パンゲア 大陸。 混沌大陸パンゲア

パンゲア・ウルティマ大陸とは

パンゲア 大陸

パンゲア大陸という超大陸から分裂した大陸同士が離れていく様子。 ところが、2008年9月に発表された研究によると、この説ではパンゲア大陸が形成された過程に説明がつかないという。 この研究では、地殻の深部で過熱状態になったマントルが対流を起こして古代の大陸間にわき上がり、その力で大陸同士が押し付けられて、パンゲア大陸になったという説が提唱された。 超大陸の形成や分裂の原動力はこれまで明らかにされていなかったが、地球の奥底で巨大な対流(プルーム)を起こした高温の岩(マントル)が、大陸プレート間にわき上がって超大陸を大陸に押し分け、分離した大陸は再び衝突して超大陸を再形成するというサイクルが繰り返されているとする新しい説が提唱された。 新たに発表された研究では、大陸と超大陸の形成が繰り返されるこのプロセスの中で、3億年前にパンゲア大陸が形成されたとしている。 パンゲア大陸とは、現在の諸大陸がひとつであったときの超大陸であり、この大陸が徐々に分裂して現在の大陸が形成されたと考えられている。 しかし今回の研究では、カナダの聖フランシスコ・ザビエル大学のJ. 沈み込んだ部分は過熱状態となって再びわき上り、スーパープルーム(巨大対流)を作り出す。 そして、古代の大陸を吸い寄せるのではなく、押し付けて再結合させた結果、パンゲア大陸が誕生したというのだ。 地球は約45億年前に誕生したとされているが、以後10億年以上にわたって繰り返されてきた超大陸の形成と分裂のサイクルは、岩の種類や化石の比較、地磁気の変動の調査で追跡することができる。 パンゲア大陸の前には、ロディニア大陸とゴンドワナ大陸という2つの超大陸が存在し、数億年前に形成されて分裂したことが解明されている。 「パンゲア大陸がゴンドワナ大陸の断片から形成された過程には2つの段階があったことが地質調査から明らかで、この点が問題だ」と前出のマーフィ氏は語る。 この過程の最初の段階では、ゴンドワナ大陸が割れてその中心部に新しい海洋ができ、その海洋が徐々に広がっていった。 これは現在、パンゲア大陸から分離した大陸が大西洋で分割されているのと同様の現象である。 しかしその後の段階では、なんらかの変化が生じて海洋は拡大を止め、収縮を始めた。 そして、ゴンドワナ大陸の断片同士は来た道を戻るかのように激突した結果、パンゲア大陸が形成された。 拡大を続けずに伸縮しているという説はウィルソン・サイクルと呼ばれ、40年以上前から指摘されていたが、その原動力は明らかにされていなかった。 さらに現在、この動きの原因として唱えられているモデルを5億年前の地球に当てはめてみても、パンゲア大陸は正しい配置に収まらないのだ。 今回、大陸を引き寄せるプロセスにスーパープルームが干渉しているという説が出されたことで、この矛盾が解決することになるかもしれない。 それにはこの説をさらに裏付けるデータが必要になるが、「この説に基づけば、地球の長期的未来の姿も明らかになるかもしれない」とマーフィ氏は述べている。 Lovett.

