産後 おり もの 多い。 おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

おりものの異常・正常なおりものとの違い【婦人科医が解説】 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

産後 おり もの 多い

妊娠中の体重増加はホルモンによるもの! 妊娠中に体重が増加すると「胎児が成長している証拠」と思ってしまう方、多いのではないでしょうか?妊娠前の体重にもよりますが、妊娠中に増加しても良い量は8kgとされています。 これは、子宮1kg、胎児3kg、胎盤500g、羊水500g、脂肪分1kg、血液増加分2kgで換算されます。 体重増加の主な理由は、脂肪の増加と血液量の増加といえます。 脂肪がつきやすくなる理由は、胎盤から成長ホルモンに類似するヒト胎盤性ラクトゲンというホルモンが分泌されるためとされています。 このホルモンが体内に脂肪を蓄積させる働きを担っています。 また、出産時の出血に備えて、体内の血液量が、妊娠中のホルモンの作用により、1. 4倍にまで増加します。 これらのことから、妊娠中に体重は増加します。 体重は減っても胎児+胎盤の分 前述した通り、妊娠することで適正体重であっても8kgは増えるわけですが、出産しても赤ちゃんの分が引かれる程度で、きれいさっぱりもとの体重まで戻っているという方は少ないのではないでしょうか。 原因はやはり、胎児や胎盤のように目に見えて出産時に出るものではなく、脂肪や出産に備えて蓄えていた血液が、出産直後の体重減少に歯止めを聞かせているのではないかと推測されます。 しかし、よくよく考えると約9ヶ月間増やし続けていた体重をすぐに減らすのはなかなか難しいものです。 この残っている体重は数ヶ月かけて徐々に減っていきますが、その減り具合は産後の過ごし方や食事などにも関わってきます。 産後痩せにくい原因はこの3つ! 妊婦時代に培ってきた体重がなかなか落ちない理由とは一体何でしょうか。 まず1つ目にホルモンのバランスにより、体内の赤ちゃんを守ろうとしたり、母乳育児に備えて腹回りや、胸に脂肪が増加します。 これが、体重を増やす要因となっていることが考えられます。 2つ目に考えられるのが基礎代謝の低下です。 妊娠中の安静や、脂肪の増加に伴う筋肉量の減少によって基礎代謝が低下するため、カロリーが消費しにくくなります。 3つ目に骨盤のゆがみと開きが考えられます。 妊娠中はリラキシンという妊娠ホルモンが分泌され、骨盤や全身の靭帯を緩める働きをします。 この働きによって、骨盤が開きやすくなっており、内臓を守ろうと皮下脂肪がつきやすい状態となっています。 また、妊娠中に伸びきっていた腹筋も、産後すぐには元に戻ることができず、結果、内臓を守るために皮下脂肪がついてしまいやすくなります。 出産前の体重に戻すためには、産後6ヶ月が勝負とされており、それ以降となると痩せにくくなる傾向にあります。 母乳育児で痩せる? 妊娠前の体重に戻すためには、母乳育児が有効と言われていますが、母乳育児によって、体重を落とすことは可能なのでしょうか。 そもそも母乳100mlに対してのエネルギー量は約65kcalとされています。 生後一ヶ月の赤ちゃんが飲むミルクの推奨量は1日700mlとなっています。 そのため、もしもミルクと同じ量の母乳を赤ちゃんが飲むとすると1日455kcal消費したことになります。 ちなみにこれは、普通体型の人が約2時間半ウォーキングしたのと同じくらいのエネルギー消費量です。 このことから、母乳育児をすることで1日のエネルギー消費量に差が出てきます。 また、母乳育児を行うことで、プロラクチンというホルモンが分泌されます。 このホルモンは母乳の分泌量に関わる大切なホルモンなのですが、このホルモン分泌によってプロゲステロンという月経に関わるホルモンの分泌が抑えられます。 このホルモンの分泌が抑えられることで、体は妊娠への準備を中止します。 妊娠への準備が中止されると体が水分や栄養分を蓄積しなくなるため、体自体が痩せやすい体を作っていくようになり、授乳中は体重管理をしやすくなります。 食事を見直して痩せよう 産後は授乳によって栄養が赤ちゃんに移行するため、お腹が減り食事摂取量が多くなる傾向にあります。 ただし、痩せようと思って無理に食事制限をすると、赤ちゃんにも適切な栄養が行き渡らなくなります。 1日3回の食事は基本的に制限をかけずバランスよく摂取し、ファストフードや油物は控えましょう。 食事をしっかりとってもお腹が空いてしまうため、痩せるために見直していきたいのがこの間食です。 市販の菓子では、エネルギー量に対して栄養素が少ない傾向にあります。 そのため、菓子類の間食を止め果物やナッツ、おにぎりなどの軽食を食べるようにしていきましょう。 カロリーの摂取量を減らし、栄養素の摂取量を増やすことが産後痩せるための食生活のポイントとなります。

次の

産後のおりものに異変が…何が原因?

