ご 健闘 を お祈り し て おり ます。 バシッと決まる!ビジネス英語メールの【結び】で使える例文

「ご健闘」の意味と目上への使い方、「ご活躍」「ご健勝」との違い

ご 健闘 を お祈り し て おり ます

使い方の例文を幾つか紹介していきます。 ご健勝の場合 ・ご健勝のこととお慶び申し上げます(前文) ・ご健勝をお祈りします(末文) ・時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 前文 ・皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 (末文) ・皆様のご健勝とますますのご発展をお祈り申しあげます。 (末文) ・皆様のご健勝とますますのご活躍をお祈り申し上げます。 (末文) ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸を陰ながらお祈りしております。 (末文) ・最後になりましたが、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げ御礼のご挨拶と致します。 末文 ご多幸の場合 ・皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 (末文) ・皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 末文 ・ご家族のますますのご多幸をお祈り申し上げます。 末文 結論から申し上げますと、 使っても問題はありません。 相手のことを思って伝える言葉ですので、何ら失礼には当たらないからです。 注意点があるとすれば、「ご健勝」、「ご多幸」の後につける言葉をきちんとする必要があります。 例えば、ご健勝とご多幸をお祈りします。 この言い方よりは、 「ご健勝とご多幸をお祈りいたしております。 」ですとか、 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 」ですとか、お祈りするという部分を変えるとよいでしょう。 又は、「祈念致しております。 」という言い方でも問題はありません。 感覚として祈念致しておりますの方が固い感じを受けますよね。 手紙等でしたら祈念致しておりますでよいかと思いますが、口頭の場合はお祈り申し上げます。 の方が柔らかい形で伝えることができるでしょう。 旧職場では公私共にご厚情を賜り本当に有り難うございました 新任地においてもより一層の努力をいたす所存でありますので、 今後ともよろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さいますようお待ちいたしております 末筆ではございますが皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げ書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます 敬具 転居の場合 転居のお知らせ 拝啓 皆様にはご清祥のこととお喜び申し上げます さてこのたび、家族一同左記の住所へ引越しいたしました。 尚お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りくださいますようお待ちいたしております 相手先への何かをご案内する場合 拝啓 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素より弊社の〇〇にご理解いただきまして有難うございます。 さて、この度以下の通り〇〇を実施することとなりました。 〇〇の際はご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。 敬具 敬語の使い方や、メールの暗黙のルール、上座下座などの細かなビジネスマナーに疲弊していませんか?大企業の場合、特に注意を払っているでしょう。 取引先や上司への気遣いが得意という方はよいですが、苦手という方にとっては、今後数十年続けることを想像すると、憂鬱になるかたもいらっしゃると思います。 我慢ならない人間関係の場合、 転職を検討されるのも1つの解決方法です。 転職をすべきかどうか迷ったときに、相談にのってくれるのが 「転職エージェント」。 中でも自分に合った企業へ転職をしたい方には「」がおすすめです。 無料で相談ができるので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

