人工 腎臓 算定。 J038人工腎臓の算定方法まとめ。透析の包括や加算について。

フサン、ナファタット等使用時の人工腎臓その他の算定について

人工 腎臓 算定

J038 人工腎臓(1日につき) 1 イ 4時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 1,924点 ロ 4時間以上5時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 2,084点 ハ 5時間以上の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 2,219点 ニ 4時間未満の場合(イを除く。 ) 1,798点 ホ 4時間以上5時間未満の場合(ロを除く。 ) 1,958点 ヘ 5時間以上の場合(ハを除く。 ) 2,093点 2 イ 4時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 1,884点 ロ 4時間以上5時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 2,044点 ハ 5時間以上の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 2,174点 ニ 4時間未満の場合(イを除く。 ) 1,758点 ホ 4時間以上5時間未満の場合(ロを除く。 ) 1,918点 ヘ 5時間以上の場合(ハを除く。 ) 2,048点 3 慢性維持透析を行った場合3 イ 4時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 1,844点 ロ 4時間以上5時間未満の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 1,999点 ハ 5時間以上の場合(別に厚生労働大臣が定める患者に限る。 ) 2,129点 ニ 4時間未満の場合(イを除く。 ) 1,718点 ホ 4時間以上5時間未満の場合(ロを除く。 ) 1,873点 ヘ 5時間以上の場合(ハを除く。 ) 2,003点 4 その他の場合 1,580点 注 1 入院中の患者以外の患者に対して、午後5時以降に開始した場合若しくは午後9時以降に終了した場合又は休日に行った場合は、時間外・休日加算として、 380点を所定点数に加算する。 2 別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行った場合には、として、導入期1月に限り1日につき、当該基準に係る区分に従い、次に掲げる点数を所定点数に6加算する。 イ 200点 ロ 500点 3 著しくが困難な障害者等に対して行った場合は、障害者等加算として、1日につき 140点を加算する。 4 カニュレーション料を含むものとする。 5 区分番号又は区分番号を算定している患者に対して行った場合には、週1回(を算定している患者にあっては、区分番号(1に限る。 )の実施回数と併せて週1回)に限り算定する。 6 1から3までの場合にあっては、透析液、血液凝固阻止剤、生理食塩水及び別に厚生労働大臣が定める薬剤の費用は所定点数に含まれるものとする。 7 を夜間に開始し、午前0時以降に終了した場合は、1日として算定する。 8 区分番号の実施回数と併せて1月に14回に限り算定する。 ただし、別に厚生労働大臣が定める患者にあってはこの限りでない。 9 別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行った場合には、として、所定点数に 10点を加算する。 10 別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、を実施している患者に係る下肢末梢動脈疾患の重症度等を評価し、療養上必要な指導管理を行った場合には、として、月1回に限り所定点数に 100点を加算する。 11 通常のでは管理が困難な兆候を有する患者に対して、6時間以上のを行った場合には、長時間加算として、1回につき 150点を加算する。 12 1及び2については、別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行った場合には、当該基準に係る区分に従い、それぞれ所定点数を算定する。 13 1から3までについては、別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において慢性維持透析濾過(複雑なものに限る。 )を行った場合には、として、所定点数に 50点を加算する。 J038 人工腎臓 1 には、血液透析のほか血液濾過、血液透析濾過が含まれる。 2 を行う医療機関の規模や効率性等を踏まえた評価とする観点から、「1」については「、「2」については「の届出を行った保険医療機関において算定する。 「については、「1」又は「2」ののいずれかに該当するものとして届出を行った保険医療機関以外の保険医療機関において算定する。 