ミルボン ディーセス エル ジューダ。 ミルボン ディーセス エルジューダ 種類と違いの徹底解説&選び方指南

ミルボンの洗い流さないトリートメントおすすめ15選♡毎日続けられる簡単ヘアケア

ミルボン ディーセス エル ジューダ

デザインの決め手となるハイクオリティーなベース創りをサポート。 デザインを仕上げるとき、カットやパーマで創ったフォルムをハンドブローで表現できれば、フィニッシングの9割がそこで完成します。 そのために必要なのは、素直で動かしやすいベース創り。 エルジューダはやわらかくしなやかな髪質に整えることで、クオリティの高いデザイン創りをサポートします。 -ディーセス エルジューダ MO- 硬さがあって動かしづらい髪に やわらかおさまりタイプ やわらかくなる力を高め、よりおさまり感のある状態に整えます。 髪に適度なやわらかさを与える毛髪補修成分「オリーブスクワラン」配合。 オリーブスクワランがコルテックスの水素結合を緩和し、柔軟にすることで、硬さがある髪をやわらかく動かしやすい状態に整えます。 商品名 ミルボン ディーセス エルジューダ MO JANコード:4954835290449 内容量 120ml 商品特徴 硬さがあって動かしづらい髪に やわらかおさまりタイプ やわらかくなる力を高め、よりおさまり感のある状態に整えます。 髪に適度なやわらかさを与える毛髪補修成分「オリーブスクワラン」配合。 オリーブスクワランがコルテックスの水素結合を緩和し、柔軟にすることで、硬さがある髪をやわらかく動かしやすい状態に整えます。 成分 オリーブスクワラン配合 使用方法 タオルドライ後、適量を手のひら、指先までよくのばし、髪全体に揉み込みます。 その後、乾かして仕上げます。 注文は受け付けております。 また夏期、年末年始他弊社都合により臨時休業させていただくことがございます。