次の

【ワンピース】「パンゲア城」の意味とは…??レッドライン崩壊の伏線!?【考察】

パンゲア 大陸

超大陸とは? 厳密な定義はないが、地球の表面上において大陸とみなされる陸塊を1つ以上含む非常に広大な陸のことをいう。 一般的に陸塊とは、 ユーラシア大陸・アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・オーストラリア大陸・南極大陸の6大陸のことを指す。 つまり、これらの大陸のなかでも大きいものを 超大陸と呼ぶこともできる。 その意味ではアフリカ大陸とユーラシア大陸を合わせた「 アフロ・ユーラシア大陸」が現在における超大陸といえる。 アフリカ大陸とユーラシア大陸はスエズで陸続きとなっているため、ひとつの大陸と見なすことができるのだ。 ご存知のように、地球の陸地はその下にあるマグマの動きに影響され、プレートごと押されて移動する。 により、今では多くの人間がそのことを知っているが、それをさらに大規模なスケールで行われるのが超大陸の形成だった。 そのことから、ここではに始まる「 6大陸のいくつかが結合した状態」を超大陸と定義したい。 古代の超大陸 約19億年前に誕生したと考えられ、地球上に出現した最初の超大陸といわれるのが ヌーナ大陸である。 現在のグリーンランドを含む北アメリカの主要部分とヨーロッパ大陸の一部に相当すると考えられる。 その後は、約18億年前から15億年前に存在したと考えられる、約15億年前から10億年前に存在していたと推測されるが出現した。 パノティア大陸もその後分裂し、約10~7億年前にはが形成されたと考えられている。 もっと短い期間(それでも何千万年から何億年だが)で見れば、超大陸は分裂していくつかの大陸になり、さらにそれが集結して新たな超大陸になったと考えられる。 パンゲア大陸 の出現 1912年にドイツの地球物理学者、が大陸移動説を唱えるきっかけになった超大陸こそ、ギリシャ語で「すべての陸地」を意味する「 パンゲア大陸」である。 約2億5000万年前に4つの大陸が次々と衝突したことにより誕生し、約5000万年ほど続いたとされる当時地表で唯一の陸地であった。 これが約2億年前に分裂し始め、現在、我々が知る 6大陸の姿になったといわれている。 地質時代的にはペルム紀から三畳紀にかけての時代とされ、様々な植物が生息し、原始的な恐竜も出現し始めた時代である。 ペルム紀には三葉虫が、三畳紀にはアンモナイトなどが海中で生息していた。 大陸の形状は、赤道をはさんで三日月形に広がっており、三日月内部の広大な内海(テチス海)では多くの海洋生物が繁殖した。 一方で内陸部は広大な陸地が続くために乾燥が激しく、荒涼とした砂漠が広がっていたとされる。 なお、現在の日本列島に相当する部分は、左上の海岸沿いの一部らしい。 しかし、世界地図を眺めていると、大西洋をはさむ 南アメリカ大陸東岸と アフリカ大陸西岸の海岸線がピタリと一致することに気付いた。 また、海を越えて移動することのできない動植物の分布跡などが世界中で発見されたのである。 ヴェーゲナーの没後、第二次大戦中に潜水艦が登場し、ソナー技術(海中レーダー)が発展した。 それにより、海洋底の調査が進むことで、プレートが移動し、衝突することにより様々な地殻変動が生じるとするが定着した。 それは 1980年代という、つい最近のことである。 未来の超大陸 現在では超大陸は約4億年から5億年ごとに形成され、やがて破壊されるというのが定説である。 ということは、今後も超大陸が誕生する可能性が指摘されている。 大陸の移動については、まだまだ研究が始まったばかりであり、数億年後の大陸の動きを予測するのは不可能だが、仮説は生まれている。 ひとつは。 約2億年後に誕生するとされている超大陸で、アメイジアは「アメリカ」と「アジア」を繋げたものだ。 プレートの移動により、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の合体によって形成される。 その際には太平洋は消滅し、そこに大山脈が出現する。 もうひとつは。 ウルティマとは「最後」「最終」を意味することから「最終的なパンゲア大陸」という意味になる。 パンゲア大陸と異なるのは、南半球に南極とオーストラリアが結合した大陸ができ、大洋をはさんで北半球に残りの大陸が集結すると考えられている点だ。 最後に 地球の寿命は太陽の質量から計算すると、 残り55億年といわれている。 単純計算で超大陸が10回は出現することになる。 その後は、太陽が終末とともに膨張して、地球の公転軌道をも飲み込むとされる。 しかし、実際には17億5000万年後には太陽の膨張が始まるとされ、それにより事実上の地球の寿命は終わるといっていい。 太陽が膨張すれば、地球の気温上昇や軌道の変化が表れるからである。 いずれにせよ、我々が心配しなくていいのは確かだ。 余談ではあるが、スコットランド人の地質学者でサイエンスライターである、が「 (人類滅亡後の動物たち)」という著書を1981年に出版した。 そこには5000万年後に人類に代わって地球を支配するであろう動物たちの姿がリアルに描かれている。 気になる方はぜひ調べてみて欲しい。 カテゴリー• 101• 354• 1,407• 149• 805• 587• 168• 100• 176• 141• 134• 106• 558•

次の

超巨大「新・パンゲア大陸」が登場する!? 地質学者「日本側の4つの大陸が衝突するのは不可避」

パンゲア 大陸

古生代後期から中生代にかけて南半球に存在していた、現在の南アメリカ、アフリカ、インド、南極、オーストラリアなどからなる超大陸。 ジュースがこれら諸大陸の地層の類似性から命名し、ウェゲナーがそれを大陸移動説によって説明した。 論拠は、各大陸とも共通して次のような現象がみられることである。 古生代末の氷河作用によるティライト(氷礫 ひょうれき 岩)や石炭層が存在する。 グロッソプテリスなど特徴的な植物化石を主体とするゴンドワナ植物群が産出する。 動物群も同様で、現在でも肺魚などこの超大陸独特の動物が南半球に生息している。 超大陸を復原してみると、造山帯などの地質構造がよく連続し、岩石の放射年代もつなぎ目でよく一致する。 ゴンドワナ大陸の地史は次のようにまとめられる。 約3億5000万年前には一つの超大陸パンゲアが存在していた。 パンゲアは北半球のローラシア(ユーラメリカ)とゴンドワナに分かれていて、両者の間の海がテチス海である。 その後、南極とオーストラリアが分離し、インドはユーラシアと衝突してヒマラヤ山脈が形成された。 [岩松 暉].

次の