ただし、「についても、関連学会から示されている基準に基づき、水質管理が適切に実施されていることが望ましい。 3 の時間は、シャント等から動脈血等を用特定保険医療材料に導き入れた- 439 - ときを起点として、用特定保険医療材料から血液を生体に返却し終えたときまでとする。 したがって、実施前後の準備、整理等に要する時間は除かれる。 4 の時間等については、患者に対し十分な説明を行った上で、患者の病態に応じて、最も妥当なものとし、を行った時間(開始及び終了した時間を含む。 )を診療録等に記載すること。 また、治療内容の変更が必要となった場合においても、患者に十分な説明を行うこと。 5 妊娠中の患者以外の患者に対し、と区分番号「を併せて1月に 15 回以上実施した場合(のみを 15 回以上実施した場合を含む。 )は、15 回目以降の又はは算定できない。 ただし、薬剤料(透析液、血液凝固阻止剤、エリスロポエチン製剤、ダルベポエチン製剤、エポエチンベータペゴル製剤、HIF-PH阻害剤(院内処方されたものに限る。 )及び生理食塩水を含む。 )又は特定保険医療材料料は別に算定できる。 6 区分番号「を算定している患者に対して行った場合には、区分番号「連続携行式の実施回数と併せて週1回を限度として算定できる。 また、区分番号「を算定している患者に対して行った場合には、週1回を限度として算定できる。 それを超えた回数を実施した場合は、薬剤料及び特定保険医療材料料に限り算定できる。 なお、他の医療機関において区分番号「を算定している場合には、診療報酬明細書の摘要欄に、区分番号「を算定している保険医療機関名を記載した場合に限り、週1回を限度として算定できる。 7 の所定点数に含まれるものの取扱いについては、次の通りとする。 ア 「1」から「3」までの場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )には、透析液(灌流液)、血液凝固阻止剤、生理食塩水、エリスロポエチン製剤、ダルベポエチン製剤、エポエチンベータペゴル製剤及びHIF-PH阻害剤の費用(HIF-PH阻害剤は「イ」から「ハ」までの場合に限る。 )は所定点数に含まれており、別に算定できない。 なお、生理食塩水には、回路の洗浄・充填、血圧低下時の補液、回収に使用されるもの等が含まれ、同様の目的で使用される電解質補液、ブドウ糖液等についても別に算定できない。 イ 「1」から「3」までにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )においても、透析液(灌流液)、血液凝固阻止剤、生理食塩水、エリスロポエチン製剤、ダルベポエチン製剤、エポエチンベータペゴル製剤及びHIF-PH阻害剤(院内処方されたものに限る。 )の使用について適切に行うこと。 また、慢性維持透析患者の貧血の管理に当たっては、関係学会が示している腎性貧血治療のガイドラインを踏まえ適切に行うこと。 ウ 「1」から「4」までにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )において灌流原液の希釈水の費用は、所定点数に含まれ、別に算定できない。 また、必要があって脱イオン(純水製造装置による)を行わなければ使用できない場合であっても同様である。 エ 「1」から「4」までにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )においての希釈水に対してアルミニウム、フッ素、遊離塩素及びエンドトキシ- 440 - ン等を除去する目的で逆浸透装置、活性炭フィルター及び軟水装置を用いて水処理を行った場合の費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。 オ 「1」から「4」までにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )においての回路を通して行う注射料は、所定点数に含まれ、別に算定できない。 8 「4」 は次の場合に算定する。 ア 急性腎不全の患者に対して行った場合 イ 透析導入期(導入後1月に限る。 )の患者に対して行った場合 ウ 血液濾過又は血液透析濾過(「の加算を算定する場合を除く。 )を行った場合 エ 以下の合併症又は状態を有する患者( ニ から ヌ までについては入院中の患者に限る。 )に対して行った場合であって、連日を実施する場合や半減期の短い特別な抗凝固剤を使用する場合等特別な管理を必要とする場合 イ 重大な視力障害にいたる可能性が著しく高い、進行性眼底出血(発症後2週間に限る。 ) ロ 重篤な急性出血性合併症(頭蓋内出血、消化管出血、外傷性出血等)(発症後2週間に限る。 ) ハ ヘパリン起因性血小板減少症 ニ 播種性血管内凝固症候群 ホ 敗血症 ヘ 急性膵炎 ト 重篤な急性肝不全 チ 悪性腫瘍(注射による化学療法中のものに限る。 ) リ 自己免疫疾患の活動性が高い状態 ヌ 区分番号「、「若しくは「による手術を実施した状態(手術前日から術後2週間に限る。 ) 9 8 の場合に該当し、「4」により算定する場合にあっては、 8 のアからエ(エについては イ から ヌ まで)までの中から該当するものを診療報酬明細書の摘要欄に記載する。 10 における血液濾過は、の必要な患者のうち、血液透析によって対処ができない透析アミロイド症若しくは透析困難症の患者又は緑内障、心包炎若しくは心不全を合併する患者について、血液透析を行った上で、その後血液濾過を実施した場合に限り算定できる。 この場合のの費用は、「4」により算定する。 11 における血液透析濾過(「注 13」の加算を算定する場合を除く。 )は、の必要な患者のうち、血液透析によって対処ができない透析アミロイド症又は透析困難症の患者について実施した場合に限り算定できる。 この場合のの費用は「4」により算定する。 12 「の加算については、を緊急のため午後5時以降に開始したため又は緊急のため休日に行ったため、通則5による時間外加算等が算定できる場合にあっては、併せて算定できない。 13 「の加算を算定する場合は、区分番号「及び区分番号「に掲げる夜間・早朝等加算は算定しない。 - 441 - 14 休日加算の対象となる休日とは、における休日加算の対象となる休日と同じ取扱いである。 ただし、日曜日である休日(日曜日である 12 月 29 日から1月3日までの日を除く。 )は、休日加算の対象としない。 15 休日の午後5時以降に開始した場合又は午後9時以降に終了した場合にあっては、「の加算を1回のみ算定できる。 16 療養の一環として行われた食事以外の食事が提供された場合には、患者から実費を徴収することができる。 17 「の加算については、腎代替療法についての患者への説明の実施状況並びに腹膜透析及び腎移植に係る実績に応じて、1日につき 200 点又は 500 点を1月間に限り算定する。 なお、「における導入期」とは継続して血液透析を実施する必要があると判断された場合の血液透析の開始日より1月間をいう。 18 「の加算については、次に掲げる状態の患者であって著しくが困難なものについて算定する。 ア 障害者基本法にいう障害者(腎不全以外には身体障害者手帳を交付される程度の障害を有さない者であって、腎不全により身体障害者手帳を交付されているものを除く。 ) イ 精神保健福祉法の規定によって医療を受ける者 ウ 難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定難病(同法第7条第4項に規定する医療受給者証を交付されている患者(同条第1項各号に規定する特定医療費の支給認定に係る基準を満たすものとして診断を受けたものを含む。 )に係るものに限る。 )又は「特定疾患治療研究事業について」(昭和48年4月17日衛発第242号)に掲げる疾患(当該疾患に罹患しているものとして都道府県知事から受給者証の交付を受けているものに限る。 ただし、スモンについては過去に公的な認定を受けたことが確認できる場合等を含む。 )に罹患している者であって介護を要するもの(腎疾患により受給者証を発行されているものを除く。 ただし、「4」の場合であって、夜間にを開始し、12時間以上継続して行った場合は、2日として算定する。 20 「注 10」のは、当該保険医療機関において慢性維持透析を実施している全ての患者に対しリスク評価等を行った場合に算定できる。 その際「血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン」等に基づき、下肢動脈の触診や下垂試験・挙上試験等を実施した上で、下肢末梢動脈の虚血性病変が疑われる場合には足関節上腕血圧比(ABI)検査又は皮膚組織灌流圧(SPP)検査によるリスク評価を行っていること。 また、ABI検査0. 7以下又はSPP検査40mmHg以下の患者については、専門的な治療体制を有している保険医療機関へ紹介を行うこと。 当該保険医療機関が専門的な治療体制を有している保険医療機関の要件を満たしている場合は、当該保険医療機関内の専門科と連携を行っていること。 21 「注 11」の長時間加算については、次に掲げる状態の患者であって、通常のでは管理困難な徴候を有するものについて、6時間以上のを行った場合に算定する。 ア 心不全徴候を認める又は血行動態の不安定な患者 イ 適切な除水、適切な降圧薬管理及び適切な塩分摂取管理を行っても高血圧が持続する患者 ウ 高リン血症が持続する患者 22 「注 13」慢性維持透析濾過(複雑なもの)は、血液透析濾過のうち、透析液から分離作製した置換液を用いて血液透析濾過を行うことをいう。 23 原則として、関連学会から示されている基準に基づき、水質管理が適切に実施されていること及び透析機器安全管理委員会を設置し、その責任者として専任の医師又は専任の臨床工学技士が1名以上配置されていること。 24 「1」から「3」までのうち、「ニ」から「ヘ」までの場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )には、HIF-PH阻害剤の服薬状況について、診療録に記載すること。