「ご健闘」の意味と目上への使い方、「ご活躍」「ご健勝」との違い

ご 健闘 を お祈り し て おり ます

皆さんは日ごろ、「健闘を祈る」という表現を使うことがありますか。 相手を激励するために「試験の健闘を祈ります」「あなたの試合での健闘を祈ります」などど使うこともあるでしょう。 「健闘を祈る」は「立派に戦うことを祈る」という意味を持ちます。 この記事では「健闘を祈る」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現について紹介していきます。 健闘の意味 「健闘」は「困難に屈せずがんばって闘うこと」「不利な条件があるのによく努力すること」という意味を持ちます。 これに「祈る」という言葉が加わって「健闘を祈る」というフレーズが構成されています。 頑張って戦っている人の努力が叶うように祈る気持ちを込めて、「健闘を祈る」というフレーズは使われています。 使うタイミング 「健闘を祈る」とはスポーツなどの試合で「頑張れ」といった意味合いでよく使用されます。 今までの努力が実るように祈る気持ちを相手に伝えましょう。 スポーツ以外にビジネスシーンにおいても、出張や転勤、転職の際に異なる場所でも成功することを祈って「健闘を祈る」という言葉を使って送り出すことがあります。 相手別・健闘を祈るの使い方 同い年に「健闘を祈る」という言葉を使う場合は、「健闘を祈っているよ」とストレートに思いを伝えましょう。 同い年のため、敬語を使う必要はありません。 同い年であるからこそ、熱意や情熱が伝わることでしょう。 相手の思いを汲んで適切な言葉をかけてみてください。 自分の言葉が少しでも相手のパワーになるように心をこめることが大切です。 年下に使う 年下に「健闘を祈る」という言葉を使う場合は、「健闘を祈る」と堂々と伝えましょう。 先輩の威厳を見せて、年下が勇気を持てるように力強く話すことが大切です。 相手より長く生きていて経験も多くしているので、先輩としての指針を見せてあげましょう。 「先輩が応援してくれているのだから大丈夫」という気持ちにさせ、少しでも自信をもたせられるように工夫してみてはいかがでしょうか。 年上(目上)に使う 年上の人に「健闘を祈る」という言葉を使う場合は、「健闘を祈っております」と丁重に伝えましょう。 目上の方の成功を信じているという思いをしっかり伝えることが大切です。 年上の人には尊敬の気持ちを込めて、活躍を信じているということを伝えましょう。 後輩の後押しというのは先輩に自信を与えてくれます。 健闘を祈る敬語表現 「健闘を祈る」の敬語表現を考えていきます。 前述したように「健闘を祈っております」などと、尊敬語を含めて表現しましょう。 「健闘を祈っております」以外にも敬意が伝わる敬語表現があります。 確認していきましょう。 健闘を祈ります 「健闘を祈る」の敬語表現の1つ目は、「健闘を祈ります」です。 「健闘を祈ります」は、丁寧語を使った敬語表現です。 「健闘を祈る」の「祈る」に丁寧語の「ます」をつけて「祈ります」としています。 丁寧語の敬語表現は、親しい上司や同僚に使うようにしましょう。 ご健闘をお祈りしています 「健闘を祈る」の敬語表現の2つ目は、「ご健闘をお祈りしています」です。 「ご健闘をお祈りしています」も、丁寧語を使った敬語表現です。 「健闘を祈る」の「健闘」に丁寧語の接頭語である「ご」をつけて、「祈る」に同じく敬語の接頭語の「お」と「ます」を付けて「ご健闘をお祈りしています」としています。 敬語を重ねることでより丁寧な表現になっています。 正しい敬語で健闘を祈ろう ビジネスシーンにおいて、敬語を使う必要のある状況は数多くあることでしょう。 敬語を完璧に使いこなせることは、社会人にとって必須です。 敬語がマスターできれば、目上の人の健闘を祈りたいときも自信を持って伝えられます。 この機会に、自分の敬語力をアップさせてみてはいかがでしょうか。 「敬語の使い方が面白いほど身につく本」ぜひお読みください。 「健闘を祈る」の類語の敬語表現を確認していきましょう。 「健闘を祈る」という言葉を使わないで、その気持ちを伝える方法を考えていきましょう。 「健闘を祈ります」という言葉を目上の人に言う場合、えらそうで失礼であると感じる人もいます。 親密ではない相手には使うのを避け、以下に紹介する表現をしてみましょう。 頑張ってください 1つ目の「健闘を祈る」の類語の敬語表現は、「頑張ってください」です。 「頑張ってください」という激励方法は直接的な表現のため、ストレートに気持ちが伝わりやすいです。 「健闘を祈る」という表現はどこか堅苦しくなってしまうので、「頑張ってください」のほうが伝えやすいと感じる方も多いことでしょう。 時と場合において使い分けをしてみましょう。 ご活躍を応援しております 2つ目の「健闘を祈る」の類語の敬語表現は、「ご活躍を応援しております」です。 「ご活躍を応援しております」という言葉は、応援したいという素直な気持ちが相手に伝わります。 新たな場所や状況で頑張ろうとしている人に対して、応援しているという激励方法は力になります。 それぞれの場で頑張っていこうという気持ちにさせてくれます。 成功をお祈りしています 3つ目の「健闘を祈る」の類語の敬語表現は、「成功をお祈りしています」です。 「成功をお祈りしています」という言葉は、相手の成功を信じているという気持ちが伝わります。 なにかに挑戦する人に対して激励をするときは、ポジティブな表現を心がけましょう。 絶対成功するはずだという気持ちで背中を押すことで、相手にパワーが伝わることでしょう。 健闘を祈るを使ってみよう.

