 「いっらしゃいませ」「ご覧くださいませ」といったように、接客業などで多々活用されています。 「くださいませ」は相手に何かしてほしいときに、その行動を行うように促す言葉です。 ですので 「お待ちくださいませ」は、相手に待っていることを促す表現になります。 「お待ちください」というよりも 「お待ちくださいませ」といった方が、丁寧で柔らかい印象を与えられます。 「くださいませ」は柔らかい印象の言葉のため、主に女性が使用することが多いです。 「お待ちください」は丁寧な言い方ですが、命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たる可能性があるので、使用する際は気をつけましょう。 今しばらくお待ちください 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」を意味しています。 「今しばらく」は「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われます。 「今しばらく」は長時間または長期間、相手を待たせてしまう場合には使用できません。 「今しばらく」を長い間待たせる場合に使ってしまうと、相手が思っている以上に待たせることとなり、非常に失礼になってしまいます。 しばしお待ちください 「しばし」は「少しのあいだ」「ちょっとのま」を意味しています。 「しばしのお別れ」「しばしのご歓談」なんて言いますよね。 「しばし」は「今しばらく」と同様に、「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、 やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 少々お待ちください 「少々」は、「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「少々」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、 「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「少々お待ちください」は顧客の応対などで頻繁に使いますが、ビジネスメールにおいてもよく使用されます。 例えば質問や依頼など、考えたり調べなくてはいけない場合に「ご返答まで少々お待ちください」「こちらで確認いたしますので、少々お待ちください」などと使うことができます。 もう少々お待ちください 「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」、「少々」は「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もう少々」は、すでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかってしまった場合に使います。 「少々お待ちください」というよりも「もう少々お待ちください」といった方が、相手を待たしてしまう時間が長いイメージになります。 少しお待ちください 「少し」は「数量・程度などが少ないこと」「いささか」を意味しています。 「少しお待ちください」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 「少しお待ちください」は「少々お待ちください」と非常に似ています。 「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分けとしては、会社の方針によってどちらかを使用するか異なるだけで、明確な違いはありません。 ただ「少しお待ちください」と言うよりも 「少々お待ちください」と言った方が、何となく丁寧な感じがしますよね。 「お待ちいただく」を使った言い回し お待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、「お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 お待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「お待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「待ってもらってもよいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。 「お待ちください」への返信は? 転職などで企業から「お待ちください」と連絡がくることがありますが、どのように返信するのが正しいのでしょうか? 返信は必要ないだろうと思うかもしれませんが、連絡してくれたことに対して返信をすれば、相手に良い印象を与えることができます。 「お待ちください」ときたら、メールをくださったお礼と、連絡を待っている旨を簡潔に記して返信をするのが良いです。 例文 ・お忙しい中、貴重な時間を割いていただき感謝いたします。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中、お返事をいただきましてありがとうございます。 ご連絡お待ちしております。 ・承知いたしました。 ご多忙にも関わらず、ありがとうございます。