次の

人工腎臓の評価引き下げ、腎移植に向けた情報提供の推進、シャント設置術に見直しなど実施―厚労省

人工 腎臓 算定

1,580点 注 1 入院中の患者以外の患者に対して、午後5時以降に開始した場合若しくは午後 9時以降に終了した場合又は休日に行った場合は、時間外・休日加算として、380点を所定点数に加算する。 2 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において行った場合には、導入期加算として、導入期1 月に限り1日につき、当該基準に係る区分に従い、次に掲げる点数を所定点数に 加算する。 イ 導入期加算1 300点 ロ 導入期加算2 400点 3 著しく人工腎臓が困難な障害者等に対して行った場合は、障害者等加算として、1日につき140点を加算する。 4 カニュレーション料を含むものとする。 5 区分番号C102に掲げる在宅自己腹膜灌流指導管理料又は区分番号C102-2に掲げる在宅血液透析指導管理料を算定している患者に対して行った場合には、週1回(在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者にあっては、区分番号J042に掲げる腹膜灌流(1に限る。 )の実施回数と併せて週1回)に限り算定する。 6 1から3までの場合にあっては、透析液、血液凝固阻止剤、生理食塩水及び別 に厚生労働大臣が定める注射薬の費用は所定点数に含まれるものとする。 7 人工腎臓を夜間に開始し、午前0時以降に終了した場合は、1日として算定す る。 8 区分番号J038-2に掲げる持続緩徐式血液濾過の実施回数と併せて1月に14回に限り算定する。 ただし、別に厚生労働大臣が定める患者にあってはこの限 りでない。 9 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において行った場合には、透析液水質確保加算として、 所定点数に10点を加算する。 10 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、人工腎臓を実施している患者に係る下肢末梢動脈疾患の重症度等を評価し、療養上必要な指導管理を行った場合には、下肢末梢 動脈疾患指導管理加算として、月1回に限り所定点数に100点を加算する。 11 通常の人工腎臓では管理が困難な兆候を有する患者に対して、6時間以上の人 工腎臓を行った場合には、長時間加算として、1回につき150点を加算する。 12 1及び2については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているもの として地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行った場合には、当該基 準に係る区分に従い、それぞれ所定点数を算定する。 13 1から3までについては、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において慢性維持透析濾過(複雑なものに限る。 )を行った場合には、慢性維持透析濾過加算として、所定点数に50点を加算する。 通知 1 人工腎臓には、血液透析のほか血液濾過、血液透析濾過が含まれる。 2 人工腎臓を行う医療機関の規模や効率性等を踏まえた評価とする観点から、につい ては「慢性維持透析を行った場合1」の施設基準、については「慢性維持透析を行っ た場合2」の施設基準の届出を行った保険医療機関において算定する。 「慢性維持透析を行 った場合3」については、又はの施設基準のいずれかに該当するものとして届 出を行った保険医療機関以外の保険医療機関において算定する。 ただし、「慢性維持透析を 行った場合3」についても、関連学会から示されている基準に基づき、水質管理が適切に実 施されていることが望ましい。 3 人工腎臓の時間は、シャント等から動脈血等を人工腎臓用特定保険医療材料に導き入れた ときを起点として、人工腎臓用特定保険医療材料から血液を生体に返却し終えたときまでとする。 したがって、人工腎臓実施前後の準備、整理等に要する時間は除かれる。 4 人工腎臓の時間等については、患者に対し十分な説明を行った上で、患者の病態に応じて、最も妥当なものとし、人工腎臓を行った時間(開始及び終了した時間を含む。 )を診療 録等に記載すること。 また、治療内容の変更が必要となった場合においても、患者に十分な 説明を行うこと。 5 妊娠中の患者以外の患者に対し、人工腎臓と区分番号「J038-2」持続緩徐式血液濾 過を併せて1月に 15 回以上実施した場合(人工腎臓のみを 15 回以上実施した場合を含む。 )は、15 回目以降の人工腎臓又は持続緩徐式血液濾過は算定できない。 ただし、薬剤料(透析液、血液凝固阻止剤、エリスロポエチン、ダルベポエチン及び生理食塩水を含む。 ) 又は特定保険医療材料料は別に算定できる。 