次の

【図解】ミルボン ディーセス エルジューダの種類と違い・失敗しない選び方

ミルボン ディーセス エル ジューダ

2018. 27 2020. 24 『エルジューダ(Elujuda)』は、超有名美容メーカー「ミルボン(MILBON)」から発売されているアウトバス(洗い流さない)トリートメントブランド。 ミルボンと言えば、美容師ならずともオシャレ女子・メンズにも人気のメーカー。 シャンプー、ワックスなど数多くの美容コスメを生み出しています。 中でも、根強い人気を誇るのが 「エルジューダ」。 エルジューダがどんなブランドなのか知りたい方• サロン品質のアウトバストリートメントをお探しの方• サロン品質のアウトバストリートメント• 補修力・保湿力が高く使いやすい• 120mlと多すぎず少な過ぎずの嬉しいサイズ感• 女性が好きな香りで、香水のように時間が経つと変わる香りも魅力的 実は、エルジューダは全10種類のラインナップとなっています。 ラインナップの中には、オイル・ミルク・セラムなど様々な種類があり、各々成分・香り・質感が違います。 なので、使用者の髪質や使用目的の違いに応じて細やかな使い分けが出来ます。 まずは、自分の使用目的にあったものを5ラインの中から選ぼう。 そして、あなたの髪質やなりたい髪型に応じて2種類の中から選ぶのが失敗しないコツ。 こちらのラインは、ヘアオイルタイプの洗い流さないトリートメントになります。 ヘアオイルタイプなので、ダメージ予防・保湿に優れています。 FOとMOの1番の特徴は、バオバブオイルが配合されていること。 バオバオオイルは「星の王子さま」にも登場するバオバオの木から採れるオイル。 バオバオオイルは、髪表面のキューティクルに対し、水分と馴染みながら浸透し、毛髪を柔らかい仕上がりに導いてくれます。 パサつきがちな髪もしっとりまとまりが良くなり、スタイリング時の動き出しが軽やかに! 仕上がりは、 しっかりとした艶感、重厚感が特徴です。 毛先がパサつくき乾燥が気になる方、重厚感のある艶感が欲しい方におすすめ。 エルジューダ FO 硬さがあって動かしづらい髪に やわらかおさまりタイプ。 やわらかくなる力を高め、よりおさまり感のある状態に整えます。 エルジューダMOには、毛髪の水素結合を弱め、適度なやわらかさと動きを与えてくれる「オリーブスクワラン」が配合されています。 コルテックスの水素結合を緩め、硬く広がりやすい髪質を、やわらかくまとまり動かしやすい状態に導いてくれます。 ちなみに当サイトのでも上位です。 特長成分 バオバブオイル(柔軟成分)、オリーブスクワラン(毛髪補修成分) おすすめユーザー 硬毛・太毛・まとまりおさまりが悪い髪、、ツヤ感が欲しい方 使用感 オイル感が強めで、まとめる力が強い(FOと比較) FO&MOの使い方 エルジューダFO&MOの使い方としては、ドライヤー熱からのダメージ予防はもちろん。 もしヘアオイルだけで物足りなさを感じる方は、ワックスにチョイ足しするとセット力が向上します。 ドライ中もドライ後も思い通りに動かして決められる素材に導いてくれます。 こちらのラインは、ミルクタイプの洗い流さないトリートメントになります。 ミルクタイプなので、 ダメージ予防・保湿・浸透力のいずれのバランスも良く、どんな髪質にも合わせやすいオールラウンダーです。 浸透力・保湿力も高いので、冬など乾燥する季節におすすめです。 バオバオエキス バオバオエキスはFO・MOと同じバオバオの木から採れるエキス。 水分保持に大切な有機酸を豊富に含み保湿性に優れています。 CMADK 傷んだ部分に浸透・吸着しヘアダメージを補修してくれるケラチン由来のタンパク質。 毛先のパサツキまで均一に補修し、髪の水分量を整えます。 仕上がりは、軽やかさと艶感を合せ持つ、なめらかさが特徴です。 