次の

【シチュエーション別】ビジネスメール・依頼メールの書き方とテンプレートをご紹介

お待ち ください ビジネス メール

「お待ちください」は正しい敬語?誤用3選 「お待ちください」はメールでも口語でも正しい敬語 「お待ちください」は「待つ」に丁寧語の「お」と敬語の「ください」をつけた表現で、メールでも口敬語として正しい表現といえます。 ただしお待ちくださいという言葉は、強制するニュアンスもあるので、柔らかい印象を与えたいときには「いただけますか」や「いただけますでしょうか」といった語尾にする方が良いでしょう。 また文頭に「少々」や「しばらく」をつけることで、どれだけ待てば良いのかを相手の方に伝えることができます。 「お待ちください」でも間違いではありませんが、使い方を少し工夫する方がメールなどで相手の方に良い印象を与えることができます。 「ちょっと」という言葉は、目上の方などに使うにはカジュアルすぎる言葉になります。 ビジネスなど公式な場面では、「ちょっと」という言葉を使うのは控えて「少々」や「しばらく」といった言葉を使うようにしましょう。 とはいえ「ちょっとお待ちください」は、ややくだけた表現ではあるもののよく耳にする表現です。 丁寧な言い方にしないまま言い方が癖になってしまっている場合もあるでしょうが、なるべく「少々」と言えるように意識しておくと良い印象を与えられます。 「待ってて」というのは敬語ではありませんので、「ください」を語尾につけても敬語表現にはなりません。 友人や親しい同僚などフランクな関係の相手には使えますが、目上の方には使わない方が良い表現でしょう。 まれに「ちょっと待っててくださいね」という表現を使っている方もいらっしゃいますが、あまり良い表現とは言えません。 使うのであれば「少々お待ちいただけますか」という表現にした方が、相手の方に良い印象を与えることができます。 少しという単語は間違いではありませんが、丁寧さでいうと「少々」の方が適切な表現となります。 「少しお待ちください」よりは「少々お待ちください」と言った方が、相手の印象が良くなるのでおすすめです。 語尾の部分を「いただけますでしょうか」とすることで、より丁寧な印象を与えることができます。 「お待ちください」と断定的に言うのではなく、相手の意思も確認するような語尾の方が相手の方のストレスも少ないでしょう。 「少々お待ちいただけますでしょうか」の例文• ・〇〇は現在席を外しております。 申し訳ありませんが、少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・ただいま〇〇に電話を替わります。 少々お待ちいただけますでしょうか。 「少々」の代わりに「しばらく」「今しばらく」といった言葉を使います。 「しばらく」「今しばらく」は少々よりも長い時間を指しているので、少し長く持ってもらう状況のときに使うと良いでしょう。 「しばらく(今しばらく)お待ちください」の例文• ・〇〇は今こちらに向かっております。 今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・すぐ〇〇の帰社は〇時でございます。 しばらくお待ちいただけますでしょうか。 「くださいませ」を語尾につけることで、丁寧になります。 飲食店などでよく使われる表現です。 「いただけますでしょうか」よりも丁寧さは下がりますが、今すぐに行きますといったニュアンスになります。 「少々お待ちくださいませ」の例文• ・少々お待ちくださいませ。 ただいまお伺いいたします。 ・ただいまお水をお持ちいたします。 少々お待ちくださいませ。 「少々お待ちください」というときよりも長時間待ってもらう必要があるときにもよく使われます。 「少々お待ちください」は数分ですが、「お時間いただきたく存じます」は数日後に返事をする場合にも使う表現です。 「お時間を頂きたく存じます」の例文• ・お誘いいただいた件のお返事について、少々お時間を頂きたく存じます。 ・今回の面接の結果についてですが、少々お時間を頂きたく存じます。 上記の「頂きたく存じます」は断定的な言い方ですが、「頂戴したいのですが」は待ってもらえるかどうかを相手に尋ねています。 相手の返答次第で結果が変わる状況のときは、「頂戴したいのですが(いかがでしょうか。 )」を使うと良いでしょう。 「お時間を頂戴したいのですが」の例文• ・今回ご提示いただいた提案を検討したいので、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 ・今回の件をご説明するために、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 また、下記の記事は「厚く御礼申し上げます」の使い方について書かれた記事です。 そのほか「感謝いたします」などお礼を表現する敬語についても紹介されています。 「厚く御礼申し上げます」の使い方などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 momentは瞬間という意味の英単語で、直訳すると「ちょっと待って」という意味になります。 Pleaseをつけることで、丁寧な言い方になるので目上の方やビジネスに使うときはPleaseをつけると良いでしょう。 「Wait a moment」の例文• ・Please wait a moment. 直訳すると「ちょっと時間をください」という訳になります。 wait a momentと同じような意味ですが、wait a momentよりも少しだけお願いする感じのニュアンスになります。 「Give me a moment」の例文• ・Give me a moment,please. 意味は「ほんのちょっとの間」という意味になります。 ~をするまでたいした時間はかからないよ!という伝え方です。 「すぐにそこに行くから」という状況下でよく使われます。 「in a moment」の例文• ・I'll be there in a moment. また、下記の記事は「引き受ける」の謙譲語について書かれた記事です。 そのほか「依頼を受ける」や受諾・承諾の敬語のメール文の文例についても紹介されています。 「引き受ける」の謙譲語などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「今しばらくお待ちください」の使い方と例文 「少々」との違いは?

