本 木 雅弘 斎藤 道 三。 本木雅弘_百度百科

「麒麟がくる」本木雅弘“怪演”斎藤道三の剃髪姿が解禁!最新特殊メイク「頭サウナ状態 悲惨(泣笑)」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

本 木 雅弘 斎藤 道 三

人生初の密着取材を受けた28日放送の同局「プロフェッショナル 仕事の流儀」(後7・30~8・43)で初披露。 最新のラテックス(液状の特殊ゴム素材)を用い、テレビの時代劇としては「麒麟がくる」が初導入となった特殊メイク。 本木は「世の中の皆さんがイメージする入道姿(出家・剃髪し、仏道に入った人)の斉藤道三に、ようやく変貌することができました。 何だか、さなぎから出た蝶のような気分です。 これから、ますます道三パワーをまき散らしていきたいと思っています!」と意気込んでいる。 剃髪した道三は第15話(4月26日放送)から登場。 俳優の長谷川博己(42)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に紡ぐ。 本木が演じるのは、光秀の主君・斎藤道三。 出家前の「斎藤利政」時代から描かれている。 道三は晩年の1554年(天文23)、剃髪し、隠居。 長男の斎藤高政(義龍)(伊藤英明)が家督を継いだ。 修行僧に扮した1989年の主演映画「ファンシイダンス」(監督周防正行)でも剃髪姿になった本木は「世の中の皆さんがイメージする入道姿の斉藤道三に、ようやく変貌することができました。 何だか、さなぎから出た蝶のような気分です。 これから、ますます道三パワーをまき散らしていきたいと思っています!多少の老けメイクも施されていますが、監督さんからは『にもかかわらず、あくまでも精気を失わない道三でいてほしい』との指示を頂き、一筋縄ではいかない道三に磨きをかけました!」と手応え。 ただ、増量したヒゲをつける時間も含め、この特殊メイクを施すには毎回3時間かかる。 落とす作業も「1時間以上かかります(泣)」と漏らした。 昨年11月に行われた合同インタビューの最後、道三役の今後の楽しみを問われると「ハゲかつら。 4K撮影にも耐え得る、継ぎ目の見えにくい特殊メイクで、ツルッとさせて60代を演じます」と笑いを誘っていたが、その実は「誰よりも早い入り時間が連日続いた時もあり、ロケの撮影日は日の出前から準備し、その日1日、頭の中だけサウナ状態で過ごすのは結構、悲惨でした(泣笑)」と涙ながらに(?)明かした。 1556年(弘治2)、息子と雌雄を決する「長良川の戦い」がドラマ前半最大のヤマ場。 本木は「このささやかな影の苦労が報われるよう、皆さん、『麒麟がくる』を引き続き見守っていただけますと、ありがたく思います」と懇願した。

次の

「麒麟がくる」本木雅弘“怪演”斎藤道三の剃髪姿が解禁!最新特殊メイク「頭サウナ状態 悲惨(泣笑)」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