6 区分番号「C102」在宅自己腹膜灌流指導管理料を算定している患者に対して行った場 合には、区分番号「J042」腹膜灌流の連続携行式腹膜灌流の実施回数と併せて週 1回を限度として算定できる。 また、区分番号「C102-2」在宅血液透析指導管理料を 算定している患者に対して行った場合には、週1回を限度として算定できる。 それを超えた 回数を実施した場合は、薬剤料及び特定保険医療材料料に限り算定できる。 7 人工腎臓の所定点数に含まれるものの取扱いについては、次の通りとする。 ア からまでの場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 )には、透析液(灌流液)、血液凝固阻止剤、生理食塩水、エリスロポエチン製剤及びダルベポエチン製 剤の費用は所定点数に含まれており、別に算定できない。 なお、生理食塩水には、回路の 洗浄・充填、血圧低下時の補液、回収に使用されるもの等が含まれ、同様の目的で使用さ れる電解質補液、ブドウ糖液等についても別に算定できない。 イ からまでにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 ) においても、透析液(灌流液)、血液凝固阻止剤、生理食塩水、エリスロポエチン製剤及 びダルベポエチン製剤の使用について適切に行うこと。 また、慢性維持透析患者の貧血の 管理に当たっては、関係学会が示している腎性貧血治療のガイドラインを踏まえ適切に行 うこと。 ウ からまでにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 ) において人工腎臓灌流原液の希釈水の費用は、所定点数に含まれ、別に算定できない。 ま た、必要があって脱イオン(純水製造装置による)を行わなければ使用できない場合であ っても同様である。 エ からまでにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 ) において人工腎臓の希釈水に対してアルミニウム、フッ素、遊離塩素及びエンドトキシン 等を除去する目的で逆浸透装置、活性炭フィルター及び軟水装置を用いて水処理を行った 場合の費用は所定点数に含まれ、別に算定できない。 オ からまでにより算定する場合(「注 13」の加算を算定する場合を含む。 ) において人工腎臓の回路を通して行う注射料は、所定点数に含まれ、別に算定できない。 8 その他の場合は次の場合に算定する。 ア 急性腎不全の患者に対して行った場合 イ 透析導入期(導入後1月に限る。 )の患者に対して行った場合 ウ 血液濾過又は血液透析濾過(「注 13」の加算を算定する場合を除く。 )を行った場合 エ 以下の合併症又は状態を有する患者( ニ から ヌ までについては入院中の患者に限る。 )に対して行った場合であって、連日人工腎臓を実施する場合や半減期の短い特別な 抗凝固剤を使用する場合等特別な管理を必要とする場合 イ 重大な視力障害にいたる可能性が著しく高い、進行性眼底出血(発症後2週間に限 る。 ) ロ 重篤な急性出血性合併症(頭蓋内出血、消化管出血、外傷性出血等)(発症後2週 間に限る。 ) ハ ヘパリン起因性血小板減少症 ニ 播種性血管内凝固症候群 ホ 敗血症 ヘ 急性膵炎 ト 重篤な急性肝不全 チ 悪性腫瘍(注射による化学療法中のものに限る。 ) リ 自己免疫疾患の活動性が高い状態 ヌ 区分番号「L002」硬膜外麻酔、「L004」脊椎麻酔若しくは「L008」マ スク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔による手術を実施した状態(手術前日 から術後2週間に限る。 ) 9 8 の場合に該当し、により算定する場合にあっては、 8 のアからエ(エについ ては イ から ヌ まで)までの中から該当するものを診療報酬明細書の摘要欄に記載する。 10 人工腎臓における血液濾過は、人工腎臓の必要な患者のうち、血液透析によって対処がで きない透析アミロイド症若しくは透析困難症の患者又は緑内障、心包炎若しくは心不全を合 併する患者について、血液透析を行った上で、その後血液濾過を実施した場合に限り算定で きる。 この場合の人工腎臓の費用は、により算定する。 11 人工腎臓における血液透析濾過(「注 13」の加算を算定する場合を除く。 )は、人工腎臓 の必要な患者のうち、血液透析によって対処ができない透析アミロイド症又は透析困難症の 患者について実施した場合に限り算定できる。 この場合の人工腎臓の費用はにより算 定する。 12 「注1」の加算については、人工腎臓を緊急のため午後5時以降に開始したため又は緊急 のため休日に行ったため、通則5による時間外加算等が算定できる場合にあっては、併せて 算定できない。 13 「注1」の加算を算定する場合は、区分番号「A000」初診料の「注9」及び区分番号「A001」再診料の「注7」に掲げる夜間・早朝等加算は算定しない。 