お待ち ください ビジネス メール

メールの基本の書き方と人にお願いごとをする「依頼」メールの書き方 ビジネスでは、よく「依頼」の連絡をメールで行います。 依頼の内容は、お願いごとや相談、製品やサービスの資料請求、見積依頼などさまざま。 そこで今回はそもそものビジネスメールの基本的な書き方やマナー、そして ビジネスシーンで依頼メールを送る際の注意事項などについて、見ていきます。 関連記事: ビジネスメールの基本的な書き方とマナー まずこの章では、ビジネスメールの基本的な形とマナーについてお伝えしていきます。 件名の書き方 ビジネスの世界では、一日に何通ものメールが飛び交っているため、件名にメールの内容を簡潔にまとめることが求められます。 では、どのように件名を書けばいいのでしょうか? 重要なのは具体的な用件や日付、自社や自身の名前を盛り込むことで、相手に要件が一目で分かるように工夫されていることです。 また、必要に応じて【】などの記号を用いるとこちらの意図や状況が伝わりやすくなります。 例えば【お願い】、【至急】などの使い方がありますね。 基本的には会社名(団体名)、部署名、役職名、名前、敬称を一行目に書けば問題ありません。 まずは冒頭のあいさつと、結びのあいさつです。 これらは例にあげたような簡潔なもので構いません。 〈例〉 冒頭…「お疲れ様です」 社内向け 、「お世話になっております」 社外向け 結び…「ご検討のほどよろしくお願いします」 社内向け そして本文を書く上でもう一つ重要なのが、署名です。 署名もまた大事なメールマナーであり、自分の基本情報を示す重要な記述です。 署名には社名、所属部署名、役職名、名前、メールアドレス、電話番号、などを書くのが一般的です。 依頼メールでは、依頼の内容によって送り手と受け手の「立場」が異なることに注意しましょう。 例えば、ある人に何か相談ごとを持ちかけたり、講演やセミナーの講師を依頼したりする場合は、送り手側は「お願い」をする立場になります。 一方、資料請求や見積もりの依頼などの場合、送り手側の「お願い」をするという立場は変わりませんが、受け手側にとって送り手は、「お客様」「クライアント」と同等になります。 前者の場合ならば、依頼にあたっては、相手側に失礼のないように細心の注意を払わなければなりません。 一方、送り手側が「お客様」や「クライアント」の立場になる後者の場合であっても、指図をしたり、「お金を払うのだから、多少の無理はきくべきだ」といったような傲慢な態度はNGです。 依頼する相手は大切なビジネスパートナーですから、彼らに対する配慮や気配りも必要なのです。 こうしたことを踏まえ、依頼メールの3つのポイントを押さえておきましょう。 また、謝礼の額など条件の提示も不可欠です。 また、資料請求をする場合、どの製品やサービスについてしりたいのか、見積依頼だったら仕様や数量についてもしっかりとメールに書くようにしましょう。 資料請求をお願いします。 明日までに2部送ってください」というメールでも、相手には伝わります。 しかし、「お手数ですが」「お手すきのときで結構です」などというような 相手に配慮した一言を添えるのがマナーです。 「ご多用中にお手数をおかけしてしまい大変恐縮ですが」など、文末につけるだけで丁寧な印象になります。 もし、ご不明な点がございましたら、 お気軽にご連絡ください。 お忙しいとは思いますが、ご検討いただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 株式会社〇〇システムズの原田と申します。 つきましては、製品の資料などがございましたら、 お送りいただきたくお願い申し上げます。 来週〇日(〇)に弊社の会議にて検討したいと考えておりますので、 それまでに送っていただくことは可能でしょうか。 難しければ、ご連絡いただければ幸いです。 ご多用中、お手数おかけしてしまい大変恐縮ですが、 よろしくお願いいたします。 「とにかく明日までにほしいので」とか、「この日しか時間がとれないので」といった自分の都合ばかりを書くのは、相手に対して非常に失礼です。 依頼相手に具体的に何をお願いしたいのか、それを簡潔に整理して、なおかつ、相手が答えやすい言い回しと誠実さを文面に載せましょう。 もちろん、メールだけでなく電話でフォローしたり、事後にお礼のメールを送ったりする気配りも欠かせません。 自分と相手の立場をわきまえ、具体的でなおかつ相手への配慮が盛り込まれたメールを送りましょう。 いかがでしたでしょうか。 ビジネスメールの基本的な書き方と「依頼メール」のポイントがお分かりいただけたでしょうか。 先日はお忙しい中弊社までお越しいただきまして、 誠にありがとうございました。 ご依頼いただきました商品提案の資料がご用意できました。 つきましては詳細についてご説明させていただきたいのですが、 お打ち合わせのお時間をいただけないでしょうか。 今週でしたら以下の日程で伺うことが可能です。 お忙しいところ誠に恐縮ですが、 ぜひご検討のほどよろしくお願いいたします。 早速ですが、弊社では現在貴社の会計ソフト〇〇の導入を検討しております。 つきましては以下の内容でお見積りをお願いしたく存じます。 <見積書について> ・会計ソフト〇〇 Ver. 難しい場合はお知らせいただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 前回: 次回: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: タグで調べる・探す• 108•

次の