本 木 雅弘 斎藤 道 三

幼名 峰丸,曾为 ( 日语 : )的僧侣,法号 法莲坊,还俗后名为 松波庄五郎(庄九郎),后成为卖油商人,改名为 山崎屋庄五郎(庄九郎)。 成为時先后侍奉 ( 日语 : )及,改名为 西村(勘九郎)正利。 长井长弘被谋杀后,继承长井氏而改名为 长井(新九郎)规秀。 1538年继承绝嗣的,改名为 斋藤(新九郎)利政。 1542年、1552年斋藤道三两次流放土岐赖艺,夺取美浓一国。 1554年,将家督让于长子,剃发隐居称 道三。 但斋藤道三与斋藤义龙父子关系恶劣,双方于1556年在开战,齋藤道三在女婿的援軍尚未抵達前便戰死。 斋藤道三绰号 美浓的蝮蛇, 为人残忍无情。 《》记载斋藤道三对犯有小罪的人处以之刑,犯人时命其亲人亲自点火。 他的發跡與失落是日本戰國時期精神的完全體現,近代日本的著作《国盗物语》就是以斋藤道三的生平为蓝本而创作。 生平 [ ] 早年 [ ] 约1494年,斋藤道三出生于西冈,其父为松波基宗,是负责皇宫的护卫的。 道三幼名峰丸,从小长相美貌而且聪明伶俐。 由于爆发而使松波基宗失去俸禄,道三于11岁被迫在京都妙觉寺出家,法名法莲坊。 后还俗称松波庄五郎(庄九郎),又娶卖油商人奈良屋又兵卫的女儿,改名为山崎屋庄五郎(庄九郎)。 据记载斋藤道三卖油手法纯熟,能将油通过一文钱的方孔注入容器中不使用漏斗而使油不洒出。 长井长弘的家臣矢野五左卫门买油时惊异于道三娴熟的技巧,向他指出虽然他卖油的技术纯熟,但终究是商人的技能,如果能将这种技能注入到武艺上,那他就会成为出色的武士。 道三于是弃商从武,熟练的掌握了枪的使用。 斋藤道三的师弟南阳坊是 ( 日语 : )的住持,亦是重臣 ( 日语 : )的弟弟,经南阳坊的推荐,道三出仕于长井长弘。 在长井长弘的推荐下,1523年,斋藤道三出仕美浓。 长井氏西村正元去世后,道三便继承西村氏,改名为西村(勘九郎)正利。 1525年,斋藤道三得到 ( 日语 : )作为居城。 发迹 [ ] 当时的美浓国陷入长期战乱,前美浓 ( 日语 : )的嫡子 ( 日语 : )是家督继承人,得到了的支持,但土岐政房晚年宠爱次子土岐赖艺,他也得到了 ( 日语 : )长井利隆的支持。 土岐政房死后,兩兄弟因为家督之位展开混战。 第一次冲突发生于1517年,土岐赖武取得胜利,战败的土岐赖艺被驱逐至。 次年,联络了 ( 日语 : )作为内应的土岐赖艺将土岐赖武驱逐至,但土岐赖武是的女婿,1519年,得到贞景之子支持的赖武重新返回美浓。 经过一段时间的稳定,直到1525年,双方再次开战,长井长弘和斋藤道三夺取了美浓守护所福光馆和新任守护代的居城。 战争持续到1527年,土岐赖艺接受斋藤道三的建议,派兵奇袭赖武的 ( 日语 : ),赖武战败。 1530年,在美浓难以立足的土岐赖武再次流亡至越前国,土岐赖艺正式成为美浓守护,长井长弘成为守护代并掌握实权。 1532年,斋藤道三娶 ( 日语 : )之女为正室。 而在1530年或1533年,长井长弘突然被刺客暗杀,事件的主谋就是斋藤道三。 随后他以同门重臣的身份继承长井氏,改名为长井(新九郎)规秀,成为稻叶山城城主。 战败的土岐赖武与其子不甘心失败,伺机准备反攻。 1535年,土岐赖艺与得到、援助的土岐赖武、赖纯父子发生大规模冲突,战火遍及了美浓国全境。 1538年,原守护代斋藤利良病死,无子嗣位,土岐赖艺命道三入继,改名为斋藤(新九郎)利政,成为新守护代。 次年,道三对稻叶山城进行了大规模的扩建。 争议 [ ] 1960年代在編纂《岐阜縣史》的過程中發現了《六角承禎條書》,此書是守護写給家臣平井氏和蒲生氏的文書,其中记载了部分斋藤氏的事迹:• 齋藤治部(義龍)的祖父新左衛門尉是京都妙覺寺的僧侶。 新左衛門尉姓西村,來到美濃仕於長井彌二郎(长井长弘)。 新左衛門尉逐漸發跡,遂以長井為姓。 義龍之父左近大夫(道三)的時代,殺害惣領、奪取諸職,以齋藤為姓。 道三與義龍斷絕關係,義龍弒父。 自文書發現以來,過去被視為道三個人事蹟的窃国行为,極有可能是 ( 日语 : )和道三父子兩代所为。 竊國 [ ] 土岐赖武死后, 土岐赖纯于1539年与土岐赖艺达成和解。 但在1542年,在斋藤道三的策划下,土岐赖纯的居城 ( 日语 : )的两个支城 ( 日语 : )及别府城相继陷落,接着大桑城也落入土岐赖艺之手,土岐赖纯再次逃往越前国。 