次の

皆様のご健闘をお祈りしていますって英語でなんて言うの?

ご 健闘 を お祈り し て おり ます

「ご多忙とは存じますが、ご検討宜しくお願い申し上げます」といった具合で、相手が忙しいことが前提の時に、決断を催促するために使います。 「大変だと思いますが」に一番近い意味合いで失礼の無い言い換えです。 丁寧な言葉遣いではありますが、頻繁に仕事の取引をしている相手と、そうでない取引先の目上の方に対しては、少々馴れ馴れしい印象を与える場合もあります。 「ご多忙」と意味は似ていますが、それより少しソフトな言い方になります。 「大変だと思いますが」を丁寧にした敬語で、相手が忙しいことを理解した上で、何かをお願いする時に使います。 例えば、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」といった具合です。 「よろしくお願いいたします」にさらに丁寧な印象を加えたい場合は、「お取り計らいの程よろしくお願いいたします」とするとよいでしょう。 「恐れ入りますが、折り返しお電話いただけるようお伝え願います」など、電話相手が不在だった時にも使用できます。 「大変だと思いますが」と相手を気遣うより、恐れ多いですが、という一歩引いたイメージの強い表現です。 上記で触れたように、「大変だと思いますが」の敬語で迷った時は「恐れ入りますが」の方が無難です。 また、基本的にクライアントや上司など目上の人に折り返しの連絡を依頼するのは失礼なので、相手によってはこちらから電話をかけ直す姿勢も大切です。 「恐縮ですが、こちらにご署名をお願い致します」など、相手にお願いする時に使用します。 「恐れ入りますが」と似た表現ですが、同じく「大変だと思いますが」と相手を気遣う気持ちよりも恐れ多い気持ちが強いです。 「恐縮ですが」は「恐れ入りますが」よりもさらに謙遜した表現です。 「大変恐縮ですが」と言うと、非常に申し訳ない気持ちを表現できますが、便利な表現だからといって使い過ぎには注意しましょう。 「大変だと思いますが」を使う時のように相手が忙しい前提で、さらにこちらからのお願いに対応してもらうことにお詫びを入れる時によく使われます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解とご協力お願いいたします」といった具合に使われますが、お客様側で手間を取らせてしまった場合などによく使用されます。 「大変ですね」という気持ちと「ご理解とご協力」という言葉をセットで使うと、「ご協力」だけを使うよりも少し丁寧な印象を与えられます。 特に部下に対して応援していますという気持ちを伝えたい時は、「大変ですね」を「大変かと思いますが」に言い換えると先輩としての丁寧さが伝わります。 「連日の残業で大変かと思いますが、頑張ってください」といった具合に使えるでしょう。 社外の方に「応援しています」を使うのは時に失礼になります。 一緒に仕事をしている立場であれば、「頑張ってください」よりも「一緒に頑張りましょう」と言い換えると、親近感と丁寧さで相手により良い印象を与えることができます。 「応援しています」という激励の言葉に関連した記事も併せてチェックしてみて下さい。 応援しています」 応援している意思表現2つ目は「大変ですね。 応援しています」です。 他にも、「応援しております」「ご健闘をお祈りしております」「陰ながら見守っております」が丁寧な表現になります。 陰ながらとは「見えない所」という意味があり、不安を感じている相手を安心させてあげられる言葉です。 また、上司や先輩などの目上の人をさらに励ましたい、努力を促したいと思った時は「期待しています」も相手の気持ちを高められる一言です。 目上の人に対してであれば、「ご自分が一番大変な中、いつも気遣って下さりありがとうございます。 何か私にもお手伝いできることがありましたら、ぜひお声がけ下さい。 」という一声も、「ありがとう」「応援しています」という気持ちが両方伝わるのでオススメです。 出張に出かける上司や同僚に「大変ですね、頑張ってください」と伝えたい時は、「大変な中、長旅お疲れさまです」「どうぞお気を付けて行ってらっしゃいませ」などの具体的で優しい言葉で相手の気持ちに寄り添い、「応援しています」と伝えるのがオススメです。 