バランスが良いのでエルジューダ初心者の方は、まずエマルジョンを選ぶのがおすすめ。 エマルジョンの香りは大自然に広がる夕日のやわらかなグラデーションのイメージ。 エルジューダ エマルジョン 水分保持力の弱い細い髪を、柔らかくしなやかな髪に導きます。 エルジューダエマルジョン(Emulsion)には、水分保持力が高い「セラミド2」が、水分の蒸発を防ぎ、水分保持力の弱い細い毛髪に潤いを与えます。 さらに髪の内部から水分が抜け出るのを防ぎ、芯からしっかりと柔らかく、そしてしなやかな質感へと導いてくれます。 ミルク特有のベタッとした感じもなく、ほどよいしっとり感がとても使いやすい洗い流さないトリートメントです。 アクアコラーゲンが毛髪内部に浸透し、ダメージや熱で硬くなった髪の毛を柔らかくしてくれます。 硬い髪質でも柔らかな手触りへと導いてくれるので、ボリュームの出やすい髪やまとまらない髪でも、素直な扱いやすい髪の毛へと変化させるトリートメントです。 特に、ドライヤーで乾かした後に使用するのがおすすめ、スタイリング剤として使用することで髪質がしっとりまとまりやすくなります。 エルジューダシリーズの18番であるダメージケアに紫外線カットプラス。 潤いを与えつつ、紫外線対策までしてくれるダブルの魅力。 こちらのラインはセラムタイプとミルクタイプの洗い流さないトリートメントになります。 根元ふんわり軽やかなセラムと、程良いしっとり柔らかなミルクタイプの2種類で、髪質やスタイリングに応じて使い分け可能。 UVカット成分が配合されているので、屋外のスポーツや外出の多い方におすすめ。 また、髪分け目の部分にも使用可能なので、頭皮の日焼け予防にも活躍します。 サントリートメントセラムとサントリートメントエマルジョンの1番の特徴は、UVカット成分が配合されていること。 夏だけでなく、春・秋と1年を通してヘアダメージやカラーの退色の原因となる紫外線から髪を守ります。 サントリートメントの香りは、大自然にあるオアシスのイメージ。 上品な甘さと優しさの中にグレープフルーツの爽やかさがプラスされた匂いとなっています。 エルジューダ サントリートメントセラム バオバブオイルがキューティクルに作用して思い通りに動く潤い感のある髪に。 エルジューダ サントリートメントセラムは、肌にも使われる低刺激性で柔軟性のあるバオバブオイルが配合されています。 髪表面のキューティクルに作用し、面を整えて動きやすい潤い感のある髪の毛へと導いてくれます。 外出の際の軽いスタイリング剤として使うことによってツヤとUVカットの効果を得られます。 特長成分 UVカット成分、スムーステクスチュアオイル 毛髪保護成分 、バオバブオイル(毛髪保護成分)、CMADK 毛髪補修成分 おすすめユーザー 外出・レジャー・屋外スポーツをする方、軽やかさが欲しい方 使用感 ベタつきの少ない軽やかなテクスチャ(サントリートメントエマルジョンと比較) エルジューダ サントリートメントエマルジョン バオバブエキスが毛髪内部に浸透し潤い感に満ちた髪に。 エルジューダ サントリートメントエマルジョンは、バオバブエキス配合で、髪の毛の水分保持力を向上するトリートメントです。 内部に浸透し、芯から柔らかに。 硬い髪の毛に使用すると柔らかく仕上がります。 こちらもべたつきが少なく、紫外線の増え始めた時期から使うことによって補修しながら紫外線ダメージを防いでくれます。 テクスチャーも重くないので、春や夏の紫外線の強い時期にはもってこい。 根元から指通りしなやかな髪質へと変化させます。 こちらのラインはセラムタイプの洗い流さないトリートメントになります。 セラムなのでテクスチャは軽くふんわり、コシと柔らかさを兼ね備えた「しなやか」な質感となっています。 CMADKとカチオン化ケラチン配合により、髪の毛にハリを与えるトリートメントです。 