土岐赖艺随后将居城从 ( 日语 : )迁往大桑城。 土岐赖艺一度视斋藤道三为心腹,甚至在1526年将爱妾 ( 日语 : )赏赐给道三。 但斋藤道三为了实现自己的窃国大业,于1541年毒杀赖艺之弟土岐赖滿,导致两人之间直接对抗。 在逐渐肃清土岐赖艺的宗族后, 1542年,斋藤道三出兵袭击土岐赖艺的居城大桑城,土岐赖艺与其次子被迫流亡至尾张投靠,美浓落入斋藤道三之手。 朝仓孝景和织田信秀则分别拥立土岐赖纯和土岐赖艺进攻美浓,土岐赖纯占据 ( 日语 : ),土岐赖艺占据革手城。 斋藤道三一方面展开防御,一方面使用外交手腕。 1546年,土岐赖纯与斋藤道三在的调解下,双方以土岐赖艺隐居,土岐赖纯接任美浓守护并迎娶道三的女儿为条件达成和解。 1547年,織田信秀和結盟對付齋藤道三,並且聯手攻陷大垣城,之後率軍包圍稻葉山城,但是慘遭到道三的反擊。 在時,织田军慘遭大败,包括织田信秀的弟弟在内5000人战死。 同年,土岐赖纯突然死亡,幕后黑手为斋藤道三,使朝仓孝景失去了扶植的对象。 1548年,斋藤道三将女儿嫁给织田信秀的嫡子信长,双方停战结盟,使土岐赖艺失去了后盾。 1552年,土岐赖艺再次被斋藤道三流放,被迫流亡于各国,斋藤道三彻底完成了窃国大业。 齋藤氏:二头波 盟友 [ ] 1548年,道三希望与织田信秀的关系得到缓和,便策划与其联姻达成和睦。 道三将女儿嫁给其嫡子,双方停战结盟。 1553年,道三突然决定与甫繼承家督的信长于富田正德寺会面,并暗自计划设下,准备斩杀信长夺取尾张。 道三命重臣率兵800在寺前列队,自己却躲在织田军必经之路的民宅中窥视信长。 织田信长身穿一贯的奇装异服,梳着茶筅似的头发,半开着浴衣似的袖子,大小佩刀用稻草绳卷在腰间,腰上挂着许多小袋子与七八个葫芦,下身则穿着由半张虎皮与豹皮组合成的短裤裙,率领着700人的、枪、弓和铁炮部队前来赴会。 但在正式会面时,信长卻身著端庄的礼服出现在道三面前,令他大为吃惊。 义龙和道三之间关系险恶,传闻深芳野在土岐赖艺赐给道三之前已经怀有身孕,义龙一直怀疑自己是否为土岐氏一脉, 正德寺会面后斋藤道三的话更加深了二人的矛盾。 义龙遂决定先下手为强,发动兵变夺取家督。 1555年,义龙以病重为由派叔叔召弟弟孙四郎、喜平次到稻叶山城,趁二人酒醉时派将他们杀害。 义龙又集结17,500人的大军,以土岐氏正嫡的名义向道三宣战,而道三则在放火,渡过长良川后在大桑城集结2500人与义龙对峙。 双方对峙一年后,1556年,道三写下遗书,将美浓一国让与女婿信长,并要求信长出兵救援。 5月28日,道三率兵与义龙决战于长良川,信长得讯后立即出兵营救。 道三虽然击溃了义龙先锋竹腰道鎮的进攻,但由于双方兵力相差悬殊,道三方迅速溃败。 道三被义龙方小牧源太砍伤小腿后讨取首级,而怒于被小牧源太抢走功劳的 ( 日语 : )则将道三的鼻子削走。 后义龙出家法名「饭贺」——取自的故事中弑父并砍下父亲首级的人物。 斋藤道三的墓所位于今常在寺,寺中藏有斋藤道三的画像,岐阜市还有道三冢。 位于岐阜县岐阜市的道三冢 登場作品 [ ] 小說• 梟雄(、著)• 戰國史記 齋藤道三(、 ( 日语 : )著)• 國盜物語(、著)• 簒奪者(、 ( 日语 : )著)• 齋藤道三・兵之詭道(學研、岩井三四二著)• 魔蟲傳(、 ( 日语 : )著)• 兩個道三(新潮社、 ( 日语 : )著)• 齋藤道三-美濃戰國傳(FA出版、 ( 日语 : )著)• 宿曜師 齋藤道三( ( 日语 : )、勝見秀雄著) 影視劇• (1940年、日活、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1959年、東映、演: ( 日语 : ))• 德川家康(1964年、NET、演: ( 日语 : ))• (1965年、、演: ( 日语 : ))• (1969年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1970年、NTV、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1973年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• (1989年、TBS、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1991年、ANB、演:)• (1992年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• (1994年、TX、演:)• ( 