産後 おり もの 多い

産後は 生理(月経)がいつから再開するのか、第二子以降を考えている人にとっては大切な問題ですよね。 産後の生理再開の時期は個人差が大きいものの、授乳が大きく影響しています。 今回は、産後の生理について、いつから再開するのか、兆候はあるのか、生理痛や経血量の変化は、生理不順や周期などをまとめました。 産後の生理再開には授乳が影響している? そもそも生理とは、受精卵を着床させるための子宮内膜が不要になり、経血(月経血)となって体外に排出されるものです。 妊娠をすると生理がなくなり、受精卵が子宮内膜に着床して胎盤がつくられ、赤ちゃんがお腹の中で成長していきます。 出産によって胎盤が排出されても、体内の状態はすぐに元どおりにならないため、産後すぐに生理が再開することは(一般的に)ありません。 産後の生理開始が「いつから」というのは個人差が大きく、また、その時期は授乳が密接に関係しています。 妊娠中から産褥期にかけて、体内のホルモン状態は妊娠前と大きく変化しますが、そのひとつがプロラクチンというホルモンの増加です。 プロラクチンは「乳汁分泌ホルモン」とも呼ばれ、その名のとおり母乳を促す働きがあります。 一方で、プロラクチンには排卵を促す黄体化ホルモンの働きを阻害します。 授乳している間はプロラクチンの分泌が高まっているため、つまり、卒乳までは排卵が起こりにくい=生理がきにくい状態が続きます。 ただし、授乳中も100%生理が再開しないとはいえません。 体の回復具合や授乳頻度なども生理の再開に影響すると考えられており、授乳中でも生理が再開する人はめずらしくありません。 一方で、授乳中で生理がなくても排卵して妊娠する可能性もあります。 産後の生理再開はいつから? 産後の生理再開の時期目安 一般的に、最初から粉ミルク育児の場合は産後2週間以降にプロラクチンの低下がみられ、その後2~3ヶ月で排卵・生理が再開します。 母乳育児の場合も、授乳を止めて2~3ヶ月で生理が再開するケースが多いです。 ただし、母乳育児を続けていても、個人差は大きいですが、産後5ヶ月~1年ほど経つと生理が再開することがあります。 産後の生理再開が早いまたは遅いケース ただし、産後の生理再開が早い人のケースでは、出産から1ヶ月ほどで生理が始まることも。 あまりに早いとかえって不安になってしまいますが、子宮の回復が早かったことが原因として考えられます。 一方で、産後の生理再開が遅い人では、授乳を止めているにもかかわらず、産後1年以上経っても生理が再開しないケースがあります。 ホルモン異常、ストレス、またはその他の病気が潜んでいる可能性も否定できないため、授乳をやめて半年以上再開がないときは婦人科で相談してみましょう。 産後の生理再開に兆候はある? 妊娠前の生理の兆候と同じように、おりものが増えたり眠気を感じたり、身体がだるくなったりという症状が出る人がいますが、生理前の兆候も個人差が大きいです。 産後の生理再開の目安時期を知りたい場合は、基礎体温をつける習慣を身に付けるとよいでしょう。 産後に生理がこない!受診の目安と注意点 産後、粉ミルクで授乳して半年経っている、または断乳してから6ヶ月以上経っているにもかからず生理がこない場合や、以下の項目にあてはまる場合は注意が必要です。 ホルモンや子宮の回復に異常がある可能性が考えられます。 一度、婦人科を受診して専門医に相談してみましょう。 断乳してから6ヶ月以上経っても生理がこない• 産後18ヶ月経過し、かつ授乳間隔が開いているのに生理がこない• 産後に生理が再開した後、再度こなくなった• 経血の量が極端に多い、経血が長く続く• 血の塊(レバー様)のような経血が多い• 経血の量が極端に少ない、ナプキンがほとんど汚れない• 生理痛がひどく、立って動くことが困難 産後の生理再開と妊娠の関係 一般的に、産後から生理再開までの期間は、性行為をしても妊娠しにくいといわれています。 しかし、生理が再開していなくても、排卵していることはあるため、妊娠の可能性があります。 このため、妊娠を計画しない期間は、たとえ出産直後、生理がきていなくてもきちんと避妊するようにしましょう。 反対に、高齢出産などの理由で、産後早い段階で次の妊娠を希望する場合は、早めの断乳を視野に入れることがあります。 パートナーとよく話し合い、必要に応じて医師や助産師など専門家のアドバイスを受けながら妊活を進めましょう。 産後の生理の出血量や生理痛 個人差はあるものの、産後の初回の生理において、普段と同じぐらいの出血量だったり、期間が1週間前後で終わるようであれば、生理が再開したと考えてよいでしょう。 また、一般的に出産を経験すると経血量が減ったり、生理痛の症状が軽くなるといわれていますが、実際には、初回の生理では症状が重いケースが少なくありません。 それでも、回数を追うごとに、生理痛が軽くなることが多いようです。 経血の量が多過ぎる、生理痛の痛みが激しいといった症状が続くときは受診して医師に相談しましょう。 産後の生理周期は?生理不順になるの? 産後、生理再開後しばらくはホルモンバランスが安定していないため、周期が一定ではない可能性があります。 妊娠前と多少の違いがあっても、数回は様子をみてもよいでしょう。 また、産後の慣れない育児へのストレスや、慢性的な不眠、疲労、生活環境の変化によって、生理不順を招いてしまうことも。 産前・産後は、体質の変化を実感する人も多く、妊娠前は生理が比較的軽く、周期が安定していた人も、産後は生理不順に悩まされることはめずらしくありません。 産後の生理再開は個人差が大きい 産後の生理がいつから再開するかは、ママたちにとって重要なことですが、個人差が大きいです。 母乳育児中はホルモンの影響で生理がこないことが多く、断乳から3ヶ月ほどを目安に再開することが多いでしょう。 断乳後も長期にわたって生理がこない、または経血量が異常に多かったり生理痛がひどいといったことがあれば、婦人科で一度に相談してみてくださいね。