顔周りとハチ上の根元から塗布することによって、根元をしなやかな質感へと導く新触感トリートメントです。 この2種類は比較的軽めでどんな人でも使いやすいものになっています。 特に、 FAGAなど薄毛やボリューム低下が気になる世代におすすめ。 香りはアフリカの大自然をイメージさせるスパークリングアップル、シトラスミックスの爽やかな匂いです。 エルジューダ リンバーセラム 硬くゴワつきやすい髪のやわらかさを高め、しなやかで動きやすい髪へ。 エルジューダ メロウセラムは、シアオイル配合。 硬い髪の毛やごわついた髪の毛に使うことで、柔らかで動きのある質感へと整えてくれます。 リンバーセラムよりはしっとりします。 セラムは乾きやすくまた浸透力が高いので、ドライヤーやヘアアイロンの効率を高めつつ熱から毛髪を守ってくれます。 美しく柔らかな「女性らしい」シルエットを実現しちゃいましょう。 こちらのラインはセラムとミルクタイプの洗い流さないトリートメントになります。 サロンの仕上げのような柔らかなシルエットと質感を表現し、更には自然と毛先が内に入る女性の柔らかな髪の毛へと導きます。 ドライヤーの熱によるパサつきも抑えてくれます。 また、伸びの良い操作性で、 幅広い髪質に対応できます。 スムージングオイル 伸び広がりに優れ、多様な状態の毛髪に均一に馴染みます。 熟成アルガンオイル 高圧処理を施すことで、髪馴染みが向上したアルガンオイル。 毛髪を保湿しながら、柔らかくします。 エステティックオイル 乾かしていくことで粘性が上がり、毛髪を密着。 グレイスオンの香りは、大自然に包まれる幸福感のある匂い。 「オリスルート」というアヤメの根から取れる高級なハイブランドな香り。 匂いの持続力が長く、フルーティーフローラルで優しくほんのり甘い香りになっています。 エルジューダ グレイスオン セラム 髪への柔軟効果・低刺激からスキンオイルとしても使用できるヘアオイル。 しなやかで指どおり感の良い髪へ。 エルジューダ グレイスオン セラムは、3つのオイルのグレイスブレンド処方が、しなやかな指通りと上質な手触りの髪の毛へと整えます。 エルジューダ全ラインの中で、グレイスオンのラインが最もしっとりとした質感になっています。 乾かす前のみならず、ちょっとしたスタイリング剤として使うとまとまりある髪の毛に仕上がります。 特長成分 スムージングオイル、熟成アルガンオイル、エステティックオイル、バオバブオイル おすすめユーザー 軟毛、細毛、ドライヤーやコテの熱が気になる方 使用感 軽め、さっぱり(グレイスオンエマルジョンとの比較) エルジューダ グレイスオン エマルジョン 水分保持に大切な働きをする有機酸を含むエキス。 柔らかさと潤い間に満ちた髪質へ。 エルジューダ グレイスオン エマルジョンは、こちらも3種類のオイルが配合されたトリートメントです。 セラムよりも水分がしっかりと髪の毛の内部に浸透してくれるので、芯から柔らかに、毛先が自然なまとまりになります。 特長成分 スムージングオイル、熟成アルガンオイル、エステティックオイル、バオバブエキス おすすめユーザー 普通毛〜剛毛、太毛、ドライヤーやコテの熱が気になる方 使用感 やや重い、程よいツヤ感、しっとり感(グレイスオンセラムとの比較) グレイスオンの使い方 グレイスオンの使い方としては、ドライヤーやヘアアイロンの前にシュッと吹きかけるのがおすすめ。 ドライヤーやヘアアイロンの効率を高めつつ熱から毛髪を守ってくれます。 エルジューダ種類別ポジションMAP これまでエルジューダシリーズ全種類の特徴についてご説明してきました。 しかし、全10種類ともなると あなたの髪質・用途にベストマッチなタイプを選ぶとなると頭を抱えることでしょう。 心配しないで下さい。 ここでは、エルジューダシリーズ全10種類の使い分けと選び方のコツをポジショニングMAPにまとめてみました。