日语 : )(1995年、TX、演: ( 日语 : ))• (1996年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1998年、TBS、演:)• ( 日语 : )(2005年、TX、演:)• (2005年、東寶、演:)• ( 日语 : )(2006年、EX、演: ( 日语 : ))• (2013年、EX、演: ( 日语 : ))• (2014年、CX、演:)• (2020年、NHK大河劇、演:) 漫畫• ( 日语 : )(、作)• 陽氣蝮 亂世的梟雄 齋藤道三傳(、作・ ( 日语 : )畫)• ( 日语 : )(、作) 遊戲• 注释 [ ]• 《美濃国諸旧記》记载为1504年。 蝮蛇是卵胎生动物,小蛇在母蛇的体内破壳孵化,通过泄殖肛孔破膜而出,古人误以为蝮蛇是小蛇咬破了母蛇的肚子出生,用来比喻斋藤道三谋害对自己有恩的主君,篡夺主家。 一说1533年斋藤道三派刺客谋杀长井利安,一种观点认为长井利安和长井长弘为同一人。 土岐赖武的事迹自1536年在史料中消失,据推测他死于这段时间内,一说被斋藤道三派刺客谋杀。 一说斋藤道士流放了土岐赖次,将土岐赖艺立为傀儡守护。 一说加纳口之战发生于1544年,而织田方的战死数有500-600、2000人的说法。 一说为1548年。 江户时代的《军记物》记载斋藤道三将家督和稻叶山城让与斋藤义龙后隐居于鹭山城,而《信长公记》则记载为斋藤道三与孙四郎、喜平次居住于稻叶山城。 参考资料 [ ]• 陕西人民出版社. 2009年12月. 長井はまず土岐頼芸殿の子息のうち兄の次郎殿を婿とし、油断したところを毒殺した。 次いで稲葉山を居城として山下に弟の八郎殿を住まわせ、鷹狩・乗馬その他一切を禁じて軟禁した。 八郎殿はたまらず尾張へ亡命しようとしたが、露見して殺された。 当然ながら弟二人は奢り、義龍を軽んじた。 義龍は心中に意を含みながら、天文24 1555 年10月、病と称して奥に引きこもった。 22日になって、道三は山下の別邸に下りた。 ここで義龍が動いた。 義龍は伯父の長井隼人正道利を弟二人のもとへ使者に遣わし、「義龍重病にして今はただ時を待つのみ。 ついては、向後の事につき相談したき儀これあり。 入来されたし」と申し送った。 長井は謀を胸に秘め、二人の甥とともに義龍のもとへ参向した。 対面の前に、次室で刀を外したのが策謀のたねであった。 伯父が脱刀したのを見、甥の二人もその場に刀を置いて対面の席についた。 そうして盃を重ねて酔わせたところを日根野備中弘就に襲わせたのである。 日根野は自慢の大刀を打ち振り、難なく二人を殺害した。 道三は仰天し、いそぎ兵を立てて町を焼き、火煙にまぎれて城下を退去した。 そして長良川を越えて山県郡の大桑城に入り、息子と対峙した。 信長公も盟約によって出兵し…20日になって、義龍は軍勢を進発させた。 道三も鷺山を降りて長良川まで進軍し、ここで両者が激突した。 合戦は義龍勢の先手竹腰道塵の突撃で始まった。 竹腰勢は密集隊形をとって長良川を押し渡り、道三の本陣へ切りかかった。 激戦となったが、道三は巧みな指揮で竹腰勢を潰走させ、道塵の首をあげた…戦は混戦となった。 無勢の道三勢はよく戦ったが、次第に兵も減り、ついに道三の前まで義龍勢が押し寄せてきた。 道三旗本勢が崩れる中、寄せ手の長井忠左衛門が突進して道三に組み付いた。 生け捕りにして義龍の前へ引き据えようとしたのである。 ところが、もみ合っていたところへ小真木源太という侍が走り寄ってきて道三の脛を薙ぎ、押し伏せて首をかき切ってしまった。 功を奪われた長井は憤激したが、ともかくも最初に組み付いた証拠にと道三の首から鼻を削いで懐に収め、その場を退いた…事実こののち義龍は得度し、法名を飯賀とした。 飯賀とは唐の故事にある名で、義龍と同じく父親の首を切った人物の名であった。