次の

産後のむくみはなぜ起こる?これさえ知っておけば大丈夫です!

産後 おり もの 多い

おりもの検査は痛みもなく、すぐに受けることができます。 おりもの異常に気づいたら、婦人科を受診しましょう おりものの状態だけで病気の有無を判断することはできないので、気になる症状がある場合は病院で検査を受けることが大原則。 おりもの検査では、腟の中から直接おりものを取って調べるので、下着を取って内診台に上がる必要があります。 検査自体は綿棒でおりものをとるだけなので痛みもなく数秒で終わりますが、結果が出るまでには数日~1週間程度かかることがほとんど。 まずは検査だけして1~2週間後に結果を聞きに行き、異常があれば薬を処方してもらうといった流れが一般的です。 ただし、おりものを見ただけで明らかに病気が疑わしい場合は、検査結果を待たずに薬が出されることもあります。 おりもの検査の費用の目安・症状がある場合は保険適用内 検査代金は何の検査をするかによって異なりますが、クラミジアや淋菌、一般の雑菌をひと通り調べると初診料を含めて8000~1万円くらいになります。 しかし、症状があって検査をした場合は保険が効くため、保険証を使えば実際支払うのは2500~3000円が目安。 一緒に子宮頸がんや子宮体がんの検査をすることもあるので、余裕を持って5000~8000円くらい持っていれば安心でしょう。 おりものの状態から疑われる病気……クラミジア・カンジダ腟炎など おりものの状態別に、疑われる病気を簡単にまとめてみました。 ただし以下の内容だけで自己診断せず、病院での検査を受けることが正しい治療の第一歩です。 子宮がんやクラミジア頚管炎、子宮頚管ポリープなどの可能性があります。 いったん治まっても必ず婦人科で検査を受けましょう。 クラミジアはひどくなると熱が出たり、下腹が痛くなったりすることがあります。 抗生物質を1~2週間飲めば治療できますが、炎症が卵管まで広がると不妊症の原因になることもあります。 雑菌なら自然に治ることもありますが、淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。 雑菌でも腟内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。 自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、腟剤などを処方してもらいましょう。 2~3日様子を見て改善しないようなら早めに受診しましょう。 雑菌の場合、1週間ほど腟内に抗生物質のタブレットを入れることで改善が期待できます。 性交渉を控えて早めに検査を受ける必要があります。 飲み薬と腟内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。 おりものに血液が混ざっている場合、がんの可能性も 上記のような症状がある場合は、基本的に病院で検査を。 特に血液が混ざっている場合はがんの可能性も考えられるので、放置してはいけません。 病気の種類によっては、おりものの異常だけでなく、痒みや下腹部の痛みを伴うこともあります。 血液はもちろん、おりもの以外の症状がある場合は自己判断で様子見をせず、きちんと受診することを考えてください。 【関連記事】•

次の