14 休日加算の対象となる休日とは、初診料における休日加算の対象となる休日と同じ取扱い である。 ただし、日曜日である休日(日曜日である 12 月 29 日から1月3日までの日を除く。 )は、休日加算の対象としない。 15 休日の午後5時以降に開始した場合又は午後9時以降に終了した場合にあっては、「注 1」の加算を1回のみ算定できる。 16 療養の一環として行われた食事以外の食事が提供された場合には、患者から実費を徴収す ることができる。 17 「注2」の加算については、腎代替療法についての患者への説明の実施状況並びに腹膜透析及び腎移植に係る実績に応じて、1日につき 300 点又は 400 点を1月間に限り算定する。 なお、「人工腎臓における導入期」とは継続して血液透析を実施する必要があると判断され た場合の血液透析の開始日より1月間をいう。 18 「注3」の加算については、次に掲げる状態の患者であって著しく人工腎臓が困難なもの について算定する。 ア 障害者基本法にいう障害者(腎不全以外には身体障害者手帳を交付される程度の障害を 有さない者であって、腎不全により身体障害者手帳を交付されているものを除く。 ) イ 精神保健福祉法の規定によって医療を受ける者 ウ 難病の患者に対する医療等に関する法律第5条に規定する指定難病(同法第7条第4項 に規定する医療受給者証を交付されている患者(同条第1項各号に規定する特定医療費の 支給認定に係る基準を満たすものとして診断を受けたものを含む。 )に係るものに限る。 )又は「特定疾患治療研究事業について」(昭和 48 年4月 17 日衛発第 242 号)に掲 げる疾患(当該疾患に罹患しているものとして都道府県知事から受給者証の交付を受けて いるものに限る。 ただし、スモンについては過去に公的な認定を受けたことが確認できる 場合等を含む。 )に罹患している者であって介護を要するもの(腎疾患により受給者証を 発行されているものを除く。 ただし、の場合であって、夜間に 人工腎臓を開始し、12 時間以上継続して行った場合は、2日として算定する。 20 「注 10」の下肢末梢動脈疾患指導管理加算は、当該保険医療機関において慢性維持透析を 実施している全ての患者に対しリスク評価等を行った場合に算定できる。 その際「血液透析 患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン」等に基づき、下肢動脈の触 診や下垂試験・挙上試験等を実施した上で、下肢末梢動脈の虚血性病変が疑われる場合には 足関節上腕血圧比(ABI)検査又は皮膚組織灌流圧(SPP)検査によるリスク評価を行 っていること。 また、ABI検査 0. 7 以下又はSPP検査 40mmHg 以下の患者については、専門的な治療体制を有している保険医療機関へ紹介を行うこと。 当該保険医療機関が専門的な 治療体制を有している保険医療機関の要件を満たしている場合は、当該保険医療機関内の専 門科と連携を行っていること。 21 「注 11」の長時間加算については、次に掲げる状態の患者であって、通常の人工腎臓では 管理困難な徴候を有するものについて、6時間以上の人工腎臓を行った場合に算定する。 ア 心不全徴候を認める又は血行動態の不安定な患者 イ 適切な除水、適切な降圧薬管理及び適切な塩分摂取管理を行っても高血圧が持続する患 者 ウ 高リン血症が持続する患者 22 「注 13」慢性維持透析濾過(複雑なもの)は、血液透析濾過のうち、透析液から分離作製 した置換液を用いて血液透析濾過を行うことをいう。 23 原則として、関連学会から示されている基準に基づき、水質管理が適切に実施されている こと及び透析機器安全管理委員会を設置し、その責任者として専任の医師又は専任の臨床工 学技士が1名以上配置されていること。

次の

【2020診療報酬改定】早わかり1分解説 その⑨<透析>

人工 腎臓 算定

人工腎臓の評価は薬剤の実税価格やHIF-PHD阻害薬の使用方法を踏まえて、評価しなおされ減点されることとなりました。 第2 具体的な内容 現行、HIF-PHD阻害薬はエリスロポエチン製剤と同様とみなし、人工腎臓に包括され、院内処方で算定することとされているが、院外処方にも対応するため、HIF-PHD阻害薬を用いる場合に対応した評価体系を新たに設ける。 算定要件にHIF-PHD阻害薬(院内処方されたものに限る)が追加されました。 施設基準にHIF-PHD阻害薬(院内処方されたものに限る)が追加されました。 ここでの「場合1、2、3」はそれぞれ下記の施設基準に適合するとして届け出を行ったものになります。 [施設基準]• 5未満• 5以上4. 0未満• 慢性維持透析を行った場合3 「慢性維持透析を行った場合1」又は「慢性維持透析を 行った場合2」のいずれにも該当しないこと なお、この施設基準部分は前回の改定と変化がありません。 参考・引用: isomed.

次の