次の

麒麟がくる:最後まで“道三らしさ”貫く? 本木雅弘「高政にやすやすとやられる気は毛頭ない」……

本 木 雅弘 斎藤 道 三

道 三 は 高 政 ( 伊 藤 英 明 さ ん ) と の 一 騎 打 ち の さ な か 、 高 政 の 家 臣 に 横 か ら 槍 ( や り ) で 刺 さ れ 、 命 を 落 と し た。 最 後 の 言 葉 は 、 高 政 に も た れ か か る よ う に し 、 絞 り 出 し た 「 高 政。 愚 か 者 … …。 勝 っ た の は 道 三 じ ゃ 」 だ っ た。 本 木 さ ん は 同 回 の 放 送 終 了 後 に ド ラ マ の 公 式 ツ イ ッ タ ー で コ メ ン ト を 発 表。 「 高 政 に ぶ つ か る よ う に 倒 れ 込 み 、 道 三 は 最 期 を 迎 え ま し た。 そ の 姿 は 、 も し か す る と 最 初 で 最 後 の 、 父 と 子 の 抱 擁 に 見 え た か も し れ ま せ ん。 皆 さ ん に は 、 ど う 映 っ た で し ょ う か ? 道 三 は 散 り ま し た が 、 こ れ か ら は 光 秀 ( 長 谷 川 さ ん ) 、 高 政 、 信 長 ( 染 谷 将 太 さ ん ) の 心 の 中 で 生 き 続 け る は ず で す 」 と つ づ っ た。 第 1 7 回 は 、 尾 張 で は 、 道 三 が 越 前 へ 落 ち 延 び ら れ る よ う 取 り 計 ら っ た に も か か わ ら ず 、 そ れ を 拒 ん だ と し て 帰 蝶 ( 川 口 春 奈 さ ん ) が 憤 っ て い た。 道 三 が 劣 勢 で あ る こ と を 聞 い た 信 長 は 、 い て も た っ て も い ら れ ず 兵 を 引 き 連 れ て 飛 び 出 し て い く。 光 秀 は 、 明 智 荘 を 守 る べ く 、 光 安 ( 西 村 ま さ 彦 さ ん ) と 共 に 道 三 に 味 方 す る こ と を 決 め る。 つ い に 長 良 川 を 挟 ん だ 戦 い が 始 ま っ た。 一 進 一 退 の 攻 防 が 続 く 中 、 自 ら 大 軍 を 率 い て 押 し 寄 せ る 高 政 に よ り 、 次 第 に 道 三 軍 の 敗 色 が 濃 厚 に な っ て ゆ く … … と 展 開 し た。 ド ラ マ は 次 週 第 1 8 回 「 越 前 へ 」 ( 5 月 1 7 日 放 送 ) か ら 「 越 前 編 」 へ と 突 入 す る。 youtube. foredooming. foredooming. 俳 優 の 長 谷 川 博 己 さ ん 主 演 の N H K 大 河 ド ラ マ 「 麒 麟 ( き り ん ) が く る 」 ( 総 合 、 日 曜 午 後 8 時 ほ か... tsutomu drama. foredooming gmail. com Administrator Drama Movies.

次の