年賀状の挨拶でも「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」というようによく使われますよね。 年賀状においては、新しい年は昨年よりも活躍できますようにと応援の意味を送る言葉です。 「健闘を祈る」とはスポーツの場面でよく使用されますが、スポーツだけではなくビジネスの場面でも、出張、転勤や転職の際に使われます。 環境が変わっても成功することを願っていると伝えるために、「健闘を祈る」という言葉がよく使われます。 また、メールで健闘を祈る内容を一言添える場合、「〇〇様のご健闘をお祈り申し上げます」「ご健闘をお祈りいたします」「ご健闘を心よりお祈り申し上げます」と書くのが良いでしょう。 「ご健闘」の意味は「よく頑張って事に当たること」です。 つまり「健闘を祈る」の意味は、「大変な中、頑張ってください」という素晴らしい言葉なのです。 「ご自愛ください」は「自ら」「愛する」ことなので、意味は「大変な中、体を大切にしてね」の敬語表現です。 話し言葉で使うのは違和感がありますが、お見舞いメールやお手紙の中でよく使われます。 ビジネスの場面では、目上の人と転勤や転職によって別れが発生した場合に使います。 もちろん、スピーチやビジネスメールでも使用可能です。 「どうぞ」「くれぐれも」「大変な中」をご自愛の前につけて使うと、より丁寧で心のこもった表現になります。 また、「大変かと思いますが」が不自然なシチュエーションの場合、「お忙しいでしょうから」を用いるのも良いでしょう。 お忙しいでしょうから、どうぞご自愛ください、あるいはどうぞご自愛くださいませ。 といった具合に使ってみてください。 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡いただければ幸いです」というように、お願いしたい内容とくっつけて使用します。 また、これと似た表現で「誠に恐れ入りますが」「大変恐れ入りますが」とすると、より申し訳ない気持ちが伝わりお願い事も言いやすくなると思います。 依頼したいことやお願いする内容の前につけ、クッション言葉として用います。 「お忙しいところ恐れ入りますが(あるいは恐縮ですが・お手数おかけしますが)、ご連絡頂きたく存じます」といった具合です。 その他にも、「ご多忙のところ恐れ入りますが」「ご多忙の折、誠に恐れ入りますが」「お忙しい中恐れ入りますが」「ご多用のところ恐れ入りますが」など、1つ目の恐れ入りますがとセットで使われることが多いです。 お手数の意味は手間や労力なので、依頼することやお願いしたい内容の前につけて、お願いをソフトな表現にするために使います。 使い方としては、「大変お手数おかけいたしますが、ご連絡いただければ幸いです」というように使います。 他にも、「大変お手数ではございますが」「大変お手数ですが」「お手数おかけし申し訳ありませんが」といった言い回しが存在します。 「大変だと思いますが」は目上の方へは失礼? クイズのような敬語「大変だと思いますが」の目上の方に使うのは? 結論から言って、「大変だと思いますが」という表現をそのまま使って良いかと言うと、良くはありません。 部下に対して「大変だと思いますが、頑張ってください」ということは問題ないですよね。 しかし、この言葉をそのまま敬語に直しても、目上の方に対して使えるようなキレイな言葉にはなりません。 「大変ですね」「頑張ってください」を失礼なく上手に伝える方法は? 「大変だと思いますが」よりは「大変かと思いますが」の方が丁寧です。 相手が目上の方の場合「大変だと思いますが」はとても失礼な印象を与えかねません。 目上の方に対して「大変」という言葉自体に違和感があるからです。 「大変ですね」という気持ちを敬語表現する時、「大変」という気持ちを強調し、違和感のない敬語に直して使うのが良いでしょう。 例えば、「大変ですね」ではなく、「大変驚いております」や「大変心配しております」という「大変~している」という言い方なら、相手に失礼な印象はありません。 敬語「大変だと思いますが」をマスターして好印象の社会人に! まるでクイズのように複雑な敬語ですが、ある程度マスターすると自然と周囲から信頼される存在になります。 「大変だと思いますが」「大変ですね」「大変な中」といった敬語は相手を思いやり気遣う言葉なので、仕事や人間関係をよりスムーズにしてくれます。 ぜひ正しい使い方を学んで、素晴らしい社会人を目指しましょう!.

次の