次の

【ミルボンエルジューダ】全種類の違いや髪質別の選び方って?現役美容師徹底解説!

ミルボン ディーセス エル ジューダ

今や、毎日のヘアケアには欠かせない洗い流さないトリートメント。 髪が喜ぶような配合成分から、オススメの使い方までたっぷりとお届けします。 サラサラ感やしっとり感を出せる洗い流さないトリートメントは数多くありますが、今回ご紹介する「エルジューダ エマルジョン」の最大の特徴は、 スタイリングしやすい、やわふわなデザインベースをつくってくれること。 理想のヘアスタイルをつくるためには、やわらかく動くための土台となる質感づくりが不可欠。 なぜ、エルジューダエマルジョンは、やわふわな質感を表現できるのでしょうか? ポイントは、この3段階による髪へのアプローチ。 むずかしい名前ですが、簡単に言うと、傷んだ髪を補修してくれるとっても髪に良い成分なんです! ちょっと専門的な話をすると、髪はケラチンタンパク質という成分によって大部分が構成されています。 髪のしなやかさやハリ・コシを保ってくれているのもこの成分のおかげなのですが、ヘアカラーやパーマ、日々のシャンプーなどによって、ケラチンタンパク質は髪から流れ出てしまいます。 これが、髪がパサついたり、手触りが悪くなってしまったりする要因。 トリートメントなどでもケラチンタンパク質は補えるのですが、補修してもすぐにまた髪から流れ出てしまうのです……。 そこで、力を発揮するのがこの「CMADK」。 なんとこの成分、ほかのケラチンタンパク質に比べて、ずっと髪に留まり続けてくれやすいというケア成分なんです! 「CMADK」は、髪の内部まで浸透・吸着し、髪のダメージ部分を補修します。 根元から毛先までをくまなく美しい状態に整え、均一にうるおすための土台をつくってくれるのです。 なんとも髪に良い成分、要チェックですね。 サバンナといえば、ご存知の通り超乾燥地帯。 そんな厳しい乾季を乗り越えるために、バオバブの木は自身の3倍もの水分を蓄えます。 そして、その木の葉は水分を多く抱え込むことができる成分であるバオバブエキスを含んでいます。 前述した「CMADK」で髪の状態を整えたあと、「バオバブエキス」によってうるおった髪は、まさにやわふわな質感。 髪質によってタイプを選び、よりやわふわな質感へ! さらに、エルジューダ エマルジョンには髪質に合わせて選べる2種類のラインナップがあります。 髪質に合った理想的な水分量を与えることで、よりうるおいとやわらかさが持続するんです。 細髪さんのお悩みポイントは、水分保持力が弱く、パサつきやすいこと。 そこで、「ディーセス エルジューダ エマルジョン」には、「セラミド2」という保湿成分を配合しています。 特に太髪さんは、質感が硬くなりがち……。 やわらかい質感にするためには、よりたくさんの水分が必要です。 より多く水分を髪の内部へ浸透させて水分を補い、よりやわらかく扱いやすい髪へ導きます。 フレグランスのように変化する香りにも注目! 洗い流さないトリートメントは、毎日使うもの。 だから、その香りの良さも美容女子にとって絶対条件ですよね! 今回、ご紹介しているエルジューダ エマルジョンの香り、なんとグラデーションのように香りが変化していくんです。 最初に香るのは、「カシス、アップル、シトラス」のみずみずしい香り。 その後、「ローズ、ラズベリー」のやわらかな香りに変化し、最後は「バニラ、アンバー」のやさしい香りに包まれます。 大自然に広がる夕日の、やわらかいグラデーションをイメージしてつくられたエルジューダエマルジョンの可憐な香り。 フレグランスのようにやさしく変化する香りを髪にまとえば、その日の気分もバッチリ上がるはず! 5. エルジューダ エマルジョンの使用方法 エルジューダ エマルジョンは洗い流さないトリートメントなので、髪につけるのはタオルドライ後の少しウエットな状態。 自分の髪に合わせた目安量を手に取り、指のあいだや手のひらにまんべんなく伸ばしましょう。 この工程をしっかり行うことで、つけムラを防ぎます。 より動かしやすい質感にするためには、根元から毛先まで均一につけることが最重要ポイントです。 1〜4のプロセスの最後にクシでとかすと、髪1本1本にエマルジョンがいきわたってより質感が高まるので、ぜひ試してみて! 6. 髪質によって、自分の髪質にぴったりのアイテムを使用すれば、やわらかく動きやすいやわふわ素材を手に入れることができます。 つけるだけで、髪が喜ぶエルジューダ エマルジョンは毎日のヘアスタイルのパフォーマンスを格段にアップさせてくれます。 髪が芯からうるおうと、朝のセット時間も短くなり、夕方までしっとり感が持続。 忙しい女子にとっての重宝するアイテムになること間違いありません! 7. ミルボンからのお願い 髪質やヘアデザイン、さらには季節ごとによって、最適なヘアケア・スタイリング製品は変わってきます。 製品の持つ効果・効能を十分に感じて頂くためには、ぜひお近くの美容師さんにご相談した上でミルボンの製品をお買い求めください。 プロのカウンセリングを介して最適に使用していただき、みなさんがより美しい毎日を過ごせることをミルボン社員一同、心より願っております!.

次の